コープ 共済 妊娠 中。 妊娠中の女性がコープ共済する時の加入条件と注意点について

65歳以降の方はコープ共済がおすすめ!その理由は?

コープ 共済 妊娠 中

双子妊娠時の管理入院の可能性:50%以上 双子出産時の帝王切開の可能性:75%以上 双子を妊娠した場合、妊娠中に起きる母体トラブル(早産傾向・妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病)が起きる可能性は胎単妊娠時に比べ多くなり、また 出産時には約75%以上の双子ママが帝王切開での出産をしているという結果も出ています。 私自身は今妊娠5か月になり今のところトラブル等一切なく日々過ごすことが出来てはいるのですが、いつ管理入院になってしまうか分からないことや帝王切開での出産になる可能性が大きかったので、今後かかってくるであろう金銭的な不安を解消するためにコープ共済の「たすけあい」に加入してみることにしました! ちなみにこのコープ共済の「たすけあい」は、 妊娠判明後でも加入できる(条件あり) 双子妊娠でも加入OK 前回帝王切開をしていても5年が経過していれば給付金の支給あり と、 妊娠が判明した後でも母体トラブル等がなければ妊娠中でも加入することが出来るという唯一の医療保険なんです。 ちなみに私が加入した「たすけあい」の場合、月々の支払いは2,000円なんですが、万が一今後管理入院になってしまった場合や帝王切開になってしまった場合、 (追記:前回の検診で帝王切開での出産が決定しました) 入院:日額5,000円 出産に関する合併症:上記の入院給付にプラスして日額3,000円 帝王切開での出産:2・4・8万円(手術の内容により金額が変わる) の給付をしてもらうことが出来るんです。 これってけっこう大きいですよね!? 出産時に自然分娩になる場合や管理入院等なければ残念ながらこれらの給付は受け取ることは出来ませんが、 管理入院する可能性が双子妊婦なら誰でもあることや出産時に帝王切開になる可能性が高いことなどを考えると、今から入れる保険があるなら入っておくだけでも損はない!と個人的には思うのです。 ただこのコープ共済の「たすけあい」の制度というか加入の条件ってネット上にはある程度の情報はあるのですが、いまいち分からないことも多く私自身何度共済センターに電話問い合わせしたことか・・・。 そこで今回はコープ共済の「たすけあい」に加入するにあたって私自身が疑問に思っていたことや加入するにあたって必要となってくる条件などについてまとめてみましたので 「双子妊娠したけど医療保険に入っていなかった!」 「入院費用や手術費用の負担を少しでも少なくしたい!」 と思っている方はぜひ参考にしてみてください! スポンサーリンク Contents• 妊娠判明後でも加入できる医療保険「コープ共済」ってなに? コープ共済の「たすけあい」は、0才から満64歳まで加入が出来る医療保険のひとつです。 加入するにあたっては生協の組合員またはその家族である必要がありますが、1,000円程度の出資金(生協を辞めるときに全額返金してもらえます)を支払えば誰でも組合員になることが出来るので、生協に加入するまでのハードルはかなり低いのではないかと思います。 なお生協といえば食材などの宅配が有名だと思いますが、これらは組合員になったからといっても利用しなければいけないということは一切ないのでご安心を😊 でも産後など買い物に行くことが困難な時期などに食材や日用品(オムツや離乳食用の食材もあり!)などを自宅まで宅配してくれるのでかなり便利であることは間違いないんですけどね。 と、ここで話がずれてしまいましたが(苦笑)、コープ共済の「たすけあい」は 妊婦でも加入できるというかなりゆるい加入条件になっていること、 月々の月掛け金が2,000円からあること、 給付金が大きいことを考えると、 リスクの高い双子妊婦で金銭面の不安がある人にはかなりぴったりな保険であることは間違いなさそうです。 コープ共済の「たすけあい」の保証内容は?加入するにあたってどんな条件があるの? コープ共済の「たすけあい」には4つのコースが用意されているのですが、ここでは女性向けの「女性コース」をもとに必要な条件や補償内容についてご紹介していきますね。 コープ共済の「たすけあい」女性コースの保障内容 コープ共済の「たすけあい」女性コースは、月々の掛け金が• 2,000円• 3,000円• 4,000円 から選べる3つのコースが用意されています。 これらのコースは病気入院・事故(ケガ)入院の場合、1日目から184日分までが保険金給付の支払い対象になっていて、万が一入院が長期化した場合、日額で支給される分とは別に30・42・60万のいずれかが支給されるようになっています。 また女性コースにある「女性特定病気入院」の対象となる病気での入院の場合、通常支払われるであろう日額の金額にプラスして日額3、000円が追加されるので、出産に関する合併症や帝王切開で入院になってしまった場合でも、 帝王切開での手術給付金についてコープ共済に問い合わせしたところ、給付は出るが金額については審査を受けた上で決定するとのことで、詳しい金額はわからないとのことでした。 