コインランドリー経営 期間。 コインランドリー経営のメリット・デメリット

オーナー様の声|コインランドリー開業・経営支援|ビクター商事株式会社

コインランドリー経営 期間

コインランドリービジネスも、その特性から個人の遊休資産活用が多かったのですが、最近は法人のサブ事業としての参入も急増しています。 そこで減価償却に関わってくるランドリー設備の【法廷耐用年数】についてご説明していきます。 まず 法定耐用年数(ほうていたいようねんすう)とは、減価償却資産が利用に耐える年数で、長期にわたり反復使用に耐える経済的に価値があるものの使用又は所有の価値の減価を、各年度に費用配分していく場合の計算の基礎となるとされています。 平成20年度の改正で法定耐用年数の見直し等が行われ、 コインランドリーの機器は【洗濯業、理容業、美容業又は浴場業用設備】に該当し、耐用年数は13年に変更されました。 6 端数切捨て で計算した年数以上となりますので、 リース期間は最短7年からとなります。 これは機器が実際に何年使用できるかの寿命、耐久年数とは異なります。 したがって、法定耐用年数を経過したからといって使用不能となることも当然ありません。 実際、コインランドリーの機器は不特定多数の方が使う使用環境を想定し、かなり高い耐久性で設計されています。 もちろん使用頻度やメンテナンス状況によって異なりますが、多くの機器が15年以上も元気に稼働しています。 特に乾燥機は洗濯機と異なり、振動や給排水などの劣化要因となるリスクが少なく20年以上使用されているケースも稀ではありません。 とうぜん、劣化による安全性低下や、なんと言ってもユーザー様に気持ちよくご使用頂くという観点から、法定耐用年数やリース期間をひとつの目安にリニューアルをお勧めします。

