アメリカ。 トランプ政権の失策でアメリカの危機は深刻に

アメリカとは

アメリカ

・中国が報告している死亡者数はウソで、致死率は90% ・新型コロナウイルス感染症は空気感染する などです。 前者は間違いなくデマであり、それは中国以外で発生している症例の致死率を見ても明らかです。 空気感染をするという証拠も今のところありません(エアロゾルで感染する=空気感染、ではありません)。 新しく出てきた感染症(新興感染症)では、分かっていないことがたくさんあるがゆえに、このようなデマが拡散しやすいという性質があります。 このような記事も出ています。 今シーズンのアメリカにおけるインフルエンザによる死者数が1万人を超えて猛威を奮っているが、これは実はこの中に新型コロナウイルス感染症が紛れており、それが死者数の増加に繋がっているのかもしれない、という論旨です。 書いているのはフリーランスの麻酔科医の方のようです。 医師が書いているといかにも正しいように思いがちですが、医師が書いた記事だからといって(特に専門外の医師が書く記事は)必ずしも正しい内容とは限りません(なので私も感染症以外の記事は書かないようにしています)。 アメリカでのインフルエンザの患者の正体は、新型コロナウイルス感染症ではなくやはりインフルエンザです。 この記事を読んで「アメリカに旅行に行って大丈夫なの?」と心配される方もいるかもしれませんが、間違いなくアメリカよりも日本の方がずっと深刻な状況です。 アメリカのインフルエンザによる死者数は増えていない アメリカのインフルエンザによる入院者数の推移(CDCより) 「インフルエンザでの死者数が1万人を超えている」と聞くと、今シーズンは特に多くの方がインフルエンザで亡くなっているように聞こえますが、実際には過去と比較して増えているわけではありません。 図はインフルエンザによる入院者数ですが、今シーズンは例年と同じくらいの入院者数であり、ここ数年で最も多い2017-2018シーズンを大きく下回っています。 、アメリカにおける今シーズンのこれまでの死者数は16000人と推計しています。 昨シーズンのインフルエンザによる死者数は34000人です。 過去10年で最も死者数の多い2017-2018シーズンは61000人です。 2010-2011シーズン以降、アメリカでインフルエンザの死者数が10000人を超えていないシーズンはありません。 ですので、タイトルの『死者1万人超「米国インフル猛威」』自体がややミスリーディングと言えます。 臨床診断だけでなくインフルエンザの型も一定の割合で調べられている また前述の記事では、 「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。 症状(特に初期)だけではインフルエンザと新型コロナの区別は困難だ。 出典: とありますが、アメリカでも全例ではないにせよ、これも例年のペースと変わりません。 この一定数の検査診断はインフルエンザ感染者全体を代表するものであり、もしインフルエンザと診断されている患者の中に別の疾患が紛れ込んでいればこの検査陽性率や患者数に変化が現れるはずです。 アメリカにおけるインフルエンザの検査陽性率と型別陽性例数(CDCより) つまり、今シーズンのこれまでの推移からは特にインフルエンザ以外に未知の感染症が増えている気配は感じ取れません。 というか、いくら新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの初期症状が似ているからといって、経過や画像所見が異なりますから、インフルエンザではない謎の呼吸器感染症が増えていたらさすがにアメリカの医療者も気づきますよ。 中国は41例で気づいたんですから。 例えば1例、2例くらいがインフルエンザに紛れて臨床診断されている可能性は否定しませんが、現時点ですでにアメリカ国内で新型コロナウイルス感染症が蔓延している可能性はないでしょう。 日本にも同様の仕組みがありますが、アメリカでも原因不明の肺炎が集団発生すればすぐに原因調査される仕組みがあります。 CDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたわけは? 前述の記事ではCDCが新型コロナウイルスの検査対象を広げたのは、新型コロナウイルス感染症がアメリカ国内で蔓延している可能性があるため、と読み取れますが、実際にはそうではなく、これはCDCの検査体制が整ったことを意味しており、インフルエンザ患者の中に新型コロナウイルス感染症患者が紛れていることを懸念してのことではありません。 確かにハワイで感染したかもしれない日本人の症例が報告されており、ハワイでは新型コロナウイルス感染症が拡大している可能性はあるかもしれませんが、それとアメリカ国内でのインフルエンザの死者数とを結びつけて考えるのは無理があります。 CDCがインフルエンザの死亡者数について警鐘を鳴らしているのは、まだアメリカ国内で流行していない新型コロナウイルス感染症を心配するよりも、毎年多くの死者を出していてワクチンで予防可能なインフルエンザの感染対策もしっかりと行うことの重要性を伝えたかったためと思われます。 そして、手洗いや咳エチケットが重要なことはインフルエンザも新型コロナウイルス感染症も同じです。 というわけで、デマに惑わされないように注意しましょう。