ちなみに私がコープ共済に申し込み・加入した時の状況を簡単に説明すると、 12月1日:申し込み締め切り 1月5日:月掛け金引き落とし開始 1月6日:保証開始 という流れになっていたのですが、出産月までコープ共済に加入したままにしておいてもトータルで支払う金額は約12、000円で抑えることが出来そうなので、 結果としてはかなりプラスになるのではないかと思っています。 *コープ共済の「たすけあい」の共済期間は1年間となっていますが、解約はいつでもすることが可能な医療保険となっているので、必ずしも1年間加入し続けなければいけないということはないそうです。 コープ共済の「たすけあい」に加入できるかどうかの判断は? ここまで読んでみてコープ共済の魅力が少しは伝わったのではないかと思いますが、ただ加入するにあたってはある程度の条件を満たしていないと加入することが出来ません。 けど、妊娠中でしかも双子妊娠中でも加入できる保険は他の保険会社に比べたらかなり緩いのではないかと思います。 その1:双子妊娠中でも加入できるって本当ですか? 妊娠の経過が順調であること、「健康保険」が適用される治療を受けていなければ、単胎妊娠であろうと双子妊娠であろうと加入は可能とのことでした。 なお加入する時点でお薬の処方がされていたり点滴を受けるなどといった 「健康保険」が適用される治療を受けてしまっている場合や、出産方法が帝王切開とすでに告知されてしまっている場合は加入は不可となるとのことでした。 生協への加入=商品を注文しなければならない という図式が出来上がってしまうのかもしれませんが、この点に関しては特に気にすることはありません😊 私なんて生協のパルシステムとコープデリのどちらにも加入しているのですが、今はネットスーパーに頼りきっていることもあってどちらも利用を休止していますし、休止をしていても生協の組合員であることは間違いないので、コープ共済の「たすけあい」にはちゃんと加入できていますしね。 なのでもしこれを読んでいるあなたが今後のことを考えてコープ共済の「たすけあい」への加入を考えているようであれば、まずは生協の組合員になるための行動に出なければいけません。 といっても決して難しいことではなく、入会の手続きは意外とあっさりとしたものです。 流れとしては以下の通り👇 コープへの組合員になる手順• お住まいの地域にある生協への問い合わせ• 組合員になるための手続き• 手続き完了 まずは生協へ加入するための第一歩、生協への問い合わせが必要となります。 といっても決して難しいことではなく、今は便利なネット社会なのでネット上からでも申し込みが簡単にできてしまいます。 またこのほかにも生協で販売されている商品をお得な価格でお試しできるお試しセットを注文するとそのエリアの担当さんが商品を持って説明(生協の仕組みや保険について)に来てくれたりもしますし、その場で話を聞いてすぐに生協に加入することだってできてしまうのです。 なお生協に加入するにあたっては出資金といって1、000円程度のお金を生協側に納めなければいけないのですが、これは生協を脱退するときにちゃんと返金されるのでご安心を😊 あと 生協に加入したからといって毎回何かを注文しなければならないという決まりもないので、そこのところはあまり気にしなくてもいいのではないかと思います。 ちなみに私自身は今生協の宅配の利用を休止していますし、利用していた時も牛乳を2本だけとかの注文だったり・・・。 「必要なときに頼る!」の使い方でも全然大丈夫なのではないかと思います! 各エリアごとの生協申し込み先について 生協は日本各地に展開しているかとは思いますが、ここでは私が住んでいる関東エリアで申し込みができる生協の一覧を上げておきたいと思います。 パルシステム 対象エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡、新潟 公式サイト: パルシステムの商品をお得にお試しできるセットもあるので、こちらもおすすめです。 なおコープデリには残念ながらお試しセットが用意されていないのですが、資料請求もしくは加入すると取り扱っている商品の現品プレゼントがあったりします。 生協の組合員になった後のコープ共済への加入手続き 生協の組合員になるとそのエリア担当の方からコープ共済の営業がかかってくるので、後は資料をもらって申し込めば完了です。 ちなみに組合員がコープ共済へ加入するとエリア担当の方はとっても喜んでくれます(笑)。 多分ノルマとかがあるんでしょうね😅 まとめ 双子を妊娠したことで喜びよりも不安を抱えている人って多いと思います。 実際、私自身もそうでした。 (妊娠5ヶ月になった今でも不安は尽きないんですけどね) 例えば、双子妊娠のリスクのことや、今後の生活のこと、経済的なこと・・・。 あげれば尽きないですよね。 けど、私自身は今回コープ共済の「たすけあい」に加入したことで妊娠や出産にまつわる不安や経済的な心配などはかなり減ったと思っているんです。 ただでさえリスクの高い双子妊娠。 管理入院の可能性だって帝王切開になってしまう可能性だって単胎妊娠に比べたらかなり高いですからね。 そう考えたらそれらのリスクのために今からでも加入できる保険があるなら入っておいても損ではないと思いますしね。 ということで説明が長々となってしまいましたが、双子妊娠後にコープ共済の「たすけあい」に入った私の体験談が同じように双子妊娠したママやパパに少しでも伝わっていれば嬉しく思います! 双子妊娠にまつわる記事まとめ.

