イコリア mtg カード ギャラリー。 イコリア:巨獣の棲処

【発売後】イコリア:巨獣の棲処、高額レアカードランキング

イコリア mtg カード ギャラリー

公式カードギャラリーより引用 万能のブラッシュワグ(Almighty Brushwagg)はイコリア次元に生息するクリーチャー。 カードとしては初代 に続くMTG史上2種類目 のブラッシュワグである。 1996年発売のカードセット「ミラージュ」から24年ぶりに思いがけず出現した新種だ。 ドミナリア次元でしか生息が確認されなかったレアな生き物だったが、今回初めてドミナリア外に存在が確認された。 イコリア次元のブラッシュワグもドミナリアの種と同じなのだろうか?今回は比較検証する。 イコリアとドミナリアのブラッシュワグ イコリア次元とドミナリア次元のブラッシュワグを比較してみる。 ドミナリアのブラッシュワグ 万能のブラッシュワグ-フルアートより引用 イコリアのブラッシュワグも丸い小枝の絡まった塊のような身体を持ち、頭と四肢が突き出ている。 大枠ではドミナリアの種と特徴が合致している。 ただし違う部分もあって、万能のブラッシュワグの方は、体を構成する枝には茨のような棘が目立つし、頭部や足には毛がほとんど生えていないようだ。 たたずまいも、落ち着きがなかった初代と正反対で、どっしりと構えている。 ドミナリアのようにある程度賢いのか、このカード単体では知能レベルがどれほどのものか知ることはできない。 それから 個人的な感想で恐縮だが、 かわいさが足りない。 初代ブラッシュワグにあった愛嬌が消えて、ふてぶてしいこの表情である。 そもそも猫っていうよりげっ歯類系だ。 前歯が突き出てるし、耳の付き方も猫っぽくない。 …と、まじまじとイラストを眺めていると、気付いた。 元からブラッシュワグは猫じゃなかったぞ、と。 ブラッシュワグは猫に似ていない いつからみんなはブラッシュワグの顔貌を猫と思い込んでいたのだろう。 マーク・ローズウォーターやケリー・ディグズら、MTG制作に公式に携わってる(いた)スタッフたちですら「猫(cat)」と称しているほどだ(、)。 ブラッシュワグの頭と足 ブラッシュワグは見れば見るほどネコ科らしくない。 2本の細く長い前歯(門歯)はげっ歯類のようだ。 三角の耳は顔の両脇から横向きに出ている。 四白眼の瞳は丸いもので、明るい場所では縦長になる猫のものとは違う。 足の鉤爪はむき出しで、普段は収納している猫のものとは似ていない。 初代ブラッシュワグの方は大きなイラストを確認できる機会があまり無かったので、カードサイズのイラストから猫っぽい印象を受けるのは仕方なかったように思える。 よく見れば門歯が分かるのだけれど、大抵の人は丸っこい身体と眼力の強い目の方に意識が向いてしまっていたのだろう。 ブラッシュワグは猫にも似ていない何か奇妙な生き物だった。 部分的には植物にも動物にも似ている。 ブラッシュワグは何か? やはりその答えは 「ブラッシュワグはブラシュワグだ」 に落ち着く。 万能のブラッシュワグの関連記事 ブラッシュワグについての解説記事 小説版『イコリア:巨獣の棲処』にブラッシュワグは登場するのか? カードセット「イコリア:巨獣の棲処」で新種が登場したナールについての記事 カードセット「イコリア:巨獣の棲処」で新種が登場したリスについての記事• ジョークカードの を除く• 「ブラッシュワグはブラシュワグだ」はブレイディ・ドマーマスがブラッシュワグとはどんな生き物かを説明した時に放った言葉。

次の

【4/17発売】MTG イコリア:巨獣の棲処が予約開始!!