次の

アメリカ合衆国基礎データ|外務省

アメリカ

アメリカ・アラスカ旅行がはじめての方からリピーターの方まで、アメリカ・アラスカ旅行前にはお天気、見どころ、レート・・・などアメリカ・アラスカの基本情報をチェックして、楽しいアメリカ・アラスカ旅行を計画しましょう! アメリカ・アラスカの基本情報 アメリカ・アラスカ旅行に行く前にアメリカ・アラスカの基本情報をチェックしてください。 ニューヨーク アメリカ最大の商工業都市であり、マンハッタンを中心に娯楽、観光スポットが集中している。 世界経済の中心でもある。 サンフランシスコ サンフランシスコ湾に突き出た半島の先端に位置するサンフランシスコ市は、ケーブルカーの走る美しい坂の街としても知られる。 ダウンタウンとは対照的に、アッパータウンにはビクトリア調の古風な建物が並ぶ。 ラスベガス カジノやエンターテイメントの中心として大きく発展を遂げた街。 砂漠の中の不夜城として有名。 大型ホテルやテーマパークなど、家族連れにも人気の旅先。 国名 アメリカ合衆国 首都 ワシントンD. 言語 英語 時差• -14時間〜-19時間 アメリカ・ワシントンD. が正午のとき、日本は翌日の午前2時• 治安 外務省海外安全ホームページ 旅券 残存有効期間は帰国時まで有効なものが必要です。 (入国時90日以上が望ましい) 査証 観光で90日以内の滞在は査証不要です。 ただし、ESTA渡航認証が必要。 (事前にインターネットを通じて米国大使館のウェブサイトにて登録を行い認証を受けます。 ESTA申請は2010年9月8日より有料となりました。 ) なお、ご出発前に再度詳細を必ずお確かめください。 アメリカ・アラスカの気候と服装 春夏秋冬のアメリカ・アラスカの気候はどんな感じ? 季節ごとのアメリカ・アラスカ旅行での服装をご案内します。 10月〜11月(秋) アメリカは広大な国土のため、地域により気候が大きく異なります。 【東海岸】秋〜春にかけては曇天が多く、雪が降ることもあります。 【ニューヨーク】10月に入ると涼しくなり、11月には寒さが厳しくなります。 気候 (気温、降水量) 都市名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ニューヨーク 最高 6 5 11 14 20 25 27 26 24 18 11 6 最低 -7 -7 -1 5 12 17 21 20 16 8 3 -5 降水量 73 72 99 89 85 80 90 100 84 78 93 89 ロサンゼルス 最高 19 21 21 22 23 26 29 29 28 26 23 20 最低 9 9 10 12 14 16 18 18 18 15 12 9 降水量 94 76 61 31 5 8 0 3 8 5 48 51 シカゴ 最高 5 4 9 13 21 24 27 27 22 18 10 6 最低 -12 -9 -3 4 10 17 20 19 15 7 0 -7 降水量 38 34 67 91 83 95 92 106 95 60 73 62 東京 最高 6. 5 8. 4 10. 3 15. 9 20. 7 24. 4 27. 8 28. 9 25. 3 19. 6 14. 8 10. 2 最低 0. 6 1. 6 4. 8 10. 6 15. 1 18. 3 21. 8 22. 2 19. 3 13. 4 7. 5 3. 3 降水量 45 60 99 125 138 185 126 147 180 164 89 46 アメリカ・アラスカの世界遺産リスト アメリカ・アラスカの世界遺産をご紹介します。 アメリカ・アラスカ旅行のハイライトとして人気の世界遺産もあるので、ぜひ旅行前に要チェックです!• 自由の女神像• グランド・キャニオン国立公園• ヨセミテ国立公園 ・イエローストーン国立公園 自然遺産 1978 ・エヴァグレーズ国立公園 自然遺産 1979 ・独立記念館 文化遺産 1979 ・レッドウッド国立及び州立公園 自然遺産 1980 ・マンモス・ケーヴ国立公園 自然遺産 1981 ・オリンピック国立公園 自然遺産 1981、1990 ・カホキア墳丘群州立史跡 文化遺産 1982 ・グレート・スモーキー山脈国立公園 自然遺産 1983 ・プエルト・リコのラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡 文化遺産 1983 ・チャコ文化 文化遺産 1987 ・ハワイ火山国立公園 自然遺産 1987 ・シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学 文化遺産 1987 ・プエブロ・デ・タオス 文化遺産 1992 ・カールズバッド洞窟群国立公園 自然遺産 1995 ・パパハナウモクアケア 複合遺産 2010 ・ポヴァティ・ポイントの記念碑的土構造物群 文化遺産 2014 ・サン・アントニオ伝道施設群 文化遺産 2015 季節ごとのおすすめ海外旅行をご案内します!• 三ツ星ランク以上の人気ホテルが格安!• 今がお買い得!旬でお得な商品をお届け!• 学生旅行におすすめの海外旅行プランをご紹介。 海外航空券+ホテルがリニューアル!!新規サービスの詳細をチェック!! アメリカのおすすめ特集 アメリカにおすすめの海外ツアーを探してください!• 大自然のアトラクションセドナ• ビジネスと地ビールの町 デンバー• 自由に組み立て!サンフランシスコ• アメリカ旅行説明会オンライン予約はこちら 人気の特集から探す 定番の特集から人気の海外ツアーを見つけてください!• 北米・中南米のおすすめ特集 北米・中南米におすすめの海外ツアーを探してください!• 国・エリアから探す 気になる国・エリアの特集はこちら 北米・中南米• 旅のお役立ち情報 旅行前、旅行後にお役立てください。 旅行の検討• 出発前の準備• その他• ヨーロッパ• アジア• ビーチリゾート• オセアニア• 北米・中南米• 中近東・アフリカ•

