あくび ゴーストダイブ。 あくび

【s6最高41位 最終135位 最終レート2085】アシレーヌとゆかいな仲間たち (ヒトムナットアシレーヌサイクル)

あくび ゴーストダイブ

シャドーダイブの効果• 相手のわざがあたらなくなる。 の効果を受けなくなる。 を使用して捕獲することができなくなる。 シャドーダイブの発生• シャドーダイブの消滅• またはを発動させる。 ・などにより技が失敗する。 命中判定を行わないわざ も当たらなくなる。 ・・・・などの対象に影響を与えないわざも失敗するようになる。 も当たらなくなるが、既に状態のポケモンが状態になるのは防げない。 下記条件を満たした技は当たる。 を使用した場合 で使用した場合のみ失敗する• タイプのポケモンがを使用した場合。 状態のポケモンが技を使用した場合。 自身か相手が特性である場合。 ただし、上記条件を満たしていてもシャドーダイブ状態のポケモンに対するは必ず失敗する• による位置変更は防げない。 の効果は受ける。 ・のダメージは受ける。 の時の・によるダメージは受ける。 の時の・によるHP回復は発動する。 による低下は受ける。 の効果はシャドーダイブ状態の間も受け続ける。 による低下は受けない。 シャドーダイブ状態のポケモンに対しは当たらないが、味方がダイマックスわざを受けたときや、使用したときに発動する効果は受ける。 シャドーダイブ状態の間はが発動しなくなる。 関連項目•

次の

【剣盾S3使用構築】対面カビガルド【最終31位】

あくび ゴーストダイブ

夏は、パキメンス!!!どうも中谷です。 S1ぶりにがっつり潜ってそこそこの結果を出せたので記録を残すため筆を執ります。 TN E. で潜ってました。 最終52位、レート2129、勝敗数99-43 勝率69. 【構築、】 2. ックス技を受けてもらうためそれぞれにオボンの実と食べ残しを持たせた。 広い範囲を受けるためなにかを意識して調整せず、7世代で使っていた調整をほぼそのまんま使った。 あくびサイクルをするため、積みエースとして一度舞ってしまえば上から叩かれる心配の少ない竜舞ドラパルトを採用。 上位帯での準速以上のスカーフドラパは事故と割り切り、最大火力を出せる意地っ張りとした。 何戦か回してよりもすりぬけの方が役に立つ場面が多かったのですり抜けで採用。 ここまでで水の一貫性や、受けまわしに不安が残るためチョッキ持ちの貯水を採用した。 ラプミラーの打ち合いを考えて電気技は命中安定の十万ボルト。 今決まっているのが オボンの実 砂おこし 腕白 H252 B124 D132 あくび ステロ 1 食べ残し 厚い脂肪 慎重 H252 B252 S4 ヘビボン あくび まもる 1 命の珠 すりぬけ 意地っ張り A252 B4 S252 ドラゴンアロー 鋼の翼 竜の舞 突撃チョッキ 貯水 控え目 C252 D164 S92 うたかた フリドラ 十万 零度 カバとカビのラスト1枠について考えていく。 まずはカバについて。 吹き飛ばしか怠けるの選択だが今回は怠けるを採用した。 理由は2つある。 1つ目について。 例えば相手の先攻をしのぎボロボロになりながらカバカビで展開した後、ドラパに託すといった状況を考えたとき。 結論から言うとあまり強くない。 カバカビは突破力がなくお膳立てをしても相手の残ポケ数が3のままのことが多くノーマルとフェアリーがいるとドラゴン技を打つかゴースト技を打つかで択になる。 鋼Z圏内ならそうはならないけど こうなると上手くックスをいなされて負けてしまうことが多い。 そこでこちらのックスでの狩り残しをで詰めるという勝ち筋を生み出ことのできる怠けるを採用した。 2つ目は単純に受け3枚で選出をするときに怠けるがないとサイクルを回せない点である。 もちろん吹き飛ばしがないことにより起点回避ができないというデメリットはあるが後述するによりある程度の解決に成功している。 次にだがこれは理由が簡単で、重いこだわりに一番安定してダメージの入る捨て身タックルを採用した。 最後に残り2匹を決定する。 吹き飛ばしのないカバカビをカモにしてくる アッキミミ、鈍い、アーマーガア、等 を逆にカモれるアッキ天然ピクシーを採用。 この5匹で重いとに勝てる鉄壁HBを採用。 持ち物は迷ったがギャラに対して後投げが比較的安定するフィラの実に決定した。 ミラーを考えてS実数値を1上げることも考えたがジャイロの火力が下がることとそもそも鉄壁ボディプレのミラーは起こることはあまりないはずなので最遅にした。 アッキの実 天然 図太い H252 B244 S12 ムンフォ 放射 瞑想 月の光 フィラの実 鉄のとげ 呑気 H252 B252 D4 ジャイロ ボディプレ やどりぎ 鉄壁 3. 【重い】 ・ 先発で裏にドラパルトを置いていたが、側も裏にあくびやがいたりしてしんどかった。 てか上位の入りは大体落とした。 見た時点でカビカバドラパ固定でいいかもしれない。 ステロ欲しすぎる。 ダルマ対面守るに馬鹿力を打った後ドラパ引きに合わせて氷Zをうつプレイングはされなかったがやられたら切り返しができないので毎回怯えながら守った後ドラパに引いていた。 ・ドリル身代わり、地割れ 最低でも一発は避ける必要があった。 ドリルは個体数がそもそも多くなく、地割れは何故か終盤減っていたように感じた。 一発で当たったらしゃーなしくらいで考えていた。 ・呪い 普通にきつかった。 痛み分け持ち個体が少なかった?のが不幸中の幸い。 【あとがたり】 多分皆わかってると思うんですけどックスの仕様上、前世代よりもある程度割り切った立ち回りが要求されていると感じます。 その中で勝率を上げるためにホームの持ち物ランキングや技ランキングをある程度頭に入れておいて、ある盤面で真っ先に切るべき型は何かを素早く判断することが重要と感じました。 もちろん上位のみのトレンドであったり アッキ等 、火力や耐久値の情報を抜き出した後などは話が別ですが、今作は特定の並びが前作よりも少ないため選出画面での持ち物や技の大まかな判断が中々できません。 初手対面や相手の死に出し時はランキングに従ってこちらの行動を決めるようにしていました。 こっからは完全な愚痴です。 最終日朝5時にこちら36位で相手39位の時に切断バグをされました。 最終日より前にもされましたが。。。 そこでメンタルやられてしまい続けてもプレミしてしまうだろうと思い撤退しました。 USMから最終30位を目指していて剣盾シーズン1もそれを目標に潜ってあともう一歩のところで溶かしましたし、ようやく目標達成!嬉しいいいい!と思ったらこれです。 「や、俺もやられてんだから文句いってんじゃねーよW」って思った人、ちょっと待ってほしいです。 僕もあなたも両方かわいそうでそれでいいと思うんですよ。 お互い慰めあいましょう。 の迅速な対応を切に願うばかりですね。 【ルサンクス】 一発ギャグ 山寺たかきおす「夏は、パキメンス!!!」 の案をくれたでっぱ fisica.

