バレンタイン 本命 レシピ。 【バレンタイン/手作り本命チョコ/レシピ】簡単!かわいい!男子が嬉しい本命の手作りチョコレート特集「女子中学生・高校生でもデキる彼氏や好きな人、気になる人に贈る!かぶらないバレンタインの本命チョコ」

【バレンタインレシピ】可愛い本命チョコ&簡単な義理・友チョコのレシピサイト4選

バレンタイン 本命 レシピ

こちらは重さをはかるのに必要です。 材料 必要な量の材料を計算し、メモに書いてから買いに行きましょう! 買い忘れのないように注意してくださいね。 0:19にて、全卵を白っぽくなるまで泡立てます。 卵白のみの時と比べて泡立ちにくいですが、頑張って下さい。 0:28、動画ではブラック2枚、ミルク2枚を使用しているようですが、チョコレートの甘さはお好みで調節しましょう!• チョコレートは、1:03くらいに細かく刻むと、溶け残りの心配がありません。 しきものをしておくと、1:07のチョコを移す作業も、後片付けも楽です。 1:28くらいに滑らかになるまでチョコレートは溶かしましょう!• 滑らかになるまで混ぜたら、2:27にて薄力粉をふるいいれて混ぜる。 2:43くらいに粉っぽさが無くなったら生地が完成!• 3:13指示の温度、焼き時間は守るのがコツ。 3:31にて粉糖を振りかけて、デコレーションし、切り分けます。 3:43からはラッピングのアイディアです! バレンタインで大人気!初心者でも作れるチョコトリュフの簡単な作り方 簡単で、断面のコントラストがきれいなトリュフです。 0:32にあるように、レンジでチョコを溶かすときは焦げ付いてしまうので、一気に過熱しないように気をつけましょう!• 1:00では、チョコレートがロールケーキと均一になるように混ぜるのがコツです。 1:34。 完成図の披露です。 1:44からにてラッピング案、抹茶をまぶした場合の完成図を見せて下さいます。 2:01から使った器具、2:11から出典などの紹介でした。 0:15から調理開始です。 牛乳を温め、0:34マシュマロをちぎって投入します。 そのまま、焦げ付かせないように混ぜながら加熱しましょう。 2:15にてチョコレートは手で細かく割って使います。 2:48のようにマシュマロが溶けたら、投入します。 これも、焦げ付かないように混ぜます。 2:53のように完全に解け、少し冷ましてから、入れ物に入れて、冷やし固めます。 0:10の過熱は、長いと焦がしてしまうので、様子を見ながら行って下さい。 0:16くらいに均一に混ぜ合わせましょう。 0:34の小麦粉は、ふるいが無ければ、ビニール袋に入れて空気を入れるように振る事で代用できます。 粉っぽさが無くなったら、生地の完成です。 0:44のように、耐熱容器に入れ、トリュフチョコを真ん中に盛ってから焼きます。 0:11にて、生クリームについての注意。 沸騰させてしまうと、生クリームの表面に幕が出来てしまうので、注意してください。 0:18のチョコレ-ト投入後は焦げ付かせないように、混ぜながら溶かす事!• 0:24にて、取り出しやすくするためにラップをしいて、その上からチョコを流し込みます。 この時、ぴっちりとラップを容器に密着させるときれいにできます。 後は平らにならして冷蔵庫へ。 0:37のように固まったらラップごと型から外し、好きな大きさに切り分けてココアを振るだけです。 粉糖も一緒に振ると素敵かもしれません。 まとめ ここまで手作りのチョコレートの案を紹介いたしました! 注意しておきたいのは男子は自身の好きな人、親しい女子からは嬉しいのですが、「 知らない女子やそれほど親しくない女子からは怖く感じてしまう」ということです。

