松本 人 志 事件 中田。 松本人志 浜田雅功との不仲を告白…約10年間「死ぬほど仲悪かった」/芸能/デイリースポーツ online

松本人志 浜田雅功との不仲を告白…約10年間「死ぬほど仲悪かった」/芸能/デイリースポーツ online

松本 人 志 事件 中田

オリエンタルラジオの中田敦彦 「(吉本興業の)幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている。 僕の意志としては謝らない。 僕も覚悟を持ってやってますので。 すごいんですよ、騒ぎ方が。 会社と先輩と」 5月28日放送の『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)でのオリエンタルラジオ・ 中田敦彦の「謝らない」宣言が波紋を広げた。 事の発端は、2月25日に脳科学者・茂木健一郎氏が「トランプやバノンは無茶苦茶だが、SNLを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる。 一方、日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。 これに対して、ダウンタウン・ 松本人志が3月19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とコメント。 翌週、ゲスト出演した茂木氏は「お笑いが本当に好き。 エールのつもりで言ったのですが、誤解を招いてしまい、すみません」と謝罪する格好となった。 事態は収束したかに思えた4月15日、中田のブログに「オリラジ中田、茂木健一郎の『お笑いオワコン論』支持!」という記事が掲載された。 「茂木さん負けるな!と思っていたところ、大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました。 大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。 茂木さんの指摘、当たってたのに。 なんで『ほら、これですよ』と言えなかったのだろう。 まあ、あの場では言えないか。 怖いですもんね」 名前こそ出していないものの、明らかに『ワイドナショー』での松本の発言を指している。 お笑い界は、30年以上も「ビッグ3」と呼ばれるビートたけし、タモリ、明石家さんまが一線で活躍し続けており、世代交代が起きていない。 1980年代後半から90年代にかけて、とんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンなどの「お笑い第3世代」が出現し、冠番組で高視聴率を獲得していった。 しかし、ビッグ3という権威を引きずり下ろすまでには至らなかったのが現実だ。 今回の中田の発言は、上が詰まり過ぎているお笑い界に風穴を開ける提言だと思われた。 しかし、大きく打ち上がった花火はすぐに消え去り、話題はほぼ収束してしまった感がある。 今回の騒動の背景について、芸能記者が話す。

次の

太田光、“松本人志への土下座事件”を掘り起こされ顔面蒼白!?

