バンギラス りゅう の まい。 ポケモンのことなのですが

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

バンギラス りゅう の まい

弱点が7つと一見して劣悪な複合だが、耐性も多く、弱点の突かれやすさを補って余りある圧倒的な種族値を持つ。 高い耐久値に加え、特性「」により特防1. 5倍の恩恵を受けるので弱点攻撃でも容易には崩されない。 圧倒的な種族値に加え豊富な攻撃技と多彩な変化技を持ち、高い種族値をさらに強化するメガシンカまで備えるため非常に多芸である。 エースとしての運用はもちろん砂エースのとの組み合わせも有名。 補完に優れるを添えた「バンドリマンダ」は古くから存在する基本的な並びのひとつ。 と比べると弱点を突かれやすくあくびや回復技を覚えない一方、型が絞られづらく自身が高火力アタッカーに転じられる点で勝る。 に関しても、種族値と習得技のレパートリーに圧倒的な差があるため差別化を気にする必要はない。 新要素のZワザは役割破壊技のきあいだまなども必中化するため相手に使われると厄介だが、技レパートリーの多い自身にとっての恩恵も大きい。 環境トップの一角であるに強く、前世代より増えた天候特性持ちに対する後出しによる天候の上書き、 のエスパー技の一貫切りの役割もあって、タイプ上不利なフェアリーが増えた現環境でも様々な需要を維持している。 〈メガバンギラスについて〉 バンギラスナイトはインターネット大会「2017 International Challenge May」参加者に6月6日 火 から配布。 レートで使用可能。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 フェアリー増加により格闘が減ったため岩技の一貫性は上がっている。 りゅうのまいやでんじはと合わせて怯みも狙える。 いわなだれ以上に命中安定であり確定数も大差無いためサポート型以外でも候補に入る。 イカサマ 悪 95 142 100 - 相手の攻撃力に依存するため不安定だが、A無振りでも高威力が出せる場面がある。 耐久に努力値を割く場合に。 対面有利な相手に確実に負担を与えサイクルカットを狙う場合にも。 けたぐり 闘 〜120 100 - 岩・悪の相性補完として優秀だが、相手を選ぶ技。 ただしデメリットは結構痛い。 じしん 地 100 100 - 鋼対策。 炎技や格闘技と選択。 岩・悪半減のやに。 耐久調整されると乱数に。 ・に有効だが持ち物orランク補正がないとH振りは確1では落とせない。 岩の特殊技は火力不足のげんしのちからのみ。 物理型でも候補に入る。 サイクルを回し複数回撃つならこちらでも良い。 や電気・岩・毒に。 地面技や炎技とは範囲が被り気味。 変化技 タイプ 命中 備考 りゅうのまい 竜 - 最速1舞で116族まで抜ける。 メガシンカなら130族まで。 でんじは 電 90 起点作成やにみちづれされないために。 地面を呼ぶので注意。 みがわり 無 - 交代読みの選択肢の1つ。 一部の敵にとても有利になる。 まもる 無 - すなおこしと合わせてタスキ・がんじょう潰し。 とびひざげりの牽制。 どくどく 毒 90 受けループ時のダメージ蓄積手段。 ステルスロック 岩 - サイクル戦に向く技。 ほえる 無 - 主にステルスロックと合わせて。 ちょうはつ 悪 100 速くはないが高耐久のため使いやすい。 Zワザ考察 Zワザ 元にする技 威力 解説 ワールズエンドフォール ストーンエッジ 180 270 必中高威力になり使いやすくなる。 A特化でH4を砂ダメージ込で確定1発。 同条件でH252を中乱数1発。 半減でも無振りを半分以上削る。 いわなだれ 140 210 ダブルでの全体攻撃と単体攻撃のスイッチ。 ブラックホールイクリプス かみくだく 160 240 非接触。 ぜんりょくむそうげきれつけん ばかぢから 190 能力低下無し。 ライジングランドオーバー じしん 180 岩技との補完に優れる。 ダブルでは味方を巻き込まない+全体技補正のない攻撃技に。 ダイナミックフルフレイム だいもんじ 185 役割破壊。 や、へ。 C特化でH252テッカグヤ中乱数1発、H252マッシブーン・エアームドを確定一発。 ほのおのパンチ 120 Bの高い相手にはZだいもんじのほうが有効な場合が多いがりゅうのまいで威力補強が可能。 非接触になる点も優秀。 ロッカはスカーフサザンドラまで抜ける。 本家より運用しづらいとのことで移動。 