横浜 タクシー 転職。 サンタクシーへのタクシー転職前に職場体験|神奈川県横浜市タクシー求人

タクシー求人サイト【タクQ】無料転職支援サービスと入社祝い金

横浜 タクシー 転職

「三和交通株式会社」 東京、埼玉でもタクシー・ハイヤー事業を展開する三和交通は1965年創立の歴史ある会社で、本社は神奈川県横浜市港北区鳥山町に構えます。 過去にISO認証を受けたり、 ハイサービス日本300選を受賞した経歴があり、サービス内容は外部機関に認められるほどハイレベルを保っているタクシー会社として知られています。 加えてモニター調査によるサービスの点検や運転手の自己紹介、接客サービスコンクールの開催などによるサービス面での品質向上を常に目指しており、「一番優しいタクシー」というコンセプトを掲げています。 そういった独自のサービスを展開し 多数の「業界初」を生み出すことで知名度も向上し、新卒採用にも意欲的です。 このタクシーの業界では非常に低い平均年齢を実現しており、ドライバーの層も厚く確保しています。 多くの口コミでは、 年収は400万円程度が平均であり、1年目の新人でも収入を得やすいとの評判が多くあります。 平均勤務時間は10時間と長めですが、確実出勤なら二日分働いて一日休むというスタイルを取れるため、 休みは多く感じる勤務スタイルです。 デメリットとして挙げられていたのは寮があまり揃っていないのと退職金制度がないことなどでした。 これらは転職を考える不安要素になりますが、新人の研修や安全教育が非常にしっかりしており、二種免許の取得補助制度もあって働き始めるのに豊富なサポートが揃っています。 お客さんはリピーターが多く、それゆえに収入を確保しやすいのもメリットの一つです。 日報は自動で作成され、運行の内容通ったルート、休憩時間なども分かり、自分で仕事のペースと収入の関係性を振り返りコントロールしていくことも容易でしょう。 独自のサービスという点ではこの業界で突出しており、「タートルタクシー」、「AED搭載」、「車内販売」、ツアーやイベントの企画なども積極的に行っています。 特にこのタートルタクシーは 「ゆっくり走る」ことをコンセプトとした業界初の取り組みであり、スピードを落として欲しい、妊娠しているから安全をとにかく優先して欲しい、体調などであまり揺れない運転が良い等、乗客の内なる思いに配慮して運行を調整するために導入されました。 これはタクシーの車内に設置された専用のボタンを押すことで依頼できるもので、わざわざ話しかけなくてもゆっくりで安全な運転を頼めるという画期的なシステムです。 高齢者や妊婦に人気のサービスで、現在では神奈川県、東京都で約600台ほどに導入されており、車両の実燃費でも改善が見られ、国内外で注目されている取り組みです。 成熟していると考えられているタクシー業界で、次々と革新的なアイデアを生み出し潜在的なニーズを掘り起こしていく三和交通は、タクシードライバーとしての仕事のやりがいにも新たな刺激をもたらしてくれるでしょう。 以下より、三和交通株式会社の求人へ応募して入社すると 入社祝い金が支給されます。 「国際自動車株式会社」 「国際自動車」は、東京を中心にタクシー、ハイヤー、バス運行事業を展開する会社であり、現在では「 kmグループ」として知られています。 求人でもタクシードライバーだけでなくバスのドライバーやバスガイド、整備職などの求人も行っており、幅広い職種を展開しています。 平均年収は480万円程度となっており、これはこの業界では高水準を維持していると言えます。 こちらも隔日勤務を採用することで勤務者の自由がききやすく、稼ぎたいときは勤務日数を増やすことで収入増を可能にし、フレキシブルに働ける環境が整っています。 女性ドライバーの採用も多く、地理や抜け道のルートなどの教育もしっかり行われ、安心して働けるという声が多くありました。 タクシードライバーという仕事は簡単ではないですが、それに打ち込めるよう サポートや環境が充実しており、長く勤務していけるよう援助しています。 車両にはトヨタ・プリウスや日産・NV200バネットなど最新車両を導入しており、ドライバー自身も運転を快適に行うことができます。 会社側が全額負担で二種免許を取得でき、最短10日で取得できます。 転職にあたって入社の際には二種免許は必須ではなく、普通免許取得から3年が経過していれば誰でも応募でき、入社した人の実に90パーセントが未経験者という割り合いです。 全車AED搭載でタクシーへの信頼感を向上させており、ドライバーには緊急救命措置の講習を用意することで、緊急時にもしっかり対応できるように訓練を施しています。 外国語を話せるタクシーというサービスも展開しており、もし 語学ができるならそういった面でも自分の活躍の場を広げることができます。 国際自動車(現kmグループ)専用のタクシー乗り場も多数確保しており、顧客を獲得しやすいようになっています。 ドライバーは、望めばガイドの基礎知識を学ぶことができ、 横浜の観光スポットを巡る簡単なツアーなどのサービスも提供しています。 以下より、国際自動車株式会社の求人へ応募して入社すると 入社祝い金が支給されます。 まとめ タクシードライバーとしての転職をお考えであれば、まずはこの「三和交通」と「国際自動車」の求人をあたってみるのはいかがでしょうか。

