古希 プレゼント。 絶対にハズさない!お母さん・女性への予算別古希祝いのプレゼント|まかせて!古希祝いのプレゼント

【古希祝い】70歳のお祝い!古希のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介

古希 プレゼント

このページの目次 CLOSE• 古希祝いに人気のプレゼントは?おすすめランキングBEST5! 例えば、父親や母親、親戚の伯父さんや伯母さんが古希を迎えるという時。 古希といえば、ご存知70歳の長寿祝いです。 お父さんやお母さんが70歳になるということは、自分もある程度の年齢に差し掛かっている時ですよね。 家庭を持っていたり、子どもがいたり。 10年前の両親が還暦の時はまだ自分も若かった…なんて思ったり。 少なくないと思います。 ちゃんと感謝の気持ちを伝えられなかった、そんな思い出がある人もいらっしゃるでしょうね。 でも今は若い時に感じなかった両親への感謝の気持ちをしっかりと持てる年齢になっている時といえます。 七十歳といえば、ご年配ですが昔と違って今ならまだまだお元気な方が多い年齢です。 これからも今まで以上にご活躍を願いたいです。 古希のお祝いのプレゼントも、まだまだ喜んでもらえそうな色んな選択肢が考えられますよね。 旅行券や旅行のカタログギフト 古希のプレゼントに旅行券や旅行のカタログギフト。 真っ先に頭に浮かぶのはやっぱり旅行。 モノではなくて思い出のプレゼントです。 古希を迎える人が母親や父親なら一緒に旅行に行くというお祝いの形もありますよね。 近場の温泉で一泊とかでも最高の思い出になります。 そしてもう一つは両親お二人でお好きな場所に旅行に行ってもらうというパターンです。 自分が忙しかったりなかなか家族全員の日程を調整するのが困難な場合もありますし、最高の思い出を二人だけで作ってもらうという計らいもあったり。 こちらはご予算に合わせて購入できる旅行券や旅行のカタログギフトという便利なアイテムがあります。 最近は人気も高まってきていて内容の充実度が高いブランドや商品が見つかります。 選択肢の幅広い旅行券もポピュラーですが、特に旅行のカタログギフトはもらった人が目的地を選びやすいというメリットがあり、贈る側も気持ちが楽なので近年人気が高まっています。 それは大好きな人と過ごす食事の時間ですよね。 それはもちろん古希のお祝いにも。 ご家族ご親戚、友達と集まっての祝福の古希祝いお食事会なんてこの上ない価値があります。 料亭などでのお座敷での会食です。 懐石料理をいただける落ち着いたお店を予約して。 ご両親へのお祝いならお二人でいつもとはひと味違うレストランでのお食事も。 お食事券のプレゼントもスマートですよね。 老舗料亭や一流ホテルのレストランディナー、フレンチ、中華、多国籍料理…いつまで歳を重ねても素敵なお二人に贈るスペシャルデートのペアチケットです。 お店をご自身で選んでいただけるカタログタイプのお食事券がおすすめです。 もちろんどんなフラワーギフトでもお喜びいただけるでしょう。 花の存在感は唯一無二ですよね。 バラの花束 中でも一番ストレートでスペシャルなのは 紫色の薔薇70本の花束ではないでしょうか。 還暦なら60本の真っ赤なバラの花束。 古希なら古希の色である紫、そして御歳の数である70になぞらえた花束です。 70本のバラといえば相当なボリュームです。 見た目の迫力も申し分なしですよね。 顔が見えないほど。 花はもちろん生き物なので枯れてしまいますが、プレゼントしたときに花束と一緒に記念撮影で一生の記念の写真も残りますしね。 めちゃくちゃにかわいいアレンジのプリザーブドフラワーも見つかります。 重宝していただけそうです。 こちらもできれば紫色を配したものが雰囲気が出そうです。 記念品として玄関やリビングに長期間美しい状態で飾ってもらえますよね。 存在感、佇まい、上品さと大人の方へのお祝いにピッタリですよね。 胡蝶蘭といえば白のイメージが強いですよね。 もしくはピンクとか。 でも紫色の胡蝶蘭ってあるんです。 取扱いのあるお店は少なく貴重なパープルの胡蝶蘭。 まさに古希を迎える人のためのようなフラワーギフトです。 置時計や掛け時計ならオリジナルオーダー時計をおすすめします。 まさに長寿のお祝いといったイメージ。 ほのぼの感というか温かい気持ちになれる贈り物。 例えば、母親や父親へのプレゼントなら、お孫さんやご家族の写真をプリントした時計や、古希を迎える方の似顔絵を描いてもらって時計を作ってくれるお店もあります。 時計っていつも部屋の見やすい場所にあって、毎日見るものですしね。 実用的でプレゼントしたくなるアイテムですよね。 オーダーメイドって注文が面倒そう…って思いがちですが、注文方法も簡単、基本的に写真をデータ送信するだけです。 自分がセンスがいいと思うお店、完成度の高い専門店を見つけたいです。 プレゼントの形も様々です。 お祝いをされた方の人生の先輩を敬う気持ち、やっぱり贈る人の気持ちがいつもの誕生日プレゼントとはちょっと違います。 母の古希のお祝いに、私たち兄弟で金を出し合って、父母に国内旅行をプレゼントした。 