一般的な砂撒き要員も熟すならすなおこし、非砂パならきんちょうかんでシュカなどをつぶしながら動く。 竜の舞っていうのはかなり読まれにくいし火力が上げられるから攻撃降らない分他にまわせる。 実質上ルカリオの波動弾程度なら余裕持って耐えられる程度の特殊耐久と最速を両立できた 一回積んだ後ならほとんどのポケモンを確1に出来るのもいい。 持ち物は色々試したけどヨプorラムが一番使いやすかった 竜舞に関しては実際にBW1の最後のオフ会でも竜舞バンギ入りの構築が優勝経験あったりと実戦的なものなのは確か。 これの問題は説明が雑でロッカとかも混じっちゃってたりしてごちゃごちゃだからに落ちているという状況。 説明を書ける人が現れるまでは本家掲載は不可だろうね。 特殊なら格闘ですら一発耐えるし、4倍のきあいだまって命中70だから でんじは>ねむカゴ>まひるみ で運ゲではあるが結構仕事できる。 特性が被るが物理受けカバと一緒に使用するとけっこう良い感じだった。 例のゾロアークから諸々経由で遺伝できるバークアウトは候補に入るか? 鉄壁・鈍い・ステロとは両立できないけど・・・ HDでねむねごのろエッジは駄目か? 有利な相手どころか半端なアタッカーなら不利なタイプでも勝てる。 ・うずしおについて 確定技。 毒々と組み合わせることにより対受けループメタとなる(自然回復輝石ラッキーなど) 渦潮採用により毒々を抜くのはNG。 再生回復持ちを処理できなくなる。 考察があまりにも適当すぎて即削除された。 やりたいことはわかるが、遂行速度が遅すぎて、むしろ勝てる相手に勝てなくなる。 自分は、あまごい/でんじは/いわなだれ/だいもんじ@湿った岩 に結局落ち着いた。 ステロも捨てがたいけど。 1ターン目に砂嵐特防UPで弱点特殊技を耐えて電磁波、砂ダメで相手の襷潰して、2ターン目に雨乞いして後続に繋げたり、 相手によってまひるみしたり、雨パの天敵ナットレイを焼いたりとそこそこ器用。 注意すべき点 H振りだけでA182のじしん、C205のC1段階上昇むしのさざめきを両方確定で耐えるため弱点技でも1撃で落とすのは難しい。 多くの天候特性持ちに対して一致技で弱点を付けるため、それらに後出しされると一気に形勢が不利になる場合も。 火力はもちろん特殊技・補助技のレパートリーも充実しているため型も豊富。 見せあいの時点で多くのポケモンが選出を縛られる。 一致格闘技で一気に落としたいが相手も格闘受けを用意していることがほとんどなため、それらの交代を読んで立ち回る必要がある。 対策方法 一致技を両方半減でき逆に4倍弱点をつける格闘タイプが有効。 まもる持ちの個体が一定数いるため遂行技がとびひざげりの格闘タイプは注意が必要。 砂嵐によって特殊耐久を補強しているため、死にだしから天候特性持ちを出して天候を変えてしまうのも手。 -耐久・火力とも高水準でありマッハパンチで縛れるため、対策としては最安定と言える。 -耐久は低めだが同じくマッハパンチが使え、交代読みのきのこのほうし・がんせきふうじもあるため有利な読み合いが可能。 -耐性により比較的後出しやすくインファイトで先制確1が狙える。 ただしバンギラス側の無補正A252じしんで乱数1発のため交代読みに注意。 -タイプ上比較的有利だが一発耐えて氷技で落とされるリスクがある。 ある程度削ってから死に出しし襷orスカーフじしんで落とすのが無難。 ただしヨプのみ持ちは落とせず後出しは不可能。 ローブシン以外でより対策を安定させるなら削りを入れて先制技圏内に入れたり、ほえるや電磁波でりゅうのまいを抑止しつつ死に出しが一番良い。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技59 ぶんまわす 60 100 あく 物理 20 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技69 ロックカット - - いわ 変化 20 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技95 バークアウト 55 95 あく 特殊 15 技97 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No. 17 げきりん : Lv. 53 きあいだめ : Lv. 6 げんしのちから : Lv. 32 のろい : Lv. 25 ダメおし : Lv. 7 アイアンヘッド : Lv. 42 アイアンテール : Lv.

