年末 挨拶 メール。 年末年始の挨拶メール術 〜コピペして使えるメール文例〜

【ビジネスマナー】年末の挨拶メールを自社と取引先に送る際のポイント~例文あり~

年末 挨拶 メール

こんにちは、D-QuestサポーターのTaka. Moriです。 早いもので、今年も残すところあとわずかとなりました。 年末の挨拶に飛び回っている人もまだ多いと思います。 それと同時にメールによる年末の挨拶も、送信してまた受信の繰り返しなのかもしれません。 Webを検索するとメールの挨拶文例を目にします。 ビジネス向けからパーソナル向けまでいろいろあるので助かりますね。 細かな挨拶文はそれらを参考にしていただくとして、いくつか守るべきマナーがありますので、それらを簡単に紹介いたします。 お客さまには出来るだけ直接挨拶するべきですが、すべてのお客さまに伺うほど時間がないのが現状ですね。 その場合は、メールで挨拶すれば十分気持ちは伝わるはず。 しかし、年末の挨拶メールを送るにも意識するべきポイントがあります。 それは「送信する日にち」。 あくまで基本ではありますが、理想とされるのが25日前後。 あまり早くてもお客さまも忙しいので、それくらいが丁度よいとされています。 一通りの作業が終わり、少し落ち着いてきたタイミングがこの頃ということなのでしょうね。 また、タイトルも「年末のご挨拶」などシンプルなものもいいとは思いますが、どこから来たのかが印象に残るよう「株式会社D-Questより 年末のご挨拶」などとすることもポイントです。 文章の下部には、年始の営業開始日を記載しておくことも忘れないようにしましょう。 日頃の感謝を伝え、来年の抱負なども記載すれば、より素敵な挨拶メールになると思います。 D-Questの来年の営業開始日は、1月7日からとなります。

次の

年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント!(例文あり)

年末 挨拶 メール

はじめに 皆さんも年末になると、顧客や取引先など、社外の方に年末のご挨拶メールを送る機会があると思います。 また、実際に会って、年末のご挨拶をすることも多いと思いますが、お世話になった社外の方への年末のご挨拶メールは、ビジネスにおいては不可欠です。 そこで、今回は、社外の方に向けた「年末のご挨拶メール」のポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」を書く際のポイントは、大きくは以下の3点です。 ・メール件名 ・メール本文 ・メールを送るタイミング 次からそれぞれのポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール「件名」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の一つ目のポイントは「 メール件名」です。 年末のご挨拶メールにおける「件名」は、 シンプルで分かりやすい「件名」にすることがポイントとなります。 年末のご挨拶メール「本文」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の二つ目のポイントは「 メール本文」です。 年末のご挨拶メールにおける「本文」は、年末で忙しく、かつ、数多くメールを受信するであろう相手を考慮し、 長文は避けて用件を簡潔に記載することがポイントとなります。 また、年末のご挨拶メールには、自分の会社の 年末年始の営業予定などを入れることもポイントとなります。 年末のご挨拶メールを送るタイミング! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の三つ目のポイントは「 メールを送るタイミング」です。 年末のご挨拶メールを送るタイミングは、 年内最後の出社日より前に送ることがポイントとなります。 その理由は、年内最後の出社日は、相手側も何かと忙しいことと、ぎりぎりに送ってしまうと、せっかく送った年末のご挨拶メールを読んでもらえないという可能性もあるため、 遅くても年内最後の出社日の2日~3日前には送っておくことをおすすめします。 そういう意味では、クリスマス頃からメールを出し始めるのが良いです。 また、可能であれば、 事前に相手の方の年内最後の出社日を確認しておくことにより、確実に年末のご挨拶メールを送ることができます。 ちなみに、 2020年については、12月29日(火)前後が仕事納めという方がほとんどだと思いますが、年末のご挨拶メールの送受信としては12月25日~12月29日(特に12月28日)がピークになると思われます。 年末のご挨拶メールの「例文」! 上記で説明した年末のご挨拶メールのポイントを踏まえて、下記に社外向けの年末のご挨拶メールの例文を記載します。 本年は大変お世話になりました。 本年は佐藤様のご支援により、円滑にプロジェクトを進めることができ大変感謝しております。 また、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 なお、弊社の年内の営業は12月29日までとなり、新年は1月4日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧をお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 このように、シンプルで分かりやすい「件名」、長文を避けて用件を簡潔に記載した「本文」にすることがポイントです。 それは、年末のご挨拶メールは、同じような内容を色んな社外の方にまとめて送ることが多いと思います。 そのため、 宛先、件名、本文の内容を間違わないように!注意が必要です。 最後に 年末の後に、すぐに年始が始まりますが、あくまでも年末のご挨拶メールと年始のご挨拶メールは切り離して、重要な顧客や取引先、お世話になった社外の方には年末のご挨拶メールを出しておくことをおすすめします。

次の

取引先へ年末の挨拶メールはいつ送る?件名は?例文は?

