犬 の ワクチン 種類。 イヌのワクチンについて

犬のワクチン接種で予防できる病気とは?種類選びは慎重に!

犬 の ワクチン 種類

スポンサーリンク 狂犬病ワクチン(義務) 狂犬病について 狂犬病とは、狂犬病ウィルスによる感染症です。 狂犬病は、犬のほか人や猫などすべての哺乳類が感染し、感染した動物に咬まれたり引っかかれることにより伝染します。 狂犬病になった場合、100%死亡してしまうため、狂犬病が予防接種が義務付けられるほどに恐れられているのです。 狂犬病を受ける時期・頻度 狂犬病の予防接種において、犬が飼う人は狂犬病予防法によって、以下のように法律で義務付けられています。 もし、違反をした場合は20万円以下の罰金又は科料が課せられます。 ・ 狂犬病の予防接種は、 毎年4月1日~6月30日に受けなければいけません。 ・ 生後91日以上の犬を飼い始めたら、その 30日以内に犬に狂犬病予防接種を受けさせて、「注射済票」の交付を受けなければいけません。 ・犬を飼った日(生後90日以内の犬を飼った場合は、生後90日を経過した日)から 30 日以内に、その犬の所在地の役所、役場、保健所で犬の「蓄犬登録」をして「鑑札(かんさつ)」の交付を受けなければいけません。 ・交付された「鑑札」や「注射済票」は、犬に付けておかなければいけません。 なお、 3月2日~31日に予防接種を受けた場合は、その年の 4月1日~6月30日に受けた場合と同じ取り扱いとなります。 具体例をあげますと、次のようになります。 2016年3月1日以前に受けた場合: 2015年度(平成27年度)の取り扱いなので、次は 2016年4月1日~6月30日(平成28年度)に接種を受けることになります。 2016年3月2日~31日に受けた場合: 2016年度(平成28年度)の取り扱いなので、次は 2017年4月1日~6月30日(平成29年度)に接種を受けることになります。 2年目からは、毎年1回、3月に入った頃に、犬の飼育届出を申請している市区町村から、集団接種の予定日・場所のお知らせのハガキが届きます。 近所の公民館、神社、公園などに係員と獣医師が待機していて、順番に接種してくれます。 費用:自治体により異なりますが、 3,000円ほどです。 動物病院 市区町村の委託病院 「蓄犬登録」「予防接種」を両方行ってくれるので、「注射済票」「鑑札」をその場でもらえます。 2年目からは、集合注射で受けた場合と同様に、市区町村からお知らせのハガキが届きます。 親切な動物病院なら動物病院からもハガキが届きます。 費用:診察代、初診料がかかる分、 約3000円の集合注射よりも費用がやや割高になります。 集合注射に比べると 費用がやや割高になり、 待ち時間も多くなりますが、 診察もしてくれますので安心感があります。 集合注射の 会場は暑いですし、 多くの犬が来ます。 動物病院であれば リラックスして受けられますし、集合注射のように 日にちが指定されないというメリットもあります。 その他の病院 接種後、動物病院で発行された「狂犬病予防注射の証明書」を市町村窓口に提出して「注射済票」の交付を受け、畜犬登録をして「鑑札」の交付を受けましょう。 スポンサーリンク 混合ワクチン(任意) 混合ワクチンについて 致死率、感染性の高い病気を予防するために、ワクチンの副作用が比較的軽度なものを組み合わせたものが混合ワクチンです。 混合ワクチンの種類・内容・料金 混合ワクチンの種類・内容・料金については、次のとおりです。 混合ワクチンの時期・頻度(接種スケジュール) 混合ワクチンの時期・頻度(接種スケジュール)については、次のとおりです。 <混合ワクチンの接種スケジュール> 1回目: 生後42日~60日 2回目: 生後約3カ月 3回目: 生後約4カ月 それ以降: 毎年一回 【接種スケジュールが出来上がった背景】 生後42日~150日の子犬は、母親から受け継いだ「移行抗体」がまだ体に残っていることがあり、そのような状態でワクチン接種を受けると「移行抗体」がワクチンの成分を攻撃してしまうため、ワクチンが効きません。 そのため、「移行抗体」の効果が最短で消失する42日に1回目のワクチンを接種させます。 しかし、その時には「移行抗体」がまだ残っているかもしれないので、その1か月後(生後約3ヵ月)に2回目、さらに同様の理由で念のためにその1カ月後(生後約4カ月)に3回目の摂取を受けることになります。 このような理由で、<混合ワクチンの接種スケジュール>が一般的になりました。 