キムユジョン パクボゴム ブログ。 キムユジョンインスタとプロフィール!態度が問題に?子役から現在の画像!

パクボゴムの彼女感があるキムユジョンとテテ!きっかけはドラマでの共演?

キムユジョン パクボゴム ブログ

この記事では、韓国の人気イケメン俳優『パク・ボゴム』とお似合いの熱愛相手として噂される韓国の女優キム・ユジョンとの年齢差の真相についてご紹介していきます! 2016年に放送された韓国ドラマ『雲が描いた月明かり』でツンデレ皇太子役を好演しているパクボゴム。 そのさわやかな微笑みに女性のハートをがっちり鷲掴みしてるだけでなく、共演者からも『非の打ち所がない!』とお墨付きの、今、最も話題の俳優です。 そして、同ドラマで共演したヒロイン役のキム・ユジョンとの熱愛が噂されていますが、一体噂の真相は? 韓国の人気イケメン俳優『パク・ボゴム』とお似合いの熱愛相手として噂される韓国の女優キム・ユジョンとの年齢差の真相は意外なところに?! Contents• 生年月日:1993年6月16日生まれ• 身長:182cm• 体重:65kg• 血液型:O型• 『雲が描いた月明かり(原題)』(2016年)• 『応答せよ1988(原題)』(2015年)• 『君を憶えてる』 2015年• 『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』(2014年)• 『本当に良い時代』(2014年)• 『ワンダフル・ママ』(2013年)• 『カクシタル』(2012年)• ドラマスペシャル 『スチール写真』(2012年)• 『Hero ヒーロー 』(2012年) 【映画】• 『コインロッカーの女』(2015年)• 『最後まで行く』(2014年)• 『チャ刑事』(2013年)• 『ブラインド』(2011年) 【バラエティ】• 『花より青春 アフリカ編』(2016年) 【MC】• 『MUSIC BANK』(2015年~) 【MUSIC VIDEOS】• 漢字表記にするとボゴムのボは『宝』、ゴムは『剣』、「時が来れば大切に使われる」という意味が込められているそうで、牧師さんがつけてくれたそうです。 甘いマスクに身長はなんと182センチ! 高校2年生の時に本格的に歌手の夢を追い、SMやJYP、YGなどの大手事務所にも自ら書類を送ったり、ピアノの弾き語りを動画に撮ってしてインターネット上に掲載したりしていたそうですよ。 結果、事務所の練習生となりますが、歌手よりも俳優向きだと事務所で評価され、演技の道へ転向したそうです。 続いては、そんなパク・ボゴムの彼女と噂される韓国の女優キム・ユジョンについてお届けします。 生年月日:1999年 9月 22日生まれ• 血液型:O型• 出身地:韓国 ソウル特別市• 2004年に当時5歳で子役としてデビュー 『キム・ユジョン』の主な出演作品 雲が描いた月明かりが一話からしてキラキラしてるんやけど。 キャストが美しすぎるんやけど。 『雲が描いた月明かり』• 『アングリーママ』• 『秘密の扉』• 『黄金の虹』• 『太陽を抱く月』• 『階伯』• 『かぼちゃの花の純情』 【映画】• 『愛しているから』• 『優雅な嘘』• 『同窓生』• 『テレシネマ7-楽園』 【MC】• 『人気歌謡』 キム・ユジョンは2003年に製菓CMで世の中にその存在を知らせました。 その後、MBC『ニューハート』、『トンイ』、KBS 2TV『九尾狐外伝』、『太陽を抱く月』、映画『All for love』、『角砂糖』などに出演し、多くの国民に愛されています。 特に2016年に韓国で放送されたKBS 2TV『雲が描いた月明かり』を通じて、成長した姿を見せてくれたキム・ユジョン。 KBS演技大賞の中編ドラマ部門で女性優秀賞を受賞するなど、彼女の演技力も認められました。 と、実は、演技派女優のような経歴ですが、実は、まだ高校3年生のキム・ユジョン。 2017年11月7日、キム・ユジョンの所属事務所Sidus HQ側は、TVレポートに『キム・ユジョンが今年の大学修学能力試験を受験しないことにした』と明かすなど、学業よりも女優業に専念すると言うことなのでしょうか。 益々彼女の活躍が見られるのなら、とっても嬉しいですね。 willが歌うOST女性ver. そして、今回は『雲が描いた月明かり』でヒロイン役として共演したキム・ユジョンですから。 ドラマで阿吽の呼吸を見せ、視線を引きつけたパク・ボゴムとキム・ユジョン。 二人はドラマ撮影終了後も仲良く食事をしたり、活躍の二人なので同席する場も多かったり、そして、仲良しのあまり親密な写真を撮影しそれをSNS上に掲載したりと、こういった事がもとで交際しているのでは?との噂がたっているようです。 しかし、キム・ユジョンがまだ高校生であったり、あるテレビ番組でパク・ボゴムのことを『お兄さん』と呼んでいたことなどから、二人は仲良しの共演者と言うことのようですね。 人気者の二人だけに注目が集まりすぎた結果、少し嫉妬交じりの熱愛説が浮上したのかもしれませんね。 私も、ユジョンちゃんの大ファンで5歳のころからの映像追っかけです。 ボゴム君も4年前に韓国で映画で見て大ファンに。 そんな2人の熱愛説!! 大歓迎。 最高にお似合い応援したいですよね。 ミルク系男子! パク・ボゴムはそんなミルク系男子の代名詞的存在と言われていて、ランキング大好きな韓国で『永遠にシングルでいてほしい男女芸能人』ランキング1位にも選ばれるなど韓国女子のハートをガッチリと掴んでいます。 ところが、意外や意外、キム・ユジョンとは結局交際はしていないようですが、このカップルを応援する声は多くあがっていましたね。 本当に皆から愛されている二人だと改めて感じましたね。

