リセマラ 簡単。 【テイルズ オブ クレストリア】リセマラ当たりランキング!最強キャラは?【テイクレ】

リセマラが超簡単に出来ちゃう。人気のアプリから新作アプリをランキングで掲載

リセマラ 簡単

スポンサーリンク ヒロアカのリセマラ方法は?簡単? ヒロアカのリセマラはめっちゃ簡単ですね。 時間もかかりませんし、チュートリアル終わればサクッとガチャを引けます。 簡単すぎるリセマラの方法 まずはリセマラの流れを見ていきます。 ゲームダウンロード&ゲームスタート• オープニングストーリーを見ながらデータダウンロード• チュートリアル戦闘開始(最初はオールマイトを操作)• ガシャ(ガチャ)の説明&初回ガシャ(とりあえず星5確定)• クエストのチュートリアル• レッスンのチュートリアル• デッキ構成(装備品)のチュートリアル• クエストのチュートリアル(ボス戦&タッグスマッシュの説明)• 名前の入力• プレゼントとミッションから英雄魂(ガチャ石)を受け取る(事前登録報酬など)• 再度ガシャを引く• 結果を見て、リセマラ終了か継続 ステップは多いですけど、けっこうサクッと終わります! スポンサーリンク ヒロアカで引くべきガシャはどれ?種類について ヒロアカではガチャではなく、 「ガシャ」というようです。 なので、当サイトでもガシャって言っていきますねw さて、ヒロアカには3種類のガシャが用意されています。 リセマラではどれを引くべきでしょうか? リリース記念ガシャ リセマラで引くべきガシャはこちらです。 リリース記念ということもあり、星5キャラの提供割合がアップしています。 ほとんどのソシャゲでそうですが、基本的には 装備品よりも良いキャラをゲットする ということが先決となります。 なので、リセマラではレアガジェットガシャは引く意味があまりないと思います。 もちろん、装備品が欲しい人は引いてもいいんですけどねぇw ヒロアカのガシャは10連でなくてもいい? リセマラで引くべきガシャは「リリース記念ガシャ」ということはわかりましたよね? では、 10連となる「連続ガシャ」にするか 1体ずつの「シングルガシャ」にするか ということについて見ていきます。 なので、別にシングルでも連続でもどちらでもかまわないのです。 なので…• 英雄魂の温存をするなら「シングル」• リセマラ効率を求めるなら「連続」 という形になります。 シングルなら、1回ずつやって途中で星5がでれば残りの英雄魂を温存できます。 でも時間がかかるし面倒なので連続でやるっていうのももちろんありです。 ご自分の考え方に沿ってやっていきましょう! ヒロアカのリセマラにかかる所要時間はどれくらい? ヒロアカでリセマラにかかる時間はどれくらいでしょうか? このゲームの場合、チュートリアルのステップ数が多いです。 ただ、スキップできたり一つ一つの作業がサクサク進んだりしますので、時間はあまりかかりません。 筆者が行ったところでは リセマラ1回に5~10分程度 という感じになっています。 慣れてくれば本当に5分程度で終わるので、リセマラするのにちょうど良いソシャゲじゃないですかね~。 ヒロアカのリセマラ効率をアップさせるコツ ではヒロアカのリセマラ効率を良くするポイントもご紹介しておきます! ストーリーシーンは画面連打しとく 初回のデータダウンロード中、またチュートリアル終了前にストーリーが画面上部に映し出されます。 同時にデータダウンロードが進められています。 このストーリーはタップすることで進めることができます。 これってダウンロード中の暇つぶし程度のものだよね? …と思うかもしれません。 確かにそうなんですけど、このストーリーってば ちゃんと全部進めないとチュートリアルに行けない! という微妙な罠になっていますw ですから、ダウンロード中はガツガツ画面をタップしましょうw 途中の会話はスキップ可能 チュートリアル途中に出てくるヒロアカ劇場的な会話場面。 これは余裕でスキップできます。 右上の「SKIP」を押してサクサク進めてリセマラ効率を高めましょう! 素直に「うん」って答えましょうw えーと最後はネタっぽい感じです。 オールマイトの要請には ちゃんと「うん」って答えましょう!!! これ、ずっと「いやだ」ってやってもループするだけですw まぁ暇ならばやってみてもいいですが、大したことも起きませんですよw ヒロアカのガシャは星5確定!? ヒロアカの初回ガシャは星5が確定となります。 