年賀状 上司。 【虚礼廃止】だいたい年賀状って社内の上司・同僚に出す必要ある?!送らないって失礼?!

年賀状で上司に一言添えるなら?おすすめの文例やマナーを紹介

年賀状 上司

都道府県名を省略することは間違いではありませんが、省略せずすべて書くのが正式なマナーです。 相手が上司や年配の親類など特にマナーに気を付けたい相手の場合は、マンション名やビル名も省略せず記載し、マンション名の前で改行します。 改行後は住所より1文字下げて書き始めると、バランスがよくなります。 宛名は住所や差出人の氏名より、やや大きめの字で目立つように書きます。 個人名を書く場合は、相手との関係性にかかわらず「様」という敬称を入れましょう。 差出人の住所は宛先の住所よりもさらに小さな字で、ハガキの半分よりやや上くらいの位置から書き始めます。 これは、自分の情報を相手よりも小さめの文字で低い位置に書くことによって、相手に対してへりくだる姿勢を示すためです。 下側にある郵便番号欄に右端をそろえて書くと、バランスがよくなります。 郵便番号欄の幅よりもはみ出さないよう注意してください。 また、できるだけ差出人の住所と名前の末尾の高さを下揃えにします。 裏面の本文末尾に住所氏名を記載している場合、表面(宛名面)には差出人名や住所を書かなくてもマナー違反にはなりません。 なお、出産によって自身の家族が増えた場合、子どもの名前にはふりがなをふっておくことをおすすめします。 近年では、宛名を横書きする人も増えてきましたが、 正式には年賀状の宛名は縦書きするのがマナーです。 上司や親類など目上の人に送ることも多い年賀状では、縦書きにしておいた方が無難です。 縦書きの場合には、数字の表記には漢数字を使いましょう。 裏面を横書きで書いている場合、目上の人への年賀状でなければ宛名も横書きで統一しても問題ありません。 その場合、数字は算用数字で記載します。 ちなみに、宛名を赤字で書くことは縁起が悪いとされ、大変失礼にあたるので絶対にしてはいけません。 また、二重線を引いて書き直したり、修正テープで消して書き直したりすることも失礼にあたります。 書き間違えてしまった場合は、新しいハガキに最初から書き直しましょう。 書き損じたハガキは郵便局に持参すれば、手数料を負担するだけで新しいハガキと交換してもらうことができます。 【2】会社関係の人に年賀状を送る場合の宛名はどう書く? 得意先や仕入れ先など、仕事でお世話になった方々に季節のあいさつとして年賀状を出すケースでは、ひとつの取引先で担当者が複数いたり、お世話になっている部署が複数あったりということがあり得ます。 こういった場合には、連名で年賀状を出してもよいものか迷うこともあるでしょう。 実は、 仕事関係の年賀状を出す際は、基本的に連名を使ってはいけません。 会社によっても異なるでしょうが、個人に届いた年賀状は個人ごとに保管するケースが多いためです。 連名の年賀状では、そのような会社だった場合に扱いに困ることになってしまいます。 お世話になった方や担当者が同じ会社内に複数いる場合は、それぞれに1枚ずつ年賀状を送りましょう。 書き方は、住所の後に会社名と部署名を入れ、宛名の前には役職を添えて、最後に「様」をつけます。 もちろん、「株式会社」などは略さず、ビル名なども含めてすべて正式名称を使用してください。 なお、個人あての場合は、会社名や部署名の後に「御中」はつけません。 「御中」と「様」を重ねて使うのは間違った用法なので、注意してください。 規模の大きくない会社であれば、会社名に御中をつけて出しても問題ありませんし、小さい会社であれば、企業名を添えて社長個人あてに「様」をつけるのが一般的です。 仕事関係の人に対する年賀状は、営業ツールとしての側面もあります。 営業も兼ねて、差出人欄の最後に電話番号を入れてもよいでしょう。 受注につながることがあるかもしれませんし、マナー違反にはなりません。 【3】ご家族の名前は宛名に書くべき? ご家族がいらっしゃる方あてに年賀状を出す場合、奥さんやお子さんの名前を書くべきか迷われるのではないでしょうか。 実は、この疑問に対する正解はありません。 ご家族の名前を書かずに出しても失礼にはあたりませんが、顔が思い浮かぶ程度に親しい仲であれば、連名で出してもよいでしょう。 自分の名前が宛先に書かれた年賀状を受け取れば、相手はよろこんでくれるかもしれません。 連名にする際は、世帯主を宛名の一番右側にフルネームで書き、妻、子どもの順番で左側に書き足していきます。 世帯主以外は名字を入れません。 一人ひとりに忘れずに「様」をつけましょう。 親しい間柄の場合、子どもの敬称には「様」の代わりに、「くん」や「ちゃん」などを使っても問題ありません。 ただし、子どもの年齢や、差出人と世帯主との関係性によっても違ってくるので、迷った場合は無難な「様」を使います。 【4】学校の先生に送る年賀状の宛名はどう書く? 会社や個人宅あてではなく、学生時代にお世話になった恩師など、学校の先生に年賀状を出す場合は、宛先をどのように書いたらよいのでしょうか。 この場合、基本的なマナーは個人あての年賀状と同様ですが、敬称が異なるので注意が必要です。 基本的に個人あてに出す年賀状の敬称は、前述の子どものケースを除いて、「様」を使います。 しかし、学校の先生や医師、弁護士など、一般的に「先生」と呼ばれる職業の人に対しては、例外として「先生」を使いましょう。 こうすることで、より敬意を示すことができます。 ただし、相手とごく親しい間柄であれば、「先生」を使う必要はありません。 通常通り敬称には「様」を使用しましょう。

