慎重勇者ネタバレ。 慎重勇者 12話(最終話)の感想 「聖哉とリスタのその後…二人は再び出会う?」

(ネタバレ注意)なろう2冊目・この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる 1 │ 読書家を目指してなにが悪い!

慎重勇者ネタバレ

2019年10月に放送されたアニメ「 この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の 女神リスタルテの 過去についてまとめています。 リスタルテは、これまでに5回の勇者召喚により世界を救って来た女神。 およそ百年前に女神として誕生したとされていますが、その前は 人間のお姫様「ティアナ」でした。 そして、その時に今回リスタルテが召喚した勇者 「竜宮院聖哉」と出会っています。 この過去の出来事については、リスタルテは 転生した時に忘れていて、同様に聖哉も覚えていませんでした。 ただ、リスタルテが聖哉を選んだのは偶然ではなく 「運命」だったと後々わかります。 ここでは、リスタルテの 女神になる前の正体が人間だったことや 過去の聖哉との関係について紹介しています。 【慎重勇者】リスタルテの正体は元人間で勇者パーティーの一員 『慎重勇者』慎重な勇者・竜宮院聖哉役に梅原裕一郎、新米女神・リスタルテ役に豊崎愛生。 ティザーPVも公開 — AnimeRecorder AnimeRecorder リスタルテは、 およそ百年前に女神として統一神界に誕生しています。 過去に五回ほど勇者を召喚して世界を救って来ています。 今回は救世難度Sクラスの世界 「ゲアブランデ」の担当となっている。 Sランクは、 ベテランの神ですら尻込みをするほど恐ろしい世界とのこと。 その世界の 魔王は、 統一神界の神にも匹敵する力があると言われていた。 それなのに、まだ女神としては新米なリスタルテが担当になったのは不自然に感じますよね。 少し話が逸れましたが、本題に入りたいと思います。 リスタルテは、百年前に女神として誕生していますが、その 前は人間として生きていました。 しかも、人間だった時に今回の勇者として召喚した 「竜宮院聖哉」と出会っています。 そして、 勇者パーティーの一員として一緒に魔王討伐の旅に出ていた。 リスタルテの人間だった頃の名前は 「ティアナ」。 イクスフォリアという世界の大国 ターマインの王女でティアナ姫と呼ばれていた。 途中から魔王征伐のためパーティーに参加し、回復役として仲間となっている。 しかし、 最後の魔王との戦いの時に死亡してしまい、その時に 女神として転生しています。 女神アリアドスの強い願いと 生前の善行により転生することができたとのこと。 リスタルテが覚えていないのは、 転生した時に過去の記憶を失っているため知らなかった。 同様に今回召喚された聖哉もこの時のことは覚えていません。 ただ、聖哉は最初に 「プロパティ」と言った時表示された内容を見た瞬間に、 自分が過去に同じように勇者として召喚され失敗したことを知っている。 (この内容は下の記事リンクで紹介してます。 救世難度Bの世界 「イクスフォリア」の担当女神は アリアドス。 その時に勇者として召喚されたのが竜宮院聖哉で、これが勇者となった最初の世界です。 ティアナ姫(リスタルテ)は聖哉とアリアドスの魔王征伐の旅の途中から仲間となった。 