次の

WEB特集 アメリカと中国 パンデミック下の暗闘

アメリカ

北アメリカ大陸と南アメリカ大陸を含む、いわゆる新大陸の総称。 ヨーロッパ、アジア、アフリカの旧世界に対して、新世界ともいわれる。 新大陸に最初に到達した人類は、少なくとも2万5000年から3万年前に、シベリアとアラスカがまだ陸続きであったころ、この陸橋を通ってアジア大陸からやって来たアメリカ・インディアンの祖先たちであるとされている。 また11世紀初頭ごろ、北欧のビーキング(バイキング)のなかには、アイスランドやグリーンランドから、新大陸のラブラドル半島やノバ・スコシア半島方面に達したものがあり、彼らが最初に新大陸に到達したヨーロッパ人であるとされる。 しかしその存在が西欧社会に広く知られるようになったのは、著名な探検家クリストファー・コロンブスが東洋(インド)の航路を発見すべく大西洋を西へ向かい、1492年10月12日バハマ諸島のサン・サルバドル島(ワットリングス島)に到達して以来で、500年ほど前のことである。 その後、コロンブスの友人でイタリアの探検家アメリゴ・ベスプッチが数回の航海を行い、その手記類が1504年に出版された。 この本が広く流布され、「アメリカ」の名称が一般に用いられるようになった。 アメリカを一つの大陸とみて、他のアジア、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアの4大陸と比較すると、面積では4207万平方キロメートル(グリーンランドを含む)で、全陸地(南極大陸を除く)の31%にあたり、アジアよりわずかに少ない。 人口では8億9200万人(2005年国連推計)で、全人口の約14%にあたり、アジアに次いで2番目となっている。 人口増加率は世界全体の1. 2%に対し北アメリカ0. 9%、中央アメリカ1. 5%、南アメリカ1. 4%(いずれも2005年推計)となっている。 人口密度では1平方キロメートル当り21人でヨーロッパ、アジアに次いで3番目となる。 面積は広いが人口密度が低く、将来の全地球的な人口問題や、資源問題、食糧問題に対して今後の開発が期待されている頼もしい陸地である。 その意味では、ベスプッチが新世界Mundus Novusとよんだ名称はいまも生きているといえよう。 [伊藤達雄] 地理的特徴北は北極海から南は南氷洋の流氷限界に接するホーン岬まで、南北1万5000キロメートルにも及ぶ細長い大陸であるが、その形状は大きく三つに分けられる。 ともに逆三角形をした北アメリカと南アメリカの両大陸と、その間を結ぶ中央アメリカの陸橋およびアンティル諸島の島列である。 アメリカを南北に二分する場合は、地形的にはパナマ地峡が境とされるが、人種、文化など人文社会的特性からはリオ・グランデ川を境として、アメリカ合衆国・カナダ区域とメキシコ以南との差異が明瞭 めいりょう である。 前者はアングロ・アメリカ、後者はラテンアメリカとよばれる。 