次の

パクボゴムが見せた,キスシーン撮影時の気遣いとは?俳優が見せる気遣い5例

キムユジョン パクボゴム ブログ

自らも「 安全のために、以前のようにファンに挨拶するのは難しいと思う」と告白するほどだ。 「美談自販機」という言葉が出るほど、パク・ボゴムに関するほのぼのとしたエピソードまで登場し、「シンドローム」という言葉も もはやぎこちなくは感じない。 自分の行動一つ一つが騒ぎになる、このような状況に、23歳の青年・パクボゴムは、うぬぼれるよりは落ち着こうと努力した。 1時間ほどのインタビューは、 「ありがとう」「初心を忘れない」という決意の連続だった。 もう「雲が描いた月明かり」が終わったという感じですか。 パク・ボゴム:セブ島の休暇にも行ってきて、ユジョンや他の俳優のインタビュー記事が出てくるのを見ると、ようやく実感がわいてきました。 Q:陳腐だが、終映の感想を言ってもらえると…。 パクボゴム:今回の作品を通じて、物足りなさを感じていました。 まともに時代劇に挑戦したのも、主演として劇を引っ張るのも初めてでした。 先輩たちと、共にしてきた人々のおかげで、多くのことを学び、大きな愛を受けたのではないかと思います。 また、イ・ヨンをやらせてもらえるならば、もっとしっかり基礎を築いた後で、足りないところを補って、もっと頑張れると思います。 Q:映画「鳴梁(ミョンリャン)」(邦題:バトルオーシャン海上決戦)で時代劇をやったではないですか。 それでも「雲月」を、初の時代劇と考える理由があるのですか。 パク・ボゴム:『鳴梁』ではセリフが短かったです。 「将軍様、私もこの船に乗せてください」これくらい。 時代劇の言い方も必要でもなかった。 でも今回は、言葉遣いから始めてアクションをすることが多く、何かしなければならないことも多かった。 そのためか、情にも恵まれました(笑) Q:『応答せよ』を終えた後、初めての主人公でしたね。 パク・ボゴム:初めてキャスティングされた時は「主演」という2文字にときめいたり、楽しみにもなりました。 でも、時間が経つにつれて、負担感が増したんです。 そして『応答せよ』の時、シン・ウォンホ監督が、放送の前日に「うまくいってもいかなくても、皆が主演で、主人公」と言った言葉が思い浮かんだんです。 僕が初めて(主演で)キャスティングされたからといって、みんなを引っ張るのではなく、自分に与えられた場所で最善を尽くす。 そういうふうにみれば、力と力が加わってこそ(うまくいくのであって)、僕一人がうまくできたからといって、うまく作れるわけではないことに気付いて、負担感が減りました。 Q:そんなプレッシャーを払いのけた決定的なきっかけや事件があったのでしょうか。 パク・ボゴム:撮影をして、台本リーディングをしながら、少しずつそうなりました。 イヨンのキャラクターを引き受けた時、一番先にキャスティングされました。 ワクワクしたりドキドキしたりしたんですが、一人ずつキャスティングされるたびに「雲月」に対する関心が高まって、プレッシャーが大きくなったんです。 そのためか、自分自身の中で、中心がよくつかめなかった。 揺れもあり、演技に対する確信もなく、満足することもできなかったんです。 何日も再撮影しました。 でも、撮影しながら演出家の方と話をして、作家さんと一緒に台本リーディングをしながら、うまくできる部分に集中するようになりました。 Q:所属事務所の先輩であるソン・ジュンギも手伝ってくれたと聞きましたが。 パク・ボゴム:イヨンになりきれなかった時、「自信を持ってやれ。 君がするのが正解だ」と言ってくれました。 