次の

【バレンタインレシピ】可愛い本命チョコ&簡単な義理・友チョコのレシピサイト4選

バレンタイン 本命 レシピ

バレンタインの時期が近づいてくると スーパーやデパートの売り場では チョコレートコーナーが活気づいてきますね。 この時期に合わせて 義理チョコや友チョコなど あげたりする人の中には 本命のチョコを気になる彼にあげて 気をひいたり、距離を縮めていきたいと 思っている方もいるのではないでしょうか。 出来合いのチョコレートを買えば もちろん美味しいチョコレートを 手軽にあげる事は可能ですけど やはり本命の彼にあげるなら 手作りのチョコレートをあげたい! という方もいる事でしょう。 そこで今回はお菓子作りが趣味で ケーキ屋でバイトしたこともある管理人が 本命の彼に渡して喜んでもらえそうな チョコレート系スイーツのレシピを 調べていきました。 「Sponsored link」 目次• 基本生チョコは刻んだチョコレートを 湯煎で溶かして そこに生クリームを入れて 冷やして固めていくわけですが こちらのレシピでは水あめと バターを加えて濃厚さを出しています。 あと整形する際に型に入れて 固めていくので お店で売られているような キレイな仕上がりになります。 室温に戻したクリームチーズに 湯煎で溶かしたチョコレートを 加えて混ぜ込み そこにレーズンやナッツに ラム酒なども入れて冷やし・・ あとはココアパウダーをまぶして 形を整えていけば完成。 手順はお手軽ですけど チーズケーキのようなまったりした コクが印象的なトリュフです。 中に入れるのは ドライストロベリーやラズベリーなど 少し酸っぱさを感じるフルーツを 入れると味がくどくなりすぎませんよ。 湯煎で溶かしたチョコレートに バターを加えて溶かしいき 卵に砂糖、薄力粉にココア ベーキングパウダーなどの粉類は しっかりふるって混ぜ込んでいきます。 ラム酒にくるみも入れて混ぜ合わせ あとは型に流し込んで 飾り用のナッツやフルーツなどを飾って オーブンで焼いていくだけ。 工程数はそんなに多くないので 割と簡単に美味しいブラウニーが 作れます。 アレンジを加えるならオレンジピールや 削ったオレンジの皮などを少量入れて 味にアクセントを加えると より良くなるでしょう。 材料若干多めですけど あらかじめ全部きっちり計って 手順通りに加えていけばいいので そんなに難しくはないです。 刻んだチョコレートと常温に戻した バターを湯煎で溶かしていき 砂糖を加えて混ぜておいた卵液を 徐々に加えて混ぜこんでいきます。 そこにふるって合わせておいた 薄力粉、ココア、ベーキングパウダー類を 入れて混ぜ込んでいきます。 ただ、混ぜすぎないように注意です。 そして型に生地を入れて イチゴパウダーにカットした イチゴをのせて 表面が乾く程度に焼いていきます。 焼けたらレンジなどでちょっと熱した イチゴジャムを塗って光沢を出して 湯煎に溶かして絞り袋に入れた ホワイトチョコをジグザグにかけていき 冷えたらカットして完成。 彩りも鮮やかなので見た瞬間 「おおっ」と思ってもらえるはずです。 室温に戻しておいた 卵を割り入れて 軽くほぐした後砂糖を加えて もったりするまで混ぜていき ココアパウダーなどの粉類を 加えていきます。 そこに溶かしバターを加えて 混ぜれば生地の完成。 型に入れてオーブンで焼けば カップケーキの完成となります。 あとはコーティング用の チョコレートを溶かして ハート型に整形したり アラザンやお好みのフルーツで 軽くデコレーションしていけばOKです。 あんまり載せすぎるとゴテゴテして 全体の雰囲気がうるさくなるので 控えめにデコレーション していくといいでしょう。 フォンダンショコラって単体ですと チョコレートオンリーなので 後味が若干くどくなってしまう事 あるんですよね。 なのでそこをラズベリーの酸味を 加える事で解消しようというわけです。 通常のフォンダンショコラの生地に 凍っている間にパラパラにした 冷凍ラズベリーを加えて 混ぜ込んでいくだけなので レシピ自体は簡単な 部類に入るかと思います。 焼きあがった後はフルーツの ラズベリーやブルーベリーなど ベリー系のフルーツやミントを 添える事で彩りを演出しましょう。 ただ、土台部分にローストして 砕いたクルミとクッキーを使用していて ちょっと手の込んだ作りになっています。 通常のガトーショコラでも 十分美味しいですけど 食感にサックリ感も加わって 一味異なるガトーショコラになっています。 デコレーションの際に生クリームを 軽く絞ってピスタチオとか載せると 雰囲気もグッと良くなります。 常温に戻したクリームチーズに 溶き卵を加えていき そこに湯煎で溶かしたチョコレートに 粉類を加えて混ぜ込んでいきます。 型にはローストして 刻んだクルミ、砕いたビスケットに 溶かしバターを加えたものを敷き詰めて 土台を作っておきまして そこに生地を流し込んで 湯煎焼きしていけば完成となります。 ボトム部分を空焼きした タルト生地にすれば チョコレートチーズのタルトになりますし アクセントを加えるならオレンジピールや ラズベリーパウダーなど加えていくと いいですね。 工程はとてもシンプルで 一方通行なので失敗する事は ほぼないかと。 シンプルなのでチョコチップを 加えたりオレンジピールや ホワイトチョコ加えたりして 色んなアレンジも しやすいレシピかと思います。 何パターンか試して 一番おいしくできたものを 本命チョコケーキとするのもいいですね。 見た目も鮮やかで工程自体は そんなに難しくないものを 選んでいったつもりですがどうでしょうか。 個人的に見た目が一番華やかだなーと 感じたのは 「イチゴのブラウニー」ですかね。 チョコとイチゴの相性は抜群ですし ピスタチオにホワイトチョコも加わって 味に加えて見た目のインパクトも 申し分ないかと思います。 「Sponsored link」.