チュートリアルで引ける最初のガシャは必ず星5キャラが出ます。 なので、最高ランクの星5から、さらに厳選してみてもいいでしょう。 限界突破できない星5キャラが出る 星5とはいえ、実際にはレア度が違っています。 というか、大半は星4から限界突破したキャラが排出されているようなんですね。 【立ち向かう勇気】峯田 実• 【託された思い】飯田 天哉• 【水を得た蛙】蛙吹 梅雨• 【圧倒的な個性】轟 焦凍 この5体のキャラは、星4にも存在しています。 それが限界突破して星5キャラになっているみたいなんですね。 つまり、どこかでゲットして進化させればそのうち手に入るであろうキャラばかりということになります。 ガチンコすぎる星6突破可能な大当たりキャラ ではガチの最高レアである星5から星6に限界突破できるキャラは何なのでしょう? 初回ガシャでゲットできるのは以下の2体です(たぶん)• 【自尊心の塊】爆豪 勝己• 【プロの本領】相澤 消太 この2体はチュートリアルガシャの中での大当たりとなります。 頑張っていけば星6まで限界突破することができます。 まぁこの後にもう1回10回以上のガシャを引けます。 また、リリース記念ガシャなら、初回ガシャでは出ないオールマイトとかも出る可能性があります。 ということで、チュートリアルでの初回ガシャは無理をして狙う必要はありません。 ただ、最強のリセマラ結果を求めるのであれば、狙ってみても良いでしょう。 ヒロアカのリセマラ当たりキャラランキング! それではヒロアカのリセマラ超大当たりキャラの発表です! とりあえず、レアリティが高く限界突破の有無でランク分けしています! リセマラ超大当たり こちらは星6まで限界突破できるキャラとなります!• 【NO1. ヒーロー】オールマイト• 【ヒーローへの憧れ】緑谷 出久• 【自尊心の塊】爆豪 勝己• 【プロの本領】相澤 消太 星6まで行ける、それはつまり現在のところヒロアカの最強クラスのキャラということになります。 ぜひとも当てたい!当てたら超嬉しい! そんな超大当たりキャラですね~。 リセマラ大当たりキャラ こちらは限界突破したで排出されるっぽい星5キャラです!• 【立ち向かう勇気】峯田 実• 【託された思い】飯田 天哉• 【水を得た蛙】蛙吹 梅雨• 【圧倒的な個性】轟 焦凍 初回ガシャで出る星5キャラたちですね。 限界突破されているので、手間が省けるという点ではいいのではないでしょうか! リセマラ当たりキャラ 星4キャラは限界突破で星5までいけるので、当たりキャラとします!• 【努力する天才】飯田 天哉• 【闇を纏いし者】常闇 踏陰• 【憧れの漢気】切島 鋭児郎• 【自分大好きナルシスト】青山 優雅• 【浮き上がる闘志】麗日 お茶子• 【可能性を秘めた力】上鳴 電気• 【圧倒的な個性】轟 焦凍• 【梅雨ちゃんと呼んで】蛙吹 梅雨 初回ガシャで排出される星5キャラともかぶってますねw 努力すれば星5にはなれそうなので頑張っていきましょう! ヒロアカの事前登録報酬について!早めにゲットだぜ! ヒロアカでは現在、事前登録報酬が配布されています。 そちらの情報も一応載せておきますね!• 星4 爆豪 勝己• 相澤 消太郎ガジェット• 強化素材詰め合わせセット• 英雄魂50個 最後の英雄魂50個はガシャ10回分となります。 これを使ってヒロアカのリセマラをするわけですね。 ちなみに事前登録報酬は6月12日23:59までの配布となっています。 まだ全然先の話ではありますし、きっと期間終了後は新しいキャンペーンもやるでしょうね。 まぁ一応、もらい忘れがないように気をつけてくださいね~w ゲームラブ的まとめ 今回は注目のソシャゲ「僕のヒーローアカデミア スマッシュタップ」のリセマラ方法と超当たりキャラについてご説明しました! 筆者がやってみた感じでは• 白猫っぽい感じ• オートがあって楽• 原作を知っているとより楽しめる ってところでした! 絵柄の好みとかゲーム性の好き嫌いもあるとは思います。 でもかなりの注目作でマルチプレイ要素もあるので末永い人気となるんじゃないかな~って予想しています。 ぜひ、納得いくまでリセマラして超大当たりを出してください! そしてヒロアカをたっぷりと堪能しましょ~!.

