履歴 書 送付 封筒。 ×じゃなくて〆!履歴書を郵送する封筒の封の締め方

履歴書等応募書類送付の際の封筒への入れ方。就活生。医療技術職の就職活動...

履歴 書 送付 封筒

就活では履歴書は絶対に必要なものであり、選考を進めるためには履歴書を提出しなければなりません。 履歴書の提出方法はさまざまあり、企業によって指定されている方法は違いますが、履歴書を渡す場合には履歴書だけではなく、封筒が必要になります。 履歴書だけを渡してしまうと失礼になってしまう可能性がありますし、方法によってはそもそも封筒だけでは提出ができない場合もあります。 就活では履歴書と封筒が必須のものですが、封筒と一口に言ってもさまざまです。 封筒と聞いてイメージされやすいのが茶封筒ですが、これを就活で使用できるのか悩んでいる人は多いです。 就活では茶封筒を使用して履歴書を提出しても問題はないのでしょうか。 郵送・送付 履歴書を提出する方法としては、封筒に入れて郵送などで送付が考えられますが、この場合は茶封筒を使用しても問題はありません。 履歴書を提出するためには封筒は絶対に必要なものであり、封筒がなければ履歴書を送ることはできません。 そのため封筒はあくまで履歴書の入れ物として考えられている場合が多く、茶封筒を使用したからといってマイナスの印象を与えることはありません。 茶封筒でも履歴書を郵送することはできますので、その他の郵送時のマナーなどを間違えないようにして、マイナスの印象を与えることなく企業に履歴書を送付していきましょう。 手渡し 履歴書の提出方法としては、郵送だけではなく企業に持参して直接手渡しをする場合もあります。 この場合も茶封筒を使用しても問題はありません。 手渡しの場合も封筒は単なる入れ物としてしか考えられていない場合が多く、茶封筒を使用したからといってマイナスの印象を与える心配はありません。 また手渡しする場合は、大抵の場合で封筒から出して、中身の履歴書のみを提出します。 受付で提出する場合などは封筒ごと渡す必要がありますが、面接官に直接渡す場合は中身だけしか渡しませんし、封筒はそれほど重要視はされていません。 手渡しの場合でも茶封筒は使用可能ですので、自宅に茶封筒があればそれを使用するようにしましょう。 履歴書の茶封筒での書き方は? 履歴書を企業に提出する際には茶封筒を使用しても問題ありませんが、単に茶封筒に入れているだけでは企業に提出することはできません。 郵送の場合は封筒に必要な事項を記入しておかなければ、企業のもとへ届けることはできませんし、手渡しの場合でも封筒が無記名ではマイナスの印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。 渡し方に関わらず、基本的には封筒には必要事項がありますので、それを忘れずに記入しておかなければなりません。 茶封筒を使用している以前に、封筒の書き方が間違っていれば印象は悪くなりますし、企業のもとに正しく届かない可能性があります。 封筒の正しい書き方を理解して、企業に上手に履歴書を提出していきましょう。 履歴書在中 履歴書を入れた茶封筒には、必ず履歴書在中と赤字で記入しておく必要があります。 これは履歴書が中に入っていることを示すためのもので、これを書いておくことで履歴書が必要な部署へと素早く確実に届けることができます。 履歴書在中と記入していなければ、中身を開封して確認してから人事部などに回されることになりますし、一度開封していることで、中身が紛失してしまう可能性があります。 目立たせることが大切ですので、履歴書在中は必ず赤文字で書くようにし、赤線で四角く枠を作って囲うようにしましょう。 また茶封筒の中身が履歴書だけではなく、他にも書類が入っている場合は、応募書類在中など文言を変えるのもおすすめです。 表面 履歴書の茶封筒の表面には履歴書在中と記入することが大切ですが、それだけではなく企業の住所や送り先の部署などを記入しておかなければなりません。 