ユーチューブ 稼げない。 再生回数は気にしない!ユーチューブアフィリエイトで稼ぐ方法

ユーチューブでは全然稼げないって話!

ユーチューブ 稼げない

ユーチューブアフィリエイトの稼ぎ方と仕組みについて ユーチューブアフィリエイトの1番簡単なイメージは ブログアフィリエイトの記事の書く代わりに Youtubueでは動画を作って稼いでいくということです。 動画を作って集客し 再生されることで、 動画内に貼ってある 広告がクリックされて 報酬が発生する仕組みです。 これはアドセンスと言われる広告です。 他にも、コマーシャルのような動画が 一定時間再生されることで 報酬が発生する広告もあります。 Youtubeでアドセンス広告で稼ぐ方法を Youtubeアドセンスといいます。 Youtubeアドセンスで稼ぐには グーグルアドセンスでアカウントを取得して Youtubeチャンネルとひも付けする必要があります。 参考: 参考: Youtubuの場合は、ブログアフィリエイトよりも 集客の経路は多くて ・ユーチューブ内での検索 ・ユーチューブの他の関連動画からの検索 ・yahooなどの検索エンジンからの集客 ・自分で作ったブログやツイッターからの集客 などが挙げられます。 ブログアフィリエイトの場合は 集客する際の記事タイトルや 記事内に含まれる 「キーワード」が重要でしたね。 同じようにユーチューブでも タイトルや説明欄に書く文章内にキーワードを盛り込んで 集客していきます。 ブログアフィリと同様に トレンドネタはユーチューブでも有効になってきます。 ライバルが少ないから、 初心者でも簡単に集客できてしまいます。 そして、 初心者でも一番稼ぎやすいのは クリックだけで報酬が発生する アドセンス広告になってきます。 それ以外に ・説明欄にアフィリリンクを貼って報酬を得る ・説明欄やアノテーションを使って 自分のブログやサイトへ誘導してそこで報酬を得る という方法もあります。 アノテーションとはこういうやつです。 要するに 1)動画を作ってアドセンス広告で稼ぐ 2)動画を作って説明欄でアフィリエイトする 3)動画を作って自分のブログへ誘導してそこで稼ぐ この3つが基本的な稼ぎ方になります。 再生回数に対してどのくらい稼げるのか? Youtubeアドセンスでは 動画の再生回数の10分の1ぐらいが 一般的な報酬になってきます。 なので1万回再生されると 1000円というイメージです。 そういう動画が100個あれが10万円。 慣れてしまえば1個の動画を作るのに 15分もあれば十分なので 1日に3個ほどの動画を作るは十分可能です。 なので、1ヶ月で100個の動画を作って 10万円稼ぐのも、作業量の問題だけで 初心者でも十分現実的な数字なのです。 動物関係は再生回数が伸びやすいのです。 そして超有名なガムボールの動画。 こんなので、再生回数が2700万回!(2016年現在) 270万円稼げているということですよ。 これは、日本というより 外国人受けして再生回数が爆発したものですが このようにYoutubu動画で稼ぐのは、 宝くじが当たるような、ワクワク要素もあるのです。 動画は簡単に作れるのか? 記事と違って 動画 って自由度が高いというか どのように作ればいいのかわかりにくいですよね? 何を作るのかはもちろん重要になってきますが ユーチューブでは動画を見ていれば どんな動画が人気なのかは一目瞭然です。 再生回数を見ればいいのですから。 キーワードに対して、 記事を視聴回数順に並び替えれば だいたいどんな動画が人気なのかわかってきます。 (クリックで拡大します) 基本的にユーチューブを見に来る人は 役に立つというよりも、暇つぶしだったり エンタメ性を求めていることが多いです。 テレビを見る感じですからね。 真剣に何かを学ぼうという人は 書籍やビデオを購入するだろうし 興味本位ということが多いからです。 