現金 書留。 現金書留・一般書留・簡易書留とは?それぞれの違いと使い分けについて

現金書留の受け取り方!自宅以外や本人限定や拒否する方法!

現金 書留

スポンサーリンク 現金書留の送付方法 現金書留の送付方法は簡単です。 まず、郵便局の窓口へ行って、現金書留の封筒を購入しましょう。 現金書留の封筒はサイズが2種類。 大と小があります。 のし袋で比較。 こちらが小で こちらが大です。 こんなサイズ感です。 大体は小サイズで事足りるかと思います。 現金をそのまま入れるのであれば、迷うことなく小サイズでOK。 結婚祝いや出産祝いなどの各種お祝い事で現金を送りたい場合、水引きのついたのし袋ごと入れるのも可能です。 結構水引きの立派なのし袋でも、小サイズに余裕で入ります。 封筒に入るサイズならお手紙やメッセージカード、物品も入れられるそうなので、入れる物の大きさに応じて封筒のサイズを選んでくださいね。 自分で選ぶのに迷わなくても、郵便局員さんに贈りたい物を見せると、それに合ったサイズの封筒を出してくれるはずです。 封筒は小サイズも大サイズも同じく21円。 まずはこの21円を窓口で支払います。 するとこのような複写になった紙を、一緒にいただけます。 これは「書留・特定記録郵便物等受領証」。 万が一現金を紛失したり、何らかのトラブルがあったとき、損害賠償の請求に必要になるものです。 こちらにも記入して、現金を入れ封をした現金書留の封筒と一緒に、窓口へ持って行きます。 現金書留の封筒の書き方 現金書留の封筒の書き方は、これもシンプルにお届け先と依頼人本人の住所氏名を書くだけです。 郵便局の規模によるかもしれませんが、ほとんどの場合、郵便局内に書くスペースがあるかと思います。 そこにペンや、封をするための「のり」なども置いてありました。 現金書留の封筒と、「書留・特定記録郵便物等受領証」を用意。 「お届け先」の欄に、送る相手の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 「ご依頼主」の欄に、送る本人の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。 そして「書留・特定記録郵便物等受領証」にも記入しましょう。 太枠の部分、(ご依頼主のご住所・お名前)のところに、送る方の住所と名前を。 お届け先のお名前のところに、受け取る方の名前を書いてください。 スポンサーリンク 太枠外になりますが、「申出損害要償額」という欄に、入れた金額を記入します。 全部書いたら、現金書留の封筒の中に現金を入れます。 のし袋に入れている場合、のし袋ごと入れてください。 袋は二重になっています。 内側の白い部分に入れましょう。 封の仕方が、現金書留の封筒の裏面に書いてあります。 でも実際やると分かりにくかったので、これも説明しますね。 現金書留の封筒の裏面です。 まず、口の下にめくれるようになった「下ふた」があるので、それをこのように倒します。 お金を入れた部分の白い中ふたを、下に折ります。 のりで封をしてください。 そしたら倒していた下ふたを、その上に被せます。 これものりで貼りつけましょう。 中ふた、下ふたとのりできちんと封をしたら、最後に上ふたを折ります。 のりでしっかり封をして…… ちょっと見にくいかもしれませんが、封をすると、点線で円が書かれているのが見えます。 円は3か所。 両端と中央にあります。 そこには割印を押します。 封をした口と、封筒本体が同一のものだと証明するためです。 ただその円の中に、ご自分の印鑑・はんこを押すだけですが、持ってきていなくても大丈夫です。 署名・サインでもOK。 苗字のみを円の中に、3か所すべてに書いてくださいね。 現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を揃えて、郵便局の窓口へ持って行きます。 現金書留の料金計算 現金書留の料金計算は、その重さにより異なります。 郵便局の窓口に現金書留と「書留・特定記録郵便物等受領証」を持って行ったら、そこで局員の方が料金を出してくださいます。 ちょっと凝った水引きののし袋に入れた出産祝いを送ったときは、562円でした。 内訳は.

次の

現金書留の送り方は?コンビニでもだせる?手数料は?