予防接種の時期になると、かかりつけの動物病院からお知らせのハガキが来るので、動物病院に接種しに行きましょう。 スポンサーリンク フィラリア(任意) フィラリアについて フィラリア症は、蚊に刺されて感染することで発症します。 感染すると、フィラリア虫体が犬の心臓や肺の血管に寄生します。 症状が進行すると、咳、息切れ、疲れやすくなって散歩を嫌がったり激しい運動が出来なくなる、運動時に湿疹するなどの症状が出ます。 重度の場合は、フィラリアが心臓の弁に絡まって死亡することもあります。 しかし、 きちんと予防しておけば、フィラリアは 100%防げます。 フィラリアの予防薬 フィラリアには、3つのタイプ( 注射、スポットタイプ、飲み薬)の予防薬があります。 どのタイプ予防薬を選ぶかは自由ですので、薬を飲むのが苦手な子なら飲み薬以外の方法にする、といったように飼い主の判断で選択できます。 かかりつけの獣医師さんともよく相談した上で決めた方が良いでしょう。 (地域によって異なります)基本的には、蚊が発生する時期から、いなくなってから1ヶ月までの期間に予防を行います。 メリット: ・薬を飲むのが苦手な子でも投薬が簡単 ・料金が割安 デメリット: ・月1回の投薬を忘れる可能性がある ・犬が薬を舐める ・皮膚の弱い子は肌荒れすることもある 価格:3kg以内の犬で7,700円、5kg以内で10,500円、10kg以内で11,900円、20kg以内でで13,300円(全て7回分です。 (地域によって異なります)基本的には、蚊が発生する時期から、いなくなってから1ヶ月までの期間に予防を行います。 種類:チュアブル(お肉タイプ)、錠剤(飲み薬タイプ) メリット: ・薬を飲むのが苦手な子でも投薬が簡単 ・料金が割安 デメリット: ・月1回の投薬を忘れる可能性がある ・体調不良で吐き出す可能性あり 価格:6kg以内の犬で4,400円、11kg以内で5,400円、23kg以内で6,500円、45kg以内で8,700円、51kg以内で9,200円(全て7回分です。 なぜかというと、フィラリアに感染していた場合は、予防薬を飲んだ時に成虫を殺してしまい心臓の血管がつまって心臓発作を起こすためです。 ノミ・ダニは小さいものの、たくさんの病原体をもっており、「ノミアレルギー皮膚炎」「犬バベシア症(命を落とすほどの恐ろしい病気)」を引き起こすおそれがありますし、人間にも被害が及ぶこともあります。 ノミやダニの活動期は春から夏ですので、その時期に予防することが特に重要です。 ただし、特に室内飼いの犬の場合は周囲の気温が高くなるため、年間を通じて予防を行うことが望ましいです。 ノミ・ダニ・寄生虫の予防薬 ノミ・ダニ・寄生虫などの予防にはいろいろな方法があり、飲み薬、スポットタイプ、スプレータイプ、首輪タイプ、サプリメント、注射などがあります。 ノミ、ダニ、寄生虫、フィラリア予防ができる、オールインワンタイプのものもあります。 ・即効性がある デメリット: ・薬を飲まない子は投薬できない。 ・吐き出すおそれがある。 価格:2kg以内の犬で 1,200円、2. 3~4. 5kgで1,300円4. 薬を飲むのが苦手な子に効果的です。 皮膚の弱い子は肌が荒れてしまうこともあります。 動物病院で購入できます。 天然成分を使ったものもあります。 動物病院で購入できます。 首につけるだけなので簡単です。 効果も長続きしますが、ニオイを嫌がる犬もいます。 動物病院やペットショップで購入できます。 空ける間隔は、狂犬病予防と混合ワクチンのどちらかを先に受けるかで変わってきます。 具体的には次のとおりです。 <空けるべき間隔>• 念のため、接種前に獣医さんに確認してください。 ワクチン(狂犬病or混合ワクチン)とフィラリア・ノミ予防の間隔 基本的に、同時に行うことが可能です。 しかし、もし体調が悪くなった時は原因が特定しづらくなるので、 何日か空けることを勧めている病院が多いですし、接種の順番にもよりますが 最大4週間以上空けることを推奨している病院もあります。 したがたって、獣医さんに相談した上で、十分な間隔を空けた方が安心ですね。 さいご さまざまな感染症をワクチンで予防することは当然必要ですが、犬自身の体質や免疫力を高めることも大切です。 最近では、犬の免疫力を高める食材・レシピを手に入れやすいですし、サプリメント、日頃の規則正しい食生活、ストレスを軽減させることでも免疫力を高めることができます。 ワクチンは、その子の抵抗力・体力があってこそ成り立つものですので、ワクチン予防だけでなく、日頃から免疫力を高めることを意識することも大切ではないでしょうか。

