新年の挨拶文。 1月の季語と挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉・はがき例文>

年賀状の挨拶文まとめてみました!!【例文100個】

新年の挨拶文

年始の挨拶の基本 日本では、 年始に各家庭へ年神様と呼ばれる神が訪れるとされており、そのお祝いとして家人同士で挨拶を行うのがしきたりとなっています。 そのため、年末年始に休暇をとる企業は多く、ビジネスにおいても1年の始まりの挨拶として年始に挨拶を行うのが慣習となってきました。 取引先や上司、同僚に対して直接挨拶を行うのが基本ですが、直接挨拶にうかがえない場合はメールを利用するのも一手です。 ただし、メールを送る際でも年始の挨拶は松の内(1月7日)までに送信するようにしましょう。 仮に、テンプレートを利用する場合でも"一斉メール"ではなく、1つずつ送信することをオススメします。 下記では、年始の挨拶における基本的なルールはをご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 年始の挨拶の例文 では、早速、新年の挨拶の例文をチェックしていきましょう。 一般的なものから取引先や顧客、上司、部下、同僚に対してと様々なシチュエーションの例文をご紹介します。 一般的な新年の挨拶 謹んで新春をお祝い申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 今年のお正月はお孫さんも交えて、にぎやかに、楽しくお過ごしのことと存じます。 今年は趣味のゴルフに限らず、本業においても気持ち新たにして真剣に取り組む所存でございますので、変わらぬ御指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 本年も皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。 これをもとにして、以下のように相手を気遣う文章や自分の近況を伝えてみましょう。 例文: 謹んで新春をお祝い申し上げます。 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 本年も御家族の皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。 形式:docx 取引先や顧客に対して 取引先や顧客に対して、よりフォーマルな挨拶を行いたい時は、以下のようにビジネスにおける言い回しの定型文を利用して挨拶文を作成します。 謹んで新春の祝詞を申し上げます。 〇〇様のご要望に少しでもお応えできましたこと大変光栄に存じます。 本年もさらなるサービス向上に向け、気持ちを新たに取り組んでまいりますので、お気付きのことは何なりとご指導いただければ幸いです。 変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。 平成三十年 元旦 引用: この時、以下のような取引先ごとの挨拶を添えると、より丁寧です。 「旧年中は、弊社の商品をご購入いただき誠にありがとうございました。 」 また、年始にいつから業務を開始するのかお知らせしたい時は以下のように、業務開始の年月日と、休業に対する謝罪を併記しましょう。 例文: 謹んで新春の祝詞を申し上げます。 昨年は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、弊社では1月4日より通常営業を行っております。 誠に勝手ながら、下記の期間は冬季休業とさせていただきます。 お不便をおかけしてしまい申し訳ありませんが、ご了承のほどお願い申し上げます。 貴社の益々のご繁栄をお祈り申し上げますとともに本年も倍旧のお引き立てのほどひとえにお願い申し上げます。 