筋肉 痙攣 痛み。 筋肉の痙攣を早く止める方法 — みんな健康

けいれんの種類。引きつり、こわばり、ピクピクなど

筋肉 痙攣 痛み

(症状編) 筋肉の痛み (症状編) 筋肉の痛み 過度の運動やウイルス感染に伴う筋肉痛はだれもが経験する一般的な症状です。 しかし、緊急の対応を必要とする筋肉痛の原因として横紋筋融解症があります。 急激に筋肉細胞が壊れ、腎不全に至ることもあります。 薬剤(スタチン系やフィブラート系などのコレステロール値を下げる薬やコカインなどの咳止め薬など)、カリウム欠乏、熱中症、脱水、外傷などで発症します。 運動に関連して起こる筋肉痛の中にも病的なものがあります。 グリコーゲンの代謝異常症(糖原病)では運動開始直後に筋肉痛が起こり運動を続けているうちに痛みが軽減することが特徴です。 一方、長距離走など筋肉の持久運動で痛みがでてくる場合は脂肪酸代謝異常症が疑われ、横紋筋融解症を起こすことがあります。 いわゆる"こむら返り"といわれる有痛性筋痙攣は、運動の後や高齢者では就寝中によくみられる症状です。 筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの病気では、"こむら返り"を起こしやすいことがあります。 運動とは無関係に筋肉痛が起こる病気もあります。 リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く、関節を包んでいる滑膜に炎症がおこる病気ですが、肩~上腕、臀部~大腿に筋肉痛を訴えます。 血液検査で炎症反応が著明ですが、少量のステロイド薬が著効します。

次の

みぞおちが痙攣する原因と対処法!痛くない場合は?