イコリア mtg カード ギャラリー

本日、イコリアのフルスポイラーが公開されました。 場のクリーチャーを変化させる「変容」 ドローに変換できて腐りにくい「サイクリング」 恒久的にキーワード能力をあたえる「キーワード・カウンター」 など、強力な能力を持つコモンが多数登場しています。 今回は、そんなイコリアで新たに収録されたコモンのうち、気になったカードをPauper目線で見ていきましょう。 イコリアのコモン 《ドラニスの癒し手》・ 《威圧するヴァンタサウルス》:ついにサイクリングが無色1マナでできるように。 どちらもクリーチャーとしての性能は低いので 「どの色でも使えるサイクリングカード」として使うことになるでしょう。 などと一緒に使うことで序盤から大量のクリーチャーを墓地に投げ込み、による マナ加速でテンポを取り返す動きが強力。 やのようなサイクリングするたびにパワーが上がるクリーチャーで一気に勝負を決めたいですね。 《稲妻》1枚で落ちるタフネス3が気になりますが、があれば3ターン目に場に出てすぐに相手クリーチャーをタップできるのが強力です。 兵士なのでとも相性がいいのが嬉しいポイントですね。 《希望の光》:のような性能の1マナインスタント。 警戒を持つクリーチャーに貼ると、 タフネスで戦闘ダメージを割り振るようになります。 白なのでタフネスを10以上まで上げられると組み合わせたいところですが、 どうやって警戒を与えるかが難しいところ。 ちなみに、一番相性がいいのは。 変容はオーラとよく似ていますが、 エンチャント破壊の影響を受けないのが強みです。 それらのデッキを苦手とする青単デルバーでは、実質的に 「1ターン目に先置きできる除去」として重宝しそうです。 もちろん火力やパンプ呪文を絡めれば突破されてしまいますが、そこは青単お得意のバウンスや打消しで妨害していきましょう。 変容のアド損をドローでカバーできるのはうれしいですが、さすがに重さが気になるところ。 《疾風》:飛行をコントロールしていると2マナで唱えられるドロー付きバウンス。 「土地以外なら何でもバウンスできる対応力」と「アド損しない性能」を両立しているものの、ソーサリーなのが難しいところ。 《心を一つに》:「人間」と「人間でないクリーチャー」をコントロールしていると1マナ2ドローに。 フェアリー系のデッキでは、人間はと 人間以外は・・ と綺麗にばらついているので、1マナ2ドローとして使える盤面は多そうです。 「の 裏面も人間だったの!?」と驚いた人も多いであろう1枚。 《安全維持》:キャントリップ付きの保護呪文。 似た性能を持つと比べると、土地やエンチャントなども守れる代わりに相手クリーチャーへのやなどを打ち消せなくなっています。 引きすぎたときは1マナでドローに変換できるので、腐りにくいのが嬉しいポイント。 と比べても 1マナサイクリングがとにかく偉いので、フェアリーデッキでもなどを突破するために1枚採用されることがあるかもしれません。 コストはとにかく重いものの、 デルバーとアンコウを1枚で除去できるのはかなり優秀な性能。 ウルザトロンにおいて、からサーチするために1枚採用しておくと強そうです。 また、変容したカードが一時的に戦場を離れて場に戻る場合は個々のカードとして場に戻るようなので、 不死や頑強と組み合わせても面白いです。 《頑丈なダンゴムシ》:パワーが2になったことで色々と重くなった。 《記憶漏出》:土地を落とせない代わりに1マナサイクリングがついた。 3マナは重いとはいえ、1マナサイクリングがついたことで格段に腐りにくくなったので、コンボ対策や前方確認としてかなり優秀な呪文になっています。 死亡すると2点ドレインするスゴイ奴。 2点のダメージが保証されているので、気軽に殴りに行きやすく、横並びしやすい黒単ウィニーで活躍しそうな1枚。 とも相性が良いです。 《息詰まる噴煙》:サイクリングがついて、シングルシンボルになった。 シングルシンボルなので青黒コントロールでも使いやすく、サイクリングがついたことでメインから採用しやすくなりました。 