タンバリン 洲本。 株式会社タンバリン

作品「笑う鳥とタンバリンとフルーツ」

タンバリン 洲本

型番:HGD4-18 商品名:タンバリン レアリティ:スーパーレア アビリティ:魔怪光線 状態:人の目で見た限り裏表共にキズ・折れはありませんがプレイ用とお考えください。 この商品は、ゆうパケットで発送させて頂きます。 そのため、送料は200円となります。 【洲本店】のトレーディングカードに限り、ゆうパケットによる同梱発送が可能です。 十分気をつけて在庫管理を行っておりますが、 万が一ご注文後の品切れの際には何卒ご容赦下さい。 特に中古品は見る方によって状態の価値観が異なります。 神経質な方や完品を求められる方はご注文をお控えください。 3,980円 税込 未満に関しましては、送料は一律700円(北海道・沖縄・離島は1200円) 発送方法は西濃運輸・日本郵便元払いのみとなり、着払い、代引きは扱っておりません。 西濃運輸ではご指定日(月〜土曜日)にお届け可能です。 (日祝日のご指定は翌週平日お届け指定となります) また、当ストアの一部商品(厚さ3cm以下の商品)に関しましては、 ゆうパケットでの発送が可能ですが、ご指定日、時間帯指定が出来ません。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は西濃運輸でお届けいたします。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の2営業日以内の発送を こころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、配達日指定もうけたまわります。 ご指定日(月〜土曜日)にお届け可能です。 (日祝日のご指定は日祝日お届け指定となります) ただし配送日を指定された場合でも、事情により指定日に配達ができない事もございます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

淡路島 洲本の小さなケーキ屋「tambourine タンバリン」のケーキが絶品過ぎる!その理由とは!?

タンバリン 洲本

淡路島にとっても素敵なケーキ屋がある。 その名も tambourine だ。 タンバリンだ。 今、インスタグラムとかで話題になるくらい大人気のお店だそうだ。 インスタ映えすると、みんなが写真を撮っているようだ。 そんな素敵なケーキ屋を訪れた。 この日は平日の昼間だというのに、満席だった。 場所はこのへん、川の近く、と言ってもわかりにくい。 カラフルなビルの一角が店舗である。 たまたま目立つ建物に入っているので、良い目印になる。 素敵でお洒落な入り口だ。 まるで、お洒落な国へ通ずる扉のように見えてくる。 扉だけではない、店内もお洒落が散りばめられている。 ケーキは、毎日どれくらい並ぶのかはわからないが、なくなり次第終了となる。 この日のお昼頃には、ご覧のラインナップ。 インスタ映えしそうなケーキばかりだ、いや、美味しそうなケーキばかりだ。 おそらく、ケーキを作ってるお姉さん(1人でお店を切り盛りしているのだ)も、見た目よりも味をみてほしいと思ってるはずだ。 ウインドウの外にあるスイーツもある。 どれも美味そうだから迷ってしまう。 こんなのまで作れるみたいだ。 素晴らし過ぎる! 苺のショートケーキに、 名前を忘れてしまったケーキに、 チーズケーキに、 何とかチョコレートケーキ。 どうだろう、インスタ映えしてるだろうか。 おそらく、していない。 インスタ映えとは、もっと華やかで素敵に撮られた写真でないといけないのだ。 (撮る技術も要るのだろう) 決してインスタ映えはしてないが、お味は絶品そのもの。 丁寧で、工夫がされ、美味しさの化学的な根拠の裏付けがされてるような、そんな美味しさに感じた。 珈琲がお供となれば、ケーキはますます引き立つ。 ホントに、こじんまりとしたお店だが、ケーキの美味しさの奥行きは無限のように感じられる。 まだまだ、知る人ぞ知るお店なのだろうか。 shogot1978.

次の

株式会社タンバリン

タンバリン 洲本

淡路島にとっても素敵なケーキ屋がある。 その名も tambourine だ。 タンバリンだ。 今、インスタグラムとかで話題になるくらい大人気のお店だそうだ。 インスタ映えすると、みんなが写真を撮っているようだ。 そんな素敵なケーキ屋を訪れた。 この日は平日の昼間だというのに、満席だった。 場所はこのへん、川の近く、と言ってもわかりにくい。 カラフルなビルの一角が店舗である。 たまたま目立つ建物に入っているので、良い目印になる。 素敵でお洒落な入り口だ。 まるで、お洒落な国へ通ずる扉のように見えてくる。 扉だけではない、店内もお洒落が散りばめられている。 ケーキは、毎日どれくらい並ぶのかはわからないが、なくなり次第終了となる。 この日のお昼頃には、ご覧のラインナップ。 インスタ映えしそうなケーキばかりだ、いや、美味しそうなケーキばかりだ。 おそらく、ケーキを作ってるお姉さん(1人でお店を切り盛りしているのだ)も、見た目よりも味をみてほしいと思ってるはずだ。 ウインドウの外にあるスイーツもある。 どれも美味そうだから迷ってしまう。 こんなのまで作れるみたいだ。 素晴らし過ぎる! 苺のショートケーキに、 名前を忘れてしまったケーキに、 チーズケーキに、 何とかチョコレートケーキ。 どうだろう、インスタ映えしてるだろうか。 おそらく、していない。 インスタ映えとは、もっと華やかで素敵に撮られた写真でないといけないのだ。 (撮る技術も要るのだろう) 決してインスタ映えはしてないが、お味は絶品そのもの。 丁寧で、工夫がされ、美味しさの化学的な根拠の裏付けがされてるような、そんな美味しさに感じた。 珈琲がお供となれば、ケーキはますます引き立つ。 ホントに、こじんまりとしたお店だが、ケーキの美味しさの奥行きは無限のように感じられる。 まだまだ、知る人ぞ知るお店なのだろうか。 shogot1978.

次の