次の

【土地活用】コインランドリー経営・土地貸しのメリット・デメリットを徹底解説|不動産売却は不動産王.com

コインランドリー経営 期間

コインランドリー経営がFC(フランチャイズ)経営に不向きな理由 コインランドリー経営に関してはFC(フランチャイズ)経営は不向きです。 むしろ、FC(フランチャイズ)経営ではない方が成功する近道となります。 その理由に関して、コインランドリープランニング業者として書きます。 近頃では、いろいろな業種でフランチャイズ経営が流行っております。 先に言っておきたいのが コインランドリー経営に関してはFC(フランチャイズ)経営はメリットがなく、むしろデメリットになることが多いということ。 FC(フランチャイズ)手法はあくまで、コインランドリーの企画側(プランニング側)の機械を売るためだけの1つの手法であること! 今回はコインランドリー経営についてのフランチャイズ経営について書きます。 「フランチャイズ メリット デメリット」と検索しトップページに掲載される、(一社)日本フランチャイズチェーン協会様のページ()を参考にして書きます。 フランチャイズチェーンに加盟するメリット、デメリットを 整理してみます。 1.メリット 【A. は他の職種のフランチャイズ経営のメリット 】 A. 一般に広く知られているチェーン名やマーク、イメージを利用できる。 ちなみに、当社はオーナー様が好む店名や看板イメージをすすめております。 事業経験がなくても、本部の指導によって事業を開始できる。 事業経験がなくても手軽に参入できるのがコインランドリーの魅力です。 当社は、オープン後にも経営していく上で、その都度、感じたオーナー様が分からないことや、新しく取り入れたい事に関して指導しております。 コインランドリー経営ではオーナー様独自のアイデアや経営スタイルを打ち出すことが他店との大きな差別化につながるので、本部の一方的な指導は必要ありません。 フランチャイズ本部が過去に蓄積した実績と経験に基づき事業を行なうので、個人で開業する場合と比較して成功する確率が高い。 この事実は コインランドリー経営そのものがフランチャイズの枠組みに取り入れられることに適していないことを示していると思います。 この業界でフランチャイズで今でもやっているところは新規参入企業が多いため、フランチャイズ本部が過去に蓄積した実績などあってないようなものです。 フランチャイズ本部による経営指導(税務・会計・法律など)や援助(新商品開発、仕入れ確保、販売促進、教育など)が受けられ、営業に専念できる。 独立した事業者として営業できる。 本部が大量に仕入れ、また生産した質の高い商品や材料を安価で安定して購入できる。 洗剤やソフターは当社が良品質で 安価なオリジナル洗剤を提供します。 ネットでの販売も行っております。 【当社が自社運営する消耗品サイト】 G. 開業物件の立地調査を本部に依 頼できる。 (参考: )当社コインランドリー新規開設にあたってはまず、立地調査が基本です。 必要であるなら、経験が豊富なメーカー(AQUA・TOSEI・Electrolux等の機械メーカー)も同行して調査致します。 広告・宣伝など、フランチャイズチェーンならではのスケールを生かした販売促進活動に参加できる。 当社は、お客様の要望があれば、自社で広告を制作致しますし、販促も行っております。 2.デメリット 【A. は他の職種のフランチャイズ経営のデメリット 】 A. フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。 フランチャイズで始めるとまず、機械の制限がある場合があります。 このフランチャイズでやるなら、この機械メーカーを使いましょう。 といったように。 しかし、そこのメーカーには洗濯乾燥機やカードシステムがなかったりします。 近くに洗濯乾燥機やカードシステムが導入されているお店ができれば、そちらにお客様が流れてしまいます。 現に、当社のようなコインランドリー企画側は、新規でコインランドリーを建てる時の立地調査で競合店が近くにないかを調査しますが、競合店がフランチャイズの店舗なら安心です。 理由としては、その店舗より設備やサービスで優れる店舗を造れるという自信があるからです。 コインランドリー経営ではオーナー様独自のアイデアや経営スタイルを打ち出すことが他店との大きな差別化につながります。 店舗のイメージ、取り扱い商品やサービス、メニューなどすべて本部の経営方針に従わなくてはならない。 たとえば、勝手に指定以外の商品を販売したり、金額が安いという理由だけで、指定外の備品を使用することなどにも制約がある。 お客様の経営方針やアイデアと当社のアドバイスで新しいことに取り組んでいるコインランドリーオーナー様は多くおられます。 また、営業時間・休日なども厳守しなくはならない。 営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。 また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある。 FCのような手法をとるのはコインランドリーの企画側(プランニング側)の機械を売るためだけの1つの手法であること。 加えて、機械のスペックやアフターサービス(修理やメンテナンス)体制が劣るような機械メーカーや販売店がこのような手法をとるところが多いです。

