フォルクスワーゲ ン リコール。 「Discover Pro不具合発生から修理まで」ゴルッシーのブログ | ゴルッシー's Page

ピットサービス

フォルクスワーゲ ン リコール

久しぶりのニューフェイス 2018年3月のポロ以降、1年半以上もニューモデルの発表がなかったフォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)が、久しぶりに日本市場に導入するニューフェイスがTクロスだ。 Tクロスは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップの中では最も小さなモデル。 「小さい、小さい」と言うと、中も狭いんじゃないかと思われるのではということで、VGJでは「Tさい」SUVと呼ぶことにしたらしい……というのはさておき、ドイツ本国では、小さい順にTクロス、「Tロック」「ティグアン」「トゥアレグ」という布陣でSUVブームに対応しているところ。 一方、日本では、ここしばらくティグアンが唯一の選択肢だったが、このTクロスに続き、2020年半ばにはTロックをラインナップに加えることで、日本でも人気のSUV市場でシェア拡大を狙っている。 そういう意味で重要な使命を与えられたTクロスは、成長著しいコンパクトSUVセグメントに属するモデル。 4115mmという全長は、コンパクトカーのポロに近いサイズで、ポロ同様、フォルクスワーゲン グループの生産モジュール「MQB」を採用している。 とはいっても、エクステリアを見るかぎりポロとの関連性は皆無なうえに、ボディーサイズの数字以上に存在感があり、堂々としたたたずまいも印象的だ。 室内も余裕たっぷり SUVを選ぶ理由として、その見た目の立派さに加えて、セダンやハッチバックよりも高い機能性を挙げる人は多い。 このTクロスも、コンパクトなボディーサイズのわりに広い室内が大きな魅力といえる。 ポロよりも100mm高いアイポイントのおかげで、運転席からの眺めはとても開放的。 横方向の余裕もあり、ひとクラス上のクルマに収まるような感覚である。 身長168cmの私が、そのまま運転席の後ろの席に移ると、さらにゆったりとした空間が広がっていた。 全高が1580mmあるTクロスは、拳2個分のヘッドルームが確保され、さらにニールームもおよそ拳3個分、20cmを超える広さを誇る。 Tクロスの後席には前後14cmのスライド機構が備わり、荷物が多いときなどにはシートを前に出すことになるが、一番前のポジションでも膝と前席との間には拳1個分以上のスペースが残る。 一方、ラゲッジスペースは、後席のポジションによって広さが変わるが、奥行きは約60~75cmと十分なうえ、高さと幅に余裕があるぶん、見た目以上に荷物を詰め込めるのがうれしい。 もちろん、いざというときには後席を倒して、さらに荷室を拡大することも可能で、この室内の余裕だけでも、Tクロスを選ぶ理由としては十分かもしれない。 1リッターエンジンのFWD仕様のみ 一方、Tクロスの場合、駆動方式はFWD(前輪駆動)のみで、高い走破性を求める人には不十分といえる内容だ。 ただ、SUVであっても4WDを必要としない人が少なくないのも事実で、ライトなSUVユーザーにとって、4WDが用意されないのはあまり気にならないのだろう。 燃費の点でも4WDよりもFWDのほうが有利といえ、さらに、このTクロスは、1リッターの直列3気筒直噴ターボとデュアルクラッチギアボックスの7段DSGを搭載することで、低燃費が期待できる。 そうなると、気になるのはその動力性能。 Tクロスの「1. 0 TSI」エンジンは、ポロに搭載される仕様に比べて出力で21PS、トルクで25N・m上回る最高出力116PSと最大トルク200N・mの実力の持ち主。 早速走りだすと、動き出しはやや緩慢で、2000rpm以下では、もう少しトルクがほしいところ。 また、常用することの多いこの回転域では、3気筒エンジン特有のノイズや振動が気になる場面もあった。 一方、高速道路の本線に合流するような場面でアクセルペダルを踏み込むと、十分な加速が得られ、高速巡航時の静粛性もまずまず。 欲をいえば、さらに余裕ある1. 4リッターの直列4気筒ターボを用意してほしいところだが、この1. 0 TSIでも必要十分な性能を持つのは確かだ。 スタイリッシュな18インチホイールだが ところで、Tクロスには日本導入にあわせて「TクロスTSI 1st」と「TクロスTSI 1stプラス」の、2つの特別仕様車が用意されている。 発売の時点ではそのベースとなる標準的なグレードが設定されておらず、しばらくはこの2モデルだけの展開というのが不思議である。 それはさておき、今回試乗したTクロスTSI 1stプラスは、2種類のうちデザインや装備が充実した上級モデル。 ただ、全高、最低地上高ともに高いSUVのボディーを支えるためにやや硬めにしつけられたサスペンションとの組み合わせでは、路面の荒れをコツコツと伝えてきたり、目地段差を越えたときのショックを遮断しきれなかったりと、乗り心地には不満を抱くことに。 一方、ピッチングやロールといったSUVに見られがちな不快な動きはよく抑えられており、見た目から想像する以上に走りは軽快だ。 快適性という点では、一般的なハッチバック車に一歩及ばない部分もあるが、アクティブな印象のエクステリアや広く使いやすい室内など見どころも多いTクロス。 流行のコンパクトSUVだけに、フォルクスワーゲンの新しいエントリーモデルとして、いい仕事をしてくれそうだ。