パーティーは4人で、 聖哉・ティアナ・コルト・アリアドス。 その旅の中で、パーティーは様々な強敵との戦いをくぐり抜けて行く。 キマイラ・ゴーレム・ドラゴン・サイクロプスなど。 この時の聖哉は慎重とは無縁の、 無謀でとにかく前に進んでいくタイプだった。 聖哉は戦闘センスがあったため、相手よりレベルが低くてもどうにか倒せていたからです。 魔王との戦いを控えた前日の夜、ティアナは聖哉と話をしていた。 「ティアナ。 お前の治癒魔法があったからここまで来ることが出来た。 いつも無理させてすまない」 「いいよ。 きっと今回も何とかなるよ。 だから・・・言ってよ、あのセリフ。 あれを聞くと安心するんだ」 「ガナビー・オーケー(何とかなる)」 そして遂に魔王との戦いが始まり、厳しい戦いとなったが最後に聖哉の 聖剣で魔王と真っ二つにした。 アリアが能力透視でしっかりと魔王のHPがゼロになったのを確認し勝利に喜んだ。 楽しげに4人で笑っていた時、突然コルトの口から 血が零れ落ちる。 見てみると、 上半身のみの魔王の口腔から伸びた舌がコルトの胸を貫いていた。 そのまま コルトは魔王に飲み込まれてしまい、養分を吸収したことで魔王の下半身が復活する。 HPがゼロになったはずの魔王が生きていたのは、命が二つあったからです。 次に アリアが捕まってしまい、コルトと同じように飲み込まれてしまった。 これにより魔王は完全に再生してしまい、聖哉とティアナは絶望的な状況となる。 そこで、聖哉はティアナを逃がそうと前に出て時間を稼ごうとした。 しかし、魔王は聖哉を無視して先に ティアナを標的にして捕まえる。 助けに行こうとした聖哉ですが、先程の戦いで体が限界だったため動けなかった。 ティアナを捕まえた魔王は、 ティアナの腹の中に微かな生命反応に気づく。 気づかれたことに聖哉が動揺してしまい、魔王は残酷なことを聖哉の目の前でやろうとする。 「やめろ・・・やめてくれ・・・」 これが 聖哉とティアナ(リスタルテ)の過去の出来事でした。 この魔王との戦いで死亡してしまったティアナが、 女神として転生し誕生した現在のリスタルテです。 先程の内容から気づかれたと思いますが、ティアナと聖哉は 恋人関係でした。 そして、 ティアナのお腹の中には二人の間にできた子供が宿っていたようです。 また、これが 聖哉の性格を慎重に変える出来事でもありました。 最後に [新番組] 10月新番のアニメ「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」のWEBラジオ「「ラジオ慎重勇者」~このラジオが面SHIREEEくせに慎重すぎる~」が配信決定です!パーソナリティは治癒の女神リスタルテ役の さんです! — インターネットラジオステーション<音泉> onsenradio アニメ「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の リスタルテの過去についてまとめてみました。 難度Sの世界の担当となった女神リスタルテが召喚した勇者「竜宮院聖哉」。 二 人は百年前に別の世界で一緒に魔王征伐の旅をしていたパーティーだった。 その時のリスタルテは、 ティアナという人間のお姫様で、聖哉とは 恋人関係。 子供も授かっていたが、聖哉の目の前で魔王に殺されてしまった。 その後、 アリアドスと 生前の善行により女神として転生され現在に至る。