次の

上司に年賀状を送るときのマナーは?書き方や例文・一言も紹介!|終活ねっと

年賀状 上司

スポンサードリンク 年賀状を上司に出す時の書き方マナーとは? 会社の社長や上司など、 自分より目上の立場の人におくる年賀状は、マナーにそった正しい書き方をしてこそ、新しい年に向けての気持ちが伝わるものです。 年賀状は年明け早々のご挨拶。 日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、 新年を祝う言葉を用いて、旧年の感謝と、新しい年も変わらないお付き合いをお願いする挨拶状です。 年賀状の歴史は古く、平安時代までさかのぼります。 年賀状を出すことが一般にも広がったのは、明治4年(1871年)の郵便制度開始がきっかけですが、 古くから一年の初めに交わされてきた年賀状の書き方には、おおよその決まりごとがあります。 そのため、目上の人には失礼にあたらないよう、同僚や友人に向けて書くような内容とは区別する必要があります。 特に 日頃から仕事の指導をしてもらったり、面倒をみてもらっている 上司に対しては、きちんとした文面の年賀状で新年のご挨拶をするのが大人のマナーです。 親しい間柄であっても、そうではなくても、 上司など相手が目上の場合は、 丁寧な文体で、敬意を表す言葉を使った年賀状を書くのが礼儀とされています。 年賀状を準備する前に、重要なチェックポイントがあります。 まずは、 社内ルールを確認すること。 年賀状のやり取りが慣習になっていたり、任意であれば問題ありませんが、 最近は、虚礼廃止を徹底して、年賀状を禁止している企業も増えています。 せっかくの年賀状がルール違反になってしまうのでは無駄になります。 年賀状を準備する前に、先輩などに確認しておきましょう。 上司に出す年賀状の構成は? 年賀状は基本的な構成に沿って書くと、まとまりのあるものになります。 スポンサードリンク 上司あての年賀状に一言添え書き刷る時の文例 上司におくる年賀状の文面は、印刷やネットにある年賀状の素材を使ってもかまいませんが、 プリントされた文字だけでは事務的でそっけなく、儀礼的な感じになりがちです。 空いているスペースに、昨年のお礼や新しい年の抱負などを自筆で一言添え書きすると、あたたかみのあるオリジナルの年賀状になります。 年賀状の余白に添える一言は、まずは 「 昨年は大変お世話になりました」 といったように最初に『 旧年のお礼』を書くと印象がよくなります。 プリント内に『旧年のお礼』がある場合は書かなくてもかまいませんが、 『旧年のお礼』もあえて手書きで書くという人も多いようです。 賀詞(新年の挨拶) 2. 昨年のお礼 3. 今年もお世話になることのお願い・支援のお願い 4. 相手の健康などを祈念する言葉 5. 日付 6. 自分の氏名、住所 新しい年をお祝いする言葉である賀詞を書くのが、年賀状の本来の意味です。 年賀状には句読点を使わないなど、いくつかの決まりごとがあります。 字が下手でも、丁寧に書くことで気持ちは十分伝わります。 日頃お世話になっている上司への年賀状は、新しい年につながるような文面を心がけたいですね。 せっかく年賀状を書き上げても、元旦に届かないと意味がありません。 年賀状は12月15日~25日に出すと元旦に届きます。 投函日には十分気をつけてくださいね。 年賀状の投函日についてはこちらの記事にわかりやすくまとめています。 ・ ・ ・.