パウパーにおけるタフネス1の弱さをさらに目立たせる1枚。 瞬速付きオーラのような性能でありながら、で手札に加えられるのが強み。 青黒系のデッキは初動が遅いため、速攻デッキ対策にのような重い絆魂オーラを採用することが少なくなかったので、このカードは待望のライフ回復源になりそうです。 ただ、同様に「複数枚引くと弱い」「に弱い」といった弱点をどう克服するかが課題になってきますね。 《血の希求》:1マナサイクリングがついた2マナの格闘ソーサリー。 赤の除去としては絶望的な弱さですが、それでも1マナサイクリングだけで存在価値がある1枚。 赤単英雄的のように「除去を積む余裕がほとんどないデッキ」が、どうしてもメインに除去を積みたいときに重宝しますね。 無色1マナサイクリングを持つクリーチャーなのでデッキで採用できますし、フィニッシャーになるのでデッキに赤をタッチする理由にもなります。 サイクリングバーンという新たなデッキの登場に期待したい1枚。 《禁じられた友情》:の亜種。 そのぶん種族シナジーは期待しにくくなりましたが、トークンが1体白色なのでにも若干の耐性がつくのが偉いですね。 単体でも「1マナとタップで1点ダメージを飛ばす」ことができますが、やはりなどとのコンボを狙いたいところ。 やとセットで使って、を連打するのも強そうですね。 《反射神経の亢進》:先制攻撃カウンターを与えるコンバットトリック。 のような頭でっかちのクリーチャーに使うと、ずっと先制攻撃が残るおかげで毎ターン攻撃しやすくなるのが優秀。 1マナインスタントなので打ち消しの隙をつきやすいのも偉いですね。 《一時的な連帯》:威迫をもつクリーチャーがいると1マナで打てる。 1マナのの強さはスタンダードでラクドスサクリファイスが証明済み。 点数で見たマナコストは4なのでに強いのも偉いです。 ただ、これを採用するなら8~10枚は威迫持ちクリーチャーが欲しいところ。 現状はパウパーには構築級の威迫持ちが少ないので、今後に期待といった感じでしょうか。 《ひっかく鉤爪》:2マナサイクリング付きの二段攻撃付与。 と比べてかなり弱くなっており、サイクリングも2マナなのでどっちつかず感があります。 《切り裂かれた帆》:アーティファクト破壊・飛行除去ができる2マナインスタント。 2マナサイクリングもついており、のような性能です。 地味に対応範囲が広いので、メインから入ることもあるかも。 墓地リソースの多いデッキならギリギリ入るかな、という感じ。 やのトークンを変容させればアド損もしにくいので、との選択になりますね。 《強行突破》:2マナ・インスタント・一方格闘と三拍子そろった優良除去。 トランプルがついたクリーチャーに使えば、余剰ダメージを対戦相手に与えることもできます。 という強力なライバルがいますが、「相手のエンドに除去できる」「パワー2のクリーチャー以外も採用しやすい」「一方格闘なのでリスクが低い」といったこちら独自のメリットも多いので、構築次第では十分候補に挙がる性能です。 ただ、これをサイドにいれるくらいなら他のカードの方がいいのではという感もあります。 《生存者の絆》:人間と人間でないクリーチャーをそれぞれ1枚回収するソーサリー。 緑単ストンピィではやと他1体を回収できるのが偉いですが、ストンピィの戦略とかみ合っているのかは疑問。 《萎れ》:サイクリングがついた。 シンプルに強いです。 などを意識してとりあえずサイドインしやすいですし、低速デッキならメインから採用することもあるでしょう。 総括 変容や優良オーラ・キーワード能力付与インスタントを獲得した呪禁オーラ・英雄的デッキの強化 いつ引いても腐りにくいサイクリングで幅広い対応力を得たコントロールデッキ 1マナサイクリング持ちクリーチャーの大量収録で存在感が上がってきたサイクリングバーン 細やかな支援カードをいろいろと手に入れた青単デルバー などの強化が目立つセットですね。 とりあえずはサイクリングバーンがどのくらい上手く回るのか色々と試してみたいです。