次の

【コープ共済評価口コミ】吸引分娩出産、前駆陣痛入院で支払われた金額内訳

コープ 共済 妊娠 中

コープ共済のたすけあい女性コースなら妊娠中でも入れる!? 大きなライフイベントの一つである出産は自分だけでなく赤ちゃんの命にも直結することですので健康意識が高まり、医療保障に加入することを検討する人が多いタイミングと言われています。 ただ、多くの医療保険ではいまだに妊娠中であることを告知事項として設けている保険が多く、「もし帝王切開や切迫早産になってしまったら・・・」と不安になっても保険に入れないというケースもあります。 また、加入できたけど帝王切開などの異常分娩は保険金が出ないなんてこともあり、妊娠中の女性にとって保険選びは悩みが付きません。 そんな人におすすめなのがコープ共済たすけあい女性コースです。 本記事ではコープ共済たすけあい女性コースの特徴や妊娠中の女性におすすめな理由、加入時の注意点について解説します。 妊娠中でも安心をお届け!コープ共済たすけあい女性コースの特徴 たすけあい女性コースには、月の掛金2000円、3000円、4000円のコースが存在します。 一番安い2000円コースの保障内容を見てみましょう。 入院 日額5000円(1日目から184日分)• 女性特定病気入院 上記の日額にプラス日額3000円• ケガ通院 日額1000円(ケガをした日から180日以内 90日分の通院まで)• 手術 2万・4万・8万• 事故後遺障害 4~100万円• 病気死亡・重度障害 100万円• 事故死亡・自己重度障害 200万円• 住宅災害 3万円(一部損壊)15万円(半壊)30万円(全壊)• 個人賠償責任保険:プラス170円で個人賠償責任保険(賠償額1億円まで)が付帯可能 これだけでは少しわかりづらいのでポイントを絞って解説します。 特徴1:女性特定病気入院保障がある 切迫早産や子宮筋腫など女性特有の病気、関節リウマチや変形性股関節症など女性がなりやすいと言われている病気で入院した場合、 通常の入院保障にプラスされる形で3000円多く支払われます。 また、 保障開始日も1日目からですので短期の入院でも安心です。 特徴2:虫刺されや切り傷も保障?ケガ通院の保障も充実 次にケガ通院の保障が充実しているのもポイントです。 ケガ保障というと骨折や靭帯の断裂など大きなケガしか支払い対象にならない医療保険も多いですよね。 コープ共済は毛虫刺されや包丁で指を切ったといった 小さなケガでも通院すればしっかりと共済金が支払われます。 特徴3:個人賠償責任保険で自転車事故も安心 個人賠償責任保険とは日常生活で他人に損害を与え、賠償金の支払いをする必要が生じた際にその賠償金と同額を限度額まで支払ってくれる保険です。 昨今、自転車事故の裁判で加害者側が高額な賠償金を請求されるケースが増えていますが、個人賠償責任保険は自転車事故で万が一加害者になってしまった場合でも保険金支払の対象となる場合が多いと言われています。 コープ共済のたすけあいに加入すると、 個人賠償責任保険が月額170円で付帯できます。 買い物に近所のスーパーまで自転車で行くときもこれで安心といったところです。 妊娠中の女性にコープ共済がおすすめの理由 それではコープ共済が妊娠中の女性におすすめな理由は何なのでしょう? 理由1:妊娠中でも加入できる 妊娠中の女性におすすめな最大の理由がこれです。 