スクリュー パス。 ラグビーのパスに挑戦!パスの種類、スクリュー・ストレートパスの投げ方と練習法

ラグビーのパスが上達する3つの練習方法とポイントを徹底解説!!

スクリュー パス

スポンサーリンク ラグビーのパスの投げ方について 投げやすい方法でOK!! パスは相手につながればよいので、投げる側は取りやすいパスをすることに気を使わなければなりません。 例えば1メートルくらいの距離だと、走りながらでも取りやすいパスをすることができます。 しかし5メートル以上になると、強く投げないと相手に届きませんのでチカラを入れて投げるんですが、最初は本当にうまくいきません。 また、教えてもらう投げ方でも正確で速いパスができないものです。 下から投げることを意識しすぎると速いパスが出しにくい選手もいるでしょう。 こういった時には、 パスの腕の振り方を変えてみてください。 自分に合った投げる角度がある(チカラを入れやすいフォーム)と思います。 パスの時のボールの持ち方 ボ-ルの真ん中あたりを持つと良いです。 手に馴染んでくればだんだんと持ちやすい場所が分かってきますが、ボールの真ん中より少し上のほうを持つとパスしやすいという選手が多いです。 投げ方で意識するカラダの動かし方 腕に頼ったパスは限界がありますので、 パスをするときは腰の回転と投げた後の、腕の位置(フォロースルー)を意識しましょう。 この2つがスムーズならば、距離のあるパスもこなせるようになります。 止まる感じでしっかりパスをしよう 先ほども書きましたが、走りながらのパスはすぐにうまくいきません。 ストレートパスだと腕を大きく振る必要があります。 パスする選手が見つかれば、 走るスピードにとらわれずに、止まってパスをする感じでいきましょう。 ラグビーパスの投げ方、スクリューパスをマスターしよう!! スクリューパスとは? FWの選手はともかくBKの選手は身につけなければいけない投げ方です。 普通のパスはボールが回転しないように投げるのですが、 スクリューは回転を与えて投げます。 基本的に片手で投げるパスなので、利き手から投げるスクリューはうまくいくのですが、逆の場合は練習が必要になってきます。 スクリューパスのメリット• ボールにチカラを伝えやすい投げ方なので、 遠くに投げることができる。 スピードのあるパスが打てる。 ストレートパスは遠くに投げると無回転なので、ボールが真っすぐにいかずキャッチしにくいが、 スクリューはボールに勢いがあるので軌道が読みやすくキャッチしやすい。 スクリューパスのデメリット• 回転のかけ方に個人差があり、 受けてが取りにくい場合がある。 パスするボ-ルにスピードとチカラがあるため、 至近距離のパスには向いていない。 利き腕のパス(右利きなら左側へのパス)は比較的早くマスターできるが、反対は スクリューパスの習得に時間がかかる。 ラグビーのパスは、練習を重ねれば必ず上達していく技術ですので、パス名人と呼ばれるようになるまで頑張りましょう。