郵送の場合はこれらがなければ履歴書を届けることができませんので、必ず記入し、間違えることのないようにしなければなりません。 また住所は郵便番号から必要になりますので、郵便番号も忘れずに記入しておきましょう。 企業の宛先を記入する際の注意点は、敬称を間違えないことです。 最終的な送り先によって御中と記入するのか、様と記入するのかが違っています。 グループ宛てになる場合は御中、個人に宛てる場合は様となりますので、敬称も間違えずに記入していきましょう。 裏面 履歴書を入れた茶封筒は表面だけではなく、裏面にも記載しなければならないことがあります。 裏面には自身の情報の記載が必要であり、名前や住所、所属している学校名などを記入しておかなければなりません。 表面の宛先が合っていれば裏面の記載がなかったとしても、企業のもとには届きますが、送り主の情報が記入されていないのはマナー違反となり、マイナスの印象を与えてしまいますので注意が必要です。 せっかく企業に届いても印象が悪くなってしまいますし、選考でも不利に働いてしまいます。 茶封筒の書き方によってマイナスの印象を与えてしまうと、中身の履歴書そのものの評価も下げられてしまう可能性がありますので、裏面も忘れずに書くようにしましょう。 履歴書の茶封筒での送り方は? 履歴書を茶封筒で送る場合は、その送り方にも注意しなければなりません。 郵送と一口にいってもさまざまな方法がありますし、利用できるサービスはたくさんあります。 送り方によっても与える印象が違ってくる場合もありますし、細部まで注意を払うことが大切です。 就活ではさまざまな評価の積み重ねによって合否が決定しますので、少しでも加点を狙うためには、細部までこだわりを見せることが大切です。 茶封筒の送り方を知って、履歴書の送付で好印象を獲得しましょう。 普通郵便 履歴書を茶封筒で送る場合は、基本的には普通郵便でも問題はありません。 普通郵便は茶封筒に送り先の住所を記載し、切手を貼ればポストに投函することで送ることができます。 封筒のサイズや重さによって必要な料金は異なりますので、送付前には必ず料金を確認しておきましょう。 料金が間違っていれば企業のもとには届きませんし、仮に届いたとしても不足分を企業が負担することになってしまい、印象が悪くなってしまいます。 切手の料金について不安な場合はポストに投函するのではなく、窓口を利用するのもおすすめです。 窓口であればその場で必要な料金分の切手を貼ってもらうことができますし、指定された金額を支払うことで確実に履歴書を送付することができます。 速達 履歴書の送り方としては普通郵便以外に速達も挙げられます。 普通郵便であればポストに投函してから企業のもとに届くまで数日かかりますが、速達であれば早ければ当日、遅くても翌日には企業のもとに届けることができます。 履歴書は提出期限が設けられていることも多いですし、普通郵便が間に合わない場合は速達を利用して履歴書を送るようにしましょう。 速達の場合は茶封筒への書き方も違っていますし、料金も上乗せして必要になりますので、不安がある場合は窓口でお願いするようにしましょう。 もちろん正しい書き方で料金もあっていればポストに投函でも速達で届けることができます。 窓口が空いていない場合などは、ポストに投函して出しましょう。 速達は印象が悪い場合も 速達は素早く履歴書を企業のもとに届けることができますし、提出期限ぎりぎりの場合でも間に合わせることができます。 しかし速達を使って履歴書を送付することで、そそっかしい印象を与えてしまい、それがマイナスの印象につながってしまう場合もあります。 速達は料金も上乗せして支払わなければなりませんし、マイナスに働いてしまう可能性もありますので、基本的には普通郵便で提出し、どうしても間に合わない緊急時のみ速達を利用するようにしましょう。 