イム・ジュファンさんの助言も役立ちました。 兄さんが時代劇をたくさんやっていたので、 身なりを整える方法。 網巾と眉毛の距離、後ろ髪はどうすればいいかなどを詳しく教えてくれて、モニターも細かくしてくれました。 チャ・テヒョン先輩も「1話で、カメオ出演してくれて感謝しました。 ソンジュンギ兄も当時は同じ事務所でした、いまは移籍。 Q:「雲月」以降、「以前より、パク・ボゴムは確実に変わった」と言える部分があるだろうか。 パク・ボゴム:セリフの料理法を学んだと思います。 セリフの味やニュアンスの感じを違う形で表現すること。 時代劇をしながら、そして先輩たちを見ながら、時代劇をする時、どんな点が重要なのか、留意しなければならないのか ポイントをキャッチしたと思います。 「まだ自分は足りていないな」と感じたりもしました。 ラオンとあれやこれやする場面の中では、「嬉しい、ワンワン」、そして「許さない(私の人だ)」も 下手すると(うまく)聞こえないと思ったんです。 練習をたくさんして、監督が気に入るまで撮影しました。 Q:キムユジョンとのロマンス演技はどうだったか。 パク・ボゴム:台本に描かれた状況に集中しました。 台本にラオンがあまりにもいきいきした姿がうまく描かれていて、僕もわくわくしました。 そして、ユジョンが可愛くて、幸せに演技していました。 僕が見逃しているところも、 ユジョンがコーチをしてくれたり、 アドバイスしてくれたり。 その瞬間だけは、僕はイヨンで、ロマンスに近づこうとして、ラオンを本当に好きで愛する心を込めてやったと思います。 ただ名前を呼んでもらっただけなのに、自分でどうしてこんなことになるのかと。 パク・ボゴム:どんな役を誰が演じてもそうだと思います。 KBS第2テレビの『太陽の末裔』のユ・シジン大尉(ソンジュンギ兄が演じた役)を見た時、僕もドキドキしました。 男として見ても格好いいし。 誰かが自分の名前を呼んでくれることが、わくわくするのではないでしょうか。 パク・ボゴム:そうです。 宮中ではすべて、世子と呼ばれ、名前を呼んでくれる人がいないじゃないですか。 そのような部分で、ラオンが名前を呼んで、その名前を呼ぶこと自体にときめきを与えたんです。 名前を呼ぶのは特別な意味があると思います。 「名前を呼んだら、僕に来て 花になった」という詩もあるじゃないですか。 だから、現場では、スタッフの名前を覚えようと努力しています。 僕も、自分の名前に誇りを持っています。 気に入っています。 Q:自分に物足りなさを感じるというが、パクボゴムの人気は凄いですね。 パク・ボゴム:想像もできなかったことです。 「雲月」を視聴してくださった方々に感謝しました。 公約も遠い山のように感じられました。 「まさか超えるかな」と希望で投げた公約だったんですが、7話で実現できたのは光栄であり、感謝しました。 視聴率のことから離れて、楽しく撮影しました。 肌のトラブルが起こってもメイク室長が隠してくださり、照明監督が照明をもっとあててくれて、CGチームで消していただいて、本当にたくさん愛されて撮影しました。 それでわくわくして嬉しかったんです。 作っていく楽しさが大きかったです。 視聴率が高く出た時、スタッフたちが喜んでくれて、もっと楽しく撮影しました。 パク・ボゴム:美談を聞くために行動するのはよくないです。 そのまま24歳まで無事に成長してきたことに、家族に感謝し、今のような心を失わず、中心を持って善良に生きて行きます。 」 「僕も、 自分の名前に誇りを持っています。 12 光化門の「雲を描いた月あかり」孝明世子ボゴム様😍。