初日の宿泊先から、昨夜私に母から電話があった。 母は何度も「有り難う」と言った。 電話口で私は思っていた。 「これってあなたが私たちにしてくれたことの何万分の一、何十万分の一ですか?」と。 親は実に有り難い。 — よきことのはbot stamprint 古希祝いに旅行のプレゼントは王道でしょう。 モノじゃない一生の思い出です。 まだまだお元気な人が多いご年齢です。 ご両親ならお二人水入らずでお出かけしてもらえる年代ですよね。 スマートに旅行券や旅行のカタログギフトで贈りたいです。 いつもより奮発してプレゼントを用意したよ! 津軽びいどろの桐箱入りロックグラス、生まれた日の新聞一面、そしてワインにオリジナルのラベルを作って貼った? 結構デザインも気に入ってる! 頑張った私!!! 父さん喜んでくれるかな?? — 親バカmimiy ムスメ新3歳 oyabakamimiy 日本酒やワインなどのオリジナルラベルのお酒は親の人生の記念日にぜひ贈りたいギフトアイテムですよね。 当サイトでもおすすめのお店を取り上げています。 今年古希ですよ。 いやー歳とったわね?? お互いに。 3枚目は弟から母への誕生日プレゼントで緑茶。 — KANA-P KANAP9 やっぱり家族や親族で集まってのお食事会が一番の嬉しい過ごし方でしょうね。 レストランや料亭もいいですし、お家でもいいですよね。 二人だけのディナーやランチをプレゼントもいいですね。 上手く生活に活用することで毎日をさらに楽しく過ごせますよね。 親父の70? 古希 の誕生日プレゼントを買った。 古希のテーマカラーが「紫」という事で、紫のチタンタンブラーにした。 ありきたりなアイテムも紫を選ぶだけでスペシャル感アップ、古希の雰囲気ができますよね。 土曜日、おばあちゃんの古希祝いをしました? ばぁの喜ぶ顔がみたくて、家族みんなで内緒で準備した? 動画は約一週間かけて作ったから本当に大変だったけど、動画もプレゼントも泣いて喜んでくれた? 私おばあちゃんっ子だからばぁが死んだら生きていけないからずっと元気で長生きしてほしいなぁ。 るな卍 runabkd 最高に心に届くプレゼントですね。 家族のオリジナル動画を贈られたら泣いてしまいます。 私達がスキーに行って年末年始自宅にいないので、ちょっと早いけど義父の古希のお祝い会。 前にプレゼントしたパタのパイルジャケの色違いが欲しいと言われたけどサイズ感とか色々考えてモンベルに。 喜んでくれて良かった。 お花とケーキ、お寿司でお祝い。 これからも元気に過ごして下さいね?? — ゆうたん youtan1017 やっぱりお祝いにフラワーギフトは外せないですよね。 生命を感じる唯一無二の存在感。 花をもらって嬉しくない人はいません。 長く育ててもらえます。 時に没頭して時間を有意義に過ごしてもらえる新しいご趣味の提案としても。 ねんバディ錬成中 BTBume iPad(アイパッド)などのタブレットは使いこなせれば生活がガラッと変化するほど大活躍なアイテムですよね。 色んな使い道が拡がります。 お好きな動画をベッドの中などどこでも観たりもできますしね。 古希の意味とは?お祝いの時期はいつ?色は? 父親(義父)なら 父親へのギフトはいつも迷います。 欲しいものが思い付かなかったり。 お仕事の通勤過程で使うような実用的なものとかも。 財布や革製品。 パスケースやキーケースなどなど。 でもいつもの誕生日や父の日っぽくなってしまったりも。 できればちょっと古希の特別感を出したいな…なんてことも思ったります。 お疲れをほぐすマッサージ器などもありますが。 ご予算やスペースに余裕があるなら全身をほぐすマッサージチェアも今なら色々と出ています。 またもっとお手頃なマッサージグッズも色々あります。 ハンドマッサージ器やフットマッサージ機など。 他にも肩や首のコリをほぐすアイテムって今なら色々見つかりますし。 他なら趣味にまつわるもの、将棋ソフトや登山道具、スポーツ用品なども。 ですがこちらはお好きなだけにこだわりがある方もいらっしゃるので難しい面もあります。 実用的なデジタルフォトフレームやタブレット、パソコン、家電などもありでしょう。 上司や恩師なら 例えばお世話になった会社の上司や学生時代の恩師の古希祝いの会、そんなシーンもあるかもしれません。 古希祝いのパーティーを幹事さんとして企画されたり。 年齢に関するお祝いの行事なのでデリケートな面もあるのでお相手の方によってその辺りは気を付けたい面もあります。 お祝いをする側の参加者で予算を出し合って記念品を用意したいです。 当サイトでご紹介しているギフトアイテムも是非参考にされてみてください。 メッセージの文例 メッセージは、祝福の言葉、感謝の言葉、そしてこれからの幸せを願う言葉をストレートに伝えたいですよね。 基本は、• 『おめでとうございます。 『今までお世話になりありがとうございます。 『これからも元気でいてください。 『ご活躍ご多幸をお祈りします。 』 という文言ですよね。 お相手によって失礼のないように言葉の丁寧さを合わせるといった感じですよね。 もちろん両親と恩師では言葉遣いは違ってくるという方も多いでしょう。 メッセージカード、のし.

