カリフォルニア コロナ ウイルス。 アメリカ 全米規模でコロナ感染再拡大へ警戒強まる

最新情報!自宅待機!入国制限カリフォルニアロサンゼルスのコロナウイルス|ロサンゼルス観光・エンタメ情報

カリフォルニア コロナ ウイルス

【コロナウイルス】カリフォルニア州のガイドライン Paid Sick Leaveは強要できない。 LA COUNTYでもコロナウイルス緊急事態宣言が出されました。 その他、LA COUNTYの関連情報サイトのリンクを御確認下さい。 When in doubt, always seek legal counsel. The information in the email is provided for guidance only, never as legal advice. We will not be responsible for any damages caused by using this information. 免責事項:山口憲和は、このブログの中で正確で常識的、倫理的な人事管理、雇用者、職場、保険情報等を提供するために万全を期していますが、山口憲和は弁護士ではなく、このブログの内容は 法的助言として解釈できません。 不確かな場合は、常に弁護士に相談してください。 このブログ上の情報は、ガイダンスのためだけに提供されており、決して法的助言として提供されるものではありません。 この情報を利用して損害が生じた場合でも弊社では責任を負いかねますのでご了承下さい。

次の

新型コロナ、米国でも「市中感染」拡大か 西部カリフォルニア州で感染者33人

カリフォルニア コロナ ウイルス

2020年3月5日、サンフランシスコ市内で2名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。 *おそらく学校は、臨時休校になると思われます。 それに先立ち、カリフォルニア州は非常事態宣言を発令しました。 サンフランシスコ・ピア27に接岸予定だった「グランド・プリンセス」に乗船していた71歳の方が新型コロナウイルスにより亡くなりカリフォルニア州で最初の死亡者が出たことにもよります。 グランド・プリンセスは、プリンセス・クルーズ社が運行している豪華客です。 今回のクルーズは、2020年2月11日サンフランシスコを出港し、メキシコに寄港、2月下旬にハワイ4島を巡り、メキシコ(バハ・カリフォルニア)を経由してサンフランシスコに帰港する予定でしたが、復路のメキシコは寄らず、航路を変更しサンフランシスコに戻ってきています。 今回亡くなられた方は2020年2月21日メキシコで下船した方とのことで、サクラメントの郊外ローズビル(Roseville)の隔離病棟で亡くなっています。 ニューサム・カリフォルニア州知事は、グランドプリンセス内に、少なくとも乗員11名、乗客10名が、インフルエンザや風邪の症状が出ていると発表、現在は沖合322キロ(200マイル)に停泊中です。 監査キットはヘリコプターで送る模様です。 効率のいい方法ではありませんが、水際で防ぐための措置です。 写真はグランドプリンセスではありませんが、荷物を積み込むトラックの小ささを見ると、人や物の輸送能力は飛行機の比ではありませんね。 また、大型クルーズ船は、比較的都心から離れた桟橋を利用することが多いのですが、サンフランシスコの桟橋は、徒歩圏内に観光地や繁華街があり、乗船客にとってはたいへん便利な場所にあります。 空港からも決して遠くないのでサンフランシスコ港からクルーズを開始する方も多いのです。 それが今回は "人の集まってる場所に寄港・帰港すること"になってしまうのです。 感染者がいつ見つかるのか? サンフランシスコに住んでいる皆が注視していましたが、遂に昨日現実となりました。 特派員プロフィール• サンフランシスコ特派員 美丸(Mimaru) サンフランシスコ市内小さなアパート在住。 未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。 認定フードコーディネーター。 好きな事:見物。 アメリカの今• アメリカを旅する• アメリカの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

新型コロナ:カリフォルニア州、外出規制緩和で新基準 経済再開後押し :日本経済新聞

カリフォルニア コロナ ウイルス

感染者数は1日で350名となり、累計で1万854名。 カリフォルニア州全体では感染者は731名増加で計2万8888名、死亡者は1021名だ。 ただし新規感染者数は横ばいあるいは減少の傾向が見られ、ニューサム知事とガルセッティ市長は外出禁止令の緩和と経済再開に向けての道筋を探り始めている。 その中で重要とされているのが抗体検査の実施だ。 抗体検査とは、指先の少量の血液を分析してその人がすでにコロナウィルスに感染し、抗体、つまり免疫を持っているかどうかを判断する、ということだ。 艦長が解任されたことで話題となった空母「セオドア・ルーズベルト」では、4800名の乗組員のうち655人の感染が確認され、1名が死亡した。 世間にはこうした無症状で感染の自覚がないままに治癒し、免疫を得ている人々がいる。 それを割り出すために始まった抗体検査だが、最初の試みで思わぬ結果が出た。 ABCニュースの報道によると、カリフォルニア州サンタクララ郡で試験的に行われた抗体検査を受けた3300人のうち、抗体反応があったのが2. 8~4. サンタクララ郡の人口は200万人ほどで、郡内の感染者は公式には1000人程度、と発表されていた。 しかし抗体検査の結果から、実際には4万8000~8万1000人程度がすでに感染していた、という予測が成り立つ。 PCR検査などで陽性が判明した人の50~80倍、という驚くべき数字だ。 同様にロサンゼルス周辺でも週に1000人程度の抗体検査が始まっている。 こちらはまだ結果が発表されていないが、恐らくはサンタクララと同様あるいはより高い数字になる可能性もある。 一方で抗体検査にあまり期待をかけすぎない方が良い、という意見もある。 インフルエンザのように、一度抗体を得ても次のシーズンには再び罹患することもある。 今免疫を得たとしても、それが果たして何カ月継続するのかは疑問だ。 また一度陰性になった人が再陽転するケースも世界中で報告されており、抗体検査にどれほどの信頼度があるのかも不明だ。 また、抗体検査はネット上で参加者が募集されているため、ボランティアで検査に応じる人々の層に偏りがあるのではないか、という見方もある。 ネットで情報を得る、つまり比較的若く活動的な層が多いため、高齢者や子供などと比べて感染率が高い可能性もある。 単純に抗体検査の数を全体に反映して80倍、という数字を発表することはいたずらに不安を掻き立てるだけなのではないか、というものだ。 米国や欧州の一部では、抗体検査を大掛かりに実施して抗体証明書のようなものを発行し、そうした人々から順次社会生活を復活させる、という案がある。 実現すれば確かに現在の状況を多少は打破出来るのだが、上記のような理由で抗体検査が完全なものとはまだ言えない。 抗体があるから、と普段の生活に戻った人が再び罹患する、そこから再度の感染拡大が起こる可能性は完全に否定できないためだ。

次の