次の

【ネタバレ有り】聖哉とリスタの関係はどうなる?…神と人の禁断の恋の行方【慎重勇者】

慎重勇者ネタバレ

「概要上のアレは嘘だ。 」 彼の本名は山田一郎、勇者と称えられるだけの一般人。 女神と名乗っている呑んだくれの臓器売買寸前の借金まみれの一般人リフクノレテと共に、借金取りから逃げるため今日も旅をしている。 関連タグ 「それもう一般人じゃないよね!? ていうか概要にフェイクを混ぜてどうするの!! 」 「レディ・パーフェクトリー(準備は完全に整った)」 CV. 本当の概要 女神リスタルテによって呼び出された現実世界の勇者。 難度『S』の異世界『ゲアブランデ』を救うために呼ばれたのだが、性格は あり得ないほど慎重である。 召喚したリスタルテを真っ先に疑ったり、素のステータスは高めなのに神界に閉じこもって筋トレやりまくったり、アイテムは過剰なほどに備蓄したり、敵を倒すにも建物ごと吹き飛ばし相手の復活を許さないくらいの、更には問答無用に人をアンデッドと疑い全員に聖水をかける等、病的なくらいに慎重。 仲間を完全に信頼しておらず単独行動も辞さないし、女神であるリスタルテにもパラメーターを一切公開しない。 まさに(正確には和製マンチキン)の域である。 他人に対しての言動も厳しく、に扱うため女性に対しても厳しくデリカシーが無い。 でもイケメンなので惚れる女性がいる。 しかし、相手の好意を無下にせず仲間を必ず助けると言った優しさもあり、情が無いわけではない。 準備が出来たら上記の口癖を言う。 彼が異常なまでに慎重なことを行使するならリスタルテが必ずツッコむという図式が完成している。 ステータス・能力 主に剣や炎魔法をメインにして戦うアタッカー型。 氷結魔法等使えない能力があるものの、過剰な鍛錬や合成、柔軟な発想によりそれを補っている。 ステータスはほぼ序盤の勇者を越えており、物覚えが良い点や『獲得経験値増加』が噛み合い成長率が高い。 最強になるのも時間の問題である。 しかし欠点として『獲得経験値増加』が効きすぎてすぐに成長限界点が来てしまい、それ以上成長できない。 しかもゲアブランテもとい本作品の難易度はするため聖哉のステータスを追い越してしまい、攻略法も次々と失われてしまうためになる恐れもある。 そのためステータスで戦うよりも戦略と準備を過剰にすることが重要となる。 本当の関連タグ :中の人繋がりなだけでなく、慎重に対策を練る箇所等が似ている。 こちらは特化型であるが目的の為なら周りを巻き込む和マンチな点も共通している。 :における慎重派勇者。 「プロパティ」 『慎重に、慎重にも慎重に。 疎まれようが嫌われようが、それを貫こう。 そして今度こそ、世界と仲間と大切な人を必ず救ってみせる』 核心に触れるネタバレあり、自己責任でスクロールをお願いします。 何故彼は『慎重』なのか? 実は聖哉は一度 難度『B』の異世界「イクスフォリア」に転移したことがある勇者。 元々の彼の性格は準備もせずに突っ込む無鉄砲。 レベル差があっても強敵に挑むことがあり、いつも仲間を振り回していた。 口癖は 「ガナビー・オーケー(何とかなる)」と今と真逆のスタンスを取り、ボロボロになることもしばしば。 それでも今と同じように元々強かったため何とかやれたとのこと。 お手本のような俺TUEEE系の主人公。 ヒロインのティアナ姫と添い遂げて、いざ最終決戦へ…だがある悲劇で彼の運命が大きく変わる。 イクスフォリアを侵す魔王を倒した聖哉一行。 女神アリアの透視力で確実に倒したことを確認し、ボロボロになったが勝った喜びを分かち合う。 だがその直後、仲間の一人が血を噴出して倒れた。 魔王はまだ生きていたのだ。 次々と仲間が倒され、残ったのは聖哉とティアナ姫のみ。 ティアナ姫を逃がそうとする聖哉だったが彼もボロボロで、とうとうティアナ姫が魔王に捕まってしまった。 そして聖哉の目の前で魔王はティアナ姫を身籠った子供ごと殺害した。 この惨状を受け聖哉は己の準備不足を嘆き、慎重な性格に変わっていった。 記憶はリセットされてしまったが、心の奥底に刻み込まれたトラウマとプロパティで出された文章によりある程度は察することとなった。 慎重に鍛錬や備蓄を過剰にしたり、仲間を突き放すような真似をするのは聖哉の仲間を思う優しさと、惨状を繰り返させまいとする決意の裏返しである。 ゲアブランデ最終決戦ではすべての記憶を思い出しており以後の冒険もその記憶と過去に苦しむことになる。 これ以降イクスフォリアは になり難度が『SS』に格上げされていることを察するにデアブランデも滅んでしまえばそれ以上の難度になってしまうだろう。 故に『慎重』こそが作中の何よりのキーワードであり、ダーニングポイントでもある。 また無鉄砲な性格は魂の一部として刻まれており、彼が慎重だと思う行動も以外にも無鉄砲な部分があったり何らかのはずみで暴走するため、リスタルテの支えが必要になるかもしれない。 実はティアナ姫にも ちなみに彼はティアナと子を設けているため。 も通じない、記憶を失っても経験が残っているということだろうか。 ネット原作版では リスタルテのを直で平然と抜いている。 そしてまさかの!? クロスオーバーギャグアニメのアニメ版第2期11話で まさかのサプライズ出演(なお、第8話でリスタルテもチョイ役で出たが、 手だけだった)。 この回の内容は「」で興味を持ったリスタルテが誘っても相変わらずの慎重さを見せ、そそくさと帰っていった。 実はこの時、学園ではが暴れようとしており、彼の判断はあながち間違っていなかった。 それにこの学園には 、 、 、 神に対して敵意むき出しのとなど危険過ぎる人物が多い。 関わらなくて正解だったと言えるだろう。 真・関連タグ :大事な人を失うという過去の経緯まで似通っており、気が付けば味方が増えるという共通点がある。 中の人が同じなのは製作側の意図的なものである可能性も否定できない。 関連記事 親記事.

