愛宕百韻。 明智光秀と土岐一族~愛宕山連歌と隠された歴史~ | リバータリアン心理学研究所

名將列傳透視鏡|物品|明智光秀的愛宕百韻和歌|

愛宕百韻

歴史好きなら誰でも知っている「愛宕百韻」という言葉があります。 愛宕百韻とは本能寺の変の直前に、京都の愛宕山で行われた連歌のことです。 明智光秀が参加し、発句を読んだことで知られています。 その発句が本能寺の変を意図しているのではないかといわれているのです。 愛宕百韻で光秀が読んだ発句 まずその光秀が読んだといわれる発句を記載します。 「時は今天が下しる五月かな 光秀」 普通に解釈すれば 「今は正しくこの世は五月そのものである」となり、なんの問題もない、のどかな句になります。 連歌が開催されたのは5月24日(もしくは5月28日)なので、時期的にも不自然はありません。 この句を本能寺の変と絡めて解釈すると下記のようになります。 「土岐氏が今、天下を支配する。 そんな五月になる」 明智氏は南北朝時代の美濃国の守護だった土岐頼貞の九男、土岐頼基の後裔だといわれています。 時と土岐をかけて、光秀が天下を狙っていることを暗に歌に込めたのではないか、といわれているのです。 スポンサーリンク 信長を祝ったのか土岐氏の現状を嘆いたのか 愛宕百韻で光秀が読んだ発句には違う解釈もあります。 もっとも順当な解釈は、 織田信長の世を祝うものだという説です。 連歌が開催された理由は戦勝祈願です。 当時、羽柴秀吉が中国地方で毛利氏と対峙しており、明智光秀もその援軍のための準備中でした。 織田信長自身も参戦する準備を整えていたといわれています。 戦勝祈願のために連歌が開かれたとすると、発句の解釈は下記のようになります。 「もうすぐ(信長公が)天下を支配する。 そんな五月になる」 純粋に信長の天下統一を寿いだ内容で、何の問題もないことになります。 別の解釈もあります。 「本能寺の変 431年目の真実」という著書で有名な明智憲三郎氏の説です。 明智憲三郎氏はこの発句そのものが書き換えられた句だと主張されています。 「時は今天が下なる五月かな」 上記が明智憲三郎氏が主張されている句になります。 違いは「下しる」と「下なる」だけなのですが、 ここが違うと意味が大きく変わってきます。 「下しる」の「しる」には治めるという意味があり、「下」という文字と合わせて「天下を治める」という意味になります。 「下なる」の「なる」だと単純に降るという意味になり、天を雨と解釈して下記のようになります。 「土岐氏は今、この降り注ぐ五月雨に叩かれているような苦境にいる五月である」 (出典 本能寺の変 431年目の真実」) 明智憲三郎氏の解釈でも特に不自然はありません。 土岐氏の苦境を歌っただけで、謀反の示唆も何もないのです。 まとめ ー 本能寺の変を示唆するものはなかった? 様々な解釈のある愛宕百韻ですが、 真っ当に考えれば本能寺の変を示唆するものはないといえるでしょう。 連歌師として有名な 里村紹巴は、様々な武将と密接な関係にありました。 織田信長はもちろん羽柴秀吉、明智光秀、徳川家康、三好長慶、細川藤孝などと交流があったといわれています。 里村紹巴がそれだけ交友関係を広げることができたのも、 政治的な偏りを持たないようにしていたからだといわれています。 だからこそ利害関係のある様々な武将と交流できたのです。 武将の方も当然のことながらそれを熟知していました。 だからこそ、味方かどうかも分からない連歌師を前に、 光秀が心情を句に込めたとは考えにくいのです。 愛宕百韻の光秀にまつわる逸話は他にもあります。 本能寺の堀の深さはどれくらいか、と口走った。 出されたチマキを上の空で皮をむかずに食べた。 光秀が心身ともに疲労していて、謀反を考えていた可能性を示唆する逸話です。 歴史小説好きとしては、発句が本能寺の変を示すものだと解釈して、合わせて楽しめるのですが・・・この辺りはロマンの領域かもしれませんね。 本能寺の変そのものの考察については、別記事がありますので、そちらを参照していただければ幸いです。

次の

愛宕百韻に隠された謎。光秀が連歌に込めた真実は?

