ライン トーク 履歴 保存。 LINEトーク履歴をスタンプと一緒に保存・バックアップ方法|トリビア牧場

LINEのPC版でトーク履歴を保存する方法と保存した時の仕組み|LINEの使い方まとめ総合ガイド

ライン トーク 履歴 保存

私がカスタマーサポートで働いていた終盤の時期は、LINEについての質問が多く問い合わせされていました。 LINEが一般的に流行る前は、メールの使い方について問い合わせが多かったと思いますが、メールに関しての問い合わせはどんどん少なくなったように思えました。 中にはメールはもう利用していないといような人もいるのでは無いでしょうか?実際、メールよりも手軽にメッセージのやり取りができるので利用者が増えるのも当たり前なのかも知れませんね。 さて、そんなLINEですが重要なメッセージのやり取りを行う事はありませんでしょうか?恋人や友人とのやり取り、仕事で利用しているメッセージなどで、消えてしまっては困る残しておきたいメッセージはありませんか?利用頻度が高くなるにつれて重要なやり取りをは増えていくと思います。 今回は、そんなLINEのトークルームをバックアップするやり方を紹介していきたいと思います。 LINEのバージョンは8. 1です。 Googleドライブを利用してトークルームを一括でバックアップ 一番初めに、Googleドライブを利用したバックアップ方法を紹介します。 この方法は全てのトークルームを一括でバックアップできるのが1番のメリットです。 バックアップも復元も操作が簡単なので手軽に行うことができます。 また、複数人でやり取りをしているトークルームもバックアップ出来ることもメリットの一つです。 ただし、LINEのヘルプに「バックアップ失敗」について明記されていることもあり、バックアップされていなかったり、復元ができない事態が発生する可能性があります。 とはいえ、9割以上の方は失敗しませんのでとりあえずバックアップしておいて損はありません。 画像にある前回のバックアップに、日付や容量が表示されればバックアップ完了です。 Googleドライブから復元するやり方 また、画面下の復元するをタップすることで復元が可能です。 注意したいのは、復元時に間違ってGoogleドライブにバックアップするから進んでしまうと、空っぽのデータをバックアップしてしまい復元できない状態になってしまいます。 しっかりと操作方法を確認しながら進めましょう。 トークルームを個別にバックアップ 次はトークルーム毎にバックアップする方法を紹介します。 この方法は、バックアップしたいトークルーム毎に操作をしなければならないので手間と時間がかかります。 ただし、直接本体に保存したり、メールで送っておいたり、自分の使い慣れた機能に移しておくことができます。 また、機種変更時に本体からSDカードを経由して移す方法を取れば、復元に失敗することは殆どありません。 面倒はありますが、重要なトークルームを保存しておくならこの方法が1番です。 本体にバックアップするだけなら次の選択肢は、いいえと進み操作完了です。 次の画面にて、何の機能を利用してバックアップデータ共有するのか選択をします。 私のお勧めはGmailです。 送信サイズが25MBとメールにしては容量が多く、復元する際の手順が簡単になるからです。 今回の方法で復元する際は、バックアップデータの保存先を意識しなくて問題ありません。 別の機能でバックアップデータを共有した場合は、保存先に注意しましょう。 今回紹介した方法はどちらもメリット、デメリットが存在します。 全体的なバックアップはGoogleドライブを利用し、重要なトークルームだけは個別でバックアップを取っておくのがお勧めです。 これならGoogleドライブでの復元ができなかったとしても、重要なデータだけは残しておくことができます。 また、トークの復元はどちらの方法を使ってもLINEアカウントが同一でないと行えないようになっています。 友人のアカウントや、自分のアカウントだったとしても新しいアカウントには復元できませんのでご注意ください。