次の

ポケモンのことなのですが

バンギラス りゅう の まい

竜舞しないと数値の高い置物.......。 やってやろうじゃねえか!!! も言葉を失う調整!? 注意:ックスをDMと書いてます。 (分かりずらい) そして竜の舞前提で書いてます。 筆者まーにーは現在受けループを使っています。 そのためが憎いので受けループなのにでを倒す止まらない抜きエース調整をしました。 竜舞DMで1体倒せばほぼ確実にもう一体倒せます。 をで対応するプレイヤー多すぎ。 (砂込みで確定にすると鬼火ではなく力を吸い取るから入ってくるに勝てません。 5~118. 5〜69. 2% 〇A+3噛み砕く 特化奇跡 100. 5〜119. 7% 〇A+0けたぐり(DM威力は100) 無振り76. 6〜91. 0% 威力100 特化 38. 6〜46. 4% 威力100 〇A+0ダイナックル100(通常けたぐり威力120) H252B20意地 102. 4〜121. 下には通常時のダメージ) 無振り 150ジャイロ 76. 2〜90. 6%(竜舞していなかったら威力118) 陽気珠じゃれつく 73. 4〜87. 8% 陽気珠 かげうち 8. 8〜9. 9% 意地珠 じゃれつく 81. 7〜96. 1% 陽気DM珠 ダイフェアリー 53. 8〜63. 2%(DM時) 特化オーロンゲソラッシュ 64. 0〜76. 2% 陽気 83. 9〜99. 7〜208. 8% 臆病 気合玉 148. 0〜174. 5%(砂なし) 臆病ラスターカノン 33. 1〜39. 7%(砂あり) DMラスターカノン 53. 0〜62. 9% (砂あり) 臆病 33. 1〜39. 砂嵐で襷貫通して倒せて、無駄なくDMターンを使えるのも魅力。 そしては基本的に弱点保険を警戒してくれるため、格闘技以外の弱点はなかなか来ません(相手次第)。 技構成は諸説なところが多いですが、今作のプレイングを引き出すのはステータスの上がるックスであると勝手に信じています。 やは欲しいけどコンセプトとメタから不採用(ダイナックルよりエッジの方が強いと思う....... ) メガとZなくても竜舞バンギは強い。 竜舞が環境に少ないのが追い風!! サポートや砂、削りで使うならこの調整は絶対にやめましょう。 もっといい型があります() ヘビボ意地の孵化余りあります。 DMしてくれれば出します。 終わり marniemon.