妊娠高血圧症や妊娠中毒症など特別な疾患で医師の治療を受けていなければ加入できます。 妊娠何か月以降は加入できないということもありませんので安心してください。 理由2:切迫早産・異常分娩も保障 帝王切開や切迫早産で手術を受けた場合、手術給付金が支払われない医療保険も数多くありますが、たすけあい女性コースは支払い対象となっています。 また、女性特有の病気ということになりますので、入院した場合、女性特定病気入院ということで日額3000円が上乗せされます。 理由3:妊娠中の買い物は生協の戸別配達でバッチリ これはコープ共済の保障とは少し違うのですが、母子手帳を所持していると生協の戸別配達を手数料無料で利用できます。 お米や水、トイレットペーパーなど妊娠中には持ち運びが大変なものでも生協の配達員が玄関前まで届けてくれるのがありがたいですね。 理由4:子どもの保障も充実!格安な掛け金で家族が安心できる 子どもが生まれたら母子そろってコープ共済への加入を検討するのもおすすめです。 実はコープ共済のたすけあい、女性コースも手厚いのですがそれ以上に子どもの保障が充実しています。 入院 日額6000円(1日目から360日分)• ケガ通院 日額2000円• 手術 5万円・10万円・15万円 これだけの保障がついて月掛金がたったの1000円と非常にコストパフォーマンスがいいので、病気やケガでお金の心配をする必要はほぼ無くなりますね。 妊娠中の女性がコープ共済に加入するときの注意点 非常にいいことづくめのように見えるコープ共済ですが、一方で注意点もあります。 注意点1:死亡保障は薄い 先に述べたように 死亡保障は100万円とやや物足りないです。 あくまでたすけあいは医療の保障で、おまけとして死亡保障もついているという認識で、 死亡保障は別に用意しましょう。 注意点2:保障が続くのは65歳まで たすけあいは1年満期で自動更新される保障です。 満期と言っても掛金はずっと変わらないのですが、 65歳になると保障期間満了となってしまいます。 その後は85歳まで保障されるコースや終身共済への切り替えも可能ですが、保障内容や掛金面ではどうしても不満が残るものとなってしまいます。 一生涯の安心という点では終身医療保険への見直しについても子どもが独立したタイミングで考えてみてもいいでしょう。 注意点3:加入手続きがやっかい コープ共済に加入するためにはまず生協の組合員になる必要があります。 また、夫の転勤などで県外へ引っ越すときは入っていた生協を脱退し、引っ越し先でその土地の生協に加入しなおさなければいけません。 引っ越しなどバタバタしているとどうしても忘れてしまいそうになりますが、 手続きを忘れると自動解約となってしまい、結果として無保障という非常に危険な状態になってしまいます。 手続きでわからないことがある場合は生協の配送職員などに質問するようにしましょう。 まとめ:コープ共済たすけあいは妊娠中の女性におすすめ コープ共済のたすけあいは妊娠中の女性でも加入でき、切迫早産や異常分娩など妊娠に伴う入院でも保障してくれるため、妊娠中の女性には非常におすすめです。 さらに、生協の宅配や、子どもの保障、個人賠償責任保険など、妊娠中から出産後にかけての安心を一手に引き受けてくれます。 もしコープ共済が気になった方は一度、近くの生協に相談してみましょう。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

