6 月 下旬 時候 の 挨拶。 【時候の挨拶】6月 ビジネス文例と結び!上旬・下旬の例文や挨拶文

6月の時候の挨拶まとめ!上旬・中旬・下旬に使える文例や結びの表現も紹介!

6 月 下旬 時候 の 挨拶

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。

次の

6月の時候のあいさつ【水無月】

6 月 下旬 時候 の 挨拶

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった6月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「6月」の書き出しの例文• 梅雨の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。 青田を渡る風もさわやかな季節、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 長雨が続きますが、いかがお過ごしですか。 今日は梅雨晴れの間の青空が広がりました。 皆様お健やかにお過ごしでしょうか。 鮎解禁の時期、夏も間近ですがいかがお過ごしですか。 こちらは今日まさに梅雨入り、そちらはいかがですか。 梅雨空のうっとおしい毎日ですが、皆様お変わりありませんか。 そろそろ海や山の恋しい季節となってまいりました。 いかがお過ごしですか。 さわやかな初夏の季節となりましたが、皆様お元気でしょうか。 雨に濡れた紫陽花が目に鮮やかです。 お元気でお過ごしでしょうか。 久しぶりの青空に夏の気配を感じる今日この頃。 そちらの様子はいかがですか。 初夏の風がさわやかな季節となりました。 お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。 今年もすでに半年を過ぎてしまいました。 ご無沙汰しております。 梅雨明けを迎え、気分をあらたに夏服を新調しました。 梅雨明けの青空が待たれる今日この頃。 お元気でお過ごしでしょうか。 学生さんの夏服姿に早くも夏を感じます。 衣替えの季節ですね。 紫陽花の色の移ろいが見事な季節、体調は万全でお過ごしでしょうか。 今年は空梅雨気味の暑い日が続いております。 いかがお過ごしですか。 衣替えの季節となりましたが、いかがお過ごしですか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 天候不順の折柄、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。 季節の変わり目です。 何卒お体を大切にお過ごしください。 心をふさぐような梅雨空が続きます。 どうかお体に気を付けて下さい。 しばらくはうっとおしい毎日ですが、どうか無理をしないよう。 梅雨寒の日が続きそうです。 お互い体調に気を付けて夏を待ちましょう。 薄暑のみぎり、お体大切に。 天候不順の折から、お風邪などお召しになりませんよう。 梅雨寒の日もございますので、夏風邪などお召しになりませんようお気を付けください。 まだまだ蒸し暑い日が続きます。 十分ご自愛くださいませ。 梅雨明けまでもう少し。 くれぐれもご健康にご留意ください。 楽しい夏はすぐそこです。 どうかお元気でご活躍くださいませ。 雨模様の中にも初夏の気配は漂っています。 お体に気を付けて。 うっとおしい毎日ですが、久しぶりにお話しでもして気分を晴らしましょう。 うっとおしい毎日ですが、お元気でお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。 梅雨が明けたら、是非ご一緒にお出かけしましょう。 梅雨明けまであとしばらくです。 お互い体に気を付けて夏を迎えましょう。 梅雨明けにはいましばらくの辛抱です。 くれぐれもご自愛くださいませ。 長雨が続きます。 お体に気を付けて。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 梅雨明けの青空が待たれる今日この頃。 お元気でお過ごしでしょうか。 今年は例年以上の長雨で、なかなか外出することもままならず、家の中で休日を過ごす毎日となっております。 ですが、そんな休日にあっても家の中で楽しめることもたくさんあり、この前の休日は子供たちと一日中テレビゲームをすることもありました。 普段、なかなかこういった機会が持てないこともあり、雨のおかげで違う体験もできたので、これはこれで梅雨の時期も悪くないと思う次第です。 そして梅雨寒の日もまだしばらく続きそうです。 お互い体調に気を付けて夏を待ちましょう。 あとがき 6月の時候の挨拶にはどういった言葉が使われるのか。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