履歴書は茶封筒は失礼か? 履歴書を企業に提出する際には封筒が必要になりますが、茶封筒を使用してもいいのか悩んでしまう人は多いです。 封筒は色ごとに使用用途が決められており、茶封筒は企業内でのやりとりなど、礼儀をそれほど重んじなくてもいい場合に使用されます。 企業内であれば使用していてもおかしくはありませんが、就活などの際に使用することで、印象が悪くなってしまうのではないかと考える人は多いです。 しかし一方でビジネスで使用されているものですので、フォーマルさもありますし、失礼にはならないと考える人もいます。 履歴書を茶封筒で提出することは、失礼にあたるのでしょうか。 アルバイト アルバイトの場合は履歴書を茶封筒に入れて提出したとしても、失礼にはなりません。 アルバイトの場合はマナーなどはそれほど注意深くは見られていないことも多く、封筒についてもそれほど意識されていないことも多いです。 そのため茶封筒を使用していたとしてもそれが評価の対象となることはありませんし、そもそも封筒自体が必要ない場合もあります。 あります。 アルバイトの場合は茶封筒を使用していても失礼ではありませんし、封筒にはそれほどこだわって考える必要はないでしょう。 就活 就活の場合も基本的には茶封筒を使用していても失礼にはなりません。 茶封筒は企業で使用されるものであり、基本的にはフォーマルな場におけるやりとりに使用するものとして考えられています。 そのため茶封筒を使用したからといって失礼にあたることはなく、それほど気にされていない場合も多いです。 本来の用途はあるものの、就活では封筒のマナーは重要視されていないことも多く、茶封筒を使用したからといってマイナスの印象を与えることはありません。 転職 転職の場合も、基本的には茶封筒を使用したからといって失礼になることはありません。 ただ、転職の場合はビジネスマナーは高いレベルで要求されることも多く、茶封筒を使用していることがマイナスに働いてしまう場合もあります。 基本的には茶封筒の使用で問題はありませんが、礼儀に厳しい企業などを受ける場合は注意が必要です。 履歴書は茶封筒と白封筒どちらがいいのか? 封筒にはさまざまな種類があり、茶封筒以外には白封筒もあります。 履歴書などを提出する際には白封筒を使用すべきと考える人は多く、実際に白封筒の使用用途は取引先の企業との書類のやりとりなど、礼儀が重んじられる場で使用されるものとして考えられています。 使用用途から考えれば履歴書の提出には白封筒を使用するのがベターにも感じられますが、実際には茶封筒と白封筒のどちらを使用すればいいのでしょうか。 白色 就活では茶封筒を使用していても問題はありませんが、より好印象を与えることができるのは白封筒です。 白封筒を使用することで、ビジネスマナーがより高いレベルで身に付いていることをアピールすることができますし、好印象につながる場合も多いです。 ビジネスマナーがより重要視されている転職の場合は、白封筒を使用するのがベターでしょう。 白封筒にすることで見た目の印象も良くなりますし、それによって履歴書の好感度が上がる場合もあります。 就活を少しでも有利に進めたいのであれば、白封筒を使用するのがおすすめです。 茶封筒でも可 履歴書で使用する封筒は白封筒を使用することで好印象を与えることができますが、茶封筒を使用してはいけないというわけではありません。 茶封筒を使用してもマイナスの印象にはなりませんし、白封筒がなければ茶封筒を使用しても問題はありません。 ただ茶封筒の場合はマイナスに働くことはなくても、プラスに働くこともないことは覚えておきましょう。 茶封筒を使用してもマイナスの印象を与えることはありませんが、それによって好印象を与えることもありません。 基本的に使用するのは白封筒であり、白封筒がない場合のみ茶封筒で代用するようにしましょう。

次の

履歴書の送付にはマナーがある?ぜひ知っておきたい封筒の書き方・送り方