妊娠〜出産までの費用の節約方法!私は56960円戻ってきたよ。

コープ 共済 妊娠 中

この記事で分かること• 妊娠している女性の保険加入について 妊娠している女性が保険への加入を断られる理由と、妊娠していても加入可能な保険についてご説明します。 妊娠している女性が保険加入を断られる理由 保険会社やプランごとに保険に加入できるかどうかの対応は異なりますが、妊娠している女性は保険への加入を断られる場合があります。 妊娠している女性が保険への加入を断られる理由は、妊娠している女性は高血圧など様々な症状が起こりやすく、場合によっては管理入院になることもあり、保険会社が健康上のリスクが高いと判断しているためです。 しかし、全ての保険商品で妊娠している女性の加入を断っているわけではなく、本記事内でご紹介するコープ共済の「たすけあい」のように妊娠している女性も加入可能な保険商品もありますのでご安心ください。 コープ共済「たすけあい」とは 妊娠した女性にオススメしたい医療保険コープ共済「たすけあい」についてご紹介します。 病気やケガで入院した場合には、1日目から入院日額5,000円、女性特定病気入院には、日額3,000円が上乗せされるなど、女性に優しい内容の保険商品です。 正常分娩は健康保険が適用になりませんので、共済金のお支払い対象ではありませんが、帝王切開への備えとして、コープ共済「たすけあい」への加入を検討されてはいかがでしょうか。 告知事項に妊娠に関する項目がない コープ共済の「たすけあい」の告知事項は、2019年11月現在以下となっていて、妊娠に関する記述はありませんので、妊娠している女性の方でも安心して加入可能です。 現在、入院中ですか?• 現在、医師から、今後1年以内の入院または手術をすすめられていますか?• 過去5年以内に、高血圧や脂肪肝により入院したことがないこと• 高血圧の場合、過去5年以内に腎臓や心臓の病気により、診察等を受けたことがないこと 等• 過去5年以内の帝王切開 子宮筋腫 痔 コープ共済「たすけあい」の保障について コープ共済「たすけあい」女性専用のコースの保障についてご紹介します。 このコースでは、病気やケガで入院した場合には、1日目から入院日額5,000円が支給され、女性特有の病気では、さらに入院日額3,000円が上乗せされます。 妊娠中でも高血圧でも加入可能で、けがの保障は翌日から受けられ、月掛金は2,000円からで、保障期間満65歳の満期日までの長い保障が魅力です。 先進医療特約や、個人賠償責任保険を付けることもできますので、更に幅広い保障を受けることも可能。 正常分娩は健康保険が適用になりませんので、共済金のお支払い対象ではありませんが、帝王切開への備えとして、コープ共済「たすけあい」への加入を検討されてはいかがでしょうか。 保険料について コープ共済「たすけあい」の保険料をご紹介します。 コープ共済「たすけあい」には3つのコースが設定されていて、保険料や保障の金額がそれぞれ異なります。 突然の事故で亡くなった場合や、事故重度障害という不測の事態が起こった際、死亡保障の金額に100万円を上乗せして支払われます。 病気や怪我への備えとしてだけでなく、死亡保障も充実していますので、万が一への備えとしてもご検討されてはいかがでしょうか。 保険商品概要• 企業名:日本コープ共済生活協同組合連合会• 保険商品名:• 妊娠前に知っておきたい記事をご紹介 当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。 保険の選び方• 妊娠検査と保険• 保険商品別の記事•

次の