エクセル 固定 の 仕方。 【Excel】行・列を固定したままスクロールする方法

エクセルのヘッダーを固定する方法|ウィンドウ枠の固定を設定する

エクセル 固定 の 仕方

この記事の内容• エクセルのヘッダーを固定する方法 エクセルのヘッダーを固定するには、エクセルの「 ウィンドウ枠の固定」機能を使います。 「 先頭行の固定を使用する」、「 先頭列の固定を使用する」、「 ウィンドウ枠の固定を使用する」の3通り紹介しますのでヘッダーの状況に応じて使い分けてください。 Excelのバージョンが古い場合は、「 先頭行の固定」「 先頭列の固定」が使用できないので、「 ウィンドウ枠の固定を使用する」項目を参考にしてください。 「先頭行の固定」を使用する エクセルシートの1行目のみがヘッダーとなったいる場合には、こちらの方法です。 「 表示」タブの「 ウィンドウ枠の固定」から「 先頭行の固定」を選択します。 これで、スクロールしても1行目が必ず表示されるようになりました。 MEMOデータとしての先頭列がヘッダーとなるのではなく、シートの1列目がヘッダーとなるので、1列目が空の場合には、何もない列がヘッダーとなってしまいます。 「ウィンドウ枠の固定」を使用する ヘッダーが複数行であったり、行と列にヘッダーが設定されている場合の方法です。 ヘッダーではなくデータとなる範囲の1番左上をクリックし選択した後、「 表示」タブの「 ウィンドウ枠の固定」から「 ウィンドウ枠の固定」を選択します。 ここで選択したセルより上側と左側がヘッダーとして固定されます。 1行目と1列目がヘッダーの場合は、セルのB2を選択しておきます。 これで、任意の範囲をヘッダーと設定することができ、データの意味合いを見失うことはありません。 MEMOこの方法でも1行目のみや1列目のみを固定することも可能です。 1行目のみの場合はA2をクリック、1列目の場合はB1をクリックしてウィンドウ枠の固定をします。 ウィンドウ枠の固定ができない 「 ウィンドウ枠の固定」が使用できない場合には、「 ページレイアウト」表示になっていないか確認しましょう。 エクセルの右下にある表示の切り替えで「 ページレイアウト」が選択されていると、「 ウィンドウ枠の固定」は使用できません。 また、「 ウィンドウ枠の固定」の設定をしていても「 ページレイアウト」表示に切り替えると強制的に解除されます。 解除した後で、「 標準」や「 改ページプレビュー」に切り替えても解除されたままなので気を付けましょう。

次の

エクセルで複数の行と列を固定してスクロールする方法と解除

エクセル 固定 の 仕方

エクセルで全ページの先頭に見出しを固定し印刷する 先述したように、 エクセルで作成したデータの印刷時、見出しを固定したい!は、よく聞かれる質問です。 せっかく作成したデータです。 見やすく印刷するには、見出しが全てのページに付いている方がいいですね。 データが、縦長であっても、横長であっても、見出しを固定して印刷できます。 自分だけが見てわかるデータでは、仕事面ではつかえません。 誰もが見やすいデータを印刷して効率よくしましょう。 印刷するデータの固定したい見出しを確認 まず、印刷するデータが2枚以上の大作になりました。 印刷プレビューを確認すると、印刷枚数をチェックできます。 今回は『社員名簿』を使い解説します。 社員名簿のプレビュー画面を見てみましょう。