次の

コインランドリー経営でできる1000万円の資産運用

コインランドリー経営 期間

もくじ• コインランドリー経営は要注意。 投資ではありません。 これは不動産投資にも言えることですが、どんなビジネスでも投資として考えていると痛い目を見ることがあります。 株式投資やFXや投資信託などは、購入した後は何もやることはありません。 ただ売るタイミングをいつにするか決めるだけになります。 一方で不動産投資やコインランドリー投資は、投資という名前がついていますが会社を経営するのと同じことが求められます。 どういう物件をいくらで購入するか、お客さんをどうやって呼び込むか、価格をどうするか、税金をどうするかなど多岐にわたる知識を求められます。 くれぐれも、「買って後はほったらかしでどんどんお金が入ってくる」というような考えは持たないようにご注意ください。。 売り上げ予想と経費の予想に注意 コインランドリーの売り上げの予想はかなり難しいので注意が必要です。 フランチャイズ会社が売り上げ予想を出すと思うのですが、あてにならず全然見込み通りにならなかったという話をよく耳にします。 実績があるから大丈夫というと思うのですが、それを投資家が確認する方法が難しいので注意が必要ですね。 不動産投資であれば、需要や家賃を調べることができるので、売り上げ予想が立てやすいメリットがあります。 経費も予想しやすいです。 1 コインランドリー経営は差別化が難しく店舗が激増~僕がやらない理由 僕がコインランドリー経営に参入しない理由を解説します。 これは差別化が難しいというところです。 店舗を借りて、リフォームして、機器を入れるという流れになると思いますが、誰でもできてしまいます。 フランチャイズでいろんな会社が「シェアトップ!コインランドリーやりませんか?」と言っています。 そして接客的にセミナーなどでフランチャイズを探しています。 誰でもできて、周りがコインランドリーだらけになったら、勝てるでしょうか? 多少はデザインで差異化したりできると思いますが、僕は勝てる自信がないので参入しようと思いません。 それって不動産投資も同じじゃないの? って思われる方もいると思います。 確かに、大手アパートメーカーが建てているようなアパートは、誰でもできて価格に利益がたっぷり乗っているので儲からないと思います。 しかし、不動産投資は安く購入できる物件がまれにあります。 一般的には5000万円位する物件が、何らかの問題などがあって2500万円とかで売られているときがあるのです。 それを買って問題をクリアーにすれば、安全に利益を得ることができると考えています。 店舗が増え続けいている LBM編集部の調査によると、コインランドリーはものすごい勢いで増加しています。 コインランドリー増加数。 出典: 昨今のコインランドリーブームを受け、LBM編集部には多くのメディアから問い合わせがあるが、ほぼ確実に聞かれるのが「今、国内にどのくらいコインランドリーがあるのか」。 以前は、厚生労働省からコインランドリーの施設数が発表されていたが、その発表は2013年度で終わってしまっており、それに代わるようなデータもなかった。 そこでLBMでは、2016年11月に発行した創刊号にてLBMの予測値として「18,000施設」と発表。 大手機械・資材メーカーなどからヒヤリングした結果を反映させた数字で、広く業界で活用されるようになった。 あれから2年、LBMでは複数の業界関係者への聞き取り調査を行った結果から、2017年度の施設数を「20,000施設」と予測。 2年間で2,000施設増えたことになり、厚労省の調査も含めて過去最大の増加数となる。 需要が活発だからコインランドリーが増えている面もあるとは思いますが、それ以上にフランチャイズでコインランドリー投資をやり始めた影響のほうが多いのではないかと推測しています。 コインランドリーが乱立してきたら、古いコインランドリー施設を持っていた時に戦えるでしょうか? フランチャイズは積極的にセミナーをやって、どんどんどんどんライバルを増やしてきます。 コンビニエンスストアのフランチャイズでも問題になっていましたが、フランチャイズは店舗が増えれば増えるほど利益が出る構造になっているので、ガンガン店舗は増えると思ってよいでしょう。 そのしわ寄せを食うのが、フランチャイズのオーナーです。。 気を付けましょう。。 2 コインランドリー経営は売却が難しい~僕がやらない理由 コインランドリー経営の問題点は、売却が難しく買ったときと同じ値段で売却するのが難しいことです。 株やFXなどは、すぐに売却することができます。 不動産投資も、投資物件として売却することは可能です。 もしさまざまな事情により、コインランドリー経営を辞めたくなっても売却は簡単ではないと思います。 現時点では、不動産投資などにくらべてコインランドリー事業を売却するのは環境が整っていないです。 