筋肉 痙攣 痛み

しつこい肩甲骨や背中の痛みやコリの症状でお悩みの患者さんの中には、首や肩、手や腕などに痙攣や震えが発生している人が稀にいます。 痙攣や震えといった症状の原因は人によって様々なので、どれか一つに原因を限定するという事は非常に難しい症状の一つでもあります。 しかし、ただの肩こりのような筋肉痛だけでこういった手や腕の痙攣、震えが発生するという事はまずあり得ません。 そこでこのページでは、軽い痙攣、手や腕の震えが発生する肩甲骨や背中の痛みやコリの症状の原因や理由について説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク ただの肩こりのような背中の症状で痙攣や震えが発生する事はない 冒頭でも見出しでも触れていますが、ただの肩こりのような背中の症状で痙攣や震えといった症状が発生する事はまずあり得ません。 通常の肩こりはどんなに強い症状を発生させていたとしても、その正体は単なる血行不良から疲労物質が溜まって発生する筋肉痛です。 スポーツなど激しい運動を行った後に、筋肉に疲労物質が溜まり、ヒクヒク痙攣したり震えたりなどの症状は筋肉痛でも発生しますが、それほど長続きするものでもありませんし、そもそも激しい運動をしなければそんな症状が発生する事は考えにくい現象です。 つまり、痙攣や震えを感じる症状の原因は単なる肩こりではなく、もし痙攣や震えと同時に強い背中の症状が発生しているのであれば、その背中の症状もただの肩こりのような筋肉痛じゃない可能性もあります。 背中の痛みと同時に痙攣や震えを感じた場合は頚椎症(けいついしょう)や頚椎ヘルニアの可能性あり 上記でも説明させていただいたように、ただの肩こりで痙攣や震えといった症状が発生する可能性はとても低く、また背中の痛みと同時に痙攣や震えの症状が発生している場合は、その背中の症状もただの肩こりのような筋肉痛ではない可能性もあります。 そういった症状の正体で一番可能性が高いのは頚椎症や頚椎ヘルニア、ストレートネックなど、首の骨や変形によって近くの神経を圧迫して発生している神経痛だと思います。 頚椎症や頚椎ヘルニアとは、首の骨や軟骨が変形する事によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している領域に痛みや痺れなどの症状を発生させる疾患です。 (必ずしも痺れが発生する訳ではありません) 軽症から重症例までの症状がかなり幅広く、重症であれば夜も疼いて寝れないなどの強い症状を発生させる事もありますが、軽症であれば肩こりに似た痛みや筋肉の張り感だけを感じる場合もあります。 このように重症であれば、ただの肩こりでは考えられない症状を発生させますので分かりやすいんですが、頚椎症や頚椎ヘルニアなどで症状が発生していたとしても、軽症であれば肩こりに近い症状を発生させますので勘違いされやすいんですね。 そして頚椎を通っている神経は、人間の首から背中、腕や手にかけての感覚や運動神経も支配しています。 そのため、中には痛みだけではなく首や肩、腕や手がヒクヒク痙攣したり震えるといった症状を感じる人もおられます。 頚椎から腕や手に伸びている神経は感覚を伝える神経だけではなく、筋肉を動かしたりする運動神経も関わっているからです。 そのため、その部分を圧迫されてしまうと痙攣などの異常が発生する事があるんですね。 軽い痙攣や震えだけであればまだ良いのですが、症状が悪化すると手に力が入らない、腕が上がらないなどの強い運動傷害が発生する事もあります。 運動障害は治療や手術でも完全に改善する事が難しい症状の一つでもありますので、 こういった症状が発生した時は出来るだけ早く信頼できる病院に相談するように心がけて下さい。 スポンサーリンク 頚椎症や頚椎ヘルニアであっても、初期であれば異常なしと診断される事が多い もし頚椎症や頚椎ヘルニアを疑った場合、病院へ行ってレントゲンやMRIなどの画像検査をされると思いますが、初期の頚椎症や頚椎ヘルニアの場合は「異常なし」と診断される事も決して珍しくありません。 お医者さんの診断基準はどうしても手術をするべきかどうかで判断される事が多く、首の骨や軟骨の変形、神経の圧迫などの問題点があったとしても、手術するほどの大きい問題じゃなければ「異常なし」と言われる事が多いんですね(こういった事は実際にお医者さんに聞いた事のある話です) また、実際に異常があったとしても神経を圧迫している場所や角度によっては、MRIの検査でも写りにくい、写らない事も決して珍しい事ではないようです(これも実際にお医者さんに聞いた事があります) 痙攣や震えの症状は他の病気の可能性もあれば原因が分からない事も多々ある ここまでは、背中の症状と同時に腕や手に痙攣や震えが発生する場合、頚椎症や頚椎ヘルニアの可能性が高いと説明させていただきました。 しかし、中には脳梗塞などの前兆症状として腕や手に震えが発生する事もありますし、パーキンソン症候群など小脳の異常によって発生する事もありますし、痛み止めなどの薬の副作用で震えが発生している人も稀にいます。 痙攣や震えに関しては脳の機能が大きく関わっていると考えられていますが、脳の機能自体がまだまだ完全に解明されておらず、はっきり言えば原因が不明な症状も決して少なくありません。 ただし、重大な病気の可能性もありますので、こういった痙攣や震えの症状が発生した時は出来るだけ早く病院に相談するように心がけて下さいね。 また、常に震えたり痙攣している訳ではないのであれば、頚椎症や頚椎ヘルニアを疑って背中の治療を行えば、症状が改善する事もあります。 痙攣や震えといった症状は分からない事も多い症状なので、確定的な事が言えず申し訳ありませんが、このページの内容が少しでも症状の改善に役立てていただければありがたいです。 以上で「軽い痙攣、手や腕の震えが発生する肩甲骨や背中の痛みやコリの症状は注意」のページの説明を終了させていただきますが、下記に背中の痛みに関連するページのリンクも載せていますので興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 背中や肩甲骨の痛みに関しての記事 このページを読んで頚椎症や頚椎ヘルニアの疑いがある人は以下のページも参考にして下さい。

次の

太ももが痙攣状態に…考えられる原因と予防する方法

筋肉 痙攣 痛み

(症状編) 筋肉の痛み (症状編) 筋肉の痛み 過度の運動やウイルス感染に伴う筋肉痛はだれもが経験する一般的な症状です。 しかし、緊急の対応を必要とする筋肉痛の原因として横紋筋融解症があります。 急激に筋肉細胞が壊れ、腎不全に至ることもあります。 薬剤(スタチン系やフィブラート系などのコレステロール値を下げる薬やコカインなどの咳止め薬など)、カリウム欠乏、熱中症、脱水、外傷などで発症します。 運動に関連して起こる筋肉痛の中にも病的なものがあります。 グリコーゲンの代謝異常症(糖原病)では運動開始直後に筋肉痛が起こり運動を続けているうちに痛みが軽減することが特徴です。 一方、長距離走など筋肉の持久運動で痛みがでてくる場合は脂肪酸代謝異常症が疑われ、横紋筋融解症を起こすことがあります。 いわゆる"こむら返り"といわれる有痛性筋痙攣は、運動の後や高齢者では就寝中によくみられる症状です。 筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの病気では、"こむら返り"を起こしやすいことがあります。 運動とは無関係に筋肉痛が起こる病気もあります。 リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く、関節を包んでいる滑膜に炎症がおこる病気ですが、肩~上腕、臀部~大腿に筋肉痛を訴えます。 血液検査で炎症反応が著明ですが、少量のステロイド薬が著効します。

次の