なので、まずはじめるなら トレンドアフィリエイトと同様に トレンドを追いかけてみることをおススメします。 当たれば結構な再生回数を稼げますので。 実際に トレンドキーワードを打ち込んで動画を見ていくと よくこういった動画を見つけることができます。 スライド画像に文字スクロールを 組み合わせた動画ですね。 こういった動画は windowsに付属のムービーメーカーなどを使えば 慣れてしまえば10分もかからず作れます。 説明欄を見ると 引用元が書いてありますが、 記事自体はコピペですからね。 もしあなたが話すのが上手なら その記事を読み上げてもいいのです。 動画内の音声やスクロールする文字情報は ユーチューブ側では読み取れませんからね。 つまり、コピペであってもペナルティーを 喰らうことなく稼げてしまう ということです。 Youtubuで稼ぐのって、 Youtuberみたいに顔出ししたり、 話が上手い必要があるのでは? と、もしあなたが思っていたのなら そんな心配が全然いらないことが イメージできたでしょうか? それどころか、Youtubuでは 顔出し声出しもせず 記事を自分で考えなくても コピペ感覚で稼げるのです。 これをブログアフィリエイトでやったら そのブログは一発で検索エンジン上から吹っ飛びます。 そういう意味でYoutubeアフィリエイトは 最も簡単に初心者が稼ぐ方法の1つと言えます。 チャンネルを強くして再生回数を上げるには? ユーチューブアフィリエイトでは 一つ一つの動画を作りながら チャンネルということも意識していきます。 ・都市伝説ちゃんねる ・簡単ダイエットちゃんねる 1個の動画が面白ければ そのチャンネル内の他の動画も再生されます。 そうして面白いと思った人が増えて チャンネル登録する人が増えれば チャンネル内の動画が全体的に強くなっていくのです。 初動は再生回数が上がりにくかったのに チャンネルが強くなるにつれて 一気にユーチューブ内検索や 関連動画への露出度が増え 再生回数が右肩上がりに増えていくのは ブログが強くなっていくイメージといっしょです。 なのでユーチューブでアフィリエイトする際は このチャンネルを強くする意識が重要になっていきます。 チャンネルを作って 専門性が高い動画をどんどん追加していく ということです。 参考: 著作権の問題について ユーチューブを見ていると これってやばくないの? といった、著作権無視の動画があると思います。 もちろんテレビ番組とかは 絶対にダメです。 そもそもアドセンスも貼れないし 自分のブログへ誘導して稼いでいたら 下手したら捕まりますからね。 ブログアフィリエイトといっしょで 著作権無視は犯罪です。 ともあれ グレーな部分を狙った動画も多数見受けられます。 例えば ラジオの音声ですね。 テレビの映像と違って 芸能人が話した音声には著作権がありません。 なのでラジオの音声を録音して アップするのは基本アウトではないのですね。 ただし、音楽の部分は著作権があるので カットする必要があります。 ユーチューブアフィリエイトは初心者にもお薦めな稼ぎ方 というわけで、Youtubeアフィリエイトは ネットビジネス初心者でも簡単に稼げる ということが理解してもらえたと思います。 僕が他にお薦めしている も Youtubuアフィリエイトも どちらの共通しているのは 簡単に人を集めることができて 収益に結びつけやすい点です。 むしろ、Youtubuでは 自分で文章を書かなくても稼げる分 ブログアフィリエイトよりも 稼ぐためのハードルは低いといえるでしょう。 これなんかは、 まだ周りがやっていなかった時に 僕は1人でやっていましたが、かなり稼げました。 少しグレーゾーンを狙う方法だけど 理解していれば、リスクはほとんどないし むしろ再生回数が伸びやすいので 初心者にもお薦めできる方法の1つです。