年末 挨拶 メール

少し長くなるの嫌だなと感じる方は、冒頭の挨拶、1年間お世話になった御礼、会社の年末年始の営業予定日、締めの挨拶だけでも大丈夫です。 簡単に言ってしまえば、『今年一年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします』を文章にしてるだけ。 普段の感謝の気持ちを込めて、相手に伝わるようにするのがポイントです。 年末の挨拶メール送る時期とは? メールの受取主の予定が分かる場合 メールの受取主の予定が分かる場合は、年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送りましょう。 例えば、最終日にメールを送って見たものの、メールを見てもらえないなかったり・・・。 逆に、メールを早すぎれば受け取り主にとって迷惑となる場合があります。 なので、メールをする時は、受取主の年内最後の出社日から逆算して1週間から3日前にメールを送ると丁度良いと思います。 メールの受取主の予定が不明の場合 多くの会社の年末の仕事納めは12月28日の場合が多く、年内最後の営業日から逆算して1週間から3日前の12月20日から12月25日の間にメールを送りましょう。 もし、受取主と営業最終日までメールのやりとりがある場合は、その中で年末の挨拶メールを送れば良いと思いますし、前もって12月24日頃にクリスマスメールを兼ねて、年末の挨拶メールを送るのも一つの方法です。 社内や上司に送る年末の挨拶文の例文 昨年はお世話になりました。 お互いにとって実りの多い一年になるといいですね。 近いうちにまた会いましょう。 来年もよろしくお願い申し上げます。 友人への新年の挨拶を送るのも何だか少し恥かしくなりますが、不思議と送ってしまうものです。 しばらく会ってない友人やしばらく連絡を取ってなかったら、これを機会に連絡取ってみるのも良いかもしれませんね。 年末の挨拶文をさらに良くするコツとは? 季語と結語を入れる 年末挨拶文の基本的な文章はわかりましたが『もっと良い文章を送りたいな。 』何ていう方も多いかと思います。 確かに、取引先やお客様や社内で感謝の気持ちを伝える時に、丁寧に文章を書いてあると、好印象を持たれます。 なので、年末の挨拶文を更に良くしたい場合は、季語と結語を入れましょう。 季語と結語を組み合わせて入れるだけでだいぶ丁寧な挨拶文に変わります。 なので、丁寧に文章を送りたい場合は、是非試してみてくださいね。 12月の季語 ・忙しい年末ですが、体に気をつけてお過ごしください。 ・ご家族健康で新年を迎えられるようにお祈り申し上げます。 ・来年も素晴らしい年でありますように、心よりお祈り申し上げます。 ・来年もご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。 ・時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。 ・健やかなる新年を迎えられるように、心よりお祈り申し上げます。 まとめ 今回は、年末の挨拶メールについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 普段お世話になっている取引先やお客様はもちろん、普段一緒に働いている社内の上司にも失礼の無い様に、これらの言葉を参考にきちんとした年末年始の挨拶をしましょう。 そうすることで、仕事上での信頼関係も保つこともできますし、恥をかかなくて済みます。 きちんと挨拶をして、良い年末を過ごしましょう。 よく読まれている記事• 465,382件のビュー• 376,065件のビュー• 130,870件のビュー• 119,443件のビュー• 118,221件のビュー• 89,785件のビュー• 78,739件のビュー• 77,409件のビュー• 76,984件のビュー• 75,733件のビュー• 74,278件のビュー• 64,364件のビュー• 60,842件のビュー• 59,679件のビュー• 55,584件のビュー• 49,736件のビュー• 48,410件のビュー• 46,768件のビュー• 44,952件のビュー• 42,662件のビュー• 40,145件のビュー• 39,686件のビュー• 38,732件のビュー• 37,983件のビュー• 36,865件のビュー• 32,424件のビュー• 31,533件のビュー• 31,151件のビュー• 31,031件のビュー• 25,857件のビュー.

次の