次の

年賀状あけましておめでとうございますは上司に失礼?目上の人に使う賀詞

年賀状 上司

表面的な儀礼をとりやめる「虚礼廃止」が現代の風潮 昔の日本社会って年功序列だったし、昭和の時代って今に比べても上下関係が結構厳しかったですよね。 今はめっきり減りましたが、会社では社員で温泉などへ行く 慰安旅行(知ってる?!)なんかもあったし、 会社行事には絶対参加という暗黙のルールがあるなど、 会社への忠誠心や一体感を厳しく求められた時代だったんですよね。 そんな時代にあっては、上司にお歳暮を贈ったり、女性社員はバレンタインデーには 義理チョコを欠かさず男性社員に手渡し、年賀状は当然のことながら上司のみならず同僚にも送り合うという、今思えば 旧態依然とした関係性があったワケです。 新卒で入ったバカ会社、俺が入社する少し前に「虚礼廃止の通達」というのが出ており、それは一体なんなのかと先輩社員に尋ねたところ、「部下から上司へお歳暮やお中元を贈る風習があり、何度止めろと言っても止まらないから、会社から公式にNGが出た」とのことで、バカだなあと思った。 完全に年功序列のヒエラルキー構造は崩壊して、上司が酒の付き合いを強要しようものならパワハラ呼ばわりされる、そんな 「ライト」な人間関係の世の中に打って変わりました。 昔の「組織社会」とは違い、今の世の中では、会社組織や人(上司・先輩)が他の社員を業務活動以外で縛り付けたりすると非難されてしまう 「個」の時代になってますからね。 その大きな流れの中で、実態の無い表面的で儀礼的なムダな慣例はやめましょうという空気感が、会社社会でも支配的になりつつあります。 そう、いわゆる 「虚礼廃止」ってヤツですね。 早いもので今年も残すところ1カ月半。 年賀状は依然として主流の挨拶手段ですが、発行枚数の減少が続いています。 企業における「虚礼廃止」や個人情報保護の機運が逆風として吹き続けているからです。 nikkei. 意識が高い企業だと、会社の通達として「虚礼廃止として社内で年賀状のやりとりはやめましょう」と出している会社もたくさんあります。 年賀状を出すのを取りやめる対象として、 社員同士のみならず、取引先に対しても取りやめる会社もあるぐらい。 上っ面だけの儀礼的な年賀状のやりとりはやめようねっていう機運が社会全体で高まりつつありますね。 暑中見舞いは遥か昔に廃れ、年賀状も若い人はおろか企業も虚礼廃止で出さなくなりつつある現在に昭和の年賀状バブルを忘れられない耄碌会長さんさぁ…… — アントニオ三毛猫 zabadak2030 「うわべだけ」の年始の挨拶はもはや不要!要は「心がこもっているか」 今の時代の企業文化ってね、昔のような 「会社から金もらってんだから従属しろ!」 「変な自己主張すんな!言う通りしとけや!」 っていうスタイルとはだいぶ様変わりしてますよね。 従来の日本の企業文化って 「協調性こそが最重要」っていう、ある種盲目的で軍隊チックな思想がもてはやされていたワケですよ。 たとえば、飲み会があれば上司には絶対お酒を注ぎに行かないと怒られる、みたいな「暗黙のルール守れや、ゴラァ」ってある種こわばった雰囲気があったんですよね。 (僕も昔怒られた経験あるけど) でもね、今や業務以外の場面で上司が権力を振りかざそうもんならパワハラ認定される世の中ですよ。 