次の

『ミステリーブースター』収録Foil:カードイメージギャラリー(Foilカード121種のリスト)

イコリア mtg カード ギャラリー

ナールの解説 の解説によると、英単語の「gnarr」は「うなる・呻く」という意味だが、MTG世界の ナール(Gnarr)とは、うなり声を上げる蹄のある森林地帯の獣である。 生息が確認できる次元はドミナリア次元とイコリア次元である。 各種カードのイラストを見ると、林間地の水場や湿地帯、沼地が生息地のようだ。 ナールの外見的特徴は、全体的に鹿の仲間に似た雰囲気を持っている。 角の形は、鹿のような枝角のものと、山羊のようなものとがいる。 確認できる範囲では蹄があるのは前脚だけで、後ろ足は鉤爪である。 首の付け根の位置は低く、背中は高く盛り上がっており、太さのある先細りの長い尾を持っている。 体毛は茶や橙系で、縞や斑の模様があり、腹側の色は薄いか白い。 嘶くナールの解説 小説「Ikoria: Lair of Behemoths — Sundered Bond」 電子書籍:、 さっそく「 ナール(Gnarr)」という文列を探して小説を確認してみたが、なんと残念。 ナールの出番は全くなかった。 と同様に、懐かしのクリーチャーという括りであって、物語にはかかわるような枠ではなかったようだ。 ドミナリア次元のナール ドミナリア次元のナールは以下の3種類である。 2001年発売のカードセット「アポカリプス」で2種類が初登場し、5年後のカードセット「時のらせん」で1種類が作られた。 それから4年後が経って、が発売されるまでナールはドミナリア次元でしか確認されない希少種であった。 林間のナール Long thought merely a legend, the appearance of the gnarr was seen by the defenders as a sign of good luck. ナールは長い間伝説に過ぎないと思われていたが、実際にその姿を見た防衛軍は、それを幸運のしるしだと受け取った。 引用:林間のナール(Glade Gnarr)のフレイバー・テキスト 上が英語原文。 下が和訳製品版 林間のナール(Glade Gnarr)データベースGathererより引用 ドミナリア次元では、ナールは伝説の生き物と考えられていたが、4205年のフィレクシア侵略戦争時、実在すると認知された。 林間のナール(Glade Gnarr)はその時代のナールであり、ドミナリアの防衛者たちはナールを「幸運のしるし」とみなしたのだった。 ドミナリアの防衛者たちは光にはぐくまれる者ばかりとは限らないんだ。 引用:沼ナール(Bog Gnarr)のフレイバー・テキスト 上が英語原文。 下が和訳製品版 沼ナール(Bog Gnarr)データベースGathererより引用 沼ナール(Bog Gnarr)もファイレクシア侵略戦争時のナールであるが、こちらは林間地ではなく、暗い沼地に生息している。 獣群のナール Long ago, the solitary gnarr was a sign of good luck. Now they have become wild pack hunters, a sign of impending danger. 遥か昔、ナールを一匹見かけることは幸運のしるしだった。 今ではそれは駆り立てる野生の群れとなり、差し迫った危険のしるしとなっている。 引用:獣群のナール(Herd Gnarr)のフレイバー・テキスト 上が英語原文。 下が和訳製品版 獣群のナール(Herd Gnarr)データベースGathererより引用 獣群のナール(Herd Gnarr)は、ドミナリア裂け目時代(4306-4500年頃)の群れを成すナールである。 塩の嵐が吹き荒れ酸の雨が降る荒廃した時代であるためだろうか、ナールは今までのような水場ではなく乾いた地面を駆けている。 かつては「幸運のしるし」であったナールは、群れを成す野生の狩人と化しており、「差し迫った危険のしるし」とみなされるようになってしまった。 ちなみに、このカードのイラストで初めて、ナール(うなる・呻く)という名前通りに、口を開いて吠え声を上げる姿が描かれた。 嘶くナールの〆 ナールはドミナリアに限らずイコリアにも生息していた。 しかし、これが最後のナールとは思えない。 これからもMTG世界が探索され続けるなら、あのナールの同類がまた多元宇宙のどこかへ現れてくるかもしれない。 次回の新種ナールの登場を期待して待ちたい。 今回はここまで。 嘶くナールの関連記事 カードセット「イコリア:巨獣の棲処」関連のリスト ナールと同様に新種が登場したブラシュワグについての記事 カードセット「イコリア:巨獣の棲処」で新種が登場したリスについての記事.

次の