次の

時候の挨拶6月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

6 月 下旬 時候 の 挨拶

手紙とは一般的に、書き出しの言葉である「頭語」で始まり、結びの言葉である「末文」で終わります。 結びの言葉は、書き出しの言葉に対応させて書きますので、決まった組み合わせがあります。 覚えておくとよいでしょう。 そして、送る相手との関係や内容によって、合うものを選択するようにしましょう。 そして、頭語の後に来るのが【時候の挨拶】です。 お手紙の中に季節やそれに沿った労いなどを感じさせるものは、頂く側にとってもうれしいもの。 ぜひ、皆さんも各月の時候の挨拶を使い分けてみてほしいものです。 時候の挨拶には定型句も用いられますが、お相手や内容によってはご自身で考えられたものでも構いません。 手紙の構成• 1・前文• お礼やお詫びの言葉を加える場合もこの項に書く。 2・主文:手紙を出す目的と要件を相手に伝わるように書く。 3・末文• 4・後付け• 5・添え書き:主文に書き忘れたことがある場合に書く。 年間のイベントで6月には「衣替え」や「父の日」「夏越しの祓」があります。 離れた土地に住む父親に、普段は言えない感謝の一文を入れて差し上げると喜ばれるでしょう。 また天候も梅雨に向かい変わりやすくなってきますので、そういった季節感を盛り込んだ言葉を入れ、受け取り手の気分を高めましょう。 6月の季語について QUOTE 季語(きご)とは、連歌、俳諧、俳句において用いられる特定の季節を表す言葉を言う。 引用元:wikipedia・季語 6月(水無月)の季語一覧 【時候】 夏至 皐月 田植時 仲夏 梅雨寒 入梅 白夜 半夏生 芒種 六月 【天文】 いなさ 空梅雨 薬降る 黒南風 黄雀風 五月闇 五月雨 五月晴 梅雨 梅雨雷 梅雨曇 梅雨空 梅雨の月梅雨の星 梅雨晴 虎が雨 ながしはえ 夏ぐれ 【地理】 井水増す 植田 五月川 皐月波 五月富士 五月山 梅雨穴 梅雨の山 出水 富士の雪解 【生活】 雨乞 雨休み 漁夫帰る 五月の鏡 菖蒲人形 菖蒲湯 田植 父の日 蛍狩 六日の菖蒲 【行事】 貴船祭 時の記念日 富士詣 【動物】 牛蛙 蚕蛾 夏蚕 鯰 濁り鮒 蛍 【植物】 アイリス 青梅 紫陽花 アマリリス 藺 オリーブの花 ガーベラ 南瓜の花 木耳 百日紅 菖蒲 西瓜の花 水芭蕉 百合の花 ラベンダー 若竹 【上旬編】6月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【上旬】6月の季語 6月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙の例文をご紹介します。 礼儀正しい印象を与えたいお相手に手紙を書くときの季節の挨拶文として使うといいでしょう。 【6月上旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙)• 初夏の候、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。 芒種のみぎり、先生におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。 時候不順の折、貴社の皆様におかれましては、ご壮健のこととお慶び申し上げます。 次に、6月上旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、プライベートなどの親しい方に対してのやさしめの表現のものをいくつかご紹介します。 季節の挨拶文の参考にしてくださいね。 【6月上旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(プライベートなどの親しい方に対してのお手紙)• 梅雨も近づいているようで空気が重たく湿気を帯びているようです。 空模様が気になる日々ですが、お元気ですか?• 試合が近いのに、ぐずついたお天気で練習する日が少ないのを心配しています。 〇〇様には辛い時期ですが、天候など気にせずに頑張っているのでしょうね。 夕暮れが早く虫がたのしげに歌っているかのようです。 ご無沙汰しております。 【上旬】6月の時候の挨拶を使った手紙の結び 6月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方への改まった表現のものをご紹介します。 結びの文章の組み合わせは「季節感のある言葉」+「相手を気遣う(労う)言葉」が基本です。 【6月上旬】季節の挨拶を使ったお手紙の結び(取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙)• しっとりとした空気に緑の香りが漂う初夏の候にあっても、ますますご繁栄されることをお祈り申し上げます。 天候に負けずにご活躍のこと、結びのご挨拶とさせていただきます。 次に、6月上旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、プライベートなどの親しい方に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 気持ちを込めて言葉にするといいですね。 【6月上旬】季節の挨拶を使ったお手紙の結び(プライベートなどの親しい方に対してのお手紙)• 今週の雨が気になるところですが、詳細が決まり次第、ご連絡いたしますね。 空模様が気になり、荷物もひとつ増えてうっとうしい時期ですが、雨上りの空のようにすがすがしい気持ちでお過ごしください。 【中旬編】6月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【中旬】6月の季語 6月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙の例文をご紹介します。 