愛宕百韻

【目次】• 武士と連歌 明智光秀と連歌について語る前に、まず武士にとって連歌とはどんな文化であったかについて少し触れてみましょう。 連歌とは、鎌倉時代ごろから始まったとされる和歌から派生した詩歌で、五七五七七を五七五と七七、つまり上の句17音と下の句の14音に分け、それぞれを交互につなげていく歌です。 最初の17音を発句と呼び、続く第二句の14音を脇句、第三句は第三、締めくくりとなる最期の句は挙句といいます。 この連歌の最盛期がちょうど室町時代でした。 京の都や大和など、畿内を中心に流行した連歌は、武士にとっても必須の教養であり、諸大名は連歌師を招いて指南を乞うほどだったのです。 この教養がどれほど重視されたか。 光秀と親しかった教養人・(のちの幽斎)は、「歌連歌乱舞茶の湯を嫌う人育ちのほどを知られこそすれ」と、「和歌や連歌、乱舞、茶の湯を嫌う者は、育ちのほどがうかがえる」と皮肉っています。 つまり、武士にとっては武術の訓練だけやっていればいいというものではなく、教養が大事なのだということです。 細川藤孝(幽斎)との関係から 上でも登場した細川藤孝。 彼の子であるの妻が光秀の娘の玉()であり、姻戚関係にありました。 それ以前から幕府15代将軍・を支える幕臣として付き合いがあり、光秀は藤孝の中間(部下)であった時期もありました。 この藤孝は当時武家社会では最高の教養人であったといっても過言ではなく、連歌だけでなく、和歌、茶道、囲碁、武芸などあらゆる教養を身につけた人物でした。 藤孝と付き合いがあったことが、光秀を教養人たらしめたのです。 藤孝は第一の連歌師であった里村紹巴(さとむらじょうは)(1525~1602年)とも交流があり、光秀は一流の文化人との付き合いを通して教養を深めていきます。 連歌会を重ねるごとにその上達ぶりがうかがえる 光秀の連歌の記録として最初に登場するのは、 永禄11年(1568年)11月15日です。 このとき光秀が詠んだのは6句。 11の連衆のうちではもっとも少ない数でした。 この時代の連歌は百句読む長歌の百韻が一般的で、集まった人々のうち実力者である藤孝や紹巴らは10句以上詠んでいます。 このころはまだまだ光秀の連歌の才が認められていないことがうかがえますが、記録に残っている連歌会をいくつか並べてみましょう。 天正2年(1574年)7月4日 何人百韻 (10句)• 天正5年(1577年)4月6日 愛宕山千句連歌 第五何田百韻(9句)• 天正6年(1578年)3月10日 百韻連歌(14句) 少しずつ読む句が増えており、文化サロンにおいて光秀が徐々に認められていった様子がうかがえます。 一番下の天正6年の連歌会では光秀の甥(従兄弟とも)である斎藤利三や、光秀の長男の光慶も会に参加しており、光秀ひとりだけでなく、子らの教養も磨いていることがわかります。 愛宕百韻について さて、光秀と連歌を語る際、決して切り離して語れないのが「愛宕百韻」です。 天正10年(1582年)5月24日(あるいは28日)に愛宕山で興行された連歌会で詠まれたものです。 愛宕山の山頂に鎮座する愛宕神社(京都)の鳥居 これがなぜ有名かというと、本能寺の変と関係があるとされているからです。 本能寺の変はこの連歌会から間もない6月2日に起きているのです。 「時は今~」は本能寺の変の決意表明なのか? 重要と思われる発句から第三句、挙句を挙げてみましょう。 【発句】 ときは今 あめが下な(し)る五月哉 (光秀)• 【脇句】 水上まさる庭の夏(松)山 (行祐)• 【第三】 花落つる流れの末をせきとめて (紹巴)• 【挙句】 国々はなほ長閑なる時 (光慶) 光秀が詠んだ発句の「とき」とはつまり、美濃守護土岐氏の出である明智氏のこと。 訳すと、「土岐氏が天下を支配する五月となった」となります。 続く脇句の「まさる(勝)」、第三の「落つる(信長の首が)」というふうに解釈されるのです。 その場にいて第三句を詠んだ紹巴は、本能寺の変の後、秀吉に問い詰められたと言います。 この愛宕百韻を光秀野望説の証拠として挙げられることが多いのが現状です。 書き換えられた写本 しかし、別の見方もあります。 そもそも本能寺の変は6月2日なのに、「天下を治める五月となった」という表現はおかしくないか、ということ。 また、句の表現が書き換えられた痕跡があることも問題です。 発句は「下なる」「下しる」の2種類が残っており、脇句も「夏山」「松山」の2種類があります。 「下なる」であれば、上記のような解釈はできません。 単に「時は今、雨の下にある五月だ」と解釈する、さらに掘り下げるのであれば、「土岐氏は今、降りしきる雨のような苦境の中にある五月だ(この苦境から脱したい)」となります。 明智憲三郎氏は著書『本能寺の変 431年目真実』(文芸社文庫)において、あらためて愛宕百韻の解釈を試みています。 上記のような解釈ができることを挙げ、そもそも原本は意図的に書き換えられたのではないか、との見方を示し、本来光秀が詠んだものには天下簒奪の意図はなかったのだと結論付けています。 光秀の連歌で最も有名な愛宕百韻、本能寺の変の再検討をする上でも、解釈を見直す必要がありそうですね。 【参考文献】• 歴史読本編集部『ここまでわかった! 明智光秀の謎』新人物文庫、2014年。 明智憲三郎『本能寺の変 431年目の真実』文芸社文庫、2013年。 新人物往来社『明智光秀 野望! 本能寺の変』新人物文庫、2009年。 谷口克広『検証 本能寺の変』文芸社文庫、2007年。 二木謙一編『明智光秀のすべて』新人物往来社、1994年。 高柳光寿『人物叢書 明智光秀』吉川弘文館、1986年。