次の

ツンデレ王子パクボゴムの熱愛彼女の噂を総まとめ【※2020年最新版】

キムユジョン パクボゴム ブログ

痛い周囲の視線から離れ、二人だけの思い出を積む二人の姿から感じられる、お互いの堅固な愛情が、見る人まで笑顔にさせている。 切なく、甘いロマンスで、お茶の間を強烈なときめきに染めている、tvN水木ドラマ「ボーイフレンド」側が、9日、11話の放送を前に、スヒョン(ソン・ヘギョ)とジニョク(パクボゴム)の、「二人だけのこぢんまりデート」の姿を込めたスチールを公開した。 先に「ボーイフレンド」10話では、スヒョンとジニョクが、偶然の最初の出会いを持ったキューバで、恋人を探す様子が描かれて、ときめきをかもし出した。 この時、ジニョクがスヒョンに伝えた「スヒョンさん、愛してます」という甘い告白と、ロマンチックなキスは、視聴者の心をより一層ドキドキさせた。 特に、二人は、世間の視線の中でも揺れず、さらに堅く愛を育てており、今後描かれる、これらの愛への関心が熱くなっている状況である。 このうち公開されたスチールの中では、スヒョンとジニョクの二人だけの甘いデート現場が含まれており、関心を集中させる。 お互いの手を包むように握って、すっと伸びたメタセコイアの木々の間を歩く二人から漂ってくる恋人フォースが、視線を離せないようにしている。 特に、周囲の冷たい視線に起因する切ない別れがあっただけに、お互いの手をとって、同じ場所を進む二人の歩みが、さらに特別に感じられる。 さらに、スヒョンとジニョクは、ゆったりとした時間を過ごし、お互いにだけ完全に集中した様子で、見る人のときめきを刺激する。 これと共に、明るいスヒョンと、そんなスヒョンを眺めるジニョクの笑顔が目を引く。 スヒョンは、カメラを前後に回し見すると、ジニョクを撮るために、レンズに目を合わせて精一杯集中した様子で、自動的に笑顔を醸し出す。 これに、ジニョクは、愛情がいっぱい詰まった目つきで、スヒョンを眺めて、見る人々をときめかせる。 何よりも、ジニョクの温かい眼差しと表情がそのまま感じられ、スヒョンに向けた深い心が、心臓をくすぐる。 一方、 「ボーイフレンド」側は「この場面で、スヒョンとジニョクが、お互いの堅固な心を確認することになる予定だ」と話しており、「二人とも、決して忘れることができない、意味深い出会いが盛り込まれる。 「ボーイフレンド」本放送を期待してほしい」と伝え、本放送に対する関心を高めた。 tvN「ボーイフレンド」は、一度も自分が選択した人生を生きて見られなかったスヒョンと、自由で澄んだ魂の持ち主ジニョクの偶然の出会いから始まった、ときめく感性メロードラマだ。 9日夜9時30分に11回が放送される。 俳優パクボゴムが、コカ-コーラの2017年の「引く近くなりますよ!」キャンペーンを開始する。 平昌冬季オリンピックに続き、今年の新年のキャンペーンモデルとして活動し、コカ-コーラとの爽快な縁を継続的に続けている。 肯定的なエネルギーと清涼な笑顔を介して、若い世代を代表するアイコンとして、幅広い愛を受けている俳優パクボゴムは、最近話題を集めているtvN水木ドラマ「ボーイフレンド」で女心を奪う温かいビジュアルと正統メロの感性演技を通じて「国民彼氏」のニックネームまで得るなど、新年にも根強い人気を博している。 2014年から新年に愛する人々に、言葉で表現するのは難しい心を伝える「心をジョンヘヨ(Share a Coke)」キャンペーンを披露してきたコカ-コーラは、今年、パクボゴムと過去一年の間、誰よりも熱心に生きてきた消費者を奨励し、今のままでも十分にまぶしい消費者に、現在の姿を愛し、希望に満ちた新年を送ることを願う心を込めたTV広告を公開する計画だ。 コカ-コーラ社の関係者は、 「良い影響と明るいイメージで老若男女の区別なく愛される俳優パクボゴムのイメージが、日常の中に爽快な幸せを運ぶコカ-コーラのキャンペーンとよく符合して、2017年から一緒にしている」とし「パクボゴムとする今回のコカ-コーラ新年キャンペーンを通じて、消費者が今のままでも、十分な現在自らの姿を愛し、大切な人に爽快な応援と激励のメッセージを伝えて希望に満ちた2019年の新年を送ってほしい」と伝えた。

次の