履歴 書 送付 封筒

応募書類を郵送する場合のマナー(送付状、英文カバーレターの書き方、封筒の書き方) 求人の募集要項をしっかりと読み、履歴書や職務経歴書といった企業が求める応募書類が準備できたら、送付状を添えて郵送しましょう。 配達途中に折れたり、曲がったりしないように、すべての書類はクリアファイルに入れて封筒に封入しましょう。 面接に進むと、採用担当者からは応募書類に書いた内容に基づいた質問をされることになりますので、手元には必ずコピーを残しておきましょう。 送付状(カバーレター・送り状・添え状)の書き方・まとめ方 応募書類を郵送する際には、誰が、どんな書類を、なぜ送ったのかを簡潔に伝えるために、「送付状」を同封します。 送付状は「カバーレター」「送り状」「添え状」などとも呼ばれます。 送付状には書類を送付した日付や宛先、住所、連絡先といった情報に加えて、志望動機や実績など、あなたのアピールポイントも簡潔に記入しましょう。 送付状と一緒に応募書類を提出することで、採用担当者に興味をもってもらえる可能性はグッと高まります。 日付:送付状の日付は、履歴書と職務経歴書と同様に、提出する日付(郵送の場合は投函する日付)を記入します。 宛先:企業名は正式名称で書きましょう。 株式会社を(株)と省略するのはNGです。 採用担当者の氏名が不明の場合には、「採用ご担当者様」または「人事部御中」と記入します。 送り主:あなたの連絡先を書きます。 住所、電話番号、氏名の順に記入します。 書き出し:頭語から始めて、前文の時候のあいさつに続けます。 応募経緯:どの媒体で求人を知ったのかなど、応募の経緯を記入します。 自己PR、志望動機:なぜ応募しようと思ったのか、入社後はどのように活躍できるのか、などを簡潔にアピールします。 結び:面接の申し込みと、結語で締めくくります。 封筒(表面) 封筒(裏面) 封筒の書き方のポイント• 封筒:白や茶系の封筒を使用することが一般的です。 また、なるべく書類は折らずにすっぽり入るサイズを用意してください。 字が書きづらくなったり、中身がしわになったりしますので、書類を入れる前に宛名を書いておくことをオススメします。 書類の入れ方:上から送付状(カバーレター)、履歴書、職務経歴書の順に封入します。 書類が曲がらないように、クリアファイルに入れるとよいでしょう。 切手:切手の料金は封筒のサイズや書類の重さによって変わりますので、料金が不足しないようになるべく郵便局の窓口から発送しましょう。 自分で用意する場合は、記念切手などは避け、オーソドックスなデザインの切手を使います。 住所:都道府県名や番地などは省略せずに、ビル名や階数までしっかりと記入します。 宛先:企業名、担当者名は住所よりも大きな文字で書きます。 企業名を(株)や(有)と省略することはNG。 部署名も担当者名も分からない場合などは「採用ご担当者様」とします。 注意書き:履歴書や職務経歴書といった重要な書類が同封されていることを示すために、封筒の左端には赤字で「履歴書在中」または「応募書類在中」と記入します。 送り主:封筒の表面と同様に、自分自身の住所も省略することなく、ていねいに書きます。 応募書類をメールで送付する場合のマナー 企業の中には、応募書類をメールで受け付けているケースもあります。 日々たくさんのメールを受け取っている採用担当者が、必ず目を通すべき重要なメールと一目で理解できるように、件名の書き方からデータの添付の仕方まで、応募書類をメールで送付する場合にも注意すべきマナーはたくさんあります。 ポイントをしっかりと押さえておきましょう。 件名:メールの用件が一目で分かるように、具体的、かつ端的に記入します。 採用担当者は毎日たくさんのメールを受け取っているため、緊急性の高い重要なメールということが伝わらないと、後回しにされたり、開封してもらえない可能性もあります。 