次の

古希お祝いプレゼント 人気ランキング2020

古希 プレゼント

古希祝いとは数え歳で「70歳」の長寿を祝うお祝いのことを言います。 数え年とは生まれた年を1歳として、新年のたびに1歳を加えて数える年齢です。 古希は中国・唐時代の詩人である杜甫の曲江詩「人生七十古希稀」より、70歳まで生きるのはとても珍しいという意味の詩が由来とされています。 当時は短命なため70歳で長寿をお祝いをし、そして日本にこの風習が広まったのは室町時代と言われています。 古希祝いには「紫色」を贈るのが一般的とされています。 紫は昔から特別な色として位の高い人しか身につける事ができなかったことから、長寿の方への敬意の表れとして贈られるようになりました。 今では70歳といっても長寿というイメージはなく、まだまだ若い印象が持たれているため、現代では古希祝いが昔の還暦祝いと同等に当たるとも言っている方もいるようです。 古希という70歳の方々はまだ元気に過ごしている方も多いことから老人扱いするようなプレゼントは控えて欲しいと思っている方もいます。 そのため、あまり古希祝いにとらわれずに、本人が望むプレゼントを聞いて準備しましょう。 昔から古希祝いには紫色を贈る習わしがあります。 よって、何かアイテムを贈る場合には紫色が使われている物を用意するのがオススメです。 特に色にこだわらずに選ぶ際には、明るくオシャレな色合いのアイテムは気持ちが晴れやかになると喜ばれています。 また、古希という人生の区切りとなるお祝いには、記念品や旅行、食事会など思い出に残るアイテムもオススメです。 人生に一度きりの古希の祝いを盛大に行うことでとても幸せな気持ちになれます。 そして、70歳になると身の回りの物は揃っているため、何を送ったら良いのか迷ってしまう方に人気が高いのはカタログギフトです。 自分で選ぶことができるため、既に持っている物と被ること無く、好きな品が手に入るプレゼントとして喜ばれています。 せっかくの長寿のお祝いですから、弔事に使われる日本茶や縁起が悪い物などは避けて選ぶ必要があります。 例えば、ハンカチやクシなどプレゼントとして贈りがちになるため注意しましょう。 逆に縁起が良いものとして「フクロウ」は古希のお祝いに人気があります。 フクロウは「不苦労」と書くことができ、今までの苦労をねぎらい、今後の健康と発展を願うおめでたい意味があることからオススメのアイテムです。 ベストプレゼント編集部が「古希祝いのプレゼントを贈ったことがある男女200人」に「古希祝いのプレゼントを贈る場合の予算」について2020年2月にアンケート調査を実施しました。 古希祝いのプレゼントを贈る場合の全体的な相場は、「10,000円~30,000円」という結果になりました。 関係性によって金額が異なり、両親の場合は30,000円程度という意見が最も多く、全体の53%を占めていました。 祖父母の場合は20,000円程度という意見が最も多く、全体の49%を占めていました。 叔父や叔母など親戚関係の場合は、10,000円程度が最も多い意見で全体の53%という結果でした。 毎年の誕生日プレゼントよりも高価なプレゼントを贈りたい場合には、他の家族や兄弟と共同で購入する方も多くいます。 また、家族と一緒に食事をしたり、旅行にでかけるなど祝いの場を設ける方も多いようです。 あまりにも高額な金額のプレゼントを贈ると、相手に気を使わせてしまうため、感謝とお祝いの心を込めて無理のない範囲で予算を決めましょう。 70年という人生を振り返り思い出の写真を飾ることができるフォトフォレームはプレゼントとして喜ばれています。 家族写真や旅行の写真など記念に残る写真を入れて、感謝の気持ちを込めてプレゼントすると良いでしょう。 