現金 書留

最低でも533円かかる現金書留を、より安く送る方法をご紹介します。 ・損害要償額を1万円までに抑える 損害要償額は万が一のトラブルに備えた保障であり、金額は自由に設定可能です。 上限50万円まで設定できます。 高額を現金書留で送る場合、それなりの金額で備えておいたほうが安心でしょう。 ただし前述したとおり、損害要償額1万円までは手数料430円で済みますが、それ以降は5,000円単位で50円が加算されます。 少しでも安くするなら、1万円以内に抑えるというのも手です。 とはいえ100万円の現金書留を送るとき、損害要償額を1万円に抑えるのはリスクが高すぎます。 安さをとるか、安全をとるかのバランスは十分に考えてください。 ・速達を使わない 節約のためには、速達を使わないようにしましょう。 250gまでの荷物は速達だと280円がプラスされてしまうため、どうしても早く相手に送りたい場合以外は使いません。 現金書留は土日も配達されます。 また追跡サービスもつくため、理由がない限り余分なオプションをつける必要はないでしょう。 ・小銭は入れずお札のみ送る 封筒に小銭を入れると、当然ながらお札だけの場合より重みが増します。 25g以内なら送料は82円ですが、小銭が多くなり郵便物が25gを超えてしまうと、92円がかかることになります。 できる限り節約するなら封筒の中身はお札のみで、郵便物を軽くしてみてください。 ・安く購入した切手で送料を支払う 定形郵便は切手での支払いが可能です。 この切手を安く購入できれば、送料が安くなることと同じといえるでしょう。 切手を安く購入する方法には、以下のようなものがあります。 【オークションで購入する】 まとめての購入になるケースがほとんどですが、オークションで購入するのもひとつの手です。 切手をよく利用するという方は、特にお得かもしれません。 【金券ショップを利用する】 金券ショップでも、切手が安く売っていることがあります。 相場としては定価の94%~96%程度で、店舗によっては1枚から買えるのもメリットです。 近くに金券ショップがあるようなら、確認しておきましょう。 【オンライン金券ショップを利用する】 オンライン金券ショップでは5%~10%ほど切手を安く購入できます。 ただし送料がかかるため、まとめて購入するなどして工夫しましょう。 【郵便局の通販サイトを使い、クレジットカードで支払う】 郵便局の窓口へ直接足を運んだ場合、クレジットカードは使えません。 しかし郵便局の通販サイトであれば、カード利用が可能です。 切手を購入する際にクレジットカードを使うと、カードによっては1~3%ほどポイントがもらえます。 注意事項として、5,000円以上の金額にならないと送料がかかることと、クレジット会社によっては使えない場合もあります。 まずは所有しているクレジットカードが使えるか確認しておきましょう。 現金書留もゆうパックのように、発送してから到着するまでの追跡が可能です。 窓口で発送手続きをすると控えがもらえますが、ここにお問い合わせ番号が記載されています。 お問い合わせ番号での追跡方法は、まずネットで「郵便追跡サービス」と検索。 検索結果に郵便局のサイトが表示されます。 個別番号検索のページでお問い合わせ番号を入力し、現在の状況を確認しましょう。 送り先にもこのお問い合わせ番号を伝えておけば、相手も現在の配達状況がわかります。 現金書留は相手の住所さえわかれば利用ができ、ご祝儀などを送りたいときにとても便利です。 しかし、普通の郵便よりも高くつくのが気になるところ。 切手を安く購入するなどして、節約しながら使うようにしましょう。

