カラテカ 入江 逮捕。 【さすが有吉】カラテカ入江の怪しさを見抜いていた!脇の甘さや軽さに不信感?

カラテカ入江の株式会社イリエコネクションが倒産?解雇で人脈消滅?

カラテカ 入江 逮捕

カラテカ入江を吉本が解雇 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が、所属していた 「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」を6月4日付で契約解消となったことが6日、デイリースポーツなどの報道でわかった。 入江は7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、振り込め詐欺グループの忘年会に同社所属の芸人の出席を仲介していたことが報じられているという。 「アーイエーイ、オーイエーイ、オレ、イリエ」の自己紹介で知られる入江は、 2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に、 入江を始め、宮迫博之(雨上がり決死隊)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島らが出席していたと、同誌で報道しているという。 この芸人の出席を仲介したのが入江だったという。 同社が入江に聞き取りしたところ、 入江は相手が振り込め詐偽グループとは知らなかったと説明したが、仲介の事実を認めたため 「所属芸人のブランドを著しく傷つけた」として契約解消に至ったという。 同社では、 忘年会への出席は会社を通さずギャラを受け取る「闇営業」にあたるとし、「うちは絶対に反社会組織との交流は許さない」との見解から、厳しい処分を科したという。 引用: まずカラテカの入江が会社を通さずに営業する「闇営業」を行ったといいます。 その闇営業は、入江自身はそのことを知らなかったものの、振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会だったといいます。 その詐欺グループは 2015年に男女計40人が逮捕されたそうです。 つまり忘年会は2014年の年末、逮捕されて詐欺グループだと発覚したのは2015年なので、忘年会の時点では詐欺グループと入江は知らなかったということです。 (しかしカラテカ入江が逮捕のニュースは聞いていた可能性は高いので、それを聞いて青ざめたんじゃないでしょうか。 おそらく、そこから同グループについて誰にも話さないようにしたということかと思います) そして入江本人に吉本が聞き取りを行ったところ、入江は詐欺グループであったことは知らなかったものの、闇営業の忘年会を仲介したことは事実であることを認めたため、吉本は契約を解除したということです。 そしてこの忘年会に出席したメンバーはこちら。 カラテカ入江• 宮迫博之(雨上がり決死隊)• 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)• レイザーラモンHG• ガリットチュウ福島 そこそこ知名度のあるメンバーが出席していることが分かります。 当然メンバーで一番のビッグネームなのは雨上がりの宮迫博之です。 2019-06-07 03:48 一部に「なぜ他のメンバーには処分がくだらないのか」という声もあるかもしれませんが、入江のように解雇ではなくとも、これから軽度の処罰程度はあるかもしれません。 また要は入江が仲介したから入江の罪が一番重いということでしょう。 これは入江の強味であった人脈の広さが裏目に出てしまった格好のようです。 ほかの4人については、出席は認めているものの入江に出席を頼まれた立場で詳細を知らされておらず、今回は厳重注意処分としている。 調査して分かった結論だけ先に述べるなら、入江が運悪く関わってしまった詐欺グループとは、 2015年の6月16日に過去最多の40人が摘発されたグループです(また捜査を進めるうちに逮捕者は増え、48人もの逮捕者が出たという情報もあります)。 そしてこのグループのうち逮捕者として名前が挙がっているのが、• 大野春水(報道時27歳)• 金宣秀(報道時38歳)• 小林宏行(報道時28歳)• 高松聡容疑者(報道時28歳) の4名です。 2019-06-08 09:52 2015年の6月16日に摘発 まずこの詐欺グループを調べてみると、2015年の6月16日に摘発された次のような詐欺グループに関する記事が見つかりました。 この記事は産経新聞の2015年の7月19日のものです。 振り込め詐欺などの特殊詐欺グループが「のれん分け」して増殖するケースが止まらない。 警視庁が特殊部隊を投入し一度に 最多40人を摘発した詐欺グループのトップは以前、別の詐欺グループに末端構成員として参加していたことが判明。 詐欺グループ内でノウハウを学んで独立し、系列グループが増殖していく構図が明らかになった。 準暴力団などの元暴走族グループの人脈も活用されており、警察当局はあらゆる手を尽くし、組織の中枢に迫っていく。 ビル3階の窓ガラスは、無残にも割られ、警視庁と詐欺グループの壮絶な攻防を物語っていた。 6月16日午前、ビル周辺に破裂音が響き渡るとともに、警視庁の特殊部隊が一斉に乗り込んだ。 同じころ、台東区内や目黒区内などのビルにも一斉に捜査員が進入。 