ガラスのフォトフレームに日付やメッセージを刻印し、世界に一つだけのオリジナル品として贈る方法もあります。 そして、インテリアとして飾ることもでき、思い出に残る記念品としてとても喜ばれています。 また、デジタルフォトフレームも最近人気があるプレゼントです。 写真を何十枚も入れることができ、写真だけではなく音楽や動画も楽しむことができます。 さらに、時計やカレンダー機能なども備わっていることからインテリアとしても重宝されるアイテムです。 木製やスチールのフォトフレームは3,000円という手軽な金額から購入できます。 また、ガラス製やオリジナルフォトフレーム、デジタルフォトフレームは20,000円前後で展開されています。 お酒が好きな方への古希祝いとしてお酒はとても喜ばれているプレゼントです。 お酒は長寿の源と言われており、適度な量を楽しんで飲んでほしいというメッセージを添えて贈りましょう。 古希のお祝い用にシンボルカラーの紫色にちなんだお酒もプレゼントに人気があります。 ラベルや瓶が紫色のお酒やワインなどもありますが、オリジナルラベルを紫色で作成するという方法もオススメです。 特に古希という一生に一度のお祝いにはラベルや箱に名前やメッセージなど入れてプレゼントすると、記念品となることからとても喜ばれています。 飲み終わった後も飾っておくことができるため、いつまでも思い出に残るアイテムとなります。 また、生まれ年のお酒もプレゼントとして選ばれていますが、70年物となると見つけるのが大変になるため、事前に準備が必要です。 ワインやウィスキーではなかなか難しいものの、ブランデーは見つけやすく、そして香りもよく飲みやすいため、プレゼントにオススメです。 古希祝いのプレゼントとして、シンボルカラーである紫のベストやカーディガンは人気があります。 部屋着としてはもちろん、お出かけするときにも使用でき、そして長く愛用してもらえるように、感謝と長寿の願いを込めて選びましょう。 プレゼントを贈る時期に合わせたベストやカーディガンの素材を選ぶ必要があります。 春や夏であれば薄手のタイプ、秋や冬は厚手のタイプを選ぶとすぐに活用してもらえるプレゼントになります。 また、事前にサイズを聞いておくと選ぶ際に失敗も減ります。 サイズがどうしても分からない場合には、少しゆったり目に着られるようなサイズを選ぶのがポイントです。 素材によって値段は異なり、上質な素材のカシミアを使用したベストやカーディガンはオススメですが、少し値段も高額になります。 そして、夫婦一緒に古希をお祝いする場合には、男性へはベスト、女性へはカーディガンと揃えてペアになるようにプレゼントするのがオススメです。 生まれた日付の新聞であるお誕生日新聞は古希祝いのプレゼントとして喜ばれています。 自分の生まれた日の新聞を読んだことがある方は少なく、記念に残る素敵な贈り物となります。 お誕生日新聞は、指定する日付に発行された新聞を両面印刷し、名前を入れてラミーと加工されたものであり、表面には朝刊の1面が、裏面にはテレビ欄が印刷されています。 各新聞社が発行していたり、コンビニエンスストアでも印刷可能なほど、お手軽に入手できるサービスです。 両面印刷して1,000円程度から購入できるため、他のメインのプレゼントに添えて贈る方もいます。 誕生日だけではなく、結婚記念日など複数の記念日の新聞をまとめて1冊に製本したりすることも可能です。 節目となる記念日を振り返り、家族とも思い出話が盛り上がる、とても喜ばれているプレゼントです。 写真はたくさんあっても、似顔絵をかいてもらったことがある方はあまり多くいません。 そのため、古希祝いにプロの方に書いてもらえる手書きの似顔絵は、いつまでも飾っておきたい記念品としてとても喜ばれています。 特に、古希祝いとしてサプライズ要素や変わった贈り物を贈りたいという方に選ばれています。 