次の

ピットサービス

フォルクスワーゲ ン リコール

・目標値引き総額 40万円 ・本体値引き 38万円 ・オプション値引き 3万円程度 ・納 期 1~3か月 車両価格がもともと高い輸入車なので、値引きもそれなりに期待できます。 ライバルと言われるベンツ AクラスやBMW 1シリーズ、アウディ A3などよりも国産車の方が商談ではぶつけやすいでしょう。 カローラスポーツや マツダ3、スバル インプレッサの上級モデルとゴルフの競合がねらい目。 同じ都道府県でも親会社が違うフォルクスワーゲンディーラーや、隣県のディーラーでの 相見積もりも商談では基本戦略です。 2020年秋以降に、8代目新型ゴルフが日本デビューする予定です。 まずは フォルクスワーゲンゴルフの基本値引き交渉方法 値引き商談に入る前の準備 1. ライバル車種を2車以上選定します。 外国車よりも国産車(カローラスポーツ、マツダ3、インプレッサ)のほうがフォルクスワーゲンディーラーも手ごわいと思っています。 2.それぞれの車種が、近所の どこのディーラーで取り扱っているか確認します。 3.下取り車の 年式・グレード・走行距離をチェックします。 現車をしっかりチェックする• 必ず試乗をする• 今乗っている車の下取り価格を査定してもらう• ローンを利用する場合ははじめに伝えておく• 見積もりは口頭ではなく書面で 初めての訪問では 「よいお客様」を演じきること。 初対面からグイグイと値引きばかりを要求するのはよくありません。 営業マンに「このお客様は上客だな」と思ってもらうことが第一です。 今後行われるであろう何度かの商談のなかで、よりよい条件が提示されやすくなるでしょう。 そして、ローンを利用する場合は初めに話しておく方がスムーズです。 ローンの利用で値引き率がアップする場合が多いので、忘れずに伝えましょう。 登録手数料を安くしてもらう• 納車時のガソリンを満タンにしてもらう• ボディーコーティングをしてもらう なお、現金一括で購入するよりローンを利用した方が、 値引き率がアップすることが多いということも頭に入れておきましょう。 ローンを利用する場合には、 キャンペーンの時期をチェックして購入時期と合わせるとさらにお得です。 フォルクスワーゲンゴルフの未使用車・中古車情報 ゴルフの中古車は外国車にしては流通量が豊富です。 高年式で低距離走行距離のゴルフを丹念に探せばお望みの1台に巡り合えるかもしれません。 好みの色やグレードが見つかれば、新車のように納車まで数か月待つことなく、かつ安い値段で、高年式の1台に巡り合えるかもしれません。 ライバル車種との競合で値引きアップ作戦 商談では面倒くさがらずに、に 必ずライバル車を最低2、3車ぶつけて値引きを引き出すことは必須です。 ゴルフの上級モデルとAクラスで競合させることを検討します。 Aクラスと1シリーズはベンツとBMWの入門モデルとして、ラインアップの入口に存在しています。 商談でもこの2車は常に競合しているため、営業マンも慣れっこです。 相見積もりで競合させて大幅な値引きを勝ち取りましょう。 最近は都市部を中心に売れ行き好調なアウディA3。 ベンツAクラスと競合といえば、アウディの営業マンも本気度が増します。 競合で両車の大幅値引きを勝ち取りましょう。 同性能なら国産車の方が価格も安いので、思わぬ大幅値引きで応戦してくれるかもしれません。 スバルインプレッサ 現行モデルは2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した実力車。 フォルクスワーゲンゴルフの目標値引きマル秘テクニック ゴルフを少しでも安く買うために、商談にあたり知っておくと有利なことが3つあります。 ドイツフォルクスワーゲンの直営である㈱(世田谷、成城、杉並、東名横浜など12店舗)• 外車ディーラーで有名なヤナセグループの㈱(新宿、品川、芝浦、世田谷など)• ネッツトヨタ多摩が運営する㈱(国分寺、八王子東など) これらはそれぞれ別会社なので、 複数のディーラーを競合させることが可能です。 自分の住む都府県に経営の異なる会社が無い場合は、 隣県のディーラーと商談することも可能です。 自動車業界も9月に中間決算、翌3月に本決算、その間の12月も年末の中間決算時期にあたります。 営業マンには、上の3つの時期に合わせた厳しい売り上げ目標が課せられています。 そのため各ディーラーでは、 特別キャンペーンなどのイベントを実施しユーザーの呼び込みをしています。 せっかく新型Aクラスを購入するなら、こうした 決算時期に合わせてディーラーを訪問するのが得策です。 ディーラーでの下取り価格は、買い取り業者のものより安くなる傾向にあります。 少し面倒ではありますが、 「 買取価格の高い業者に買取を依頼」 「ディーラーでは新車の購入をする」 と分けて考えるのもひとつです。 下取り価格の算定はディーラー任せにせず、 必ず自分でおよその査定価格を調べておきましょう.