次の

【獣医師監修】子犬のワクチンは何種類?散歩に出かけられるのはいつから?

犬 の ワクチン 種類

愛犬を感染症などから守るために、飼い主さんなら知っておきたいワクチンに関する知識。 犬と暮らすために必須のワクチンや、任意のワクチンなど、その種類や接種時期、費用、世界的な基準となっている最新のガイドラインまで、安田獣医科医院、安田英巳院長に伺いました。 子犬の飼い主さんも成犬の飼い主さんも、獣医師に相談する際の参考にしてください。 犬のワクチンって、どんなもの? どんな種類があるの? ワクチンとは、病原体から作られた予防接種剤のこと。 毒性を弱めたあるいは不活化した病原体を体内に入れて、一時的に病気にかかったような状態にし、体内に免疫をつくり感染を予防するものです。 大きく分けて犬のワクチンには、法律で義務付けられている「狂犬病ワクチン」と、飼い主さんの任意で接種する「混合ワクチン」があります。 狂犬病ワクチン、いつ接種する? 費用は? 感染動物に咬まれることにより感染する狂犬病。 発症すると致死率100%の恐ろしい病気で、人にも感染する人と動物の共通感染症です。 狂犬病の接種は生後91日以上、取得後30日以内のすべての犬に、年1回義務付けられています。 接種しないと、狂犬病予防法により罰則が科されることに。 接種は、毎年4~6月に各自治体で実施されますが、その期間以外でも動物病院で受けることができます。 料金は、自治体によって異なりますが約3500円です。 混合ワクチンってどんなもの? 費用は? 飼い主さんの任意で接種する「混合ワクチン」。 これについては近年、WSAVA(世界小動物獣医師会)が推奨する、ワクチン接種のガイドラインが基本になっていると、安田先生。 「ワクチンは、犬の体に異物を入れること。 犬の健康のためにも不必要な接種はしないほうがいいので、最小限のワクチン接種が望まれます」(安田先生) 日本語でも公表された2015年版WSAVAの最新のワクチネーションガイドラインを要約すると、以下のようになります。 ワクチネーションガイドラインより ・ワクチンをコア、ノンコア、非推奨に分類する (コアワクチン=必ず接種すべきワクチン ノンコアワクチン=地域や飼育環境から接種を推奨するワクチン 非推奨=WSAVAが推奨していないワクチン) ・子犬全頭にコアワクチンを接種する ・コアワクチンの最終接種は16週齢以上 ・コアワクチンは、3年以内に接種しない ・ノンコアワクチンは、生活環境に応じて接種する 犬のコアワクチンとは、ジステンパーウイルス、犬アデノウイルス、犬パルボウイルスの3種です。 これらの疾患は、子犬期の致死率が高いため、すべての犬が接種すべきと定められています。 そしてこの3種は、科学データから免疫持続時間が長いことがわかっており、免疫持続という意味でも、WSAVAは子犬期の適切なワクチン接種の重要性を解説しています(後述参照)。 ノンコアワクチンは、犬レプトスピラ、犬パラインフルエンザ、犬ボルデテラ感染症などで、犬の住環境やライフスタイルで感染リスクが高い場合に接種が推奨されています。 これらは免疫の持続時間が短いため、頻繁な接種が必要になりますが、必要と思われる限度を超えて接種してはなりません。 (犬レプトスピラ症は人と動物の共通感染症です。 ) 非推奨ワクチンは、犬コロナウイルス感染症となります。 混合ワクチンとは、このコアワクチン、ノンコアワクチンなどのこと。 何種の混合ワクチンを接種するかにもよりますが、費用は5000円~9000円くらいが相場のようです。 子犬期の適切なワクチン接種って? 前述のように、免疫をしっかり定着させるためにも、子犬期のワクチン接種が肝要です。 子犬の狂犬病と混合ワクチンプログラム例は以下のとおりです。 