次の

2019年以降のYouTubeは「もう稼げない」と言っている人が多いようだが

ユーチューブ 稼げない

2018年1月16日に、YouTubeが広告収入に関する新たな規約を定めたことが話題になりました。 それが下記になります。 ・過去12ヶ月以内の再生時間が4000時間以上ある ・チャンネル登録者が1000人以上である この上記2つの規約ですね。 そして、このYouTube側の規約変更に伴って既に何らかのネットビジネスに取り組んでいる人達は、 しきりに、ネット上の自身のブログなどで、 「もうYouTubeでは稼げない!」 「これからのYouTubeへの新規参入は絶望的!」 のような発言をしている傾向があるようです。 しかし、それは本当に事実なのでしょうか。 少なくとも私はそうは思っていません。 むしろ私は、YouTubeで稼ぐための規約が少し厳しくなったことを少し「喜んでいる」ほどだったりします。 では、何故そう思うのか。 今回はこの 「2019年以降のYouTubeは稼げるのか」というテーマで話してみたいと思います。 それでは今回の記事のスタートです。 実は2019年以降の方が稼ぎやすい「YouTube広告収入」 確かに2019年になってYouTube側が新たに設けた「広告収入」に関する規約は、結構、新規参入者には厳しいものかと思います。 ・過去12ヶ月以内の再生時間が4000時間以上ある ・チャンネル登録者が1000人以上である 特に上記の内、「チャンネル登録者1000人以上」というのは、それなりに計画的なYouTubeチャンネルの運用というのが必要不可欠になるかと思うのです。 しかも、 ・過去12ヶ月以内の再生時間が4000時間以上ある ・チャンネル登録者が1000人以上である というのは、共に今までYouTubeで稼ぐ系の情報商材で言われていたような、 「お手軽即金」「片手間で副収入」 などの謳い文句をことごとく打ち壊してしまう恐れもあるかと思います。 ですから、 「YouTubeで稼ぐことが昔ほど簡単では無くなった」 ということは言えるのではないでしょうか。 しかし、私はそのような厳しい状況にも関わらず、 何故、この状況をちょっと喜んでいると思いますか? …と言ってもその理由はすごく簡単なことなのですが。 ということは、必然的に2019年以降「お手軽にYouTubeで稼ごう」とする 中途半端なライバル・ユーチューバーは減少していくと考えられます。 「アフィリエイト」も「YouTube」と同じような歴史を辿っていますから そして、実はこのようなネットビジネスで稼ぐ上での大幅なルールの変更は、何もYouTubeだけに起こっていることでも無かったりします。 例えば、私がおすすめしているネットビジネスであるブログやサイトを使ったアフィリエイト。 こちらも過去に 「PPC広告の終焉」や 「無料ブログからWordpressへのメイン媒体の移行」等で、アフィリエイトで稼ぐための大幅なルールの変更が起こった歴史があります。 で、その度に、当時のネットビジネスユーザー達は、 「もうアフィリエイトでは稼げない!」 「これからのアフィリエイトへの新規参入は絶望的!」 と騒いでいたことは事実なわけです。 しかし、実際「アフィリエイト」のその後はどうなったかですね。 だからこそ私は、今回2018年になってYouTube側が広告収入に関する規約を厳しくしたというニュースを読んで,しかも、アフィリエイトの時と同じように、ネットビジネスユーザーが「もうYouTubeは稼げない」と騒ぎだしたことで、 「アフィリエイトの時と同じように、 YouTubeも稼ぎやすいバブル時代がきたか」 と1人でほくそ笑んでいたわけです。 