過去最大規模の摘発が行われた。 ビルのなかから捜査員が連れ出したのは、 男女総勢40人。 いずれも詐欺や詐欺未遂の疑いで逮捕された。 摘発されたのはすべて 同じトップを頂く特殊詐欺グループ。 一度の摘発人数としては過去最多だ。 捜査2課は、台東区内のビルをアジトとしていた 大野春水(しゅんすい)容疑者(27)=詐欺容疑で逮捕=が詐欺グループを主導したとみている。 大野容疑者は20億円以上を全国の被害者からだまし取っていたとみられる。 この大野容疑者が以前、所属していたのが平成20年に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑などで摘発された30代男、通称キングだ。 キングは40人超を率いて全国から19億円をだまし取ったとされる詐欺グループのトップ。 グループ内を少人数のグループに細分化して「売り上げ」を競わせるとともに、情報の共有を最小限にして、捜査の目も行き届きにくくしていた。 大野容疑者のグループも同様にグループを細分化し、アジトも分散化することでさらに効率化、秘匿化を進めていた。 捜査関係者は「『キング』の下で、ノウハウを学んだのは明らか」と指摘する。 引用:等 この事件では、同じ詐欺グループの、新大久保・台東区・目黒区といった複数の拠点に対して一斉に摘発をして一挙に検挙したということです。 そしてこの40人逮捕の詐欺グループがカラテカ入江が関わった該当の詐欺グループと思われます。 この記事では詐欺グループのトップとして「大野春水」という名が出ています。 2019-06-07 18:29 大野春水の他に金宣秀の名も 他のニュースでは、同じくグループの幹部らしき金宣秀容疑者(38)も逮捕されたとしています。 これは日本経済新聞の2015年(平成27年)6月17日の記事だといいます。 架空の社債取引を装って現金をだまし取ったなどとして、警視庁など18都府県警の合同捜査本部は17日までに、住所不詳、無職、 大野春水容疑者(27)や金宣秀容疑者(38)=東京都新宿区大久保1=ら男女40人を詐欺や詐欺未遂の疑いで逮捕した。 嘘の電話で現金をだまし取る特殊詐欺事件で一度に逮捕された人数としては過去最多とみられる。 警視庁捜査2課によると、大野容疑者らのグループによる被害は昨年1月以降で全国の高齢者ら約60人、総額約20億円に上るとみられる。 大野、金両容疑者らは容疑を否認、黙秘するなどしているという。 逮捕容疑は昨年11~12月、奈良県内のパート女性(72)に電話で架空の会社の社債購入を持ちかけ、高値で買い取ると信じ込ませて500万円を詐取するなどした疑い。 警視庁などは今月16日に東京都台東区のマンションや新宿区のオフィスビルなどアジト4カ所を家宅捜索した。 大野、金両容疑者がグループの統括や詐取金の分配を担い、ほか38人は嘘の電話をかける「かけ子」役だったとみられる。 同課によると、グループは架空の太陽光発電会社のパンフレットを高齢者らに送付。 その上で証券会社の社員などを名乗って電話して社債の購入を持ちかけ、「高値で買い取る」と嘘を言い、現金を送らせるなどしていた。 引用: 上のニュースでは奈良県の70代の女性を騙したことになっています。 2019-06-07 13:27 小林宏行・高松聡らも逮捕で逮捕者は計48人にも また続報として事件翌年2016年2月24日の産経新聞の記事としてこのようなものもありました。 社債購入名目で現金をだまし取ったなどとして特殊詐欺グループとしては 過去最大の40人が摘発された事件で、警視庁や宮城県警などの合同捜査本部は、詐欺容疑で、 グループのトップで住所不詳の会社役員、小林宏行容疑者(28)と、同じくトップで住所・職業不詳、高松聡容疑者(28)を逮捕した。 一連の事件での 逮捕者は計48人となった。 警視庁捜査2課によると、小林容疑者は容疑を否認し、高松容疑者は黙秘している。 小林容疑者らは10人程度からなる詐欺の電話をかける「架け子」グループを5つ以上統括。 平成25年末ごろからの1年半で200人以上から40億円超をだまし取り、経営するエステサロン関連会社などに詐取金を流用していたとみられる。 逮捕容疑は26年11~12月、 奈良県の70代女性に「社債を買えば高く買い取る」などと嘘の電話をして計500万円をだまし取ったとしている。 引用: こちらも40人の詐欺グループの記事で、奈良県の70代の女性から500万円を騙し取ったとしていますので、同じ事件です。 そしてこの時点では40人でなく、 逮捕者は計48人も出ていたとされています。 というわけで入江が運悪く関わってしまった詐欺グループとは、 この2015年の6月16日に過去最多の40人が摘発されたグループで、捜査を進めるうちに逮捕者は48人も出たとされるグループと思われます。 さらにこのグループのうち逮捕者として名前が挙がっているのが、• 大野春水(報道時27歳)• 金宣秀(報道時38歳)• 小林宏行(報道時28歳)• 高松聡容疑者(報道時28歳) の4名です。 最後の産経の記事では後ろの2名を「トップ」としており、最初の記事では大野春水がトップであるかのように報じているので、本当は誰がトップなのか分かりにくいですが、とりあえず名前が出ている者は該当の詐欺グループの幹部と見て間違いないかと思われます。 以上です。