次の

リセマラとは? 方法・メリット・やるべき? 今さら聞けないソシャゲ事情

リセマラ 簡単

新しいソシャゲを始めると最初にやることが多いリセマラの作業・・・ はじめから当たりキャラを引いてからスタートしたいと思うものです。 ただ、 リセマラは時間もかかるし単調な作業だけに面倒になってしまうものですよね。 「リセマラを自動化できれば楽で良いな~」なんて思ったことはないでしょうか? 以前ブログに『』でソシャゲの自動周回方法を紹介しました。 内容は「スイッチコントロール」と呼ばれるiPhoneの機能を活用した方法ですが、設定できる内容が限定的なのでリセマラのような複雑な操作には応用することはできませんでした。 ここではスイッチコントロールで実現することができなかった 「ソシャゲのリセマラ作業を完全に自動化する方法」を紹介していきます。 リセマラをする際の参考にしていただければと思っております。 多少、複雑な内容になっていますがある程度設定さえすれば後は放置しておくだけでリセマラすることが可能となっております。 PC Windows・Macどちらでも 2. Androidエミュレーター「」 PCアプリ 3. キャプチャ-ソフト「」 PCアプリ 4. リセマラするアプリ Apk形式で入手する 5. エミュ内で必要になるアプリ エミュ内でDL PC: 必須環境・スペックについて 今回、必要になるPCはノートパソコンでもデスクトップのどちらでも問題ありません。 また、PCのフリーソフトを利用するため、スマホでは実行することができないので注意してください。 ハイスペックPCでなくても 以下の必須環境を満たしているPCであれば、問題なく動作しますので安心してください。 ただし、フリーソフト上でリセマラを行うのでPCのスペックが高いモノであればあるほど効率は良いです。 最低限のPC環境条件 対応OS 最近のパソコンであれば、問題ないってことだけ理解してもらえればOKです。 今回紹介するフリーソフトは多重起動ができるので「リセマラの自動化」を設定してしまえば、1回のリセマラで10アカウントくらい一気に取得することも可能です。 しかし、 低スペックPCだと多重起動した場合にフリーズする恐れがあるので、自然と効率が悪くなってしまうので注意してください。 逆に 性能が高いPCであれば、多重起動をしてもフリーズすることが極めて少ないので、低スペックと同じ操作時間よりも取得できるアカウント数が多くなり、非常に効率が良くなります。 ゲーミング用のPCであればある程度の性能が確保されるため、エミュレーターの動作も非常に安定するのでオススメします。 スマホのエミュレーターって有名どころが何種類かありますよね。 だいたいのエミュレーターは無料で使えるのですが、動作が重かったり思うように安定し... キャプチャーソフトで当たりアカウントを確認する なぜキャプチャーソフトを利用するかわからないと思いますが、リセマラを完全放置で行うためにも必須となるアプリケーションとなっています。 詳細について簡単に説明していますが、キャプチャーソフトなしで行う場合は読み飛ばしていただいて結構です。 キャプチャーソフトを利用する理由 リセマラの自動化設定後は、基本的に放置しているだけです。 基本的に放置しているだけだと、PC内にアプリのアカウントデータが貯まり、データそのものは文字列だけなので当たりキャラを引いたのかわからなくなります。 そのためガチャを引き終わった段階で所有しているキャラ一覧のスクリーンショットを取る設定をしておけば、どんなキャラを引いたのか写真データで確認することができるのです。 あとはアカウントデータを保存した時間帯とスクリーンショットの撮影した時間帯が概ね一致しているという条件で当たりを引いているアカウントを特定するのです。 また、 「Nox Player」では、スクリーンショット操作を自動化設定内に組み込むことができないため、このような対策が必要になるのです。 効率化できるから、オススメします 必要になるアプリケーションなどについて APKデータ リセマラするゲームアプリ とは APKデータというものがあり、これがエミュレーターでゲームを起動する際に必要になります。 また、APKデータは通常の方法では抽出 取り出す ことができません。 基本的に「APKデータ」が必要になるのは、GooglePlayでインストールできないアプリとなっています。 インストールしてもアプリが動作しないことが稀にあるため、そういった際にAPKデータをエミュレーターに取り込んで起動できるようにさせます。 APKデータの入手方法 APK形式になっているデータを入手する方法は様々なので各自で探してみてください。 一番簡単な方法は、スマホ andoroid からAPKデータを抽出してPCに移す方法が早くてオススメです。 Android端末持っていない方は、エミュレーター上で「apk downloader」というアプリで直接的に入手する方法もあります。 アプリストアからインストールしたものが動かなかったら、APKデータを探してみて! 必要になるゲーム以外のアプリなど リセマラ周回には必ず「タスク強制終了用のアプリ」が必要になります。 エミュレーターのインストールが終わったら、タクス終了系のアプリをインストールしてください。 オススメは「Advanced Task Killer Free」です。 タスク管理アプリを使う理由としては、後述しますがリセマラを効率化 高速化 させるために必要になります。 