次の

最新版 LINEトーク履歴を別アプリで保存する方法

ライン トーク 履歴 保存

また、iPhone版LINEでのトークのメッセージ保存は、 iCloud・ keep機能でできます。 当記事では、LINEトークのメッセージの保存方法をまとめたので紹介します。 スポンサーリンク 【android】LINEトークのメッセージの保存方法 androidによるLINEトークのメッセージの保存方法には、Googleドライブによる同期保存、LINE keep、SDカード、オンラインストレージへの手動保存があります。 LINE keepによる保存 LINE keepは、LINEトークのメッセージひとつひとつを保存できる機能です。 お気に入りのトーク、写真や動画をkeep(保存)しておくと、後で必要な時に確認する事ができます。 LINEユーザー一人一人に 1ギガの保存容量が割り振られています。 keepできるデータ• トーク(テキスト)• 音声メッセージ• WordやExcelなどのファイル 保存期間は無制限で、1ファイル50メガまで保存期間が30日間に制限されます。 LINEトーク画面でkeep(保存)したいデータがあったら長押しすれば keepに保存がでるのでタップすれば保存されます。 keep(保存)したデータの確認は、ホーム画面から keepをタップすれば確認できます。 keepには、写真、テキスト、ファイルなどが分けられて保存されています。 SDカードによる保存 LINEトークのメッセージはSDカードにも保存できます。 この方法は、keepのようにトークひとつひとつではなく、友だち1人分のLINEトークのメッセージを丸ごと保存する事になります。 スマホのトラブルでLINEトークのメッセージを消失したり、機種変の際には、復元・引き継ぎ用として使えます。 トーク設定から トーク履歴をバックアップをタップします。 テキストでバックアップと すべてバックアップが表示されます。 テキストでバックアップをタップすると、 トークのテキストデータのみが書き出されます。 パソコンなどでテキスト内容を見たり編集をする事ができます。 LINEに戻す事はできません。 zip)を生成し、SDカードがスマホに装着されていればSDカードに保存されます。 LINEトークのメッセージは、 SDカードへの保存以外にもメールやアプリによって外部に保存する事ができます。 SDカードが無い方は活用しましょう。 Dropbox・Googleドライブなどオンラインストレージに保存しよう LINEトークのメッセージはkeep・メール・スマホ本体・SDカード以外にも保存する方法は多々あります。 やることリスト• Share Link• ヤフーメール• Gmail• LINE Keep• Dropbox• WordPress• Evernote• Googleドライブ• Androidビーム• WebStorage 使っているスマホによって外部に保存するアプリに違いがありますが、DropboxやGoogleドライブは容量も大きく色んな端末からアクセスできるので、LINEトークのメッセージを保存しておくのに最適なアプリです。 ここまで、androidでのLINEトークのメッセージの保存方法です。 【iPhone】LINEトークのメッセージの保存方法 iPhoneによるLINEトークのメッセージの保存方法は、iCloudによる同期保存、LINE keepへの保存があります。 LINE keepでの保存 keep機能は、iPhone版LINEにもandroid版LINEにもあり、機能は同じです。 LINEトークのメッセージを保存するには、keep(保存)したいデータがあったら長押しすれば keepがでるのでタップすれば保存できます。 keepしたデータの確認方法はandroid版LINEと同じです。 iPhoneではSDカードは使えないので、物理的にデータの外部保存はできません。 iCloudでの保存 iPhone版LINEでは、appleのクラウドストレージ「 iCloud」を使う事でLINEトークのメッセージの保存・バックアップができます。 設定から トーク・通話をタップすると、 トークのバックアップがあるのでタップします。 全ての友だちのLINEトークのメッセージがiCloudに一括で保存されます。 ここまで、iPhoneでのLINEトークのメッセージの保存方法です。 保存したLINEトークはいつでも復元できるようにしておこう! LINEやスマホにトラブルが起こった時、機種変した時、保存したLINEトークのメッセージをいつでも 復元できるように方法を紹介します。 2(メールアドレスまたはfacebook連携)でLINEにログイン。 3トーク設定画面を開き、 トーク履歴のバックアップ・復元をタップ。 4 復元する(android)または トーク履歴をバックアップから復元(iPhone)をタップすれば 復元完了です。 android版LINEならGoogleドライブへの保存、iPhone版LINEならiCloudへの保存、LINEトークのメッセージを保存・復元するのがおすすめです。 関連 関連 関連 関連 機種変更時のLINEの引き継ぎのやり方と手順は下記。 関連 やできることは下記で紹介しています。 関連 関連 以上、LINEトークのメッセージの保存方法の紹介でした。