母犬から引き継いだ免疫(母体移行抗体)が残っていると、接種しても効力を発揮しないので、以下の様に最終接種を16週齢以上ですることが重要です。 ・1回目の接種 6~8週齢 ・2回目の接種 3~4週間後 ・狂犬病予防接種 4週間後 ・3回目の接種 1週間後(16週齢以上) ・抗体検査 4回目終了4週間以上後。 低ければ再接種。 「さまざまな科学的根拠から、WSAVAでは、混合ワクチンのうちのコアワクチンの追加接種は、3年以上間隔をあけることが推奨されています。 毎年の接種というのはあくまで獣医師の判断によっているのです。 そしてその後のワクチン接種については、犬の体にどれだけ抗体が残っているかを調べる、抗体検査の結果次第となります。 これは世界の趨勢です」と安田先生。 抗体検査ってどんなもの? 動物病院でできるの? 近年、不要なワクチン接種を防ぐためにWSAVAが推奨しているのが、動物病院で行う抗体検査です。 採血して、犬の体に抗体が残っているかどうかを調べます。 この検査キットなら30分程度で結果がわかり、抗体が残っていればコアワクチン接種は不要ということになります。 抗体検査の費用は、大体8000円が相場のようです。 ワクチン接種の証明書を求められたらどうすればいい? 犬の「ワクチン接種証明書」が必要になる、ペット関連施設もあります。 その点を考慮し、抗体検査の際には、「抗体検査証明書」が発行されるようになっています。 これが犬には充分な免疫があるという意味になり、ワクチン接種証明書と同等の扱いとされています。 安田先生は、「説明するとほとんどの飼い主様は抗体検査を選ばれます。 最近の傾向として、抗体検査証明書が浸透してきており多くの施設でも導入されていると実感しています。 日本は接種率が低いと言われていますが、個々の犬に毎年接種するのではなく、抗体検査をすればいいのです」。 心配な際は、施設を訪問する前にHPを確認し、問い合わせてみるといいでしょう。 抗体を調べるために愛犬の血液を調べることは、同時に健康チェックにもつながりますから、積極的にかかりつけの獣医師に相談してみるといいですね。 犬には怖い! ワクチンの副作用 弱めた病原体を体内に入れるワクチン接種は、副作用のリスクも。 たとえば、まれにではありますが、接種後、下痢や嘔吐、顔の腫れや発熱などの異変が起きることがあります。 もしものことも考慮して、ワクチン接種の当日は、午前中に来院して、接種後1時間くらいは動物病院の近くで様子を見るといいでしょう。 また、接種後2~3日は、念のため散歩は軽めにして、激しい運動やシャンプーなどは控えるといいですね。 ワクチンの副作用で最も恐ろしいのが、アナフィラキシーショックです。 これは急性のアレルギー症状で、接種後大体1時間以内に起こることが多く、けいれんや呼吸困難が見られ、最悪命を落とす恐れも。 日本小動物獣医師会と麻布大学の共同疫学調査では、ワクチン接種後にアナフィラキシーショックを起こした犬は、1万頭あたり7. 2頭で、人が100万人に1人というデータと比べても、犬の副作用の頻度は高いといえます。 「犬の健康面から考えても、無用なワクチン接種は避けるべきでしょう。 世界のスタンダードとなっている、WSAVAのワクチネーションガイドラインがさらに広まることを期待しています」と安田先生。 まとめ ワクチン接種は、愛犬を恐ろしい感染症から守ってくれる切り札です。 そもそもが愛犬の健康を守るためのワクチン接種ですから、より安全に実施したいと望む飼い主さんも多いことでしょう。 法律で接種が義務付けられている狂犬病ワクチン以外の混合ワクチンは、犬それぞれの個体の状態や、住環境によっても病気の感染リスクが異なります。 ご紹介したWSAVAの情報を参考にして、かかりつけの獣医師とよく相談のうえ実施するようにしてください。 取材・文/いぬのきもちWeb編集室 監修/安田獣医科医院 安田英巳院長.