次の

バレンタイン…本命への手作りレシピとラッピング法5つ!男の本音は?

バレンタイン 本命 レシピ

ガーナ まずご紹介するのが、チョコレートでお馴染みのLOTTEの『ガーナ』です。 ガーナ公式HPにあるバレンタインのレシピページは非常に使い勝手がよく、 レシピ自体も分かりやすいので簡単に目的のものを作ることが出来ると思います。 色々なサイトを調べましたが、 個人的には一番オススメなサイトです。 では簡単にその特徴についてご紹介します。 ガーナのバレンタインのレシピページの特徴 ガーナのレシピサイトの特徴は、 300以上のレシピの種類に加え、 統一感があり、目的のレシピが簡単に見つけることができる事が挙げられます。 レシピ自体の名前で直接検索できますが、その他にも、 種類・シーン・材料・難易度・調理時間などからレシピを探せるため、 作るスイーツを決めるのにも便利です。 また、レシピとともに動画が用意されているものが多いのも非常に助かりますね。 例えば以下の動画は、『ガトーショコラ』のレシピで用意されているものです。 最後に簡単にまとめると以下の特徴があるのです。 レシピの種類が豊富• 目的のレシピを簡単に見つけることができる• 作るものが決まっていなくても迷わない• 難易度、調理時間が分かる• 動画が良いされているので分かりやすい cotta 続いて『cotta』というサイトのバレンタインのレシピページをご紹介します。 cottaのバレンタインのレシピページの特徴 cottaのサイトも統一感があり、 スイーツごとに写真と難易度が並べられているので、 見た目と難易度を見比べながらレシピを選ぶことが出来ます。 ちなみにスイーツは以下の15種類で分けられています。 生チョコ• トリュフ• クッキー• カップケーキ• ムース• ブラウニー• ガトーショコラ• タルト• マカロン• チーズケーキ• スノーボール• ロリポップ• フォンダンショコラ• その他 ただし、中には会員登録(無料)しないと見れないレシピもあります。 他には、cottaは通販サイトなので材料やラッピングも簡単に購入できるのもポイントです。 このようなラッピングのアイテムが購入できたり? このような可愛いラッピングの方法の手順も分かりやすく説明しています。 最後に簡単にまとめると以下の特徴があるのです。 統一感がありレシピを選びやすい• 写真と難易度が記載されている• ラッピングやスイーツの材料が簡単に購入できる• ラッピングの方法も載っている 森永 お菓子やアイスなどでお馴染みの『森永』です。 このサイトもオススメなのでご紹介します。 森永のバレンタインのレシピページの特徴 このサイトは、 本命向けの可愛い本格レシピと、 友チョコ向けの大量に作るためのレシピに分けられています。 また、このサイトも分かりやすいレシピに加え、 動画も用意されているのもポイントです。 このような動画です。 最後にこのサイトの特徴をまとめると以下のことが言えます。 レシピの種類が豊富• 本命と義理・友チョコ用でレシピを選べる• 目当てのレシピが見つけやすい• 動画が用意されている クックパッド 言わずと知れた大手レシピサイト『クックパッド』。 バレンタインの特集ページというものはありませんが、 チョコレートのお菓子のページがあります。 個人的には今まで挙げたサイトの方がオススメですが、 一応有名なサイトなので他のサイトと比べた時の特徴をまとめました。 クックパッドのバレンタインのレシピページの特徴 色んな人の投稿によって膨大なレシピが蓄積されているので、 まず、 何と言っても種類の豊富さは特筆すべき物があります。 そのため、一般的なものとは違い、 ユニークでオリジナリティがあるレシピが見つかるでしょう。 また、『つくれぽ』という、 投稿されたレシピに対して第三者が実際に作ってレビューする機能があります。 この機能のおかげでレシピの客観的な評価や人気が分かるというのも良いですね。 ただ、色んな人が投稿しているため、 統一感がなく分かりにくいという難点があります。 同じレシピでも様々な作り方があったり、 材料が異なることがあるので判断に困りますよね。 なので私はあまりおすすめはできません。 最後にまとめると以下のことが言えます。 レシピの種類が豊富• オリジナリティのあるレシピを見つけることが出来る• 『つくれぽ』でレシピの良し悪しが判断できる• 統一感がない あとがき 以上、バレンタインの手作りレシピを掲載しているおすすめサイトについてでした。 非常に使いやすくて役立つサイトなので、 是非2016年のバレンタインデーには役立てて下さい。 また、以上のようなサイトのレシピを見て、材料を揃えて作るのもいいですが、 レシピに材料が付属しているバレンタインの『手作りキット』も非常にお勧めです。 2016年バレンタイン限定の手作りキットについてもおすすめのものをまとめたので、 是非こちらもご覧ください。 この他にもこのブログ内には、 バレンタインに役立つ記事がたくさんあるので、是非ご覧ください。

次の