もし2000万円の出資してコインランドリーを初めて、もし5年後にやめたい…となったとき、出資した2000万円は返ってこないと思ったほうが良いでしょう。 コインランドリーへの出資は、機材への出資がほとんどなので、古く買った機械に高い価値が付くことは稀でしょう。。 売却が難しいことから、一生をかけてコインランドリー経営に身をささげるような覚悟がないと厳しいのではないかと個人的に考えています。 3 不動産投資家でもコインランドリー経営で苦戦している方がいる 結果を出されている不動産投資家の方でも、コインランドリー経営で苦戦されている方がいます。 不動産投資家なので、コスト感覚に敏感で需要や経営感覚に関しては一般人よりも経験豊富で実績がある方でも、見込み通りにいかないことがあるということを知り、驚きました。。 埼玉swallowsさん 2005年から不動産投資をされていて、自主管理をされている不動産投資家さんです。 面識はないのですが、とても有名な方です。 ブログ も人気です。 当初の目論見• 初年度は月65万円の売り上げ利回り7%• 自己資金0円。 リース期間7年。 初年度CFマイナス。 2年目からCFプラス• リース終了後は10万円以上のCFが残る 初年度から黒字を見込んでいましたが、ふたを開けると• 売り上げは予想より4割少ない• 経費は予想より6割多い というひどい状態…。 手ものにお金が残る状態を予想していましたが、 毎月20万円が出て行ってしまうことに! フランチャイズ会社の見積もりが全然あてにならないことが判明しました。。 辞めたくてもリース契約しているのでやめることもできず、売却しようとしても国産の中古車1台分くらいの価格にしかならないとわかったそうです。。 初期費用を2割カットしてもこんな状態なので、普通に行った方でもっと苦戦されている方もいるのではないでしょうか? こんな状態から、コスト削減を行ったり、売り上げUPの戦略を実行したり、さすがswallowさん!何とか立て直しされています。 すごい。 試行錯誤されてる姿、読んでいて熱くなりました。。 体験談をまとめられているので、おすすめです。 swallowさんの体験談• 第1話:• 第2話:• 第3話:• 第4話: 内田洋一さんのコインランドリーが楽待で特集されていました。 埼玉県草加市で、5年前に内田さんの保有物件の1階でコインランドリーをオープン。 初期費用600万円かけられています。 1ヶ月の売り上げ 40万円~45万円• ランニングコスト 33万円 店舗費用は無し• 1ヶ月の手残りが 10万円 1ヶ月10万円くらいしか手残りが残らないので、かなり難しいような気がします。 店舗を借りたら10万円以上すると思うので、お金が出ていくマイナスのキャッシュフローになってしまいますね。 また内田さんのコインランドリーは開業5年が経過しています。 もしオープン当初だったら店舗が認知されていないので、もっと売り上げが低いでしょう。。 立地も良さそうなので、それなら普通に店舗として貸し出して家賃収入を得たほうが、安定してお金が入ってきそうな気もします。 楽待の「」という記事にも、失敗談が乗っていました。 内田さんは、2014年に自分の所有物件の1階にコインランドリーを入れたそうです。 月の支払いは約35万円で内訳は• リース料金 13万円• 融資の返済 8万円• 水道光熱費 12~15万円• 人件費 3万円 とのこと。 リース会社から当初の売り上げは50万円くらいといわれていたが、実際にオープンした時は10万円台後半の売り上げだったとのことで、 月に20万円の支出になってしまったとのこと…。 これ、自分の物件なので家賃を支払ってないのにマイナスになるとは…。 2017年の時では、収支はトントンとのことです。。 コインランドリー経営の注意点。 僕がやらない理由 ここまでコインランドリー経営を僕がやらない理由を解説していきました。 僕がコインランドリー経営に参入しない理由• 差異化が難しく店舗が増加中• 売却が難しい• 不動産投資家も苦戦している人がいる やはり、差別化が難しく売却が難しいことと、売り上げや経費の予想が付かずに不動産投資かも苦戦している人がいることから、僕はあえてやろうとは思ってきませんでした。 繰り返しになりますが、僕がやろうと思っていないだけでコインランドリービジネスが儲からないといっているわけではないです。 実績を持って経営されている方もいるので、あくまで僕の個人的な見解です。 ただ、コインランドリー経営を投資だと思って、フランチャイズに丸投げするだけで楽に儲かるような甘いビジネスではないので、そこだけはご注意ください これはコインランドリーに限らず、経営すべてに言えることですが。 僕が行っている不動産投資、ブログ、YouTubeで稼ぐ方法について「」で解説していますので、良かったら見てみてください。

次の