みんな笑顔になる素敵な似顔絵は、インテリアとして見るたびに古希のお祝いを思い出すことができ、世界に一つだけの特別なプレゼントにもなるのでオススメです。 古希祝いのシンボルカラーである紫を入れて似顔絵を作成してもらうことで、より古希祝いとして貰ったという記憶が残るプレゼントになります。 また、家族やペットと一緒に書いてもらったり、贈る方の雰囲気や好みにあった絵のタッチを選ぶとより喜ばれます。 古希のお祝いのプレゼントに人気が高い湯のみは、毎日使える実用性が高いアイテムとして選ばれています。 九谷焼や萩焼、有田焼など上質な湯のみがプレゼントとして人気があります。 古希のシンボルカラーである紫色が綺麗な湯のみは、お茶の色が映えて美味しく飲むことができると喜ばれています。 また、夫婦仲良く過ごしてもらいたいという願いからお揃いの湯のみも人気です。 あまり大きなものではなく、手にフィットする使いやすい湯のみがプレゼントにオススメです。 縁起物としてフクロウが書かれている湯のみや、無病にかけて6個のひょうたんが書かれているものなどは喜ばれている贈り物です。 さらに名前入りのオリジナル湯のみは記念に残り特別感があるプレゼントとして人気があります。 古希祝いを迎える方は仕事も引退してゆっくりと生活している方が多いため、日常的に使えるグラスはプレゼントに喜ばれています。 お湯呑みは愛用品を持っている方も多いですが、特別なグラスを持っている方は少ないためオススメです。 お酒を嗜む方には、古希のシンボルカラーの紫を使ったロックグラスやビアグラスなど、いつものお酒がより美味しく飲める特性のグラスは人気があります。 特に普段自分では買わない高級クリスタルのバカラ製のグラスや江戸切子、薩摩切子などグラスも特別感があることから喜ばれています。 そして、芸術的な美しさもあることからインテリアとしても飾ることができます。 また、感謝の気持ちやお祝いのメッセージ、名前などをガラスに刻んだオリジナルグラスも、記念に残るプレゼントとして喜ばれています。 名前の詩(ネームインポエム)は、古希を迎える方へ向けたメッセージとしてプロの作家が名前に因んだ詩を作ってくれるオリジナル性の高いプレゼントです。 メッセージに加え、オリジナルのイラストも添えられています。 名前の1文字ずつに、感謝の気持ちやこれから素敵な人生を送ってほしいという気持ちを表現した詩を作ってくれます。 個性豊かな文字が手書きで書かれており、とても華やかで温かみがあると喜ばれています。 そして、古希のシンボルカラーである紫色をベースに、生まれ年の干支や趣味、職業にちなんだイラストも添えることができます。 また、贈る方の似顔絵を添えるサービスもあり、より特別感が増すと喜ばれています。 少し高めの価格で展開されているのですが、フルネームではなく下の名前だけでお手頃な価格で作ることもできます。 ネームインポエムは家族と一緒に贈る方も多いプレゼントです。 古希祝いにプレゼントする定番アイテムとして、お花は男女問わず喜ばれる人気のアイテムです。 お祝いに欠かせないプレゼントの花束はその場も華やぎます。 お祝いに贈る花としてバラや胡蝶蘭、カサブランカ、ユリなど豪華なお花は人気があります。 また、古希のシンボルカラーである紫色の花や季節の花、花言葉に想いを込めて選んだ花などを合わせて贈る方も多いです。 生花は形に残らないため、他のプレゼントと一緒に古希祝いとして贈ると喜ばれています。 他にメインの贈り物がある場合には予算に合わせてボリュームを調整しましょう。 また、最近人気が高いプリザーブドフラワーは、長い間インテリアとして飾ることができるためプレゼントに選ばれています。 水をやる必要が無いため、園芸に興味がない人にも負担がない贈り物になるため、オススメです。