ということで、私も2019年はちょっとだけ本腰を入れて、YouTube広告で稼ぐための仕掛けを大幅に増強する予定だったりします。 そして、もしあなたが私以外の方がネット上で書いている 「2019年以降、YouTubeではもう稼げません」 という記事などを読んで落ち込んでいたのであれば、 それは、少し考え直した方が良いかと思うのです。 一般人が「YouTubeではもう稼げない!」と騒ぎまくっているということは、実は、そんな時こそ一気に収益を爆発できる可能性がある 『バブル期』だと言えるからなわけです。 2019年以降「ユーチューバー」の年収が一桁変わるかもしれない ということで、私としては今回の記事であなたにお伝えしたように、YouTubeの広告収入に関する規約の変更を密かに喜んでいたりします。 むしろ、やっと 「中途半端なユーチューバーが消えてくれる」と思うと、 「これからやっと、本腰を入れてYouTubeで稼ごうか」 と考えているほどです。 そして、今ネット上で、 「もうYouTubeでは稼げない!」 「これからのYouTubeへの新規参入は絶望的!」 などと騒ぎまくっている人が多いようですが、 まぁ、見ていてください。 そしてそこら辺の「なんちゃってYouTuber」が、「もうYouTubeでは稼げない」と騒ぎまくっているということは、 むしろ、YouTubeで爆発的に収入を増加できる 『バブル期』が到来したと考えた方がよさそうです。 ですので、あなたが、 「これからYouTubeで本腰入れて稼ぎたい」 とお考えだったのであれば、是非、一所懸命にYouTube広告収入にチャンレジしてみて頂ければと思います。 おそらく、2019年からYouTubeに参入したとしても、1年後、2年後、3年後、ぐらいには、圧倒的に金額が増えた銀行残高を眺めながら、 「マジでYouTubeを本気でやってきた良かった」 と思えるはずですからね。 それでは今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとうございました。 (そのノウハウのあまりのシンプルさと完成度の高さに私は身震いしてしまいました) ・ 何故、完全に無名のしかもネットビジネス後発組が、月収100万円を6ヵ月以内に何人も達成する事が出来たのか。 (「無名」「後発組」などという事はネットビジネスにおいて全く関係無いという事が、この事実によって証明されたと言えると思います) ・ ネットビジネスで長期的稼ぎ続ける為のあるたった一つのスキルとそのスキルを効率よくマスターする方法。 (事実上、"5億を稼ぐ男"はこのたった一つのスキルで全ての資産を築いたと言っても過言では無いのです) ・ 私が"ある作業を毎日繰り返すだけで"自身のブログからの収入を「一桁」上げたカラクリ。 (時間にして約1時間。 ある作業を繰り返すだけで私のブログからの収入は「一桁」変わってしまいました) ・ ネットビジネスでの収入を不労所得化する為のブログ及びメルマガの構成における原理原則。 (「売りたい商品を売るべき人に売る」このネットビジネスにおけるシンプルな販売原則をブログ及びメルマガに適用させる事で、収入を不労所得化する事が出来るのです) 上記の中にあなたが1つでも知りたいと思う事があるならば、下記の画像をクリックして私の「無料メルマガ講義」を受けて、その答えを受け取って下さい。