松本 人 志 事件 中田

ダウンタウン松本人志(56)とロンドンブーツ1号2号田村淳(46)が28日、フジテレビ系「ワイドナショーSP」で、今年6月以降騒動になった吉本芸人の闇営業問題について語った。 相方田村亮(47)が闇営業問題で謹慎処分となった淳が「松本さんが『松本動きます』と(ツイッターで)言葉を発してくれた」と感謝すると、松本は「まだ、解決していない」と振り返った。 淳は「最初、亮から『ギャランティーをもらってない』と言われた。 亮さんと(仲介したカラテカ)入江の関係がある。 田村亮一座を立ち上げた時、客が入らない時に入江がチケットさばいてくれたから」。 だが、信じていた亮からまさかの電話が入ったという。 「ミッドタウンで買い物してる時に電話で『今から会えないか』と。 『会えない』って言ったら、『実はギャラもらってた』と。 エーッって大絶叫した」。 松本は「僕も同じ。 あの規模(の営業)で、もらってないはずがないと。 でも、後輩のためなんだと思っていた」と明かした。 淳は「僕は(ギャラをもらったことを)言った方がいいと言った。 お前(亮)と(雨上がり決死隊の)宮迫(博之)さんが言わないのなら『俺が言う』と言った。 そしたら『待ってくれ』と言われた」。 その後は、謹慎が決まった亮と、電話やSNSでやりとりを続けていたという。 淳は「ある日、電話がつながらなくて、LINEも既読にならない。 マネジャーを亮の家に向かわせている最中に、(亮と宮迫が)記者会見することを知った」と、7月20日に行われた亮と宮迫博之(49)の涙の告白会見を振り返った。 松本も「俺も、その時に知った。 新幹線の中で。 (宮迫の相方)ホトちゃん(蛍原徹)が、宮迫の代わりに大阪の番組に出る時で、ホトちゃんと楽屋で、会見を見ていた」。 淳は「『会見することになった。 事後報告になってごめん』と連絡があった。 1回報告してくれれば、違うアイデアも出せたのに。 どっちに転んでも支えるから、ここではうそつかないで欲しいと伝えた。 ちゃんと思いを伝えられるかなと不安だったけど、ちゃんとしゃべっているのを見て、ようやく俺の知ってる亮さんが戻ってきたと思った。 『取材陣、詐欺の被害者、詐欺被害者の家族、友人の方』と、詐欺被害者の友人のことまで言うのが亮さんっぽいなと思った」と話した。 現在は亮の家に行って「何でも話している。 会見後は感情の起伏が激しくて、病院行ったらと言った。 そうしたら『適応障害』と診断された。 旅したらとアドバイスして、1週間か10日、屋久島へ行った。 最近は仕事復帰へ向けて話し合っている」と話した。 「ただ、今は吉本興業ではない。 そこが難しい。 吉本は亮を所属タレントだと言っているが、亮は会見する時にもう違うと。 そこをつなぐため、株式会社『ロンドンブーツ』を作った。 今、話し合いをしている。 YouTubeの『ロンブーチャンネル』も作った。 YouTubeならすぐにも出せるんだけど、待ってくれている地上波のスタッフもいるから、そうはいかない」と説明した。 宮迫については、松本が「難しいところ。 本人はさんまさんのところ(所属)だと思っている。 宮迫はさんまさんを飲み薬、俺を塗り薬と思っているかもしれないけど」と笑った。 一連の騒動で、松本は「寂しかった。 淳から電話が欲しかった。 相談して欲しかった」。 淳は「迷惑かけたらいけないと思った。 距離感が違う。 これが極楽とんぼの山本さんだったら、すぐ電話した。 うんうんと聞いてくれたけど、会社に何か言える人でもないし」と笑った。 「宮迫さん経由、亮経由で、松本さんがしてくれていることが入っていた。 僕は『会社は悪いと思っていない派』。 一番悪いのはうそをついた2人。 初動が遅れたのは、吉本は悪くない。 その後のどう喝とかは会社だけど」と振り返った。 ここで、中居正広が松本に「具体的に、どう動いた。 しゃべれるだけでも」と食い下がると、松本は「家にタイガーマスクの覆面があって、それを使って、謹慎芸人にお金を渡せと」。 自身がタイガーマスクを被った正体がバレバレの写真を放送中に公開しつつ、第三者を通じて謹慎芸人に金銭的な支援をしていたことを渋々認めた。 また、ノーギャラで、宮迫の代わりに番組出演したことについて松本は「宮迫のためじゃなく、テレビ局の方に迷惑かけたから。 誠意を吉本興業として見せるため。 宮迫のためじゃない」と話した。

次の

オリラジ中田が松本人志を「暗に批判」 「吉本が全社をあげて大騒ぎ」: J

松本 人 志 事件 中田

ダウンタウンの松本人志が2月3日、新幹線で遭遇した一般人の迷惑行為についてツイート。 「いいね!」が13万件を超えるほどの反響を呼んでいる。 その迷惑行為とはどんなものだったのか。 「移動中の新幹線で寝ていた松本は、ファンを名乗る一般人に無理やり起こされて、写真撮影を求められたそうです。 その一件について松本は《新幹線で寝ているオレを揺り起こしてまで写真を求めてくる奴。 いつか心霊写真としてでてあげるね》と皮肉たっぷりにツイート。 コメント欄でも『確かに常識がなさすぎる』とか『そんな人は本当のファンじゃない』などと、マナー違反の乗客に対する批判の声が殺到しました」(芸能記者) その松本は過去のバラエティ番組で、芸能人の写真を撮ろうとするファンに対して苦言を呈したことも。 「本当のファンなら『握手してください』と言うはず」との持論を披露し、「そこをすっ飛ばして写真を撮るのはファンじゃない。 協力する必要はないと思う」とコメントしていたのである。 まだ大阪を拠点に活動していた若手だった頃には、勝手に写真を撮ろうとした一般人に対して本気でブチ切れたこともあるという。 「1月27日に放送された関西ローカルのバラエティ番組『松本家の休日』(朝日放送)にて、居酒屋で同席した客に激怒したエピソードが紹介されました。 店主によると東京に進出する前の松本が女性連れで来店した際に、近くにいた客が無断で写真を撮ろうとしたことがあったそうです。 松本は立腹したものの、店内で怒りを露わにすると他の客や店に迷惑をかけると思って、その場では黙認。 そして無断撮影した客が店を出た瞬間に松本も席を立ち、店の外へ。 店内に戻ってきた彼の手には、血だらけのフィルムが握り締められていたそうなんです」(前出・テレビ誌記者) 若かりし頃は常に殺気立っていたと噂される松本。 さすがに現在は、子供ができて落ち着いたこともあり、拳に血をにじませるほど激怒することはなさそうだ。

次の