次の

ラグビーのパスに挑戦!パスの種類、スクリュー・ストレートパスの投げ方と練習法

スクリュー パス

オーソドックスなパス 相手が取りやすいように、ボールに回転をかけないパスです。 長い距離は飛ばせませんが、小さいパスを早くつなげる時にとても使いやすいです。 ワンポイントアドバイス ボールは真ん中より、やや上を持ったほうがスムーズなパスができます。 パスのコツとしては、投げ終わった後に、 両手をパスした方向に差し出すようにする事でフォロースルーをしっかりと取ることがでるので、より正確なパスができるようになります。 最初は手首に力を入れてしまって、パスが安定しないと思います。 そんな時は、手首に力を入れるのではなくて、腰の回転と、腕の振りを意識してパスの練習をしてみましょう。 そして、先ほども言いましたが、フォロースルーをしっかりと取ることがとても大切です。 スクリューパス スクリューパスは、ボールに強い回転を変えるパスです。 ボールに回転がかかっているぶん、早いスピードでパスをする事ができ、また、遠くまで飛ばせる事も特徴の一つです。 ワンポイントアドバイス スクリューパスは、腕の振りよりも、手首のひねりを意識します。 両手を使って、ボールのやや上の方と、やや下の方を持ちます。 練習のポイントとしては、 片手で投げることです。 左方向へ投げる場合は、右手だけで、手首をひねるようにして投げます。 片手で回転をかけて投げられるようになったら、あとは、もう片方の手はそえるだけです。 早くパスを出したい場合や、遠くにパスを飛ばしたい時は、右手と左手の力のバランスを調整します。 最初はなかなかうまくいかないと思いますが、繰り返しの練習で必ず上手になりますので頑張りましょう。 以上がパスの基本的な練習となります。 良い練習方法が見つからないと言って、間違った練習方法で練習をしてしまってはラグビーはなかなか上達しません。 上達しないどころか、骨折など怪我をするリスクや、チームワークを乱してしまう原因になってしまいます。 私も以前は、 もっと効率の良い練習方法はないか?最速で上達する方法はないか?と色々と情報を求めていましたが、こういったマニュアルのおかげで全て解決することができました。 最初は値段が少し高いかなと感じましたが、このマニュアルのおかげで効率の良い練習方法が分かった事を考えると、買って損はなかったと感じています。

次の

スクリューパスの投げ方(ラグビー)

スクリュー パス

スポンサーリンク ラグビーのパス練習の方法と注意点とは!? 練習のスタートにランパスを選ぶチームが多い! 準備体操やストレッチの後に体を温める意味合いも含めてランパスから練習をスタートするチームが多いですね。 5人くらい横一列になって、ゆっくり目のパスから始め、本数ごとにスピード上げていきます。 スピードをトップスピードまで上げれば終わります。 この練習はパスの基本で、小さいパスを早く繋げる練習です。 できるだけクイックモーションで相手が取りやすいようにボールに回転をかけないパスを心がけましょう。 次はひとり飛ばしパスの練習 ストレートパスとスクリューパスを左右行います。 ひとり飛ばしは5メートル以上の距離がありますので、難易度が上がります。 このあたりから 初心者がぶつかる壁として、利き腕でない方向へ投げるスクリューパスがうまくできないことが挙げられます。 このスクリューパスが上手くなる方法は練習しかないのですが、早く習得するコツはうまく投げれる方向のフォームを研究し、同じように投げることです。 うまくいかないスクリューパスには原因があると思いますので、早くそれに気づくことが大事ですね。 ディフェンスをつけてのパス練習 パスの練習はディフェンスがいるのといないのとでは、練習の効果も違います。 相手のプレッシャーに負けて、やみくもにパスを投げてしまうことが初心者の時はよくあります。 まずは、 まわりをよくみて考えてパスをする習慣を身に着けましょう。 パスと同時に試合勘も鍛えることができますね。 ラグビーのパスが上手くなるために練習で注意したいポイントとは? アーリーキャッチにこだわろう! 手を伸ばして投げられてくるボールを捕ることをアーリーキャッチといいます。 ボールの空中に滞在する時間を短くするためです。 試合でアーリーキャッチを怠ってしまいますと、相手チーム選手に目の前でカットされてしまいます。 ラグビーのバス練習では声を出すことが大切! パスを出すチームメイトの位置は遠い・近い、深い・浅いという掛け声で位置を知らせます。 走っていると味方の選手が視界に入りずらいことも多いです。 掛け声はどのような種類でもいいですが、普段からパスの際は声を出す訓練をしましょう。 泥まみれのラグビーボールのパスは取りにくいので練習が必要 天候を問わずゲームが行われるラグビーですが、 雨の日は晴れの日と違い、雨+泥でラグビーボールが滑りやすいことが特徴で、アクシデントもよく起きます。 泥の無い人工芝球場も雨の際は足元が滑りやすくなっていますので、バランスを失いやすいといえます。 雨天の日の対策は様々な方法がありますが、 歩幅を狭くしたり、パスを小さくする、あるいは高くボールを上げないなど動作を小さくすることが有効とされています。 おわりに 以上ラグビーにおいてのパス練習について解説してきました。 所属チームによって練習メニューは様々ですが、全体練習だけでは足りません。 スキマ時間でのパス練習など効率的な練習方法を発見することが、パスが誰よりも上手くなるファーストステップでしょう。

次の