次の

バンギラス

バンギラス りゅう の まい

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策【破壊王!実質700族の暴君】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はランクマッチで使えるポケモンの中でも際立って強力なポケモンの一体であるバンギラスについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 バンギラスの基本ステータス 600族の高ステータス バンギラスは通称600族といわれる合計種族値600のポケモンです。 全体的なステータスも高く、高耐久・高火力を出すことができます。 唯一低めの素早さでさえも61と60族より「1」だけ高くなっており、例えばニンフィアやラプラス、オーロンゲなどを抜くことができます。 7タイプもの弱点 圧倒的に高いステータスの代わりに弱点は非常に多く、7タイプもの弱点を持ちます。 ただし格闘以外は2倍弱点となっており、特に特殊型では高火力ポケモンがうつ場合でも5〜6割程度、低火力ポケモンでは4割程度しかダメージを与えられません。 そのため弱点保険と相性がよく、ほとんどのバンギラスが弱点保険を持っています。 安易に弱点をつくと、攻撃2段階上昇による全抜きで逆転されてしまうことはよくある風景です。 ただし4倍弱点の格闘は受けきることができず一撃で倒せるため、バンギラス対策として使われます。 特性:すなおこしと組み合わせて特防1. 5倍 バンギラスは。 つまり、ざっくり特防種族値150になります。 さらに、弱点保険を持つ個体が多いため相手は容易に弱点を突いてくることができません。 (4倍弱点の格闘は例外) なぜなら弱点保険で攻撃特攻2段階上昇したダイマックスバンギラスを止められるすべはほぼないからです。 そのため、確定で落とせる範囲内まで弱点をうたれることはなく、等倍・もしくはいまひとつの攻撃をしてくるので実質的な種族値はほぼ700族となります。 弱点保険が発動してしまうと700族どころか800族の戦いになるので、確実に倒せるとき以外は安易にバンギラスの弱点をついてはいけません。 バンギラスの育成論と戦い方 バンギラスはその高い種族値から、• 物理アタッカー• 特殊アタッカー• 起点作成サポート そのいずれもこなすことができます。 一番多い物理アタッカー型から見ていきましょう。 細かい育成論や数値調整はやYoutubeがあるためここではもっとざっくりと説明します。 これをもとに「あぁそういえばそんな選択肢もあったね」と、自分なりに詰めていく助けになればと思います。 何しろ自分なりの机上の空論を詰めていって、ランクバトルで実際に試してみてPDCAを回すのがポケモンの醍醐味ですからね。 とりあえず育成論を動画であげているトレーナーがいたのではっておきますね。 物理アタッカー型バンギラス 最も多いのがこの物理アタッカー型バンギラスです。 134という高い物理攻撃種族値から繰り出される一撃は、多くのポケモンのHPを致命傷にまで削ります。 持ち物• じゃくてんほけん(弱点が多く高耐久のため発動機会が多い)• とつげきチョッキ(特防をさらに1. 5倍にすることで努力値を振らずとも強力な特殊受けになる)• ラムのみ(やけど対策) を持っていることが多いですが、9割型じゃくてんほけんだと思っていいでしょう。 努力値• HA型(攻撃特化)• HB型(防御特化)• HD型(特防特化) 耐久を伸ばすか火力を伸ばすかですが、じゃくてんほけん発動・砂嵐を前提とすると攻撃・特防は十分なのでHB型がバランスがいいでしょう。 ただしぶっぱをするよりも、仮想敵となるポケモンを確定1発で落とせるまで攻撃に努力値をふったり、弱点をつけれても3発は耐えるように調整(1発目で弱点保険発動して返り討ち、2発目で2体目を1撃で倒す、3発目で3体目を倒して全抜き)することもあります。 素早さを上げているバンギラスはほとんど見ませんが、極稀に存在するようです。 カッコいいし強いしめちゃくちゃ人気のポケモンなので、みんなそれぞれに凝った調整をかけているようですね。 いじっぱり(攻撃特化)• わんぱく(防御特化)• しんちょう(特防特化) こちらも努力値同様バランスをとるならわんぱくです。 ただ、ポケモンでは一般的に役割特化させた方が強力だったりするので、特防に特化させて特殊受け専門にするのもいいでしょう。 