次の

【2020年】YouTubeはまだ稼げる?稼げない?

ユーチューブ 稼げない

しかも人気YouTuberには「企業タイアップ」の依頼もたくさん来ます。 よくスマホアプリなんかのPRをしていますよね?本当に人気のYouTuberになるとあれ一件で数十万〜数百万円もの報酬をもらえるそうです。 こうなるともう一体どれくらいのお金を稼いでいるのか見当もつきません(笑) しかし若くてもこれだけ稼げるとなると、子供達がYouTuberを目指すのも無理ないかもしれませんね。 YouTuberは稼げなくなるのか? それではいよいよ「YouTuberは稼げなくなるのか」という件について考察していきたいのですが、そもそも「YouTuberは稼げなくなる」と言われている理由をまとめていきます! YouTuberは飽和状態? まず言われているのは「YouTube界は既に飽和状態」だということ。 数年前まで、有名なYouTuberといえばせいぜいヒカキンやはじめしゃちょーくらいでしたが、その頃に比べてYouTuberの数は激増!!! チャンネル登録者数何十万人、何百万人ともなればその辺の芸能人よりよっぽど知名度がありますし、YouTuber専用の芸能事務所とも言えるMCN(マルチチャンネルネットワーク)も乱立しています。 まさにアイドル戦国時代ならぬYouTuber戦国時代に突入したと言わざるをえませんね。 YouTuberが増えるということはもちろんそれだけ競争率も高まるわけで、適当にYouTuberになろうと動画を投稿したところでアクセスは集まらず、ただのイタイ人になるのが関の山です…。 広告から撤退する企業も YouTuberがなぜ稼げているかというと、動画が再生される際に表示される広告の宣伝費のためです。 動画が再生されればされるほど広告のPRになるというわけで、その分収入も上がっていきます。 しかし広告があるということは当然広告主となる企業があるわけですよね。 簡単にその仕組みを説明するとYouTubeを仲介して、広告主が広告の宣伝に応じた報酬をYouTuberに支払っていることになるわけなので、YouTuberが稼げているのはその広告主あってこそということになります。 日本でも有名な企業でいうとペプシやスターバックスはYouTubeの広告から撤退。 もしかしたら今後も撤退する企業は増えてしまうかもしれません。 そうなると広告の宣伝の単価が下がってしまったり、動画の最中に広告が表示されなくなるので、いくら動画が再生されても収入が入ってこなくなる可能性がなくもないというわけですね。 規制が厳しくなる 広告からの企業の撤退、そしてYouTubeの影響力が強まっていくことから、今後YouTubeの規制はどんどん厳しくなっていくと思われます。 最近のYouTuberの中にはより再生回数を伸ばすために過激なことをしたり、下品なことをする人が非常に多いですよね。 視聴者にとってはそれはそれで面白いのでいいのですが、企業やYouTubeにとってはあまりいいこととは言えません。 なので今後そのような動画を投稿できなくなってしまう可能性は大いにあります。 確かに「過激・下品な動画」というのは人気を伸ばすために有効な手段な一つなので、そうなるとYouTuber間の競争がよりシビアなものになってしまいます。 YouTuberがなくならない理由とは? 「YouTuberがこの先稼げなくなる」理由を紹介しましたが、結論からいうと実はそれは 嘘です!冗談でもなんでもありません! それではなぜYouTuberはなくならないのか、その理由を説明していきます! YouTuberの需要はまだまだ増加していく! YouTuberがなぜこんなにも有名になったのか、それはスマートフォンで気軽にYouTubeを見ることが可能になったからです。 数年前まではYouTubeなんてパソコンくらいでしか見られませんでしたし、子供が自由にパソコンを使用できる家庭も現在ほど多くありませんでした。 先ほども言ったように「YouTuberは既に飽和状態」という人はたくさんいますが、そんなことを言うならミュージシャンやアイドル、お笑い芸人なんかはどうなんでしょう。 ずっと前から存在している人気職業で競争率も高いにも関わらず、それらの職業自体がなくなることはないですよね? 仮にYouTube界が飽和状態で稼げなくなると言うなら、芸能界だってとっくにそうだということになりませんか? 規制が厳しい=動画を投稿できないではない! もう一つ理由として挙げられるのが、YouTubeの規制が厳しくなっていったとしても、動画が投稿できないということにはならないということです。 確かに現在でも過激な動画、下品な動画を投稿して人気を得ているYouTuberはいますが、クリーンな動画を上げているYouTuberもたくさんいますよね? むしろそのようなYouTuberが大半だと思います。 ジャンルで言っても過激なやってみた系動画は人気がありますが、ゲーム実況・メイク・料理・商品紹介のように他にも人気ジャンルはたくさんありますし、工夫次第では今からでも新ジャンルを確立して人気を得ることもできるでしょう。 なのでYouTubeに需要があるうちは有効な宣伝手段であることに変わりはないでしょうし、そうである限り広告主が途切れることはありません。 最後に 「YouTuberがなくならない理由」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ただこれだけは知っておいて欲しいのですが、 人気YouTuberになることが難しくなるのは間違いありません!!! なくならないと言っても競争は激化していくわけなので、今からYouTuberになるためにはかなり努力する必要があると思います。

次の