リセマラ時間を短縮するために使いますので、必ずタスク終了系アプリをインストールしておいてください。 オートリセマラの設定について エミュ内での設定 リセマラ自動化には、Nox Playerの「スクリプトレコーディング機能」を活用します。 画面上のタップ箇所やタップするタイミングなどを記録することができるので、これらの機能を使ってリセマラします。 スクリプトレコードの設定方法 スクリプトレコードの記録方法を説明します。 記録が完了すると、レコーディングされたデータが一覧として表示されます。 一覧から再生ボタンを押すことで再生しますが、自動化では永続的に動かす必要があるため、歯車マークを押して「繰り返し実行」に変更してください。 スクリプトレコードで注意して欲しいのが、文字入力が記録できないことです。 エミュ内の仮想キーを使うことで文字入力できるのですが、いろいろと試しましたが文字入力は結局できませんでした。 なので、 アカウント引継ぎ設定などは手動入力が必要になります。 ゲーム内だけでなくホーム画面上でもレコーディングができるよ アプリ ゲーム のデータファイルを把握する 一般的なリセマラは、アプリをインストールする>ガチャまわす>アプリ削除する>再インストールする。 と、このような流れかと思います。 エミュレーターではアプリをインストールするのは最初の1回のみで、あとはゲームデータだけ移し変えれば再インストールする手間を省くことができます。 アプリをインストールしたときにデータファイルが自動的に追加されるのですが、クライアントデータを残したまま「ゲームデータ」を削除することで初めてアプリを起動したときと同じようにプレイすることができます。 また、アプリによってゲームデータ名が異なるので削除や移動するときは注意してください。 アカウントデータの参考 参考までに有名なゲームのデータファイル名を記載しますので参考にしてください。 モンストのデータファイル モンストのユーザーデーターが記録されているのは、「data10. bin」というデータになります。 このファイルは、運営サーバーに保存してあるデータにアクセスするための鍵のような役割りをしています。 モンストのゲーム情報が入っているファイルから、data10. binを別のファイルに移すことでアプリを削除しなくても、初期状態からゲームをスタートすることができます。 初期状態で始めると、新たにdata10. binがモンストのファイルに作成されます。 また、別ファイルに移したdata10. binをモンストのファイルに戻すことで、そのデータに入っているキャラで遊ぶことができます。 また、アプリによってはデータを保管することができない場合があります。 データ管理を端末側で一切させてくれないアプリが該当しますが、基本的にそういったゲームはあまりないはずです。 具体的に説明すると、アカウント連動型のアプリが該当すると思います。 アカウント連動型のアプリは、Googleアカウントと紐付いてデータの記録を残していたりするので、そういったゲームはリセマラには不向きです。 レコーディングの順番について ゲームのタイトル画面からスタート アプリの起動画面からレコーディングスタートすることをオススメします。 ゲームを開始するときに「規約に同意しますか?」の選択画面が表示されることが多いと思います。 タップしたら「規約に同意するか」の選択画面からスタートすると周回中のズレが発生しにくいです。 ガチャを引き終わったらキャラ一覧で待機 ゲーム内でガチャを引き終わった段階で「キャラ一覧」を開いて5秒ほど待機してください。 この5秒間にスクロガーでキャプチャーするように設定します。 秒数の設定は周回中のズレを意識したもののためこの辺りは任意で設定してください。 また、で説明しています。 ホーム画面に戻って、タスク管理アプリで強制終了させる アプリを終了させないとデータファイルを移動しても前回の画面から起動することがあるため、強制終了させて次に起動した際にタイトル画面から始まるようにします。 タスク管理アプリはAdvanced Task Killer Freeなどを利用しています。 ESファイルエクスプローラーでゲームデータのみをアプリフォルダから別のファイルに移す ESファイルエクスプローラーの画面を開いたときにあらかじめゲームデータが保存されている箇所を開いておくと効率がよくなります。 また、ファイルを移動した後にゲームデータが保存されていた画面に戻してからホーム画面に戻ることをオススメします。 そして、アプリを再起動させます。 起動した後に規約の同意選択画面で「同意しません」まで操作して終わります。 おわりに 以上でオートリセマラの解説を終了させていただきます。 オートリセマラ以外にも、周回プレイ等に活用することもできますが、 利用する場合は自己責任でお願いします。 外部ツールの利用は、規約違反となるためアカウント凍結されても文句が言えませんので注意してください。 いままでリセマラに使ってきましたが、アカウント凍結されたことはありません。 しかし、通常プレイなどで自動周回していたらアカウント凍結されたことはあるので、自己責任でよろしくお願いします。 レコーディングの順番について、もう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ カテゴリー• 133•