また、件名に「よろしくお願いします」「お世話になっております」などを書くと、スパムメールとしてブロックされることがあるので避けましょう。 宛先:企業名は省略せず、正式名称で書きましょう。 採用担当者の氏名が不明の場合には、「採用ご担当者様」と記入します。 応募経緯:どの媒体で求人を知ったのかなど、応募の経緯を記入します。 添付書類:履歴書や職務経歴書をデータで送る場合は、採用担当者がそのまま印刷できるようにPDF形式に変換してから添付します。 パスワードの設定:添付する応募書類のデータにはパスワードを設定してから送付します。 履歴書や職務経歴書の内容はすべて、あなたの重要な個人情報なので、万一にも漏えいすることのないように必ずパスワードを設定します。 PDFデータにパスワードを設定できない場合は、PDFデータを入れたフォルダにパスワードを設定するとよいでしょう。 パスワードの連絡:応募書類のデータを添付したメールとは別に、パスワード連絡用のメールを作成して送付します。 先に送ったメールの宛先や本文をコピー・流用したりせずに、新規で作成するようにしましょう。 署名:あなたの連絡先を書きます。 住所、電話番号、メールアドレス、氏名の順に記入します。 応募書類を持参して手渡しで提出する場合のマナー 転職活動の中では、履歴書などの応募書類を面接当日に持参するように求められるケースも少なくありません。 これからまさに面接に臨もうというタイミングに、よれよれに折れ曲がった履歴書を提出しては、スタートからつまずいてしまうというもの。 手渡しで提出する場合でも、応募書類はクリアファイルと無地の封筒に入れて持って行きましょう。 その際、封筒の表面には宛名(応募先企業の住所や担当者名など)を記入する必要はありません。 表面の左端に赤字で「履歴書在中」または「応募書類在中」と記入し、裏面にはあなたの住所と氏名を書いておきます。 面接官に直接手渡しする場合 面接官に直接、応募書類を手渡しする場合、書類を封筒に入れたまま提出するのはマナー違反です。 応募書類の提出を求められたら、書類は封筒から出して封筒の上に重ね、面接官が読みやすいように相手のほうに向けて渡します。 そのまま気持ちよく書類に目を通してもらえるように、くれぐれも面接官に開封の手間をかけさせないように注意しましょう。 受付で提出する場合 面接を受ける前に受付で応募書類の提出を求められた場合には、書類は封筒から出さずに、封筒ごと提出します。 受付の人に手渡す場合なども、当然ですが、書類はぞんざいに扱ってはいけません。 面接官に提出するときと同様に、封筒を両手で持って相手側に向けてから渡しましょう。 社会人としてのマナーは企業に足を踏み入れた瞬間からチェックされているものと意識し、常にていねいな対応を心掛けましょう。 wardnm cutString itemc.

次の

履歴書や職務経歴書の封筒の書き方と送付時のマナー | リクルートエージェント

履歴 書 送付 封筒

2018. 09 就職や転職の際、まずは履歴書などの応募書類を企業に送付するケースが多いです。 それらの書類が採用選考の第一段階になっている場合もあれば、ただ単に面接の事前資料として必要であるケースも。 いずれにしても、応募書類の提出は転職希望の会社に対するファーストアプローチです。 書類選考を通過するためには履歴書の記入自体はもちろん、郵送方法や封筒の選び方、宛名の書き方など、細かい部分まで気を遣う必要があります。 この記事で紹介するのは、履歴書を郵送する際の「宛名書きのマナー」や「気を付けるべきポイント」についてです。 社会人としてのビジネスマナーをしっかり確認し、転職活動の成功を目指しましょう。 履歴書郵送時の宛名書きルール• 宛名は縦書きで黒サインペンを使う• 住所には漢数字を使用、省略はしない• 社名は正式名称、採用担当者名はフルネーム• 封筒の表面に赤字で「履歴書在中」と記入する• 自分の住所・氏名は裏面に書く それぞれ詳しく説明しますね。 