認知 症 ケア 加算。 【症状別】認知症ケアとは|ケア方法やポイント、注意点などを解説

【症状別】認知症ケアとは|ケア方法やポイント、注意点などを解説

認知 症 ケア 加算

この記事の目次• 認知症専門ケア加算とは、認知症介護について、国や自治体が実施又は指定する認知症ケアに関する専門研修を修了した者が介護サービスを提供した場合に算定できる加算のことをいいます。 認知症専門ケア加算は、平成30年度介護報酬改定により新設された加算です。 ここでは、「 認知症専門ケア加算」について詳しくご紹介していきます。 厚生労働省 認知症専門ケア加算で算定できる単位数は以下の通りです。 認知症介護に係る専門的な研修を修了している者を、対象者の数が20人未満である場合にあっては、1以上、当該対象者の数が20人以上である場合にあっては、1に、当該対象者の数が19を超えて10又はその端数を増すごとに1を加えて得た数以上配置し、チームとして専門的な認知症ケアを実施していること。 当該施設における介護職員、看護職員ごとの認知症ケアに関する研修計画を作成し、当該計画に従い、研修を実施又は実施を予定していること。 厚生労働省(2018) 認知専門ケア加算の算定事業所で算定することができます。 算定要件にも割合や人数など少し難しい話が多かったと思います。 (答) 算定日が属する月の前3月間の利用者数の平均で算定する。 例えば、以下の例の場合の前3月の平均は次のように計算する(前年度の平均計算についても同様に行う)。 ・なお、利用実人員数による計算を行う場合、月途中で要介護状態区分が変更になった場合は月末の要介護状態区分を用いて計算する。 平成22年度の厚生労働省の調査では、全国の65歳以上の高齢者について、認知症有病率推定値15%、認知症有病者数約439万人と推計されています。 また、全国のMCI(正常でもない、認知症でもない(正常と認知症の中間)状態の者)の有病率推定値13%、MCI有病者数約380万人と言われています。 このうち、介護保険制度を利用している認知症高齢者は約280万人です。 「認知症施策推進5か年計画」(平成24年9月厚生労働省公表)の概要では、 「認知症の人は、精神科病院や施設を利用せざるを得ない」という考え方を改め、「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができる社会」の実現を目指す、とされています。 今回の認知症専門ケア加算は平成30年度介護報酬改定により新設された加算であり、日本全体で認知症に対する取り組みが推進されていているのではないでしょうか。

次の

認知症のエキスパートを配置!!認知症専門ケア加算の算定要件とQ&A

認知 症 ケア 加算

認知症ケア加算について3段階の評価に変更となり、算定要件、施設基準が追加・変更されるとともに、14日以内の点数が少し加点(+10点)されます。 第2 具体的な内容 1.認知症ケア加算の評価体系を、現行の2段階から3段階に見直す。 また、14日以内の点数が少し加点(+10点)されます。 また、算定要件や施設基準も変更になります。 内容としては、現行の1と2の間を取った内容のものが間に追加された印象です。 現行の認知症ケア加算1、2についての要件と施設基準の一覧表を下記に貼り付けておきます。 3月5日に主な算定要件のまとめが令和2年度診療報酬改定の概要資料で公表されましたので、画像を差し替えておきます。 今回、3段階の評価となって、認知症ケアチーム(認知症患者の診療に十分な経験を有する専任の常勤医師と、認知症患者の看護に従事した経験を5年以上有し認知症看護に係る適切な研修(600時間以上)を修了した専任の常勤看護師と、認知症患者等の退院調整について経験のある専任の常勤社会福祉士又は常勤精神保健福祉士)の必要な「1」、当該の医師又は看護師でよい「2」、現行の2と同様で原則として全ての病棟に認知症患者のアセスメントアセスメントや看護方法等に係る適切な研修(9時間以上)を受けた看護師を複数名(改定で3名)配置の「3」の3段階になります。 加算1は、認知症ケアチームが必要でなかなかハードル高かったのですが、看護師のみでもよいとなる加算2であれば可能となる施設も多いのではないでしょうか? 2.認知症ケア加算1の医師及び看護師に係る要件の見直しを行う。 認知症ケア加算1の要件が少し緩和されます。 医師の経験年数については5年とされていたのですが、3年でよいことになります。 また、週3日合計24時間以上常態として勤務している非常勤の組み合わせでも可とする条件は、週3日合計22時間以上でも良いとなります。 3.認知症ケア加算2の名称及び看護師に係る要件を見直し、評価の充実を行う。 認知症患者が入院しない病棟及び精神病棟は除く全ての病棟に適切な研修を受けた看護師の複数配置が求められていたところが、3名以上に変更となります。 ただその一方で、当該3名のうち1名に関しては、指定された研修を受けた看護師による院内研修でも良いと変更されます。 なので実質は、人数に変更はない印象です。 参考・引用: isomed.