次の

「Discover Pro不具合発生から修理まで」ゴルッシーのブログ | ゴルッシー's Page

フォルクスワーゲ ン リコール

最近生じていた Discover Proの不具合、昨日解決致しました!! 詳細を説明しますと・・・ ちょうど1ヶ月前よりたまにスピーカーから雑音が発生。 ディーラーに相談するも、再現されず・・・ 「ゴルッシーさん、色々と弄っているので・・・」なんて言われてしまい、様子見となりました。 ちょうど2週間前の朝、 スピーカーから全く音が出なくなりました。 オーディオは勿論、ラジオ、TV、電話、ナビ音もすべてです。 画像は映るんですが。 たまに復活して音が出る事もありましたが、出ないことのほうが多くなり・・ 原因究明のため、先週ディーラーへ一日入庫。 Discover proの インフォメーションコンピューターという部分に問題があることが突き止められました。 Discover Proが日本の アイシン製であり、アイシンから新しいコンピューターを取り寄せ・・・ 前回の日曜日に交換。 交換後、必要なリセットを行ったものの・・・ 今度は電源がつかなくなったり、何故かACCやタイヤ等?のエラーが多発したとのこと。 自分の場合、以前E-westさんより KUFATEC製のTVキャンセラードングルを購入して、施行していました。 それを再度OBD2ポートに再度接続させることで、施行可能です。 こういうときは、便利ですね。 ちなみに、以前大変お世話になりました滋賀のライコーさんがTVキャンセラーのコーディングを最近始めたられたようです。 今回の件を受けて、気になっていた以下の点を念のため自分のディーラーに確認しました。 ・今回の件が、コーディングやバルブ交換、サブコン・スロコンを装着している等、自分の車弄りが原因となった可能性はないこと ・今後、コーディングやサブコン装着でディーラー入庫が難しくなる可能性はほぼないし、保証サービスが受けられなくなることはほぼないこと。 (無茶して壊れた場合は、別とのこと。 今後、みんカラの皆さんからも同様の症状の報告がある可能性もありますし、ナビ自体リコールの対象になるかもしれませんね(汗 リコールと言えば・・・先日発表された サービスキャンペーン。 でも、すっきりしました! 今後サービスの向上に繋がってくれれば・・・と思います。 普通の写真ですが(笑 これからも宜しく、ゴルッシー号。 初めての試練も無事解決。 最近やけに実用的なノベルティを連発してます、VW 笑 しかし、解決して良かったですね。 そして私もブログ等には出してませんが、細かい不備や不具合が沢山たまって来たので、6ヶ月点検を機に数日かけて一気にリカバリーしてもらうことになりました。 代車は今回ゴルフ7でお願いしてます、それ以外はNGってことで 笑 最近著しく燃費が落ち込んでるので、代車がHLであれば、普段の乗り方で違いが解りやすいですもんね。 電動パーキングのプログラムの書き換え、CLって対象外だったのでは?? リコール対象車でなくてもプログラム更新出来るモノがあれば、しておいた方が良いのかな…であればそれもお願いしないと 汗 Alan Smitheeさん えっ、うちのディーラーにそんな入り浸ってたんですか(笑 ポータルブルバケツ、自分ではあえて買わなさそうだし、貰えると嬉しい感じですね。 