季語では堅苦しいイメージになってしまいそう...。 しかし、礼儀正しい印象を与えたいお相手に手紙を書きたい!と、いう時の参考にしてみてくださいね。 【6月中旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙)• 梅雨寒の候、貴社におかれましては益々のご発展お慶び申し上げます。 梅の実色づくみぎり、先生におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。 紫陽花目に映える折、貴社の皆様におかれましては、ご壮健のこととお慶び申し上げます。 次に、6月中旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、プライベートなどの親しい方に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 自分が感じていることに加え、受取り手がどのように感じているかも想像しながら書くとよいでしょう。 【6月中旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(プライベートなどの親しい方に対してのお手紙)• 雨に映える紫陽花の花も美しく咲き誇っています。 お元気でお過ごしですか?• 梅雨晴れが清々しい季節ですね。 バタバタしていてすっかり連絡が途絶えがちになってしまいましたが、お父さん、お元気ですか? 【中旬】6月の時候の挨拶を使った手紙の結び 6月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、改まった表現のものをご紹介します。 受取り手の健康への気遣いや社業の繁栄を祈る言葉と共に、季節感を盛り込んだ一言を加えるといいでしょう。 【6月中旬】季節の挨拶を使ったお手紙の結び(取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙)• 御田植神事の折、スクスクと成長する稲が実りの秋を迎えるような貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。 梅雨明けの待たれるみぎり、先生のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 次に、6月中旬の時候の挨拶を使った手紙の結びで、親しい人に送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 受取り手の癖や特徴を挙げながらも、それらを賞賛したり、気遣う言葉で結ぶと喜ばれるでしょう。 【6月中旬】季節の挨拶を使ったお手紙の結び(プライベートなどの親しい方に対してのお手紙)• 父の日にお会いできなかったのが残念ですが、お盆には帰省しますのでご自愛くださいね。 真っ赤に熟したトマトのようにみずみずしく、健康を保っていてください。 【下旬編】6月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【下旬】6月の季語 6月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方への改まった表現のものをご紹介します。 受取り手が、6月を感じることができるような言葉を選ぶとよいでしょう。 【6月下旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(取引先、上司や先輩、恩師などの目上の方へ改まったお手紙)• 夏至の候、貴社におかれましては益々のご発展お慶び申し上げます。 菖蒲の花咲くみぎり、先生におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。 次に、6月下旬の時候の挨拶を使った手紙の書き出しで、プライベートなどの親しい方に対して送るやわらかめの表現のものをご紹介します。 受取り手のお住まいの地域に合わせた季語を選ぶと、配慮のできる方だと思われます。 天気予報なども活用して、受取り手の生活もイメージしながら気持ちを込めて書くとよいでしょう。 【6月下旬】季節の挨拶を使ったお手紙の書き出し(プライベートなどの親しい方に対してのお手紙)• あやめの花がつゆに濡れて美しく咲いています。 ますます蒸し暑い日が多くなりますのでご自愛くださいませ。 【下旬】6月の時候の挨拶を使った手紙の結び せっかく、季語や時候の挨拶が素敵なものであっても「頭語」と「末文」がバラバラでは格好の悪いものです。 書き出しの言葉と結びの言葉はセットで覚えておきましょう。 書き出しの言葉と結びの言葉の組合せ 書き出しの言葉 拝啓 謹啓 前略(前文を省略するとき) 拝復(返信のとき) 結びの言葉 敬具(拝啓 謹啓 拝復に対応) 草々(前略に対応) かしこ(女性用の結びの言葉) 結びの言葉 敬具(拝啓 謹啓 拝復に対応) 草々(前略に対応) かしこ(女性用の結びの言葉) 風習を織り込んで風流な季語を 母の日よりも少々、話題に上りにくい父の日ですが、6月の第3日曜日は「父の日」。 母の日同様、日ごろはなかなか恥ずかしくて感謝を伝えられないお父さんに、日頃の労いの言葉と感謝を伝えるのも素敵です。 また、季語としても使うことで直接的な表現にならずに照れる気持ちも伝わるでしょう。 6月の時候の挨拶を知って上手に手紙を書こう! 時候の挨拶に、季節の言葉となる季語を盛り込まれていると、センスの高さや感受性の豊かさ、教養の深さを感じられるものです。 季語は、そう難しく考えなくても、五感で感じた事柄を言葉に載せてみるだけで大丈夫なのです。 それでも、思いつかないと感じられる方は、一覧表の季語に「候」「みぎり」「折」を付け加えてください。 改まった語調となるため、取引先や上司、先輩などのビジネスシーンにおいても重宝します。 その詳細について関連記事に書かれていますので、併せてお読みくださいね。

次の