次の

トーク履歴を「LINE以外で見られる様に」保存する方法

ライン トーク 履歴 保存

こんなアナタに おすすめ!• LINEトークメッセージに消えてほしくない• LINEを使いこなしたい! LINEで友だちや恋人との大切なトークメッセージは、消えてしまうととっても困っちゃいますよね…(汗) そんな、いざという時のためにご紹介したいのが、LINEに搭載されている便利なトークの バックアップ機能です。 この「バックアップ機能」を使うことにより、LINEトーク履歴のバックアップが出来ます。 設定画面の項目の中から下へスクロールしていくと「トーク」という欄があるので、続いてタップします。 トーク設定画面に移動すると、画面上から3番目の項目に「トークのバックアップ」があるので、コチラを選択しましょう。 トークのバックアップを行う画面に移動できます。 過去にバックアップをしたことがある場合は、前回のバックアップ履歴が日時と容量で表示されます。 ここの「今すぐバックアップ」をタップすれば、バックアップ作業が自動的に進むので完了するまで待ちましょう。 「バックアップ完了」と表示されたら、LINEのバックアップは無事完了です! iCloud Driveの設定をチェックする方法 iPhone(iOS)版「LINE」アプリでのLINEトークのバックアップを行う際には、1つ注意が必要です。 実はiPhone(iOS)版「LINE」アプリでは、iCloud Driveの設定をオンにしていないと、LINEトークがバックアップできません。 まずは、iPhoneのiCloud Driveが正しく設定されているかどうかを確認していきましょう。 iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。 設定画面の上の方に位置しているApple IDアイコンを選択しましょう。 Apple ID内に表示されている「iCloud」をタップします。 オフになっている場合には、タップしてオンに切り替えましょう。 これで、LINEトークのバックアップをとるためのiCloud Drive設定は完了です。 モバイルデータ通信を使わずにLINEトークのバックアップをとる方法 例えば筆者の場合、LINEトークのバックアップには、約60MB分の容量が使われています。 格安SIMを活用してモバイルデータやスマホの月額使用料の節約に励んでいる人にとっては、60MBもの通信容量をモバイルデータ通信で使うのはもったいないですよね? そこでバックアップをとる際に、万が一にもモバイルデータ通信でバックアップされないように、念のためiCloudのモバイルデータ通信設定をオフにしておきましょう。 はじめに、iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。 続いて設定画面から「モバイル通信」を選択しましょう。 iCloud Driveの項目が、オフ(白色の状態)になっているか確認してください。 オン(緑色の状態)になっていたら、タップしてオフに切り替えましょう。 以上で、準備完了です。 これで、LINEのトーク履歴をバックアップしてもモバイルデータ通信を使われることはありません。 Android「LINE」アプリでLINEトークのバックアップをとる方法 先ほどご紹介したiPhone(iOS)版「LINE」アプリと同様に、Android版「LINE」アプリでもLINEトークのバックアップをとることができます。 LINEトーク履歴のバックアップをとる方法は、基本的にはiPhone(iOS)版と同じです。 はじめに、LINEのメニュー「友だち」画面の右上にある「設定」アイコンをタップします。 続けて、設定画面内にある「トーク」を選択しましょう。 画面上に表示されている「トーク履歴のバックアップ・復元」を押してください。 「Googleドライブにバックアップする」を選択すれば、基本的にはトーク履歴のバックアップは完了です。 ちなみに、iPhone(iOS)版LINEのトーク履歴のバックアップがiCloudを利用していたように、Android版LINEのトーク履歴のバックアップには、Googleドライブを利用するようです。 Android版LINEでトーク履歴のバックアップがイマイチ上手くいかないという人は、Googleドライブの設定を一度確認してみてください。

次の