履歴書送付の宛名は縦書き!封筒の記入は黒サインペンを使おう 履歴書は縦長の和封筒に入れて郵送するのが一般的なので、封筒の宛名も縦書きが基本です。 封筒表面の右から順に、応募先企業の「住所」と「会社名」、「採用担当者名」を縦書きで書いてください。 封筒表面の右上には横書きで郵便番号を書き、左上には切手を貼ります。 ただし応募先の企業によっては、横長の洋封筒を指定される場合も。 洋封筒で履歴書を送付する場合は、封筒の表面に「横書き」で書きましょう。 履歴書を郵送するときは一般的に「A4サイズの封筒」を使いますから、ボールペンで書くと少し細くて見づらいかもしれません。 少し太めの黒サインペンを使うと良いですね。 油性ペンは裏うつりするので、水性ペンの使用がオススメです。 封筒に記載する住所は省略しない!縦書きなら『漢数字』を使う 都道府県名や番地、号といった住所を表す言葉は、省略せずにすべて書いてください。 たとえば「差出人」と「送付先」の住所が同じ都内であっても、「〇〇市」ではなく「東京都」などの都道府県名から書きましょう。 縦書きですから、番地などの数字は「算用数字」でなく「漢数字」を使います。 封筒に宛名を書くとき(株)はNG!採用担当者の名前はフルネームで 封筒に会社名を書くとき(株)などの略称を使うのは、失礼に当たるので絶対に避けましょう。 支店名などがわかっている場合は、必ず支店名まで書くべきです。 また会社名が「株式会社〇〇」なのか、それとも「〇〇株式会社」なのかも、間違えないように気をつけてくださいね。 会社名だけでは、どの部署の誰宛なのかがわからず、非常に不親切です。 とくに規模が大きく従業員数が多い会社だと、書類が迷子になってしまうリスクもありますよ。 封筒の左下に『履歴書在中』と赤色サインペンで書く 「履歴書在中」の文字は、封筒の左下に縦書きで入れるのが一般的。 重要書類が入っていると一目でわかるよう、赤文字で書いてください。 住所や会社名を記入したペンと同じ太さの、赤色サインペンを使うといいでしょう。 履歴書郵送に使う封筒の裏面に『自分の住所・氏名』を書く 自分の住所や氏名は、封筒の裏面に書きます。 封筒裏面の「自分の住所・氏名」は、表面に書いた宛名より大きな字で書かないよう注意してください。 「自分の住所・氏名」を書く場所は、左下でも中央でもOKです。 ただし「氏名」は封筒の中央より左側に書くようにしましょう。 決まった箇所に自分の住所・氏名を書くことは、大量の応募書類を受け取る採用担当者への配慮です。 宛名以外にも、履歴書を郵送する際の注意点はたくさんありますよ。 たとえば、小さい封筒に履歴書を三つ折りにして入れるのは、避けてくださいね。 履歴書を郵送する際の注意点について、次の章で詳しく見ていきましょう。 履歴書などの応募書類を封筒に入れて郵送する際のマナー・注意点 転職活動で応募書類を郵送するとき「送付状や添え状って入れるほうがいいの?」「提出期限が迫ってるんだけど、速達で送ってもいいの?」など、疑問に思うことはたくさんありますよね。 ここで紹介するのは、応募書類を郵送する際の基本マナーです。 マナーをきちんと守れていないと、面接官や採用担当者からの印象が悪くなってしまいます。 履歴書を郵送で提出するときに気をつけたいポイントは、次のとおりです。 合わせて読みたい! 封筒はA4サイズがベスト!履歴書を折らずに郵送しよう 応募書類郵送に使う封筒は、A4サイズの履歴書が折らずに入る「角形2号(角2)」サイズの封筒を使いましょう。 封筒の色は白に限らず、茶色のものでも問題はありません。 ただ白い封筒の方が紙質の丈夫なものが多く、中身を守ってくれる安心感はあります。 履歴書を郵送するときは送付状も必ず封筒に入れる 応募書類を送る場合の基本のマナーとして、必ず送付状(添え状)を同封してください。 