八戸 殺人。 【八戸市ケンカ刺殺事件】米倉彪真容疑者(24)あっさり逮捕「折りたたみナイフで一突き」小清水源さん死亡【知人同士の殺人】

青森八戸切りつけ事件・14歳男子中学生の『家族』〜両親は共稼ぎの中流家庭か?

八戸 殺人

八戸市新井田西一丁目の路上で女子児童が切りつけられる TBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 12日夕方、青森県八戸市で小学生の女の子が見知らぬ男に刃物で切りつけられ、けがをした事件で、青森県警は八戸市内に住む14歳の男子中学生を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、八戸市内に住む14歳の男子中学生で、12日午後5時前、八戸市新井田西1丁目の路上で帰宅途中だった小学校高学年の女の子の喉のあたりを刃物で切りつけた疑いが持たれています。 女の子は全治3週間のけがで、命に別状はありませんでした。 警察によりますと、防犯カメラの映像などから男子中学生を割り出し、市内で身柄を確保。 12日深夜、緊急逮捕しました。 男子中学生は容疑を認めていて、「カッターナイフで殺すつもりだった」という趣旨の供述をしているということです。 出典: スポンサーリンク 八戸市の切りつけ現場がこちら では、八戸市の切りつけ現場とされている場所は一体どこだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。 出典: こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。 現場は、青森県八戸市新井田西一丁目17にある路上で、すぐそばには認定こども園である木の実園という保育園も存在しております。 出典:NNN スポンサーリンク 犯人の中学生は犯行前に防犯カメラに写っていた NHKなどの報道機関によれば、犯人の中学生が被害者の女子児童の後をつける様子が防犯カメラに映し出されていたそうです。 出典:NHK NEWS WEB 防犯カメラに映し出されていた現場がこちらです。 そして、この防犯カメラの映像が撮影されてから現場付近までは以下のような経路となっております。 執拗に後をつけて行く様子が防犯カメラに映し出されておりますが、この辺りは夕方から夜になると非常に薄暗くなるため、犯人の中学生については気がつかなったのかもしれません。 スポンサーリンク 八戸の切りつけ犯人の中学生の名前や顔画像を特定か? では、八戸通り魔の犯人・大館中2年の男性生徒の名前や顔画像は公開されているのでしょうか? 報道機関はこういった未成年の犯行の場合、少年法に法って自主規制を敷くことがあり、名前や顔画像などを公開することはまずありません。 しかしながら、2019年7月に発生した埼玉県所沢市で中学生が同級生にでは、ネット民によって情報がリークされましたので、今回の事件も通っていた中学校の関係者からリークされることがあるのかもしれません。 こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。 また、主に少年という未成年のくくりの中でも、0〜10歳、11〜13歳、14歳・15歳、16歳・17歳、18・19歳という年齢によって細かく罰せられる内容が異なり、犯人は14歳ということで、刑事責任年齢には達しているものの、刑事処分が相当と判断されなければ送致されることはありません。 (被害者死亡の場合は原則として送致) また、17歳未満であれば死刑は無期刑に、無期刑は20年以下の有期刑に減刑されるなどの待遇がある他、15歳未満は原則として刑事裁判を受けることはありません。 スポンサーリンク 八戸の切りつけ犯人の中学生はどこの中学校の生徒なのか? では、この犯人の中学生は一体どこの中学校に通っていたというのでしょうか? 少年法に守られているために、この切りつけ犯人の中学生に関してはどこの中学校であったのかはリークされておりません。 しかしながら、被害女子児童に関してはNEWS ZEROが小学校にインタビューをしており、八戸市立新井田小学校であることも判明しております。 出典:NEWS ZERO もっとも、犯行現場となった新井田西地区の学区を見れば、新井田小学校に通っていることは容易に想像がつきますので、被害女児に関しては新井田小学校の生徒とみて間違い無いと思います。 犯人の中学生に関してですが、新井田地区に住んでいるとすれば大館中学校が該当すると思われます。 出典:八戸市 別の防犯カメラの映像では、ここを通った形跡を確認することができます。 出典:NEWS ZERO こちらは、県道193号線(差波新井田線)と呼ばれる道路で、八戸市是川の青森県道138号島守八戸線交点から新井田川を渡って北上し、八戸市新井田字鷹清水で国道45号八戸バイパスに至る道路として知られております。 そして、この県道139号線でありますが、大館中学校の真横を通っている道路としても知られておりますので、この道路の道なりに国道45号線向かって行けば自ずと防犯カメラに映し出された現場付近にたどり着くことになるのです。 こうしたことを加味すれば、やはり犯人の中学生は大館中学校の2年生だったのではないかと推測されるのです。 スポンサーリンク 犯人の中学生の犯行動機は「殺すことに興味があった」ため そんな、犯人の中学生の動機なのですが人を殺すことに興味があったということを供述しているといいます。 青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。 「誰でもよかった」との内容の話もしているといい、県警が動機を詳しく調べている。 出典: 少年犯罪で殺人などを犯す凶悪犯に共通する特徴として、幼き頃に両親から虐待を受けるなどの精神的なショックを受けており、その溢れるばかりのストレスを自らが弱い動物を虐待するなどして発散することがあるのだそうです。 その発散した際に強烈な快感を覚えることによって徐々にエスカレートしていき、最終的に攻撃対象が人間へと移っていくと言われております。 そうした何か強いストレスなどが中学生という多感な時期(思春期)によって爆発してしまい、誰でも良かったから殺害しようとしたのではないでしょうか? 人を殺すことに興味があったというなんとも恐ろしい心理が働いていた背景には、生い立ちが関係しているはずです。 スポンサーリンク 八戸・切りつけの犯人の中学生の生い立ちについて 犯人の中学生に関して、八戸市の教育委員会伊藤博章委員長は、特に変わった様子などはなかったということを発表ております。 出典:NEWS ZERO 学校ではこれまで騒ぎを起こすような人物ではなく、運動部にも属して部活動に励んでいたのだそうですが、なぜか犯行に及んでしまっています。 実は、学校では大人しい人が家庭では一人の際に動物虐待などを繰り返していたりすることがあると言われておりますので、今回の犯人も家庭ではそうだったのかもしれません。 何かを破壊したり殺害したりすることに興味を示すのは、生き物を殺害したりすることからエスカレートすると思われますので、幼少期の生い立ちに関してはそうしたこと興味を示していたという可能性も考えられるでしょう。 何れにしても、中学生による殺人未遂事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。 初めまして、 BrandNewSです。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