次の

犬の混合ワクチン毎年必要?抗体検査をしよう!副作用が心配/犬用ワクチチェック

犬 の ワクチン 種類

スポンサーリンク ワクチンってどんなもの? ワクチンとは、ウイルスや細菌によって感染する病気を予防するための注射。 現在開発・発売されている犬のワクチンで予防できる病気には、次のようなものがあります。 ワクチンで予防できる病気 1. 狂犬病 神経症状を示し、凶暴、攻撃的になる。 犬ジステンパーウイルス感染症 咳や下痢など、呼吸器症状や消化器症状がおこる。 重症ではけいれん発作などの神経症状を起こすことも。 犬パルボウイルス感染症 激しい下痢と嘔吐が特徴。 犬伝染性肝炎(アデノウイルスI型) 急性の肝炎を起こし、嘔吐や下痢、腹痛などがおこる。 犬伝染性喉頭気管支炎(アデノウイルスII型) 咳やくしゃみ、扁桃腺炎などの呼吸器症状を示す。 犬パラインフルエンザウイルス感染症 鼻水やくしゃみ、咳など、風邪のような症状を示す。 犬コロナウイルス感染症 嘔吐や下痢などの消化器症状を示す。 レプトスピラ感染症 ネズミの尿から感染する病気で、腎臓や肝臓に障害が起きて重篤な症状を示す場合と、特に目立った症状もなく自然治癒する場合がある。 この中でも特に、 1~4までは感染すると命を落とす危険性が高い病気。 また、1. 狂犬病のワクチンは、日本では法律で接種することが義務付けられているので、愛犬家のあなたは忘れずに予防接種を受けさせてあげてくださいね。 混合ワクチン一覧表 混合ワクチンは何種類の病気を予防できるかによって、4種、5種、9種・・・など様々な種類のものがあります。 下の表を見ていただければわかるように、4種以上の混合ワクチンにはすべて、コアワクチンが含まれていますね。 最適なワクチンの選び方 それでは、あなたのワンちゃんにとって最適なワクチンはどれでしょうか? ワンちゃんの年齢や生活スタイルに合わせて、獣医さんと相談してみましょう。 アレルギー体質、高齢、大きな持病がある このような場合、ワクチンを接種するのが心配ですよね。 一般的に、予防できる病気の種類が多いワクチンの方が、体に負担がかかります。 4種など、必要最低限の混合ワクチンを選ぶといいですよ。 暖かい地域に住んでいる、山や川などアウトドアによく出かける 混合ワクチンを選ぶ時のポイントの1つが、 レプトスピラ症のワクチンが含まれているかどうか。 レプトスピラは西日本など温暖な地方を中心に発生が多いようです。 また、散歩やアウトドアなどで感染源となるネズミと接触する機会が多い場合は、レプトスピラ症のワクチンが含まれている 7種以上の混合ワクチンを検討してみましょう。 参考: ワクチン接種の時期とタイミング 子犬のワクチン接種 人間と同様、犬にとってもワクチン接種が一番大切なのは子どもの頃。 子犬のワクチンは、 生後8〜9週齢で1回目のワクチン接種を行い、その後、約1ヶ月後に2回目、さらに約1ヶ月後(生後14~16週齢)に3回目のワクチンを接種することが推奨されています。 生後間もない子犬は、お母さん犬から 移行抗体という病気と闘うための免疫力をもらっています。 この移行抗体が子犬の体内に残っていると、ワクチンを接種しても効果が発揮されません。 そのため、移行抗体が体内からなくなった後(生後14~16週齢)が初年度の最後のワクチンを接種するタイミングとされているのです。 成犬のワクチン接種 初年度のワクチン接種が終了したら、 年1回のワクチン接種を奨めている動物病院が多いです。 しかし、 3年に1回のワクチン接種で十分という考えもあり、ワクチン接種の間隔については諸説あるのが現状。 ワクチンによる免疫が低下するまでの期間には個体差があり、 3年に1回のワクチン接種でも病気を予防するのに十分な免疫が残っているかどうかはわかりません。 多くの動物病院で年1回の接種が推奨されている背景には、このような個体差の問題や、ペットホテル、トリミングサロンなどでは年1回ワクチン接種をしていないと受け入れてもらえないところが圧倒的に多いことなどが影響しているようです。 ワクチン接種での注意事項やよくある質問はこちらの記事をどうぞ。 あなたのワンちゃんの健康を守るために、適切なワクチン接種を受けさせてあげてください。 またワクチン接種は、 他のワンちゃんに病気をうつさず、ドッグランやホテルなど公共の場所でみんなが安心して過ごせるようにするためのマナーでもあります。 ワクチンについて正しく理解し、かかりつけの獣医さんと相談しながら、きちんとワクチン接種を受けましょう。

次の