次の

A247「認知症ケア加算」のレセプト請求・算定Q&A

認知 症 ケア 加算

1 認知症ケア加算1の施設基準 (1) 当該保険医療機関内に、以下から構成される認知症ケアに係るチーム(以下「認知症ケアチーム」という。 )が設置されていること。 このうち、イに掲げる看護師については、原則週16時間以上、認知症ケアチームの業務に従事すること。 ア 認知症患者の診療について十分な経験を有する専任の常勤医師 イ 認知症患者の看護に従事した経験を5年以上有する看護師であって、認知症看護に係る適切な研修を修了した専任の常勤看護師 ウ 認知症患者等の退院調整について経験のある専任の常勤社会福祉士又は常勤精神保健福祉士 なお、アからウまでのほか、患者の状態に応じて、理学療法士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士が参加することが望ましい。 (2) (1)のアに掲げる医師は、精神科の経験を3年以上有する医師、神経内科の経験を3年以上有する医師又は認知症治療に係る適切な研修を修了した医師であること。 なお、ここでいう適切な研修とは、国、都道府県又は医療関係団体等が主催する研修であり、認知症診断について適切な知識・技術等を修得することを目的とした研修で、2日間、7時間以上の研修期間で、修了証が交付されるものであること。 また、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間が週22時間以上の勤務を行っている専任の非常勤医師(精神科の経験を3年以上有する医師、神経内科の経験を3年以上有する医師又は認知症治療に係る適切な研修を修了した医師に限る。 )を2名以上組み合わせることにより、常勤医師の勤務時間帯と同じ時間帯にこれらの非常勤医師が配置されている場合には、当該2名以上の非常勤医師が認知症ケアチームの業務に従事する場合に限り、当該基準を満たしていることとみなすことができる。 (3) (1)のイに掲げる認知症看護に係る適切な研修とは、次の事項に該当する研修のことをいう。 ア 国又は医療関係団体等が主催する研修であること。 (600時間以上の研修期間で、修了証が交付されるもの) イ 認知症看護に必要な専門的知識・技術を有する看護師の養成を目的とした研修であること。 ウ 講義及び演習は、次の内容を含むものであること。 (イ) 認知症の原因疾患・病態及び治療・ケア・予防 (ロ) 認知症に関わる保健医療福祉制度の変遷と概要 (ハ) 認知症患者に特有な倫理的課題と対応方法 (ニ) 認知症看護に必要なアセスメントと援助技術 (ホ) コミュニケーションスキル (ヘ) 認知症の特性を踏まえた生活・療養環境の調整方法、行動・心理症状(BPSD)への対応 (ト) ケアマネジメント(各専門職・他機関との連携、社会資源の活用方法) (チ) 家族への支援・関係調整 エ 実習により、事例に基づくアセスメントと認知症看護関連領域に必要な看護実践を含むものであること。 (4) (1)のウに掲げる社会福祉士又は精神保健福祉士は、認知症患者又は要介護者の退院調整の経験のある者又は介護支援専門員の資格を有する者であること。 (5) 認知症ケアチームは、以下の業務を行うこと。 ア 認知症患者のケアに係るカンファレンスが週1回程度開催されており、チームの構成員及び当該患者の入院する病棟の看護師等、必要に応じて当該患者の診療を担う医師などが参加していること。 イ チームは、週1回以上、各病棟を巡回し、病棟における認知症患者に対するケアの実施状況の把握や病棟職員への助言等を行うこと。 ウ チームにより、身体的拘束の実施基準や鎮静を目的とした薬物の適正使用等の内容を盛り込んだ認知症ケアに関する手順書(マニュアル)を作成し、保険医療機関内に周知し活用すること。 なお、認知症ケアの実施状況等を踏まえ、定期的に当該手順書の見直しを行うこと。 