次の

【さすが有吉】カラテカ入江の怪しさを見抜いていた!脇の甘さや軽さに不信感?

カラテカ 入江 逮捕

出展:株式会社イリエコネクション 2014年末に、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんたち芸人が、 入江慎也さんが仲介する忘年会に出席されました。 当初、入江慎也さん含め、参加した芸人たちは、 知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされていたようです。 カラテカ入江は、どういう事け?振り込め詐欺のグループの忘年会に他の芸人を呼んだ 事務所を通さずに って事け?やべぇなw — サクラバ先生 sakurabasensei 騙されて連れて来られたとはいえ、 深いかかわりがあったのは紛れもない事実! この仲介の事実を入江慎也さんが認めたため、事態を重く見た 吉本興業は契約を解消。 まあ、当然そうなりますよね? 出展:Twitter 日刊SPA! の2019年01月07日の記事では、 入江慎也さんの年商1億円を稼ぐ内容について詳しく触れられています。 この記事の中で、入江慎也さんは、 企業PR、コンサル、商品開発が主な業務と説明されていました。 人脈を広げて、 新しいビジネスを生み出すコンセプトを基に、ビジネスを拡大! 会社設立後、年商は伸び続けて、 1000万、6000万、1億と順調に成長しているとの触れ込みでした。 芸人を辞める気はないとも、発言されていましたが、 自分自身を広告塔として機能させるためでしょうか? 入江慎也さんは、 芸能人の世界は先輩が後輩のメシ代や、飲み代を負担するのが当然という考え方のようです。 芸人を続けるためにはお金が必要というのは、理解できますが 芸人のギャラだけでは足りなかった?? この辺が、 普通の方と感覚が異なるように思えて仕方がありません! 知らなかったとウソをついたからより重く裁かれるのはわかるんだが、 吉本が反社会的組織との交流をアウトだと言ってるのだから、 知らなかったとしても「交流」の部分には参加者全員該当してるから厳重注意でおしまいだったら示しがつかんと思う。 そら尻尾切り言われるわ。 出展:Twitter• お金があれば、お笑いの仕事に対するアプローチの選択が増える• 複業を活かして番組にも出られる=テレビに出るため複業をしている キングコングの西野亮廣さんのように、手広く事業を拡大される方もいますね。 クラウドファンディング詐欺の疑いもかけられているようですけど… クリエイター気質の西野亮廣さんと違って、 カラテカの入江慎也さんは人脈重視のスタイル。 そういえば、相方の 矢部太郎さんは、絵本作家・やべみつのり氏として活躍中ですね! 書店に本が並んでいるのを、見ると本当に嬉しいです! ありがとうございます! 皆さん、のしあがる力、よろしくお願いします 大阪に向かっています! — カラテカ入江 karatekairie 最近は、 税金対策に法人設立をされる芸能人の方も増えています。 出展:株式会社イリエコネクション 友達5000人と豪語されていた入江慎也さん。 吉本興業の庇護下で 豊富な人脈を形成し、マッチングビジネスに活用するところまでは良かったのです。 イリエコネクションって結局はお互いに利用し合う知人がただ多かっただけでしょ。 友達5000人とか豪語してたのもむなしいな。 だいたい振込詐欺グループって知らんかったって言い訳が本当ならコネクションの質にも疑問がわくよな…相手の事を大して知らんって事やねんから。 出展:Twitter 入江慎也さんが 振り込め詐欺グループの忘年会に他の芸能人を呼ぶ。 すなわち、 呼ばれた芸能人たちも、関与していると解釈されても仕方がないからですね。 ただ、それが反転した場合、 マイナスにも働いてしまうことを忘れてはならないようです。 おいおい…。 カラテカが矢部だけになるのか。 なんかオセロを思い出すわ。 カラテカ入江、吉本を解雇…振り込め詐欺グループの忘年会出席を仲介 — 暗鉈🕷 SurrealGranada 自分の身の丈を超える力を欲すると、 その力に振り回されてしまうことになる。 今後、 芋づる式に、関わった芸能人たちのリストが出回る可能性は、どれくらい高いでしょうか? 雨上がり決死隊の宮迫博之 ロンドンブーツ1号2号の田村亮 レイザーラモンHG ガリットチュウの福島善成 少なくとも、これだけの芸人さんたちの名前が、 週刊FRIDAYにすっぱ抜かれてしまっています。 入江慎也さんの今後がとても心配になってきました。