今でも「サラリーマンな」人は上司に注ぎに行くけど、行かなくても怒られることは無いし、仮に行かない人がいても「あいつはオレ(上司)をリスペクトしてない!」って言う人は少ないと思うんですよね。 (口に出さずに根に持つ上司は今の日本でもいるかも、だけど) つまり、 実のない(心のこもってない)上辺(うわべ)だけの儀式的な行為って、現代ではムダであり、やめるべきものなんですよね。 年賀状だって、 会社での体裁を保つために「なんとなく毎年出してるだけ」だったら、そんなものやめちゃえばいい。 そもそも、同じ会社に勤めているわけだから、同じ職場なら年が明けたら毎日顔を合わせるし、勤務地が違っても同じ社内だからいつだって連絡が取れる。 「ご様子おいかが?」って年賀状を送り合う必要性なんてそもそも無いんですよ! いや、会社の繋がりではあるけれど、「個人的に年賀状を出し合いたいな~」、「やっぱりアイツの年賀状は毎年見たい」ってことなら、その人には当然出し合えばいいワケなんですよ。 要は、出す年賀状に 「心がこもっているかどうか」。 そこが年賀状を出すべきかどうかの判断基準でしょ? 友人に年賀状を出すように、 同じ会社というだけでなく 心で繋がってる人には出せばイイんですよ! 弊社も時流にのって、年賀状非推奨(虚礼廃止)という全社メールが飛んできたんだけど、確かに会社の人には会社で会ってあけおめ言ってるから年賀状いらないよね。 前の職場の人とか、なかなか会わない地元の友達とかには書く意味あるけどさ。 — sakurako sakurakoikw 社内の人に年賀状を送るのをやめるには「やめる宣言メール」を送れば良い 僕の周りにも社員に送る年賀状はやめている人は結構増えています。 ま、ただ、社内での年賀状のやりとりをやめた人に聞くと、 とりあえず一斉に送るのをやめて、向こうから年賀状が来たら送り返すというやり方をしてるって言うんですね。 私は何年か前に虚礼廃止しましたが楽ですよ。 来た人には返してますが。 — フグの右エラ depon2010 でもね、それだと送られてきた年賀状には送り返すワケで、延々それが続くから、結局やめられなくなっちゃんじゃないかって思うんですよね。 かといって、年賀状が送られてきて無反応ってのも印象を悪くさせるような気がするんですよね。 ってことならね、僕は思うんですが、同じ会社の社員ですからみんなのメールアドレスは当然知ってるわけだから、 今まで社内で年賀状をやりとりしてた人たちに「年賀状やめるよ告知メール」を一斉に送っちゃえばいいんです。 昨今の社会情勢を鑑みて、今年から社内向けに年賀状を送るのを控えさせて頂きます 皆様の信念のご多幸を祈り申し上げます って内容の文面でね。 送り方はこんな感じ。 メールの宛先を「自分」にして、BCCで今まで年賀状のやりとりをしてた人をズラーっと入れて、一斉送信すれば、誰に送ったか知られずに一度のメールで告知が出来ますからね。 いや、そりゃね、フェードアウトでしれーっと年賀状を送らないようにするよりかは、ちゃんと「社会情勢を考慮して」っていう風に宣言したほうが絶対に礼儀として良いワケですしね。 ちゃんと考えがあって年賀状をやめるんであって、「あなたをリスペクトしてないとかの裏の意味はないですよ」ということを伝えた上でやめるのが得策ですよね。 たぶん、メールを受け取った人だって「そうか~俺も社内で年賀状は要らないって思ってるんだよな~」って考えてる人多いと思いますよ。

次の