母親の腹部に人形埋め込み? 「猟奇殺人」とマンガの関係: J

八戸 殺人

八戸市新井田西一丁目の路上で女子児童が切りつけられる TBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 12日夕方、青森県八戸市で小学生の女の子が見知らぬ男に刃物で切りつけられ、けがをした事件で、青森県警は八戸市内に住む14歳の男子中学生を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、八戸市内に住む14歳の男子中学生で、12日午後5時前、八戸市新井田西1丁目の路上で帰宅途中だった小学校高学年の女の子の喉のあたりを刃物で切りつけた疑いが持たれています。 女の子は全治3週間のけがで、命に別状はありませんでした。 警察によりますと、防犯カメラの映像などから男子中学生を割り出し、市内で身柄を確保。 12日深夜、緊急逮捕しました。 男子中学生は容疑を認めていて、「カッターナイフで殺すつもりだった」という趣旨の供述をしているということです。 出典: スポンサーリンク 八戸市の切りつけ現場がこちら では、八戸市の切りつけ現場とされている場所は一体どこだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下のような場所であったということです。 出典: こちらを調査してみた結果、以下のような場所であることが判明しました。 現場は、青森県八戸市新井田西一丁目17にある路上で、すぐそばには認定こども園である木の実園という保育園も存在しております。 出典:NNN スポンサーリンク 犯人の中学生は犯行前に防犯カメラに写っていた NHKなどの報道機関によれば、犯人の中学生が被害者の女子児童の後をつける様子が防犯カメラに映し出されていたそうです。 出典:NHK NEWS WEB 防犯カメラに映し出されていた現場がこちらです。 そして、この防犯カメラの映像が撮影されてから現場付近までは以下のような経路となっております。 執拗に後をつけて行く様子が防犯カメラに映し出されておりますが、この辺りは夕方から夜になると非常に薄暗くなるため、犯人の中学生については気がつかなったのかもしれません。 スポンサーリンク 八戸の切りつけ犯人の中学生の名前や顔画像を特定か? では、八戸通り魔の犯人・大館中2年の男性生徒の名前や顔画像は公開されているのでしょうか? 報道機関はこういった未成年の犯行の場合、少年法に法って自主規制を敷くことがあり、名前や顔画像などを公開することはまずありません。 しかしながら、2019年7月に発生した埼玉県所沢市で中学生が同級生にでは、ネット民によって情報がリークされましたので、今回の事件も通っていた中学校の関係者からリークされることがあるのかもしれません。 こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。 また、主に少年という未成年のくくりの中でも、0〜10歳、11〜13歳、14歳・15歳、16歳・17歳、18・19歳という年齢によって細かく罰せられる内容が異なり、犯人は14歳ということで、刑事責任年齢には達しているものの、刑事処分が相当と判断されなければ送致されることはありません。 (被害者死亡の場合は原則として送致) また、17歳未満であれば死刑は無期刑に、無期刑は20年以下の有期刑に減刑されるなどの待遇がある他、15歳未満は原則として刑事裁判を受けることはありません。 スポンサーリンク 八戸の切りつけ犯人の中学生はどこの中学校の生徒なのか? では、この犯人の中学生は一体どこの中学校に通っていたというのでしょうか? 少年法に守られているために、この切りつけ犯人の中学生に関してはどこの中学校であったのかはリークされておりません。 しかしながら、被害女子児童に関してはNEWS ZEROが小学校にインタビューをしており、八戸市立新井田小学校であることも判明しております。 出典:NEWS ZERO もっとも、犯行現場となった新井田西地区の学区を見れば、新井田小学校に通っていることは容易に想像がつきますので、被害女児に関しては新井田小学校の生徒とみて間違い無いと思います。 犯人の中学生に関してですが、新井田地区に住んでいるとすれば大館中学校が該当すると思われます。 出典:八戸市 別の防犯カメラの映像では、ここを通った形跡を確認することができます。 出典:NEWS ZERO こちらは、県道193号線(差波新井田線)と呼ばれる道路で、八戸市是川の青森県道138号島守八戸線交点から新井田川を渡って北上し、八戸市新井田字鷹清水で国道45号八戸バイパスに至る道路として知られております。 そして、この県道139号線でありますが、大館中学校の真横を通っている道路としても知られておりますので、この道路の道なりに国道45号線向かって行けば自ずと防犯カメラに映し出された現場付近にたどり着くことになるのです。 こうしたことを加味すれば、やはり犯人の中学生は大館中学校の2年生だったのではないかと推測されるのです。 スポンサーリンク 犯人の中学生の犯行動機は「殺すことに興味があった」ため そんな、犯人の中学生の動機なのですが人を殺すことに興味があったということを供述しているといいます。 青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。 「誰でもよかった」との内容の話もしているといい、県警が動機を詳しく調べている。 出典: 少年犯罪で殺人などを犯す凶悪犯に共通する特徴として、幼き頃に両親から虐待を受けるなどの精神的なショックを受けており、その溢れるばかりのストレスを自らが弱い動物を虐待するなどして発散することがあるのだそうです。 その発散した際に強烈な快感を覚えることによって徐々にエスカレートしていき、最終的に攻撃対象が人間へと移っていくと言われております。 そうした何か強いストレスなどが中学生という多感な時期(思春期)によって爆発してしまい、誰でも良かったから殺害しようとしたのではないでしょうか? 人を殺すことに興味があったというなんとも恐ろしい心理が働いていた背景には、生い立ちが関係しているはずです。 スポンサーリンク 八戸・切りつけの犯人の中学生の生い立ちについて 犯人の中学生に関して、八戸市の教育委員会伊藤博章委員長は、特に変わった様子などはなかったということを発表ております。 出典:NEWS ZERO 学校ではこれまで騒ぎを起こすような人物ではなく、運動部にも属して部活動に励んでいたのだそうですが、なぜか犯行に及んでしまっています。 実は、学校では大人しい人が家庭では一人の際に動物虐待などを繰り返していたりすることがあると言われておりますので、今回の犯人も家庭ではそうだったのかもしれません。 何かを破壊したり殺害したりすることに興味を示すのは、生き物を殺害したりすることからエスカレートすると思われますので、幼少期の生い立ちに関してはそうしたこと興味を示していたという可能性も考えられるでしょう。 何れにしても、中学生による殺人未遂事件でありますので、一層の波紋が広がりそうな一件です。 初めまして、 BrandNewSです。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

