都立小山台 偏差値。 小山台高校の偏差値,競争率,選抜方法

野球の強い都立高校~高校野球偏差値別甲子園予選(選手権大会)結果~

都立小山台 偏差値

hibiya-h. metro. tokyo. 都立では最も歴史の古い名門校にして最難関校。 2018年度入試では東大48名という大学合格実績を出しています。 2学期制で45分授業の1日7時限制。 8・9時限目に自由選択科目。 土曜は自習室を開放し、OB・OGの現役大学生による学習支援もあります。 部活動加入率も高く、文武両道を実現しています。 nishi-h. metro. tokyo. html 都立高校偏差値ランキング人気第2位 都立西高校は、東京都教育委員会から『進学指導重点校』の指定を受けている学校です。 都立では日比谷に次ぐ難関校。 少人数授業や習熟度別授業が行われています。 日々の授業が重視され、 授業で勝負が合言葉。 土曜日や長期休業中には受験対策講座が数多く開かれるほか、通常授業では扱われない教養講座や、クラスマッチという2週間にわたって行われるクラス対抗別の大会が特徴です。 kunitachi-h. metro. tokyo. html 都立高校偏差値ランキング人気第3位 都立国立高校は、通称称『国高(くにこう)』。 東京都教育委員会から『進学指導重点校』『英語教育推進校』の指定を受けています。 文武両道を体現し、ほぼ全員が部活動に加入、完成度の高さ、来場者数などからさまざまなメディアで 日本一の文化祭と評される国高祭が名物イベントです。 土曜日は自習室が開放され、土曜補習や夏期講習が数多く用意されており、多くの生徒が利用しています。 toyama-h. metro. tokyo. 近年、さらに進学実績が向上中。 理系・文系を分けない 教養主義を採用しています。 設備も整っていて、広大なグラウンドに多目的コート、ナイターの照明、屋上には天文台もあります。 aoyama-h. metro. tokyo. 東京都教育委員会から『進学指導重点校』『英語教育推進校』の指定を受けています。 国公立大学をめざす進学校という教育方針のもと、近年では特に国公立大学への合格を強く意識した指導が行われています。 青山高校最大の伝統行事は『外苑祭』。 クラス発表の劇で、毎年非常に高いレベルに観客が驚かされています。 tachikawa-h. metro. tokyo. 1・2年生は理科4分野、地理・歴史・公民も履修でき、文系選択でも数学を3年間切れ目なく履修することで難関国立大学に対応した体制となっています。 高大連携により東京工大、東京農工大、東京学芸大、中央大、東京経済大の授業を受けることができます。 hachiojihigashi-h. metro. tokyo. html 都立高校偏差値ランキング人気第7位 都立八王子東高校は、『進学指導重点校』『英語教育推進校』『理数研究校』『アクティブラーニング推進校』『新しい学び研究校』の指定を受けています。 難関国立大学をめざしたカリキュラムが組まれ、すべての教科を偏りなく学ぶため、2年次までは文系と理系に分かることなく、全員が同じ授業を受けています。 1・2年生の9割以上が部活動に入部しています。 shinjuku-h. metro. tokyo. 入試は独自入試問題を採用。 土曜授業、週末課題、1700時間の補習・講習、勉強合宿等を実施し、国公立大学合格者が100名を超え、早慶合格者も増加中。 戸山高校との運動部対抗戦、1年生全員参加で沖の島まで約1. 5kmを遠泳するイベントが名物となっています。 komaba-h. metro. tokyo. 都心でありながら広大な校地に近代的な校舎、運動部の練習施設が充実しています。 東京都教育委員会から、『進学指導特別推進校』『スポーツ教育推進校』の指定を受けています。 共通問題入試を採用している都立高校ではトップレベル、文武両道の難関校です。 全国レベルの部活も多く保健体育科も併設されています。 koyamadai-h. metro. tokyo. 駒場高校とならび、共通問題採用校の双璧。 土曜授業や120講座を超える季節講習や、サテライト講習などが行われ、難関大学への進学実績が大きく向上しています。 部活動は班活動と呼ばれ、盛んに活動中。 野球班は2014年、都立高校として史上初のセンバツ出場校となっています。 気になっている都立高校はあったでしょうか。 人気上位校に合格するためには早めの対策が不可欠です。 できるだけ早めに計画を立てて合格をめざしてください。 【関連記事】•