次の

第21話 愛宕百韻、光秀と信長

愛宕百韻

詳しい回答を書きかけていたのですが、最後に変なキーに触ったらしく全部消滅しました(泣)。 かいつまんで結論を申し上げれば、当時もその後もそういう解釈はありません。 かなり最近の説で、私は牽強付会に過ぎると思います。 「愛宕百韻 行祐」で検索されれば、いくつかヒットしますが。 当時の解釈は光秀の発句が謀反の意志を示している、というだけです。 それは変の直後から定説として流布しました。 当時、行祐はもちろん紹巴もこの件で処罰なり糾問なりされたという事実はありません。 紹巴が日記を示して嫌疑を晴らしたという逸話は江戸時代中期以降に創作されたものです。 史実では紹巴は変のとき後陽成天皇の父親である陽光院宮を救出した功績で秀吉から褒賞を受けているほどです(『兼見卿記』)。 追って質問を補足されれば、資料を思い出して順次返信いたします。 早速のご回答有り難うございます。 紹巴も作り話でしたか。 どうも話がうまく出来すぎていると思っていましたが、こちらの方は、いろいろな本に出てきますので、史実であると思っておりました。 本日、図書館をあたって見ましたら、たまたま「本能寺の変 史実の再検証」という本がありまして、その中に句の説明の後に、以下のような記載がありました。 これに対して裏の意味は、光秀の発句の「とき」が通説どおり、土岐を意味するならば、光秀の起原である源姓の土岐氏が平姓である信長を上回ると言うことになる。 源氏と平氏の対抗関係は周知の通りであり、それを踏まえたとも考えられる。 また、「夏山」は土岐氏が繁栄することになる。 というような、訳の分からない説明です。 出典が書いてないので、分かりませんが、どうもこの辺が原典らしく思われます。

次の