面積では、北アメリカ2151万平方キロメートル(51%)、南アメリカ1782万平方キロメートル(42%)、中央アメリカ274万平方キロメートル(7%)である。 地形、地質の配置や構造は、大きくみると南北アメリカともよく似ている。 大陸の東側から中央にかけて、地球上でもっとも古い先カンブリア界の安定陸塊が高原状に大きな面積を占める。 北アメリカのカナダ楯状地 たてじょうち 、南アメリカのギアナ高地、ブラジル高原などがそれである。 その周囲を古生界、中世界の地質が取り囲むように分布する。 これに対して、太平洋に面する大陸西側には新期造山帯に属するコルディエラ山系が迫り、北アメリカのロッキー山脈、南アメリカのアンデス山脈がその主軸で火山も存在する。 大陸の中央は低平で、ミシシッピ川、アマゾン川、ラ・プラタ川などが流れ、下流に豊かな沖積平野を形成している。 北アメリカの北東部は高緯度に位置するため、氷河時代は大陸氷河に覆われ、氷河湖や堆石 たいせき 丘などの氷河地形が豊富で、多くの湖が針葉樹林のなかに点在する美しい自然が展開する。 中央アメリカの陸橋部とアンティル諸島はコルディエラ山系の続きで、その間にメキシコ湾とカリブ海を抱いている。 気候と植生については、この大陸が南北両半球のほとんど全緯度にわたるので、地球上のあらゆる気候と植生がみられる。 しかし、北アメリカは主要部が寒帯と温帯に位置するのに対して、南アメリカはもっとも広い部分が熱帯に属し、温帯の部分が少ない。 とくにアマゾン川流域は熱帯雨林に厚く覆われ、未開の地が広く残されている。 このため南北アメリカでは気候景観や植物相に大きな違いが生じ、土地利用や経済発達の相違の理由の一つとなっている。 [伊藤達雄] 住民コロンブス以前のアメリカ大陸の住民は、極北のエスキモーと全土に分布していたアメリカ・インディアンで、ともにアジア系人種であった。 その後、北アメリカは主としてイギリス、フランス、ロシアによって、中央・南アメリカはスペイン、ポルトガルによって、それぞれ探検、開拓がなされ、さらに、アジア人やアフリカ人も加わって今日ではあらゆる人種のるつぼとなっている。 しかし、その構成は南北アメリカの間で、また国によってもかなりの差異がある。 たとえばアメリカ合衆国は白人の比率が約75%であるのに、メキシコでは白人は約15%にすぎず、インディオ約25%、メスティソ(インディオとスペイン系白人との混血)約60%である(2005)。 今日、北アメリカには合衆国とカナダの2国があるのみであるが、中央・南アメリカは30余の独立国に分かれている。 それぞれの国で人種、民族が異なり、発展の歴史も一様でなく、自然環境にも違いがあり、そのことが経済、社会の進歩や政治体制にも影響を与えてきた。 「発見」後まだ500年ほどの新世界であるが、ここには実に多様な国家とその形成過程をみることができる。 [伊藤達雄].

次の