次の

カラテカ入江の闇営業仲介事件で見えた吉本興業の闇!?ブラック企業?

カラテカ 入江 逮捕

カラテカ入江さんが事務所を通さず営業をした相手が振り込め詐欺グループだった• その振り込め詐欺グループメンバーが今回明るみになったパーティーの後に逮捕されている• 参加した芸人は、宮迫さん、レイザーラモンHGさん、ガリットチュウの福島善成さん、ロンブーの 田村亮さん• カラテカ入江さんは相手が詐欺グループだったと知ってたと報道されている 2014年暮れ。 都内某所。 某パーティ会場。 芸能界以外にも企業の社長などビジネスで活躍している方たちと交流を持ち、600人近い企業の社長とラインを交換するなど、その人脈術は少なからず評価されているようです。 大野春水は関東連合のメンバーなの? 「12月27日の宴会は、忘年会と 大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。 主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。 今回カラテカ入江さんが、仲介をしたグループは大規模な振り込め詐欺グループで、2015年の6月に一斉に逮捕されています。 その逮捕劇が行われる前にカラテカ入江さんが仲介したパーティーが行われたわけですが、そのグループの主犯格が 大野春水さんという人物。 この 大野春水さんが関東連合と関わりがあったのではないかと言われています。 「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。 そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。 芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。 入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。 幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」 以前から詐欺グループと面識もあり、カラテカ入江さん自身も相手が詐欺グループだったということは知っていたと報道されていますが、実際のところはどうなんでしょうか? ちなみに今回明るみになったパーティーの後にあった大規模な逮捕劇はこちら。 振り込め詐欺などの特殊詐欺グループが「のれん分け」して増殖するケースが止まらない。 警視庁が特殊部隊を投入し一度に最多40人を摘発した詐欺グループのトップは以前、別の詐欺グループに末端構成員として参加していたことが判明。 詐欺グループ内でノウハウを学んで独立し、系列グループが増殖していく構図が明らかになった。 準暴力団などの元暴走族グループの人脈も活用されており、警察当局はあらゆる手を尽くし、組織の中枢に迫っていく。 ビル3階の窓ガラスは、無残にも割られ、警視庁と詐欺グループの壮絶な攻防を物語っていた。 6月16日午前、ビル周辺に破裂音が響き渡るとともに、警視庁の特殊部隊が一斉に乗り込んだ。 同じころ、台東区内や目黒区内などのビルにも一斉に捜査員が進入。 過去最大規模の摘発が行われた。 ビルのなかから捜査員が連れ出したのは、男女総勢40人。 いずれも詐欺や詐欺未遂の疑いで逮捕された。 摘発されたのはすべて同じトップを頂く特殊詐欺グループ。 一度の摘発人数としては過去最多だ。 捜査2課は、台東区内のビルをアジトとしていた大野春水(しゅんすい)容疑者(27)=詐欺容疑で逮捕=が詐欺グループを主導したとみている。 大野容疑者は20億円以上を全国の被害者からだまし取っていたとみられる。 この大野容疑者が以前、所属していたのが平成20年に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑などで摘発された30代男、通称キングだ。 