次の

【ドラクエタクト】リセマラ当たりランキングと超高速リセマラ方法!【DQタクト】

リセマラ 簡単

あわせて読みたい リセマラの意味 リセマラとは「リセットマラソン」の略。 チュートリアル終了後にレアガチャを引き、納得のいく結果が出るまでアプリのインストールとアンインストール(リセット)を繰り返す行為を指します。 当たりが出るまでひたすら同じ作業を繰り返す行為がまるでマラソンを思わせる事から、この名が付きました。 リセマラのやり方 では実際のリセマラの流れを、『モンスターストライク(モンスト)』で解説していきます。 ゲームによって多少の違いはありますが、基本的な流れはどのゲームでも同じで、以下の通りです。 ストアからアプリをインストールする 2. ゲームを始める 3. チュートリアルをプレイする 4. プレゼントBOXから、有料アイテムやガチャチケットを受け取る 5. レアガチャを引く 6. ガチャ結果に納得できなければ、アプリをアンインストールして1. たとえば『実況パワフルプロ野球』シリーズの天才型選手の厳選や、『モンスターハンター』シリーズのレア素材獲得のためのクエスト周回、『デモンズソウル』の刃石マラソンなど。 ただしこちらが1ユーザーの1本のゲーム内で完結するのに対し、ソーシャルゲームのリセマラはリアルマネーが絡む、ダウンロード数に影響を与えるなど、事情はだいぶ異なります。 リセマラのメリット・デメリット 今では多くの人が何気なくやっているリセマラですが、さまざまなメリット・デメリットが存在します。 中にはメーカーの運営や利用規約に関わるものもあるので、ぜひ知っておきましょう。 メリット 強力なキャラ・お気に入りのキャラを無料で入手できる ソーシャルゲームで最も手軽に強くなる方法は、レアガチャで強力なキャラクターや装備を入手する事。 ただしそういったものは排出率1%以下などよほど運がない限り1発で引くのは不可能です。 ですがリセマラで粘れば、 強力なキャラやお気に入りのキャラを、実質的に無料で獲得できます。 運が良ければまた強力なキャラを入手できるという好循環。 運営側にとっては、「ユーザーに熱中してもらえる」メリットも 苦労して手に入れたものに対して、価値を見いだしたくなるのが人間の性。 リセマラも同様で、 「あれだけリセマラしたんだから続けてみるか」という心理が働きます。 運営側にとっても、ユーザーに長く遊んでもらえるというメリットがあります。 デメリット 時間がかかる 運次第ですが、1%以下の確率を引くために何十回もアプリのダウンロードとチュートリアルを繰り返すリセマラは時間がかかります。 しかもソーシャルゲームのデータ容量は少なくとも1GBはあるため、ダウンロード時間だけでもかなりの量に。 そもそも「マラソン」という名の付くあたりから、その道のりの長さが伺えます。 リセマラは厳選しだすとキリがないため、適度な所で切り上げるのが大切です。 通信量がかかるため、Wi-Fiや使い放題のプランが必須 先ほども触れましたが、ソーシャルゲームは 少ないものでも約1GB、多いものでは約5GBの大容量のデータです。 モバイルデータ通信でリセマラでもしようものなら、あっという間に通信制限(ギガ不足)に達してしまいます。 そのためリセマラには、Wi-Fiか通信量使い放題のプランが必須です。 サーバーへの負荷が大きくなる リセマラはデータのダウンロードを何度も繰り返すため、サーバーへの負荷が大きくなります。 それを何千、何万単位の人数で行えばなおさらです。 リセマラの有無に関わらず、サービス開始直後にサーバーへの過重な負担で運営が立ち行かなくなり、長期メンテナンスが必要となったゲームも少なくありません。 運営側にとっては、ユーザーがリセマラをする前提でサーバーを用意する必要があります。 正確なアプリダウンロード数がわからなくなる リセマラでは一人のユーザーが何度もアプリをインストールをするため、その分アプリダウンロード数が多くなります。 