平成三十年 元旦 [冬季休業] 1月1日(月)~1月3日(水) 上司に対して 謹賀新年 旧年中は温かいご指導をありがとうございました。 〇〇さんの機転の利く対応に日々多くのことを学ばせていただいております。 今年はプレゼン担当という成長のチャンスを活かしさらなる飛躍の年とするべく一層努力してまいります。 引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 寒い日が続きますがご自愛ください。 平成三十年 元旦 引用: 上司に対しては上記のように、1年間にお世話になったことや今後の抱負を記載して、送信します。 目上の方に対しては「謹賀新年」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」「謹んで新春の寿ぎを申し上げます」といったフォーマルな言葉を選んで文頭につけるようにしましょう。 例えば、Web担当者が上長に対して送信するのであれば、以下のような文章が考えられます。 例文: 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は温かいご指導をありがとうございました。 マーケティング部に異動してから日も浅い中、〇〇さんの温かくも的確なご指摘や対応に日々多くのことを学ばせていただいております。 今年は新しい特設ページの企画から開設、運営までの担当として、今まで以上に一層努力し、ご期待に添えるよう精進いたします。 至らない点や知識の足りない面もあるかと思いますが、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 寒い日が続きますがご自愛ください。 平成三十年 元旦 参考: 部下に対して 皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。 一年間の皆さまの努力に心から感謝いたします。 優秀な社員と仕事に取り組むことができ、社長として冥利に尽きます。 今年はさらなる勝負の年、社員一丸となって力を合わせて前進していきましょう。 平成三十年 元旦 引用: 経営者から社員に対してや上司から部下に対して挨拶したい場合は、上記のように1年間の仕事に対するねぎらいと、来年度に向けた期待を記載します。 よりフランクな印象を与えたいのであれば、以下のように個人的なメッセージを載せるのもいいでしょう。 例文: 皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。 不慣れな業務ながら、創意工夫を常に行い、とても活躍していましたね。 今年はさらに新しいプロジェクトが発足します。 平成三十年 元旦 同僚に対して あけましておめでとうございます。 お正月はどのようにお過ごしですか。 昨年はいろいろな相談に乗ってくれて、本当にありがとうございました。 何か力になれることがあればいつでも言ってくださいね。 今年も一緒に頑張りましょう! 平成三十年 元旦 引用: 同僚に対して送る際には、上記のように関係性に合わせた言葉遣いを選び、日々の感謝やねぎらいの言葉を添えます。 もし仲の良い同僚であれば、以下のように相手の家族のことも書き添えてもいいでしょう。 例文: 明けましておめでとうございます。 お正月は新しい家族も交えて、楽しく過ごしているかと思います。 今年も一緒に頑張りましょう。 ぜひ今後一緒にランチにでも行きましょうね。 平成三十年 元旦 ページ 印刷物のカタログやパンフレットは、通常複数のページから成り立っています。 インターネットのホームページもまったく同じで、テーマや内容ごとにそれぞれの画面が作られています。 この画面のことを、インターネットでも「ページ」と呼んでいます。 ホームページは、多くの場合、複数ページから成り立っています。