八戸市通り魔中学生逮捕!大館中の2年生?現場特定 防犯カメラ動画も公開

八戸 殺人

本当かどうかは分かりませんが(当事者全員死亡の為)、週間朝日を買って読んだ記事によると、 まず小学校3年生の時に、近所の家に忍び込み障子に火を付け、全焼させる。 小学校5年生の時には、金を盗もうと一人暮らしの女性の住むアパートに忍び込んだが、 帰宅した女性に「泥棒」と叫ばれてもみ合いになる。 少年は台所の包丁で女性の首や背中を何度か刺した。 女性は助けを求め外に出たが間もなく死亡。 青森県では初めての小学生による殺人事件だったという。 その後少年一家は別の集落で暮らすようになったが、何年かして母親も仕事を始め、長男(容疑者ではないです) とともに暮らしていたそうです。 今回の容疑者の男(H氏)はどこかの施設に入った後、地元の水産高校を卒業し、九州へ働きに行ったとの事。 その後の詳しい経緯は分からないが、地元に戻って来たH氏は奥さんと出会い結婚。 仲人は地元の県議であった。 県議の妻は「本人たちの事はよく知らないのに、H氏の両親に頼まれて 仲人を引き受けた」そうです。 知人らによれば、少なくとも結婚当初は奥さんはH氏の過去は何も知らされていなかったようだ。 しかしさほど広くはない八戸の街で奥さんは・・・。 H氏の実家では「ご迷惑をおかけしてすみません、取材には一切応じられません」と繰り返すばかり。 という内容が書かれていました。 私はこれを読んだ時、本当かな?と思いました。 「当事者が死んで真相は分からないのに、こんなの書いて良いの?」 と夫に言ったら、「週刊誌が嘘の記事は書かないだろう」と言います。

次の