もも肉照り焼き。 鶏の照り焼き(照り焼きチキン)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏の照り焼き(照り焼きチキン)のレシピ/作り方:白ごはん.com

もも肉照り焼き

がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 20:58• がおいしい! ゲストさん 20:32• がおいしい! ゲストさん 19:57• がおいしい! GOMAさん 19:56• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:53• がおいしい! ゲストさん 19:52• がおいしい! ゲストさん 19:35• がおいしい! ゲストさん 19:34• がおいしい! ゲストさん 19:27• がおいしい! ゲストさん 19:18• がおいしい! ゲストさん 19:03• がおいしい! ゲストさん 18:53.

次の

「鶏の照り焼き」の献立・レシピ

もも肉照り焼き

1 肉の厚みを均等にする! 鶏肉の厚いところに切れ目を入れて開き、厚みを均等にするだけで、熱が均一に入って劇的にジューシィに! 2 片栗粉でコーティングして肉汁を閉じ込める! 片栗粉で肉全体にまくを作れば、肉汁が逃げず、皮も縮まずにパリッと焼き上がります。 3 油は多め、揚げるように焼く! 粉をつけた肉を、唐揚げのように多めの油で焼くことで、皮はパリパリに! 揚げるように焼くため、タレが絡んでもしなっとしません。 4 調味料を先に合わせておく! 味付けに手間取ると、肉に火が通り過ぎてパサつく原因に。 事前に準備しておきましょう。 必ず味が決まるプロ直伝の黄金比は、しょうゆ:みりん:日本酒:砂糖=2:2:2:1です。 パリッとジューシィ! プロ直伝【鶏の照り焼き】レシピ 材料(1枚分)• 鶏もも肉…1枚(約250g)• サラダ油…大さじ2• 片栗粉…大さじ約2• 塩、こしょう…各少々• しょうゆ…大さじ2• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方 1) 鶏もも肉の厚みを均等にする。 肉の厚みのある部分を外側に向かって開いていきます。 肉を4分割のエリアに分けて考え、厚みのある部分を四隅の方向に向かって開いていくイメージです。 「面倒なので省きがちなプロセスですが、これをすることで、薄いところにだけ火が通り過ぎて固くなってしまうことを防ぎ、一様にやわらかく、ジューシィな仕上がりになるんです」 皮目から見て肉の厚みを開いた部分はココ。 2) 鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 ビニール袋に片栗粉とくさみ取りのための塩、こしょうを少量入れ、鶏もも肉に粉をまぶします。 全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉をはたいて落とします。 「余分な粉がついていると、粉が油を吸って油っぽく仕上がるので、できるだけはたいておくことが大事です。 この片栗粉には、肉汁が流れ出ないように肉をコーティングする役割と、皮をパリッと仕上げる役割があります」 3) 鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。 フライパンにサラダ油を入れ、火をつけたらすぐ鶏もも肉を皮目からフライパンに置き、中火で皮目にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。 だいたい2~3分です。 「油は、鶏もも肉がひたるくらい多めの量を入れます。 肉を入れる前に油を熱しすぎると肉と皮が縮んでしまうので、火を入れる前、あるいは火を入れてすぐに肉を入れましょう。 たっぷりの油で揚げるように焼くことで、クリスピーな食感に。 フライパンは大きすぎると油の量が多くなり、タレも絡めるときに煮詰まりやすいので、鶏もも肉と同じくらいの大きさのものを使うのがおすすめ」 4)鶏もも肉を裏返して1〜2分焼き、余分な油をふきとる。 中火できつね色の焼き色がつくまで焼きます。 1~2分程度です。 余分な油はペーパータオルでふきとります。 「焼き色がついたら、油をきれいに拭き取ります。 こうすることで、タレの絡みがよくなり、仕上がりが油っぽくなることも防げます」 5) 鶏もも肉の皮目を下にしてBを加え、中火で煮絡める。 鶏肉の皮目を下にして、混ぜ合わせたBを加えて、中火でタレを煮絡めていきます。 煮詰まり始めたら、肉を裏返して裏面にも絡めます。 「照りが出て、肉全体にタレがとろりと絡んだら出来上がり。 タレはフライパンに残る程度がちょうどいいです」 厚みを均等にしているので、焼き上がりまでトータル5分ほど。 あっという間でびっくりです! 焼きたてを食べると、歯ごたえのよいパリッとした皮に驚き! やわらかい肉から溢れるジューシィな肉汁が口いっぱいに広がります。 ほどよい甘辛さの味付けのタレは、片栗粉のおかげで均一に全体にとろっと絡み、ごはんがモリモリすすみます! 調理時間はトータル10分ほど。 材料に片栗粉を加えるだけでこのクオリティになるなんて、試さない手はありません!.

次の

鶏もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方【爽やかな酸味が美味しい!】

もも肉照り焼き

実際に作って感じたこと 実際に鶏肉(鶏もも肉)の照り焼きを作ってみて感じたことをご紹介します。 注意すべき点は? 皮目を下にして焼き色をつけるところ、調味料を入れてフタをして蒸し焼きにするところ、どちらも 慌てずじっくり火を入れることが重要です。 皮目にしっかり焼き色がついていないと仕上がりがよくありません。 皮の部分がふにゃふにゃして食感が悪くなります。 皆さんのまわりにも、ふにゃふにゃした皮は嫌いという方が多いのではないでしょうか。 また、蒸し焼きの工程を火を強めて短時間でやり過ごしてしまうと鶏肉の身が固くなってしまいこれまた美味しくありません。 次から次へと工程が移り変わっていく炒め料理のような慌ただしさがない分、 じっくり待つことができるかが注意すべきポイントです。 失敗した点は? 皮目に焼き色をつけるときに皮の部分からたくさん油が出てきます。 最初に入れるサラダ油を入れすぎないことと、必ず油が飛び散るのですぐに油を拭ける雑巾のようなものををコンロのそばに用意しておくべきでした。 火を弱めても防ぎきれません。 特に、鶏肉を裏返すときにはたくさん油が飛び散りますのでご注意ください。 どんな食べ方があるの? もともとのレシピはおせち料理の一品として紹介されていました。 ですので、おせち料理として楽しむ場合には、上の工程に加えて鶏肉を冷ました上で、薄く切り出して完成になります。 しっかり冷ますことで肉がしまり包丁でも切りやすくなります。 お弁当に入れる時もおせち料理ほどではないにしても、食べやすい大きさに切り出す必要があります。 ゆっくりと鶏肉に火入れができていれば、鶏肉がしっとりとしていることを包丁の先から感じることができはずです。 一方でできたてを食べるのも悪くありません。 炊きたての白いご飯にワンバウンドさせて口に入れれば、ご飯が止まらないことまちがいなしです。 ご飯と一緒に鶏肉を食べてるのもいいですし、ワンバウンドで残った鶏肉の旨味と照り焼きのタレを目がけてご飯をすくい取り、口いっぱいに食べてもいいでしょう。 食べ盛りの子供であれば、漫画でよく見る口の周りに米粒を飛ばしながらかき込む食べ方を実演してくれるでしょう。

次の