でも、何回か使っているとスキマから水漏れしそうです(笑 Alan Smitheeさんも色々とあるんですね。 全て無事解決するといいですね! 自分の場合は、車体の不備というより、ディーラーの方々のサービスへの不満がたまっておりました。 車体の不備は気づいていないだけかもしれませんが(汗 ゴルフ7の代車で燃費の違いをみる・・・ さすがAlan Smitheeさん、鋭いですね。 これで、大幅に違いがでたら、ディーラーはどうやって対応してくれるのでしょうか。 非常に興味があります。 詳しくはあとでブログアップしますね! のり箱さん 有り難うございます!! のり箱さん、また愚痴を聞いてください(笑 あんまり書くとどうかな〜と思って詳細は書いてませんが、色々と有ったんですよ(泣 自分もかなり感情的になっていました。 でも、大抵ちゃんと話せばそれなりに結論を出してくれるので良いんですけどね。 総じて、輸入車ディーラーは国産車ディーラーよりは、顧客に対して腰が低いと感じます。 トヨタや日産なんかは、試乗の際、助手席で足とか平気で組んでたりしますからね。 凄くないですか?営業マンとしてそんな態度とったら、フツーの会社なら解雇ですよ。 私が上司だったらクビにしちゃいますけどね、客前でそんな態度をとってたら。 100円200円の雑貨を売ってるのとはワケが違うんだから、それは無いだろう~?って。 私の勘違いでした 大汗 今回のリコール、いまいちよくわからないんですが…生産時期でどうとかってワケでも無さそうなんですよね。 私と同時期に生産された車種でも対象になってるケースとそうでないケースもあったりで…。 でも、プログラムなんだから、とりあえず6ヶ月点検の際には全てアップデートをお願いしています、こちらから催促しました 汗 Alan Smitheeさん そうでした!(笑 自分のディーラーってそんなに頻繁に行く訳ではないですし、遠すぎるのも困るけど、「近さ」で選んじゃダメですね・・・。 自分は全く競合させることがなかったので、今回いい勉強になりました。 助手席で足組・・・・ひきますね(汗 自分は少しサービス業っぽい仕事なんですが、 それやったらあかんやろ!という事を、ダメな事にも気づかず?やってしまうところには呆れてしまいます。 自分の場合、今まで気になってもちゃんと話さずに「こんなものなのか・・・」と我慢して流していたんですが、いよいよ我慢しきれなくなって(汗 100、200円の雑貨を売っているとは訳が違う・・・本当にその通りです! リコールに関しては、よく調べないまま、任せてしまったんですが・・・ いったいどういう基準でチョイスされているんでしょうか。 しかし、リコールではないですが、VGJの方からお達しがあったようで、最近バンパーのところのBOSCH社のレーダーの誤作動の報告が急増してるようで、ひょっとしたら今後リコールに至る可能性もあるとか無いとか。 で、ついでだから、全て再調整したいので、1週間くらい預からせて下さいとのことでした。 我が家は経済的余裕ゼロなので 涙 、徹底して下調べして計画的じゃないと大変なことになってしまうので、より慎重になるんですよ。 