じゃくてんほけんが発動さえすればそれでもかなりの火力が出ます。 ストーンエッジ(タイプ一致メインウェポン1)• かみくだく(タイプ一致メインウェポン2)• アイアンヘッド(フェアリー打点かつダイスチルで防御UP)• じしん(威力命中安定かつダイアースで特防UP)• ほのおのパンチ・だいもんじ・かえんほうしゃ(アーマーガア、ナットレイなど鋼打点)• ばかぢから(対バンギラス)• ロックブラスト(対ミミッキュ)• りゅうのまい・のろい(積みエース型)• ちょうはつ(対受けポケモン) ストーンエッジとかみくだくは確定わざとして持っておいていいでしょう。 ただでさえ高い攻撃力ですがタイプ一致わざによってさらに1. 5倍の威力でうつことができます。 命中不安ではありますがストーンエッジは急所にあたればさらに1. 5倍されますし、防御ランクUPも無視してダメージを与えられるので、例えばアーマーガアがてっぺきを積んできたときにワンチャンでうって倒し切ることもできるかもしれません。 鋼打点の炎は物理型のほのおのパンチを採用しているトレーナーと、特殊攻撃のだいもんじやかえんほうしゃを採用している場合も多いです。 じゃくてんほけん発動+ダイバーンによる天候操作でひざしがつよいにすれば特攻にふっていないバンギラスでもだいもんじでかなりの火力(アーマーガア確定1発)を出すことができます。 物理アタッカーバンギラスを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 特殊アタッカー型バンギラス 特攻種族値は95とそれほど高いわけではありませんが、特化させることで十分活用できるレベルになります。 物理型が多いので意表を突くことができ、うまく使いこなせれば勝ち筋につながります。 持ち物• じゃくてんほけん(安定の持ち物)• こだわりメガネ(確実に高火力を出すときに)• いのちのたま(メガネよりは柔軟性を出したいときに)• たつじんのおび(いのちを削りたくないときに) 物理型よりは火力が落ちるため、火力UPの持ち物をもたせたほうがいいでしょう。 じゃくてんほけんは物理型・特殊型問わず優秀です。 うまく発動させるためには• 物理型相手に別のポケモンで鬼火を入れる(ミミッキュなど)• アイアンヘッドなどバンギラスにも弱点になるわざをうってくるタイミングで交代• じゃくてんほけん発動 という流れがいいでしょう。 もしくは初手とんぼ返りをうってきそうな相手に受け出しでじゃくてんほけんを発動させるのもいいでしょう。 バンギラスのじゃくてんほけんはすでに多くのトレーナーに警戒されているので、ひと手間かけて上げることで発動率が上がります。 努力値 足りない特攻を上げたいので、HC型が一般的だと思います。 じゃくてんほけん型であれば、耐久方面に降るのもありです。 性格 こちらも特攻を上げるひかえめが一般的でしょう。 これも努力値同様じゃくてんほけん型であれば耐久にふるのもありです。 だいもんじ・かえんほうしゃ(鋼対策のサブウェポン。 ダイバーンの天候操作で威力1. 5倍)• あくのはどう(通りの良いタイプ一致メインウェポン。 はかいこうせん(最後の1撃、ダイアタックで素早さデバフ)• ハイドロポンプ・なみのり(予想外の水わざ。 ダイストリームでかみなりを必中&水威力1. ふぶき・れいとうビーム(対じめん、ドラゴン、飛行、草。 ダイアイスでふぶき必中のあられに天候操作)• かみなり・10まんボルト(対ギャラドスやインテレオン。 ダイサンダーで眠り対策)• りゅうのはどう(通りの良いドラゴン技。 ダイドラグーンで攻撃デバフ)• きあいだま(対バンギラス)• だいちのちから(多くの弱点をつける地面技。 ダイアースで特防UP)• げんしのちから(威力が低いが特殊タイプ一致。 ダイロックの天候操作で再度砂嵐にするときにも)• ちょうはつ(対受けポケモン) 特殊型バンギラスはかなり広い技範囲を持つので、ほとんどすべての盤面で相手の弱点をつけるような環境になっています。 特攻種族値が低いものの、弱点をつければ威力が2倍になることから使いこなせれば非常に環境に刺さる型でしょう。 とはいえタイプ一致のいわ技が威力60のげんしのちからしかないのがネックですね。 特殊アタッカーバンギラスを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 サポート型バンギラス バンギラスはエースとして活躍することが多いですが、稀に場を整える起点作成型が存在します。 