送付状をつけずに「応募書類だけを封筒に入れた状態」で郵送するのは、マナー違反です。 メールでいえば、挨拶もなく添付ファイルだけ送るのと一緒ですので、非常に失礼にあたります。 応募書類はどんなに完璧でも、送付状がないだけで面接官からの印象がマイナスになってしまうことも。 履歴書の送付は、面接官からの印象を良くする絶好のチャンスです。 今後の転職活動を成功させるためにも、送付状の付け忘れには注意しましょう。 送付状の日付は、応募書類を郵送する当日の日付を書きます。 履歴書に書く日付も揃えておきましょう。 何らかのトラブルで郵送の到着日が遅れたとしても、送付状や履歴書の日付で「応募者の投函が遅かったわけではない」ことが証明されますよ。 履歴書を封筒で郵送するときは、必ず書類をクリアファイルに入れる 書類は素の状態ではなく、クリアファイルに入れたうえで郵送しましょう。 郵送中の水濡れや折り曲げなど、アクシデントの影響を防ぐことができます。 また書類が複数枚ある場合は、ばらけにくくなるのも利点です。 郵送に使うクリアファイルは、必ず透明無地のものを新しく用意してください。 ビジネス書類を送るのに、柄物や使い古しのものを使用するのはマナー違反ですよ。 封筒に貼る切手の『料金不足』に注意!郵便局に持参しよう 郵送料金は封筒の重量によって変わるため、切手の料金不足には注意しましょう。 切手の料金不足で差し戻され「締め切りに間に合わなかった」なんていう場合も。 想定外のトラブルを避けるためにも、郵便局に持参して発送することをオススメします。 履歴書郵送は『普通郵便』でOK!提出期限に余裕を持って投函しよう 履歴書や職務経歴書など、採用選考に関わる重要な書類を郵送するとき「一般郵便ではなく書留として送ったほうがいい?」と迷ってしまう人もいることでしょう。 履歴書などの応募書類を郵送する場合、形式は「普通郵便」で問題ありません。 提出期限が迫っている場合は「速達で送ってもいいのだろうか」と悩む人もいますよね。 基本的には、速達で履歴書を送ったとしても問題はありません。 しかし速達で郵送しなければならないほど、提出期限ギリギリに履歴書を送付するのは「印象が良い」とは言えませんね。 速達ではなく一般郵便で間に合うよう、履歴書を郵送しましょう。 履歴書を郵送する前に応募書類をコピー!面接前に確認しよう 応募書類を郵送する前に、履歴書や職務経歴書はコピーしておくのがオススメです。 転職活動では、いくつもの求人に応募する人が多いはず。 どの企業にどんな志望動機の履歴書を送ったのか忘れて、履歴書に書いた内容と面接で話す内容が、矛盾してしまう可能性も考えられます。 面接前に履歴書の内容を確認するためにも、コピーをとっておくようにしましょう。 履歴書を封筒で郵送するときのよくある疑問!職務経歴書も同封OK 新卒の就職活動では、応募書類として求められるのは主に履歴書のみ。 しかし転職の場合、履歴書とともに職務経歴書を送るように指示されるケースも少なくありません。 だからこそ「履歴書を郵送してください」としか言われていない場合、職務経歴書を同封すべきかどうか迷う人もいますよね。 結論から言えば「職務経歴書」の指定がなくても、履歴書と一緒に同封して構いません。 職務経歴書は、履歴書には記入しきれない詳しい職歴などの情報を補足するもの。 転職者にとっては、履歴書とほぼ同等の意味を持つ書類だからです。 「職務経歴書」を同封されていても、企業側から見て応募者の印象が悪くなることはないでしょう。 ただし送付状(添え状)には、職務経歴書を同封する旨を一言書いてくださいね。 指定のない書類を送るのに抵抗がある人は、応募する会社に直接電話などで確認してみましょう。 「職務経歴書を同封していただいても構いません」と言われれば、送っても問題ありません。 「履歴書だけ送ってください」とはっきり言われたら、それに従えば良いのです。

次の