キングは40人超を率いて全国から19億円をだまし取ったとされる詐欺グループのトップ。 グループ内を少人数のグループに細分化して「売り上げ」を競わせるとともに、情報の共有を最小限にして、捜査の目も行き届きにくくしていた。 大野容疑者のグループも同様にグループを細分化し、アジトも分散化することでさらに効率化、秘匿化を進めていた。 捜査関係者は「『キング』の下で、ノウハウを学んだのは明らか」と指摘する。 関係者によると、全国で12億円をだまし取ったとして捜査2課が昨年から今年にかけて摘発したグループの一人、加島章浩被告(32)=犯人蔵匿罪で起訴=は、元暴走族が母体の準暴力団「関東連合」系グループに所属。 逃走した部下を仙台市内のキャバクラなどでかくまうなどしたとして、犯人蔵匿容疑で逮捕、起訴された。 関係者の間では、特殊詐欺事件に絡んで逮捕された兄と一緒に10年近く特殊詐欺を繰り返してきた「加島兄弟」として知らない者はいないといい、暴走族時代の人脈を駆使してグループを形成していたという。 引用: カラテカ入江はクラブなどに足を運んでいたから関東連合との関係を噂された? 半グレ集団や反社会的組織といえばクラブなどが連想されますがカラテカ入江さんはクラブにもよく出入りをしていたといいます。 まあ、クラブに行ったら半グレとかそういうわけではないですが、これだけ色々と明るみになってくると疑われても仕方がありませんよね。 カラテカ入江は過去の裁判沙汰になっていた? カラテカ入江さんは過去に裁判沙汰になっていたこともあったようです。 2008年に「週刊現代」(講談社)で報じられた、吉本芸人4人によるレイプ疑惑のこと。 同誌は「恐怖のホームパーティ」と題して、今田耕司、雨上がり決死隊・宮迫博之、ジャリズム・山下しげのり、そして入江の4人が、一般人女性に性行為を強要していたことを伝えていた。 「同記事に関しては、裁判沙汰に発展し、今田が出廷して事実無根であると主張したこともありました。 そして翌年には『現代』側が謝罪広告を掲載し、今田に賠償金550万円を支払って和解となったんです」(スポーツ紙芸能担当記者) そんな事件性も強く裁判沙汰にまで発展した件の内情を、入江は被害者とされた女性を笑いものにするという形で披露してしまったのだ。 「裁判には入江も出廷していたらしく、当時の様子を『被害者の女は出廷してきたんだけどさ、途中で泡吹いて倒れちゃったんだよね』と面白おかしく話していたそうです。 もう何年も前の話とはいえ、所属事務所や先輩など身内が関わる事件を、一般人が集まる場でネタにしていいはずがない。 当日来場していたメディア関係者の間では、『入江をフリートークで使うのは危険』と、すでにうわさが広まりつつあります」(前出関係者) こちらは2008年のニュースですが、• 今田耕司さん• 宮迫博之さん• ジャリズムの山下しげのりさん• カラテカ入江さん の4人がいた現場で今田耕司さんが、未成年の女性に飲酒させて暴行したと週刊現代に記事にされたことがあり、「事実無根」として裁判を起こしたものでした。 この現場にもカラテカ入江さんがいたことから、法廷にも呼ばれたようですね。 この出来事は事実無根ということで週刊現代に賠償命令がくだっているので事実ではないようですが、 ここにも宮迫さんの名前が出ているとことを考えると何かありそうだと思ってしまいます。 カラテカ入江と関東連合まとめ おそらくカラテカ入江さんと関わった人たちのほとんどは真っ当な人たちだったはずです。 多くの企業さんはカラテカさんのコミュニケーションスキルを学びたいと思って講演会なども主催していたはずですし。 なのにこういう一件があると、今までカラテカ入江さんと関わってきた人たち全てが何かあるんじゃないかと疑われてしまいます。 そういう意味でも責任は大きいんじゃないかなと思いますね。

次の