次の

古希祝いに人気のプレゼント!70歳のお祝いに生まれた日の新聞ギフト

古希 プレゼント

youtube. 毎年の誕生日を祝うことももちろん大切ですが、「やはり古希祝いのような節目のお祝いには、いつもとは違う特別なものをプレゼントしたい」と考える方もいらっしゃると思います。 しかし、何をプレゼントするかで迷ってしまうこともありますよね。 そこで今回は、お母さんに古希祝いのプレゼントを贈った方を対象に、「古希祝いでお母さんにあげて良かったプレゼント」を聞いてみました。 あげて良かったプレゼントや、あげて良かった理由などをチェックしてみましょう。 お母さんの古希祝いにあげて良かったプレゼントランキング お母さんへ古希祝いのプレゼントを贈った方の中に、「お母さんの古希祝いにこれをあげて良かったな」と思うプレゼントがある方はどのくらいいるのでしょうか。 一番「喜んでもらえた」と思ったプレゼントの1位は、先ほどのランキングでは10位だった「電化製品」となりました。 古希祝いとして贈った方の総数はさほど多くないものの、プレゼントに対するお母さんの反応が良かったのが電化製品だったということかもしれませんね。 それぞれの理由も聞いてみました。 ここでは、その一部をご紹介します。 【電化製品】 ・掃除機が1つしかなく、2階への行き来が大変だと聞いたので、2階用に軽い掃除機をあげたら喜んでいた。 (兵庫県/46歳/女性)【あげたプレゼント:コードレスの掃除機】 ・実用的なエアコンはとても喜ばれた。 (秋田県/43歳/女性)【あげたプレゼント:ダイキンのエアコンうるるとさらら】 ・母がテレビ電話で孫と話したり、YouTubeで色々観たり、ラインで旧友と連絡を取りあったりして、とても喜んでいるので。 (北海道/45歳/男性)【あげたプレゼント:iPad】 【お花】 ・本人も喜んでいたし、見ていてこちらも癒されたから。 (神奈川県/37歳/女性)【あげたプレゼント:母の好きなガーベラの花束】 ・お花が好きな母なので、喜んで写真に撮り、それを大きく現像して額に飾っていた。 (岡山県/35歳/女性)【あげたプレゼント:古希祝い用のお花のアレンジ】 ・ドライフラワーにして玄関に飾ってもらっています。 (宮城県/42歳/女性)【あげたプレゼント:花束】 【洋服】 ・母が喜んでしょっちゅう着てくれるから。 (埼玉県/46歳/女性)【あげたプレゼント:アクアスキュータムのコート】 ・少し若い人向けの色、デザインにしたが、「自分では良いなと思っても、年齢を考えて躊躇して買えないけど、プレゼントでもらったら自信を持って堂々と履ける」と喜んでくれた。 (愛知県/40歳/女性)【あげたプレゼント:ナイキのスニーカー】 贈り物を使ったり飾ったりしてくれるのは、何よりうれしいことですよね。 電化製品をプレゼントするなら、日常生活での困りごとややってみたいことを聞いて、それを解決してくれそうな家電を検討してみると良いかもしれません。 お花や洋服は、やはりお母さんの好みに合わせて贈る品を選んでいる方が多いようです。 また、お母さんの体を心配してか、寒い冬をあたたかく過ごせるような洋服を贈った方がたくさんいらっしゃいました。 プレゼント選びに関するエピソード 大変だったエピソード ・特に物欲がない母親なので、プレゼント選びに苦労した。 (福岡県/46歳/男性) ・服には好みがあるが、本人に聞くのもサプライズにならないため、妻を始め女性陣の意見を聞くなど、選ぶのに苦心した。 (静岡県/44歳/男性) ちょっと残念なエピソード ・湯飲みをあげたが、大きすぎたようであまり使ってもらえない。 (千葉県/46歳/男性) ・リビングに飾ってあるが、父親にはあげなかったので、父親がへこんだ。 (神奈川県/44歳/男性) プレゼント選びに苦労した方や、贈ったものをあまり使ってもらえていないという方も。 しかし、選ぶのに苦労するのも、使っている様子が見られないことが気になるのも、お母さんに喜んでもらいたい気持ちがあるからこそ。 みなさん、それぞれに悩みながら古希祝いのプレゼントを選んだことがうかがえますね。 関連リンク 記念になるお祝いの場をお探しの方へ センスのある贈り物をお探しの方へ.

次の