次の

小山台高校受験対策|現在の偏差値から合格|オーダーメイドカリキュラム

都立小山台 偏差値

小山台高校(とうきょうとりつこやまだいこうとうがっこう)は、東京都品川区小山にある公立学校都立高等学校。 府立八中を前身とする都立の上位進学校。 都立高校全盛期にあっては、連年東京工業大学東工大合格者数全国トップを達成するなど、理工系に強い高校として定評があり、しばしば全国一の2番手校と称された。 今でも難関大学への進学率は高いが、学園紛争の影響や学校群制度以降、進学実績の不振にあえぐ時期が続いた。 現在は、学区撤廃などの都立高改革の成果もあって実績は上昇している。 2004年に都の重点支援校の3年間の指定を受ける。 入試は現段階では都の共通問題を使用している。 徒歩1分 東急目黒線• 徒歩11分 東急目黒線• 52 高校偏差値ナビ調べ 5点満点 小山台高等学校を受験する人はこの高校も受験します• 小山台高等学校の卒業生・有名人・芸能人•

次の

小山台高校の偏差値,競争率,選抜方法

都立小山台 偏差値

野球の強い東京の都立高校を調べるために、高校の偏差値と甲子園予選(夏の選手権大会)の結果を調べてみました。 2018年も夏の甲子園を目指して都立高校頑張りました。 東東京小山台高校が甲子園に後一歩でしたが、見事準優勝しました。 東東京 H30年夏の最高成績は小山台高校(偏差値64)の準優勝でした。 過去3年間見ても最高の成績ですね。 ベスト16は城東高校(59)、江戸川高校(55)、高島高校(49)の3校。 昨年2017年の都立高校最高戦績が、小山台高校と淵江高校のベスト16であった事を考えると、2018年は都立高校の活躍が目立ちました。 学校名 偏差値 H30 2018夏 結果 H29 2017夏 結果 H28 2016夏 結果 日比谷高校 72 4回戦 初戦敗退 初戦敗退 戸山高校 70 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 青山高校 68 初戦敗退 4回戦 初戦敗退 新宿高校 66 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 八王子東高校 66 — — — 国際高校 65 — — 初戦敗退 小山台高校 64 準優勝 ベスト16 ベスト16 駒場高校 64 初戦敗退 4回戦 初戦敗退 両国高校 64 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 三田高校 63 3回戦 3回戦 4回戦 小松川高校 63 初戦敗退 2回戦 4回戦 竹早高校 63 — — — 富士高校 62 3回戦 — 初戦敗退 北園高校 62 — — — 文京高校 59 3回戦 初戦敗退 3回戦 城東高校 59 ベスト16 4回戦 ベスト4(シード校) 白鷗高校 59 — — — 上野高校 58 — — — 目黒高校 57 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 墨田川高校 56 — — — 江戸川高校 55 ベスト16 4回戦 ベスト8(シード校) 深川高校 外国語コース 55 3回戦 初戦敗退 3回戦 豊島高校 55 — — — 雪谷高校 54 3回戦 2回戦 初戦敗退 田園調布高校 54 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 広尾高校 54 2回戦 2回戦 4回戦 深川高校 54 3回戦 初戦敗退 3回戦 武蔵丘高校 52 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 向丘高校 52 — — — 東高校 51 3回戦 3回戦 4回戦 晴海総合高校 51 — — — 江北高校 50 — — — 鷺宮高校 49 2回戦 3回戦 初戦敗退 高島高校 49 ベスト16 4回戦 ベスト16 本所高校 49 — — — つばさ総合高校 49 — — 初戦敗退 小岩高校 48 4回戦 4回戦 3回戦 飛鳥高校 47 — — — 紅葉川高校 46 4回戦 4回戦 4回戦 忍岡高校 46 — — — 葛飾総合高校 46 — — — 王子総合高校 45 3回戦 3回戦 2回戦 足立高校 45 — — — 世田谷総合高校 45 — — — 大崎高校 44 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 美原高校 44 — — — 板橋有徳高校 44 — — — 葛飾野高校 43 2回戦 初戦敗退 2回戦 大泉桜高校 43 — — — 板橋高校 42 4回戦 4回戦 初戦敗退 足立新田高校 42 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 足立西高校 42 3回戦 4回戦 ベスト16 日本橋高校 42 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 篠崎高校 42 3回戦 3回戦 初戦敗退 竹台高校 41 — — — 淵江高校 39 初戦敗退 ベスト16 初戦敗退 八潮高校 39 — — — 大山高校 38 初戦敗退(連合チーム) 初戦敗退(連合チーム) 初戦敗退 葛西南高校 38 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 南葛飾高校 37 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 大森高校 36 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 青井高校 36 — — 初戦敗退 偏差値は市進受験情報ナビ(男子偏差値)を利用 西東京 2018年夏、西東京都立高校の高成績は以下の通りでした。 