次の

ウインドウ枠の固定で見出しを常に表示|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 固定 の 仕方

スポンサーリンク 図のような表のB4番地には、「手数料」を計算するための数式が入力されています。 コピー元であるB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その右下にポッチが付いています。 このポッチにマウスポインタを合わせると、マウスポインタが 黒い十字の形になるので、下に向かってドラッグします。 の操作です。 数式をコピーできました!と言いたいところですが、明らかにおかしな状態になっています! なぜ「おかしな状況」なのか、じっちゃんの名にかけて、原因を解明していくことにしましょう。 スポンサーリンク コピーで数式がおかしくなる原因 原因を解明したい時には、おかしなことになっている箇所の、現状を把握することがとっても大切! そこで、コピー先であるB5番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A5 * B2 という数式が入っていることが分かります。 更にその下のコピー先も見てみましょう。 B6番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A6 * B3 という数式が入っていることが分かります。 現在の「手数料」欄に入っている数式をまとめると、図の左側「現在の数式」のような状態になっています。 なので、このコピー元のセルと、見ただけで明らかにおかしいコピー先の数式を、すべて消していくことにしましょう。 B4からB7番地をした状態で、[Delete]キーを押すと、 ! それでは気分を改めて。 コピー元となる数式を入力するところから始めていきましょう! 数式を入力したいB4番地をし、 数式を入れる合図の「=」(イコール)を入力します。 そしてこの、「購入額」にあたるA4番地は、 図の「正しい数式」のようにA4、A5、A6、A7、A8と、数式をコピーした時にズレて構わないセルなので、特に何もせず、いつも通り先に進みます。 この、「手数料率」にあたるB1番地は、 数式をコピーした時にズレては困るセルなので、ここでズレないようにする技をほどこします! キーボードの [F4]キーをポンッと押すと、数式内の「B1」の部分に ドルマークが付きました! これで、数式をコピーしてもズレないようにできたわけなんですが、これを良く見ると、「B1」の「B」の前と、「1」の前に、それぞれドルマークが1つずつ付いていることが分かります。 (この時、ドルマークが「B」の前と、「1」の前に1つずつではなく、片方だけにしか付いていない、またはどちらにも付いていないという方は、[F4]キーを押すときに緊張してしまってキーを長押ししてしまい、[F4]キーを何回も押してしまったのと同じ状態になっています。 そうなってしまっても、そのまま先に読み進めれば対処できますので、慌てることなく、そのまま読み進めてください。 ) ここでもう一度 [F4]キーをポンッと押すと、今度は「B」の前にあったドルマークが消え、「1」の前にだけ付きました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、今度は「B」の前にだけドルマークが付き、「1」の前のドルマークが消えました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、「B」の前からも、「1」の前からもドルマークが消え、一番最初と同じ状態に戻りました。 このように、 [F4]キーを押すたびに、ドルマークの付く位置が変わっていくのですが、数式をコピーした時にズレないようにする通常パターンは、「B」の前にも、「1」の前にも、 両方にドルマークが付いている状態なので、 もう一度 [F4]キーを押して、「B」の前にも、「1」の前にも、両方にドルマークが付いている状態にします。 数式はこれでいいので、最後に[Enter]キーを押すか、数式バーの[入力]ボタンをクリックして、数式を確定します。 早速、してみましょう! 数式を入力したB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その太い枠の右下にポッチが表示されます。 「B1」はズレないように設定してあったので、コピー先でもドルマークが付いているわけですね。 私の経験では、Excelで数式をコピーする際、今回のように縦方向にのみオートフィルするか、もしくは横方向にのみオートフィルするか、といった、どちらかの方向にのみオートフィルするケースが大半を占めます。 特に初心者の方は、「両方にドルマークが付いていればズレない」という風に、単純に覚えていただいてOKです。 ところが、だんだんExcelを使い慣れてくると、1つの数式を、縦方向にも、 横方向にもコピーしたいことが出てきます。 そういった、縦方向にも横方向にも同じ数式をコピーしたい時に出てくるのが、片方にだけドルマークを付けるパターンです。 これは「複合参照」というものなのですが、Excel初心者の方が「複合参照」に手を付けるのは早いと、私は思っています。 (あくまでも私本人の個人的な見解です。 ) というわけで、まずは今回ご紹介した、 [F4]キーを一回ポンッと押して、両方にドルマークが付いている状態にすることで、数式をコピーしてもズレないようにできる「 絶対参照」を徹底的に覚えてください。 「絶対参照」という名前は覚えなくていいので、「 [F4]キーでドルマークを付け、ズレないようにする」ということは、確実に覚えていきましょう!.

次の