耐久力が高く ステルスロックもまけるので、適性は十分にあります。 さらにもともと高い火力があるので、余力があれば相手を削ってから退場することまでやってのけます。 持ち物• とつげきチョッキ• たべのこし• オボンのみなど回復きのみ• 格闘半減実• じゃくてんほけん• さらさらいわ(砂嵐を8ターンに伸ばす)• カゴのみ(ねむると合わせて回復) 起点作成を完了するまで倒れないように耐久を上げる持ち物がおすすめです。 ワンチャンじゃくてんほけんをもたせると、弱点をつかれたときに起点作成型とはいえ相手を倒せる可能性が出てきます。 ただ、それであればギルガルドやトゲキッスをアタッカーとして選出してそちらに持たせたほうがパーティ全体の安定性は上がりそうです。 努力値• HB型(物理受け)• HD型(特殊受け)• HBD型(バランス型) 主な役割が起点作成なので、耐久を伸ばす努力値調整をするのがおすすめです。 とはいえ役割に特化させるほうがポケモンはだいたい強いので、特殊受けに特化させて、相手の先発が特殊がきそうならバンギラス、物理がきそうなら他の物理受け特化の起点作成ポケモン(カバルドンなど)を選出するのがいいでしょう。 バンドリュカバ(バンギラス・ドリュウズ・カバルドン)の「すなパ」の並びは有名です。 わんぱく(物理受け)• しんちょう(特殊受け) 攻撃の前に起点作成の変化技をうつので、基本はこの2択だと思います。 ステルスロック(安定の起点作成わざ)• でんじは(安定の起点作成わざ)• ねむる(カゴのみと合わせて居座ってできるだけ削る場合)• てっぺき(物理特化で居座って削るときに)• ボディプレス(てっぺきと合わせて)• イカサマ(てっぺきに合わせて攻撃を上げてきた相手に)• ちょうはつ(自分が起点にされるのを軽減)• ワイドブレイカー(物理攻撃デバフ)• がんせきふうじ・じならし・こわいかお(素早さデバフ)• いやなおと(意表を突く防御2段階デバフ)• ストーンエッジ・かみくだく(無振りでもそこそこの威力のタイプ一致わざ) 基本的にはステルスロックとでんじはをまいたら仕事は終わりなので、あとは命尽きるまで相手を削るなりデバフをかけるでもよし、一旦引いて麻痺していないポケモンが出てきたら麻痺をまく係として再びでてくるでもよしです。 物理耐久もしくは特殊耐久に特化させることで、役割対象の型にはほぼ削られることがなく安定して後出しすることができます。 バンギラスの対策 バンギラスは強すぎてほとんど銀の弾丸となるような対策はありませんが、いくつか対策があるのでご紹介します。 格闘4倍弱点• やけど・いかく• 物理受け 格闘4倍弱点 格闘4倍弱点をつければサブウェポンでも一撃で倒せることが多くおすすめです。 特にタイプ一致格闘・もしくは防御特化のボディプレスなら致命傷は確実でしょう。 防御特化アーマーガア• ローブシン• 防御特化ハガネール などが対策として考えられます。 やけど・いかく 物理アタッカーが多いバンギラスなので、熱湯や鬼火による火傷狙いは効果的です。 また、ギャラドスやウインディによるいかくも効果的です。 (ただしどちらもバンギラスにタイプ一致弱点=岩わざストーンエッジをつかれてやられてしまうので、死に出しで出したらすぐ引くorダイマックスで耐える動きが必要です。 ) そのまま弱点保険を発動させないように削っていけば、意外と何もさせずに倒すことも可能です。 ただし当然特殊型バンギラスには全く通用しないのでそこは注意しましょう。 物理受け 下記のような物理受け性能が高いポケモンを使うことで弱点保険を発動させなければ完封できることもあります。 サニーゴ(特殊型だと返り討ち)• アーマーガア(弱点保険発動+ダイバーンを覚えていると返り討ち。 弱点保険ダイロックでも危ない)• ナットレイ(アーマーガア同様炎技を覚えている個体だと返り討ち) まとめ:【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策【破壊王!実質700族の暴君】 いかがでしたでしょうか。 バンギラスは「ザ・怪獣」って感じで男の子受けするフォルムだけでなく、トップクラスの強さを誇るので大人気なポケモンの一体です。 僕もトップ5に入るほど好きなポケモンなので、選出率は非常に高いです。 まだその強力すぎる強さを体感したことがない方は、ぜひ育ててみてください。 それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の