次の

【ポケモン剣盾】わざマシン(技マシン)入手場所一覧【ポケモンソードシールド】

あくび ゴーストダイブ

今更S5の記事を書く男 ロクな結果も残してないし、ほとんど前期と変わらないので、記録でしかない。 来期も頼むぜ。 S6序盤に「じごくづき」でわからされたので、S6ではようやく「ほえる」を「ふきとばし」にしました。 遅いわ。 相変わらず最強だったが、終盤アシレに砂+ダイホロウミリ耐えされたり、こいつで流れを呼び込めなかった。 来期はいい加減違うを使うと思う。 でも起点を作れるようになったので「悪巧み」を採用。 パッチラゴン、最速アーマーガアの上をとるため準速。 ウエポンはころころ変えていたが、結局一長一短。 へ入りに有利に動けるのが強かった。 汎用性が高く、最強のであると感じたが、最強であるが故にガンガンにメタられており、途端に最弱のになることもあるのが難しい。 では威力が低すぎて舞ってもを倒せないが、えぐいほど回復できるのでかなり打ち合える。 同族には当然同速負けするが、攻撃はされない限り耐えるので、割と打ち合って勝つことができる。 とはいえ珠の一般的な型より技の威力が落ちることで、珠最速なら、と思うケースも多かった。 ここまで振ってものを耐えないのも弱い点。 「に有利」「にも有利」「ックスをいなしやすい」という点は強かったが、足りない部分も多いだった。 重めの水タイプにも強くなれる。 私の電気タイプの扱いが下手すぎるだけなのかもしれないが、地面タイプを見せられるだけでを打ちづらく、無限に択が発生してしまうため、どうにも強いと思えなかった。 一貫している構築にはとても強かったが…。 この自体が強いことは理解できるのだが、個人的には積極的に採用したいではない。 最終日最高600位くらいまでは行ったが、最終日一度も500位以内に行くことはできなかった。 3日前くらいまでは勝てる気がしていたが、最終日は勝てる気がしなくなっていた。 来期はガラっと変わった構築を使いたい。 tokotokohamutaro.

次の