次の

新年の町内会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

新年の挨拶文

1.新年会の流れ・進行(新年会とは?) 新年会とは…職場や仲間うちなどで、新年を祝って開く宴会を新年会と言います。 もともとは、皇居に1月5日に「新年宴会」という名称で皇族や高官、外国使臣などを招いて行われた儀式があったそうですが、現在では廃止されています。 現代では新年会は「一同で新しい年を祝う、新年を寿ぐ」という意味だけでなく、励ます、奮い立たせる、鼓舞するという目的での激励会や、今年もよろしくお願いしますという親睦会的な意味もあるほか、大学をはじめとする学校でゼミや研究室、サークルや研究会で行われたり、体育会、部活動やクラブ活動などで仲間うちで懇親会や親睦会を兼ねて行われることもあります。 新年会で行なわれる挨拶・スピーチの流れと進行 流れ ポイントやヒント 司会の言葉の例 (1)開会宣言 ポイントやヒント 司会の言葉の例 ・司会者が開会を宣言します。 ・大げさなものではなく、 開始の告知をします。 会場がざわついていたら、一同に注目してもらう役割を果 たします。 (2)代表者の新年の挨拶 ポイントやヒント 司会の言葉の例 ・出席者のうちで最も上の立場にある方、或いは主催者の代表者などが望ましい人選だと思われます。 「まずはじめに、佐藤社長から、ひとことご挨拶を頂きます」 など。 新年会で行なわれる挨拶・スピーチの流れと進行(つづき) 流れ ポイントやヒント 司会の言葉の例 (3)激励の言葉や来賓の祝詞など ポイントやヒント 司会の言葉の例 (3)は省略されることがあります。 ・小さな新年会の場合には、来賓のスピーチはありません。 ・会社の新年会の場合、営業本部長などが檄をとばすこともあります。 」 など。 (4)乾杯の音頭、または簡単な 挨拶など ポイントやヒント 司会の言葉の例 ・(3)の挨拶がない場合には、乾杯の音頭へと移ります。 ・司会者が右記のように述べます ・出席者のうちで二番目くらいの立場にある方などが望ましい人選だと思われます。 (5)食事・宴会・歓談・表彰など ポイントやヒント 司会の言葉の例 ・ここでご紹介しているような余興は「無し」の場合もあります。 ・食事や歓談の時間ですが、少しお腹に食べ物がはいった頃に、例えば部門ごとの所信表明をしたり、各自の新年の抱負を述べたりすることがあります。 「そろそろ皆さんのお腹も落ち着いた頃だと思います。 このへんで、各部の代表から今年の目標を述べていただきましょう」 あるいは、 「大変お待たせいたしました。 それではこれより恒例の福笑いを行いたいと思います。 福笑いの結果 によりお年玉の金額が変わってまいりますので、皆さん張り切ってご参加下さい」 など。 (6)新年スタートの号令や挨拶など ポイントやヒント 司会の言葉の例 ・司会者が右記のように述べます ・出席者のうちで(2)のスピーチをした人に次ぐ立場にある方などが望ましい人選だと思われます。 ・宴会の区切りとして、 「今年もがんばろう!えい、えい、オー」、といったかけ声かけや、万歳三唱、手締め(一本締め、三本締め)、などをすることがあります。 「それでは、この辺で佐藤専務から締めのご挨拶をお願いしたいと思います」 など。 (7)へつづく 新年の挨拶のマナー ワンポイント このページでご紹介しているのは、新年会の挨拶・スピーチの文例ですが、関連する雑学知識として年賀状などに使う新年の挨拶(いわゆる賀詞)について、マナーのマメ知識をご紹介します。 新年会の挨拶・スピーチのコツと方法 1) 話題の選び方 ポイントやヒント スピーチの方法についての説明 ・タイムリーな話題を入れる ・企業での新年会の場合は、会社の状況や、回りをとりまく社会情勢や経済情勢などを話題に取り入れる。 ・聞く人を引き付ける話題を入れる (心が動くと、印象に残る) ・心配なこと、不安なことをあえてとりあげる または、 ・良かったこと、嬉しかったことを取り上げる 2)話し方 ポイントやヒント スピーチの方法についての説明 ・ゆっくりと話す ・意識して、ふだんよりもゆっくりと話す。 ・聞く人たちの目を見て話す 3) その他 ポイントやヒント スピーチの方法についての説明 ・自分の言葉で話す ・短くても構わないので、カンニングペーパーなしで、自分の言葉で話す。 ・方言を混ぜた方がぐっと親しみやすい感じになるので、わざと使用しても良い。

次の

ビジネスでの挨拶文の例文|1月/2月/3月・書き方や注意点

新年の挨拶文

新年の町内会長の挨拶は、新年会というおめでたい席に相応しく、明るく大きな声で言うことが大事です。 そして言いたい事をコンパクトにまとめて、分かりやすい言葉で伝えるようにします。 新年を祝う言葉、忙しい中参加してくれた人へのお礼の言葉、今年も変わらず宜しくおねがいしますという言葉が、新年に言うべきスピーチが基本です。 また、町内会長として新しい年に成し遂げたい目標を発表することも大切です。 発表することによって実現するために自分を追い込むことができます。 どんな目標にするかは事前によく考えて、メモ帳などに書いて練習をしておくようにします。 そして、新年のスピーチの第一声では「明けましておめでとうございます。 」と大きな声で言います。 全体的にゆっくりめに、力を入れるところは力を入れて話すのが人を惹きつけるスピーチのコツです。 また、年賀状などはインターネットに沢山の書式や文体などのフォーマットがあるので、それを活用すると無難なく仕上がります。 年賀状では「明けましておめでとう」と「今年も宜しくおねがいします」といった定番の言葉の他に、昨年お世話になったお礼の言葉や、個人的に伝えたいエピソードなどを手書きで添えるようにします。

次の