多少の出費は勉強代と思えるほどの余裕すら無かったですし…。 安い車ならともかく、初の輸入車だし、ローン組むことになるわけですしね… 汗 で、ある程度の店舗の対応は把握したので、最終的には営業マンの態度で契約は決めました。 …そうだったんですね。 バブル全盛期にパジェロを買った時なんか悲惨でしたもんね。 後にリコール隠しで地獄に自ら堕ちる三菱ですが、あの事件があった時、皆して、やっとか!って感じでしたからね。 当時、とてつもなく人気で、国産車にも関わらず納期は最短で半年という状態で。 それでも私は欲しかったもんだから、完全に足元を見られてたと思うんですけどね。 それに、若かったし。 試乗車どころか展示車も無かったので、カタログで想像だけして買いました。 せめて納車待ちの車とかちょろっと見せてくれたらいいのに、それも出来ないとか言うし。 500万円近い車をこっちは頑張って鬼ローン組んで買うって言うてんのに!!納期も半年待つ言うてんのに!! おまけに納車時にはスペアタイヤカバーが注文と違うモノになってたのを指摘したんですが、 また取り寄せると時間がかかるからコレで我慢すればいいじゃん?とか言うんですよ。 私は当時はもう待ちに待った車の納車だし、日本初のカーナビ&大型モニター搭載で、もう完全に舞い上がってたもんだから、二つ返事でした 汗 やっぱり、最終的には人と人って感じですよね。 世間一般の主婦は毎日チラシを見て特売だから!って、数百円、数千円の買い物に、たかだか数十円安いだけでも奔走するもんなんですよ。 そこへ来て車なんか、軽自動車でも100万円以上ですよ。 どえらい買い物だと思うんですよ、よほどアホみたいに金持ちじゃない限り。 そういうのをわかってない人間は、何を話しても感覚がズレてるから、平行線を辿るだけですよね…。 因みに私の担当営業は、万が一転勤になったとしても、我が家まで電話1本で車を引き取りに来て、私の仕事先でもどこでも車を持っていく、と約束してくれてます 笑 最初に訪れたVWディーラーでは私よりも随分若い営業マンでしたが、やはり知識とかイマイチなんですよね。 私が相当マニアックな車好き人間ならともかく、全然そうじゃないのに、自分より知らなくてどうするよ?って。 そのクセ、早く契約したい一心で一方的に条件を飲ませようとする態度がカチンと来て、契約寸前に止めました。 今の営業だと、ドイツ車なんて高速走ってナンボだから、高速好きなだけ乗って来て!とかって自宅まで試乗車持って来るほど熱心だったのにね。 「売ってやってる」感がひしひしと伝わってきます。 今じゃとても考えられないですね・・・。 車のディーラーも含めたサービス業は、 常識的な事や約束事はしっかり行うことは、当然ですよね。 それ以上の、自分でもあまり気づかないような、自分の希望している以上の気配りが出来ると、スゴく感動しますし、惹き付けられます。 コメント頂き有り難うございます! 同じ症状を発症されたんですね(T-T ノイズにせよ、音が出なくなるにせよ、所詮ナビの不具合なんですが、自分の場合、大変なストレスになりました。 同じような症状で入庫されている方が自分の知る限りでも最近数名いるので、全国レベルで考えるとかなりいらっしゃるかと思います。

次の