一方でApp StoreやGoogle Playでは重複ダウンロード数はカウントしていないと言われています。 そのためメーカー側の発表と、ストアで表示されたダウンロード数に齟齬が生じる事も。 現在では「リセマラで水増しされているのでは?」という認識がユーザーにも広がっていますが、メーカーから発表された数字が本当か疑わしくなるのは事実です。 出典: リセマラはやるべきか? 今や当たり前のように行われているリセマラですが、それは必須でしょうか? その疑問に対する答えは、リセマラをする目的によって異なります。 「攻略を有利にするため」のリセマラは重要ではない リセマラをすることで確かにスタート時点では有利になりますが、長期的に見れば攻略面ではさほど重要ではありません。 というのも5年ほどソーシャルゲームをプレイしてきた筆者の経験上、長く続けていればいつかは神引き(大当たり)することもあるし、100連してもお目当てのキャラが出ない事もあるからです。 リセマラの差は時間(と課金額)で埋まっていきます。 また最近のソーシャルゲームでは、全キャラ最高レアリティまで育成できたり、低レアリティでも一点特化で使いようがあったりと、ガチャの差がなるべく出ないよう設計されたゲームも少なくありません。 対戦要素があって、それこそ全国ランキングで1位になりたいなら話は別ですが、そうでもなければリセマラで何時間も苦労するより、早く本編を楽しむ方がおすすめです。 「お気に入りのキャラを獲得するため」ならば致し方ない面も 一方で「リセマラは絶対にしなくていい」と言い切れない理由もあり、それが「強さ目的」ではなく「キャラ目的」の場合です。 特に外部作品のコラボがきっかけでそのアプリを始める場合、なんとしてもコラボ作品のキャラが欲しいはず。 しかも コラボキャラは版権の都合上、コラボ期間中しか獲得できない可能性が非常に高いです。 運営目線で考えると課金して当てて欲しい所ですが、ユーザーの金銭事情を考えると、リセマラした方がお得と言わざるを得ません。 リセマラは禁止行為か? 中には「リセマラは禁止ではないか?」と疑問に思う方もいるはず。 筆者が確認した限りでは、明確に「リセマラ禁止」と打ち出しているソーシャルゲームは見当たりません。 メーカーとしても、リセマラが当たり前となった現状、禁止にするとユーザーが付かなくなると危惧しているのではないでしょうか。 半ば黙認状態にあるように見受けられます。 複数アカウントの所持は禁止とされている。 解釈次第ではリセマラも? 直接リセマラを禁止する規約は見かけませんが、 「一人のユーザーが複数のアカウントを持つこと」は多くのソーシャルゲームで禁止されています。 出典: アプリのインストールと削除を繰り返すリセマラが複数アカウントの保有に該当するかは際どい所ですが、 解釈次第では抵触し得る事は覚えておくべきでしょう。 なおこの規約に則ると、 リセマラの途中でそこそこ良い結果が出たら引き継ぎコードを発行するなどして保留し、さらにリセマラを続ける行為は複数アカウントの所持に該当するものと思われます。 リセマラが簡単・大変なアプリ 最後にリセマラが簡単なアプリ、大変なアプリを一例として3つずつ紹介します。 リセマラにかかる時間はゲームによってさまざま。 どういったものがリセマラに向いているのか、そうでないのか、参考にどうぞ。 リセマラが簡単なアプリ 3選 この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ 『この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)』初のスマホRPG。 本作では チュートリアルをスキップして、いきなりレアガチャを引けるという、リセマラに優しい仕様となっています。 加えて初回10連は無料、10連分の有料アイテムと星4(最高レアリティ)確定チケットが配布されるため、1回のプレイで多くのガチャを引けるのもポイント。 星4の排出率も4%と比較的高めです。

次の