エ チームにより、認知症患者に関わる職員を対象として、認知症患者のケアに関する研修を定期的に実施すること。 (6) 認知症患者に関わる全ての病棟の看護師等は、原則として年に1回、認知症患者のアセスメントや看護方法等について、当該チームによる研修又は院外の研修を受講すること(ただし、既に前年度又は前々年度に研修を受けた看護師等にあってはこの限りではない)。 また、原則として、全ての病棟(小児科など身体疾患を有する認知症患者が入院しない病棟及び精神病床は除く。 )に、2の(4)に掲げる認知症患者のアセスメントや看護方法等に係る適切な研修又は院内研修を受けた看護師を1名以上配置することが望ましい。 (7) 当該保険医療機関において、当該チームが組織上明確に位置づけられていること。 2 認知症ケア加算2の施設基準 (1) 当該保険医療機関に、認知症患者の診療について十分な経験を有する専任の常勤医師又は認知症患者の看護に従事した経験を5年以上有する看護師であって、認知症看護に係る適切な研修を修了した専任の常勤看護師を配置すること。 (2) (1)に掲げる医師については、1の(2)を満たすものであること。 また、(1)に掲げる認知症看護に係る適切な研修については、1の(3)の例による。 (3) 原則として、全ての病棟(小児科など身体疾患を有する認知症患者が入院しない病棟及び精神病床は除く。 )に、認知症患者のアセスメントや看護方法等に係る適切な研修を受けた看護師を3名以上配置すること。 (4) (3)に掲げる認知症患者のアセスメントや看護方法等に係る適切な研修とは、次の事項に該当する研修のことをいう。 ただし、(3)に掲げる3名以上の看護師のうち1名については、次の事項に該当する研修を受けた看護師が行う認知症患者のアセスメントや看護方法等に係る院内研修の受講をもって満たすものとして差し支えない。 ア 国、都道府県又は医療関係団体等が主催する研修であること。 (修了証が交付されるもの) イ 認知症看護に必要な専門的知識・技術を有する看護師の養成を目的とした研修であること。 ウ 講義及び演習は、次の内容について9時間以上含むものであること。 (イ) 認知症の原因疾患と病態・治療 (ロ) 入院中の認知症患者に対する看護に必要なアセスメントと援助技術 (ハ) コミュニケーション方法及び療養環境の調整方法 (ニ) 行動・心理症状(BPSD)、せん妄の予防と対応法 (ホ) 認知症に特有な倫理的課題と意思決定支援 (5) (1)の医師又は看護師は、病棟における認知症患者に対するケアの実施状況を定期的に把握し、病棟職員に対して必要な助言等を行うこと。 (6) (1)の医師又は看護師を中心として、身体的拘束の実施基準や鎮静を目的とした薬物の適正使用等の内容を盛り込んだ認知症ケアに関する手順書(マニュアル)を作成し、保険医療機関内に周知し活用すること。 (7) (1)の医師又は看護師を中心として、認知症患者に関わる職員に対し、少なくとも年に1回は研修や事例検討会等を実施すること。 3 認知症ケア加算3の施設基準 (1) 2の(3)及び(4)の施設基準を満たしていること。 (2) 身体的拘束の実施基準や鎮静を目的とした薬物の適正使用等の内容を盛り込んだ認知症ケアに関する手順書(マニュアル)を作成し、保険医療機関内に周知し活用すること。 (3) 2の(3)に掲げる認知症患者のアセスメントや看護方法等に係る適切な研修を受けた看護師を中心として、病棟の看護師等に対し、少なくとも年に1回は研修や事例検討会等を実施すること。 4 届出に関する事項 (1) 認知症ケア加算1の施設基準に係る届出は、別添7の様式40の10を用いること。 (2) 認知症ケア加算2又は3の届出は、保険医療機関単位で届け出るが、その際、小児科など身体疾患を有する認知症患者が入院しない病棟及び精神病床を除いて届け出ることができること。 また、施設基準に係る届出は、別添7の様式40の11を用いること。 関連リンク•

次の