次の

【ネタバレ有り】聖哉とリスタの関係はどうなる?…神と人の禁断の恋の行方【慎重勇者】

慎重勇者ネタバレ

画像引用元: 販売元:KADOKAWA メディアファクトリー アニメの主人公と言えば「なんとかなるさ」って感じでドンドン事件に突っ込んでいく系が多いですが、『慎重勇者』のタイトルにもある通り、主人公である 竜宮院聖哉は何事にも慎重なのです。 ・敵への対策が完璧になるまで戦いは挑まない ・敵と直接戦わずに倒せるなら直接戦わない ・敵が死んでも復活の可能性を潰す為チリも残さず破壊する ・自分以外の全ての人間を疑う ・冒険でレベルを上げずに安全な神界で筋トレをする事でレベルを上げる ・道具の購入の際は、スペアとスペアのスペアを用意する ・どんな状況に陥っても打開できる手段を用意しておく などなどその慎重さは 病的なほど! しかし、聖哉が慎重なのは彼の元来の性格ではありません。 過去にあった出来事が原因で慎重な行動を心がけるようになったのです。 今回はその聖哉の過去を説明していきます。 それはどんなことも気合でなんとかなる、猪突猛進で、向こう見ずな性格でした。 彼の決め台詞に 「レディ・パーフェクトリー、準備は完全に整った」があります。 このセリフが今の彼を表しているとすると、昔の彼の決め台詞 「ガナビー・オーケー、何とかなる」は過去の彼の性格を表しているのでしょう。 昔と今で、これほど性格が違う原因は、冒頭でも述べたように過去の失敗にあります。 聖哉は過去の勇者召喚での自身の性格が原因でパーティーを全滅させ、最愛の人を死なせてしまい、世界が滅亡したことがあるのです。 聖哉は勇者として召喚されていたので、元の世界に戻っただけですが、その失敗は記憶を消されたとしても性格が変わる程でした。 仲間、恋人、世界、それら全てを守れなかった後悔から今の慎重な性格になったのです。 モチロン、今回の召喚時には前回の記憶もなくレベルも初期からスタートだったのですが、 1度目の勇者召喚は彼の性格を変えてしまうほどでした。 聖哉の最初の勇者召喚、それは大女神イシスターから明かされます。 最初に召喚された世界は救世難易度 Bイクスフォリアです。 イクスフォリアはゲアブランデよりも遥かに優しい難易度の世界でした。 ・勇者:聖哉 ・ヒーラー:ティアナ姫 ・魔法使い:コルト ・ナビゲーター:女神アリア この 4人でイクスフォリア救世のための旅に出ていました。 過去の聖哉は敵のレベルが自身よりも上であろうと、 「ガナビー・オーケー何とかなる」と突っ込み、類まれなる勇者センスによりどんな危機に陥ろうと無事乗り切ってきたのです。 仲間たちもそんな彼を信用していました。 「聖哉ならどんなピンチでもなんとかしてくれる」そういった思いがあったのでしょう。 そんな中、イクスフォリアの攻略も順調に進み、魔王四天王を撃破、残すは魔王だけとなりました。 ついに魔王討伐となった時、聖哉は 重大なミスをしてしまいます。 これはその瞬間の会話です。 