練太郎。 7

7

練太郎

研究・開発や生産工程における少量の材料調製に適した自転・公転ミキサー業界の標準機 自転・公転ミキサー「あわとり練太郎 ARE-310」は、様々な材料課題に挑み続けてきた撹拌脱泡装置の小型汎用機4代目。 初代発売から四半世紀、世界で30,000台以上の導入実績。 自転・公転ミキサー業界のスタンダード。 世界中で称賛され続けているその理由、それは独創と信念に裏打ちされた実力そしてノウハウ。 今すぐデモでお確かめください! 連続使用にはEねつさまし(オプション)とセットがおすすめです。 クリップする• 関連する製品をウォッチする 関連動画 撹拌脱泡装置 自転・公転ミキサー あわとり練太郎 ARE-310• 基本情報 撹拌脱泡装置 自転・公転ミキサー あわとり練太郎 ARE-310 最大400Gの撹拌モードと、さらに強力な510Gの脱泡モードを装備。 簡単操作で攪拌・脱泡の同時処理を実現します。 回転部や軸・フレームは剛性と耐久性に優れ、振動センサーとフタのロック機能により高い安全性を実現しました。 充実の容量ながら、サイズ・質量はコンパクト。 回転速度を可変することで、幅広い材料に対応。 thinkymixer. カタログ 撹拌脱泡装置 自転・公転ミキサー あわとり練太郎 ARE-310• 取扱企業 撹拌脱泡装置 自転・公転ミキサー あわとり練太郎 ARE-310 1)自転・公転方式スーパーミキサー 商品名「あわとり練太郎」、「はんだ練太郎」、「なんこう練太郎」の開発、製造、販売 2)医療用具、医療用機械器具の製造、販売 3)前各号の機械装置を活用した応用分野、技術に関する業務.

次の

なんこう練太郎の導入メリットと実際の使用感について|Toshiki Mura|note

練太郎

来歴 [ ] 生まれ。 駒澤大学仏教学部仏教学科卒業。 大学院修士課程修了(印度哲学専攻)。 同博士課程満期退学。 、、非常勤講師を経て、駒澤大学仏教学部教授。 仏教学科主任、仏教学部長を歴任し、2003年4月から2004年3月まで英に留学。 2006年に駒澤大学学長に就任。 受賞歴 [ ]• 1988年 賞 著書 [ ]• 『インド仏教人名辞典』(共著)法蔵館• 『梵蔵漢法華経原典総索引』(共著)佛乃世界社• 『仏教教団の展開』(共著) 2010年 論文 [ ]• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]• 先代: 2006年 - 2009年 次代: この項目は、に関連した です。

次の

撹拌脱泡装置

練太郎

導入事例 導入いただいたお客様の お悩み解決事例をご紹介します。 弊社はEMSメーカーです。 弊社では、断熱材に使用する樹脂を製造販売しております。 樹脂の製造工程の一つである撹拌・脱泡には、10年以上ほ […• 自動車部品の組み立てに携わっています。 金属加工面や接合部を保護するために、グリスなどの潤滑剤やシール材をバレ…• 弊社では、医薬品候補化合物を何パターンものサンプルに調製し、毒性分析をしています。 取り扱う化合物には高価なも…• 放熱セラミックス部材の研究・開発に携わっています。 扱う材料は、アルミナや酸化チタンなどの粉体と、各種の樹脂バ…• 弊社では、各種電子部品として幅広く使用される、封着・被覆・絶縁を用途とするガラスペーストを生産し、電子デバイ… 情報ライブラリ 用語の解説や技術資料、 メルマガ記事など、 お役立ち情報をまとめました。 様々な工夫をされている… トピックス•

次の