次の

香典を現金書留で送るには?香典袋の書き方や料金などを詳しく解説!|終活ねっと

現金 書留

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 現金書留を使う香典の送り方• 香典の送り先と送るタイミングは?• 現金書留を利用する際の具体的な料金• 現金書留で香典を受け取った際のお返し 以上の内容について解説いたします。 葬儀に参列できないので、せめて香典だけでもというお気持ちは故人を偲ぶ気持ちとして大切です。 しかし、香典を現金書留で送る際にもマナーがありますので、マナーを守った送り方をしないとご遺族を悲しい気持ちにさせてしまうかもしれません。 この記事では、香典を現金書留で送る際のマナーについて詳しく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 お金は普通の封筒に入れて、普通郵便で送ることはできません。 香典などのお金を郵送する場合には、現金書留を利用します。 それでは、現金書留を使う香典の送り方を見ていきましょう。 郵便局で現金書留封筒を買う 現金書留封筒は郵便局で購入できます。 現金書留封筒はお札がそのまま入るサイズのものと、香典袋が入る少し大きめサイズのものがありますので、 少し大きめのサイズの現金書留封筒を購入しましょう。 サイズが分からない場合は、郵便局で「不祝儀袋が入る現金書留封筒をください」と言えば大丈夫です。 分からないことは郵便局で確認されるのがいいでしょう。 現金書留封筒に直接現金を入れない 香典を現金書留で送る際には、現金書留封筒に直接現金を入れないようにしましょう。 葬儀や法事に持参する 不祝儀袋に現金を入れて現金書留封筒に入れるのがマナーです。 そのため、不祝儀袋が入る現金書留封筒を購入する必要があります。 香典袋の選び方・書き方 葬儀や法事に直接持参する香典袋の場合は、包む金額に見合った不祝儀袋を選ぶ必要があります。 しかし、香典を現金書留で送る場合には、重さや厚みや現金書留封筒への入れやすさを考慮して、 水引きが印刷されたフラットな不祝儀袋を選びましょう。 香典袋の書き方については、葬儀や法事に直接持参する場合と同じです。 香典を送る時期(葬儀・四十九日以降など)や、送る相手の宗教・宗派を考慮して表書きを書きます。 香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。 〇〇様の突然の訃報に、ただ驚いております。 生前の元気な姿が浮かぶばかりで、まだ実感が湧きません。 〇〇さんも、大変お心を痛めていると思います。 どうぞ、ご遺族の皆様もお気持ちを強く持たれますよう、お祈り申し上げます。 本来であれば、すぐにでもかけつけるべきですが、遠方のため伺えない失礼お許しください。 心ばかりのものを同封いたしましたので、どうか御霊前にお供えくださいませ。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 亡くなった故人との関係(ご親戚・友人・会社関係)によって、内容は変わりますので参考にしてください。 ご遺族と面識がない場合は、故人とご自身の関係性を説明した一文を入れるとご遺族に分かりやすいと思います。 香典の送り先と送るタイミング 香典を現金書留で送る方法についてご紹介してきましたが、ここでは送り先と送るタイミングについてご紹介します。 香典の送り先は、 斎場でなく喪主のご自宅に送ることが多いようです。 現金書留は日時の指定ができないので、斎場を送り先にしても受け取り主がいないことがあります。 現金書留は必ず受け取り主に直接手渡す必要があるものなので、送り先には注意してください。 香典を現金書留で送るタイミングは、 葬儀後になるべく早く送るのがマナーです。 葬儀前や当日は準備などで忙しいので避けるようにしましょう。 目安としては、葬儀後1週間以内~四十九日までになります。 受け取るご遺族の負担にならないように、配慮する気持ちが大切です。 現金書留を利用する際の料金• 現金書留を使う香典の送り方は、現金書留専用封筒に不祝儀袋に包んだ香典をいれて贈ります。 不祝儀袋は水切りの印刷されたタイプを選んで、お悔やみの手紙を添えます。 香典の送り先は、斎場ではなくご遺族のご自宅にします。 送るタイミングは、葬儀後1週間以内か遅くても四十九日法要前までにしましょう。 現金書留を利用する際には、現金書留封筒代金・書留郵便料金・書留料金がかかります。 現金書留で香典を受け取った際は、四十九日法要後にお礼状と返礼品を送りましょう。 以上の内容について解説してきました。 現金書留で香典を送ることについて、お分かりいただけたのではないでしょうか。 また、現金書留で香典を送る以外にも、葬儀に弔電を送ったり、供物やお悔やみの手紙を送ったりなどされる方もいます。 これらを行う際はご遺族の気持ちに配慮して、負担にならないようにしたいものです。 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、香典の数字の書き方や香典袋の選び方について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の