たき火の近くで聖哉とティアナ姫だけが座って話していた。 『聖哉。 遂に残すは魔王だけだね』 『ああ。 明日は朝から出発だ。 お前もそろそろ寝ておいた方がいい』 『ちょっと不安で眠れなくて。 ねえ……ホントに賢者の村には行かなくていいの?』 『うむ。 もう魔王を倒せる武器は手に入れた。 遠く離れたその村まで、わざわざ出向く必要はあるまい』 『でもアリア様が、そこで魔王の情報が手に入るって……』 『ティアナ。 俺は一刻も早く、魔王を倒したいのだ』 強情な聖哉にティアナ姫は大きな溜め息を吐き出した。 その後、諦めたように笑う。 『聖哉ってば出会った時からそうだよね。 修行とか準備とか、全然しないんだもん』 引用:カクヨム この勇者が俺 TUEEEくせに慎重すぎる 第四八章より そう、聖哉は自身の迂闊さから魔王の重要な秘密を知る機会を逃してしまったのです。 魔王の秘密とは命が2つあることでした。 魔王は 1度倒しても、もう一度復活するのです。 その情報を知らなかった聖哉たちは 1つ目の命を倒した時、魔王を仕留めたと勘違いをしてしまいました。 そして油断している隙きに魔王が復活してしまったのです。 1つ目の命を潰すだけで聖哉たちは体力の限界に達していました。 復活した魔王と戦う力は残っていなかったのです。 最初に魔法使いコルトが殺られ、女神アリアも魔王に食べられてしまいます。 そして動けない聖哉の目の前で最愛の人である、ティアナ姫まで魔王に殺されてしまうのでした。 最後には聖哉も殺されてしまい、イクスフォリアは魔王の手に落ちることとなったのです。 聖哉が女神アリアの進言を受け入れて、賢者の村に向かっていれば魔王の命が 2つあることは分かったのです。 そうすれば魔王討伐の対策を立てることができたでしょう。 聖哉は慎重な行動を怠った自身を責めてしまいます。 そう、性格が変わってしまうほどに……。 そう女神アリアドネが唯一救えなかった世界がイクスフォリアなのです。 また、女神リスタルテ(以下、リスタ)の親友であるアリアドネなのですが、聖哉とあった際に動揺するなど、また聖哉に対してとても親しげに接している瞬間があります。 これは過去に担当女神として聖哉を召喚していたからなのです。 アリアは聖哉に賢者の村へ行くよう強く勧めなかったことを後悔しています。 アリアが聖哉の為に数々の神を紹介し、訓練を受けられるように計らっているのは罪滅ぼしのためなのです。 さらに、リスタが聖哉を召喚したのも偶然ではありません。 実はリスタにも秘密があります。 リスタは聖哉が救えなかったティアナ姫の生まれ変わりなのです。 女神アリアの強い願いと自身の生前の善行によって女神として転生したのです。 生まれ変わる際に人間だった頃の記憶は全てなくなってしまいましたが、リスタには聖哉の恋人だった過去があります。 リスタが聖哉に惹かれてしまうのも、これが原因でしょう。 つまり、リスタが聖哉を召喚したのは運命だったのです。 2人はお互いに記憶が無くとも運命の糸でつながっているのではないでしょうか。

次の