ベスト8:国分寺高校(偏差値65)、片倉高校(46) ベスト16:昭和高校(60)、八王子北高校(44) 昨年2017年の都立高校最高戦績が、八王子高校のベスト16であった事を考えると、2018年は都立高校の活躍が目立ちました。 学校名 偏差値 H30 2018夏 結果 H29 2017夏 結果 H28 2016夏 結果 西高校 71 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 国立高校 70 4回戦 初戦敗退 初戦敗退 立川高校 67 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 国分寺高校 65 ベスト8 初戦敗退 初戦敗退 武蔵高校 64 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 武蔵野北高校 64 4回戦 初戦敗退 初戦敗退 小金井北高校 63 — — — 大泉高校 62 3回戦 初戦敗退 初戦敗退 町田高校 62 初戦敗退 初戦敗退 4回戦 豊多摩高校 61 4回戦 初戦敗退 3回戦 日野台高校 61 2回戦 初戦敗退 4回戦 調布北高校 61 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 昭和高校 60 ベスト16 3回戦 4回戦 井草高校 58 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 南平高校 58 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 小平高校 外国語コース 58 4回戦 初戦敗退 初戦敗退 小平高校 57 4回戦 初戦敗退 初戦敗退 狛江高校 57 4回戦 初戦敗退 4回戦 東大和南高校 56 初戦敗退 3回戦 4回戦 清瀬高校 56 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 神代高校 56 初戦敗退 3回戦(連合チーム) 初戦敗退(連合チーム) 杉並高校 55 3回戦 3回戦 3回戦 小平南高校 55 3回戦 初戦敗退 2回戦 調布南高校 55 ベスト16 初戦敗退 初戦敗退 翔陽高校 54 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 上水高校 54 初戦敗退 3回戦 3回戦 成瀬高校 53 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 石神井高校 52 3回戦 3回戦 3回戦 府中高校 52 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 芦花高校 52 3回戦 4回戦 初戦敗退 東大和高校 51 初戦敗退 初戦敗退 4回戦(シード校) 保谷高校 51 初戦敗退 4回戦 3回戦 富士森高校 50 3回戦 3回戦 3回戦 日野高校 50 ベスト16 4回戦(シード校) 3回戦(シード校) 松が谷高校 外国語コース 50 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 青梅総合高校 50 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 松が谷高校 49 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 田無高校 49 4回戦 初戦敗退 3回戦 東久留米総合高校 49 — — — 小川高校 48 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 杉並総合高校 48 — — — 松原高校 47 3回戦 初戦敗退 2回戦 桜町高校 46 初戦敗退 3回戦 3回戦 片倉高校 46 ベスト8 初戦敗退 4回戦 福生高校 46 初戦敗退 3回戦 初戦敗退 府中西高校 46 3回戦 初戦敗退 3回戦 久留米西高校 45 2回戦 3回戦 3回戦 府中東高校 45 2回戦 初戦敗退 初戦敗退 若葉総合高校 45 — — — 八王子北高校 44 ベスト16 ベスト16 3回戦 小平西高校 44 初戦敗退 3回戦 3回戦 町田総合高校 44 — — — 武蔵村山高校 43 初戦敗退 4回戦 初戦敗退 山崎高校 42 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 永山高校 42 3回戦 初戦敗退 初戦敗退 光丘高校 41 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 東村山西高校 41 3回戦 初戦敗退 4回戦 田柄高校 外国文化コース 41 初戦敗退(連合チーム) — — 千歳丘高校 40 初戦敗退 初戦敗退 3回戦 練馬高校 40 初戦敗退 4回戦 初戦敗退 羽村高校 40 2回戦 初戦敗退 初戦敗退 深沢高校 39 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 拝島高校 39 3回戦 4回戦 初戦敗退 田柄高校 38 初戦敗退(連合チーム) — — 多摩高校 38 初戦敗退 初戦敗退 初戦敗退 野津田高校 38 — — — 五日市高校 ことばと情報コース 37 — — 初戦敗退(連合チーム) 偏差値は市進受験情報ナビ(男子偏差値)を利用.

次の