次の

横浜市旭区で呼べるタクシー会社一覧(求人募集や転職情報付き)

横浜 タクシー 転職

初心者歓迎• 日勤採用あり• 二種免許費用支援• カーナビあり• 給与保障 第一交通グループは33都道府県で営業を行う全国最大の車両数を誇るタクシー会社です! 全国33都道府県で7800台におよぶ車輌を所有する第一交通産業グループです。 業界最大ですので、全国の企業様との契約もあり、安定・堅実! 仕事は無線営業と流し営業にてお客様を目的地まで送迎するタクシー乗務です。 二種免許のない方へのバックアップ体制も万全!提携自動車学校にて免許取得後、弊社教官やプロドライバーが親切・丁寧に研修します。 月収35万円以上の乗務社員も多数在籍!! 諸手当:精勤手当・無事故手当・日祝手当 <未経験者> まずは業務に必要な2種免許取得と研修受講を行っていただきます。 2種免許取得期間+研修期間は日当8,000円支給致します。 地理研修を行いますので、知識がなくても安心です。 全国の企業様とチケット契約していますので、各方面からの利用者様も多くいらっしゃいます。 あなたもぜひ私たちと一緒に第一交通のサービスの一端をになってみませんか? URL PR MOVE.

次の

第一交通株式会社 横浜営業所

横浜 タクシー 転職

・拘束時間が長いこと• ・歩合給であること• ・サービス業であること それでは、なぜこの3つが辞める理由の代表格なのか解説していきます。 まず、拘束時間についてです。 前職がサラリーマンだった人にとってはタクシードライバーの業務に慣れるまで1日8時間以上の拘束時間は長いと感じる人が多いようです。 実際には週に40時間の勤務であることに変わりはなくサービス残業が当たり前だった会社員時代より時間的には余裕があるはずです。 (前職がブラック企業だと違うかもしれませんが) 勤務形態について事前にタクシードライバーになるときに説明をうけていたはずなのですが説明を真剣にうけとめずに軽い気持ちでタクシードライバーになる人が多いというのが、一番の原因ではないでしょうか。 タクシードライバーの業務をよく知らない人の中にはタクシードライバーの仕事といえば「車を流して、または駅などでお客さんを待っていれば、売上はあがる、一人で気楽に働ける」とか「他に仕事先も見つからないので、とりあえずタクシーの運転手でもやるか」と言った軽い気持ちで考えてる節もあります。 そして就職する人も同じ意識でタクシードライバーになった人も少なくはありません、当然ですがそのような人は長続きはするはずがありません。 タクシードライバーは、タクシー会社に所属しタクシー会社から給料を受けとります。 業種内容が違っていても会社組織に属し会社から受け取るのは今までのサラリーマンと同じじことです。 その点の意識は低いままだと競争の激しいタクシー業界で生き残るのは難しくなります。 低い意識のまま働いていても歩合給という給与形態は「自分の売上で稼ぐ」という意味で タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう! 会社員時代とは大きく違ってきます。 形としてはサラリーマンですが、個人事業者にも似た形で稼ぐ気持ちが必要となってきます。 黙っていてもお客様が増えることもないですし悪い評判が目立つようになれば会社から自主退職を勧告される場合もあります。 お客様を載せた分だけ給料が増えるタクシードライバーという職業は怠けグセのある人にとってはまったく稼げない職業と言えます。 タクシードライバーにはサービス業としての対応が求められるケースが多々あります。 決して「黙ってお客様を乗せるだけ」が満点と評価されない仕事です。 お客様と適度な距離を保ちつつ不快感を与えないよう対応や言葉使いにも気を使う必要があります。 そして丁寧すぎると「くどい」と逆評価されるケースもあり個人の資質が顕著に現れるパートです。 観光で訪れたお客様から質問される観光情報や地元の情報もそつなくこなす案内できる能力も必要なケースもあります。 もしくは上客のお客様の場合では言葉使いや礼儀作法をちゃんと備えていないと使ってもらえない場合も出てきます。 このようにサービス業としてのタクシードライバーの業務内容についていけない人やコミュニケーションを取るのが苦手な人の場合、会社がサービス改善による売上アップを目標とした際に居づらくなり辞めてしまう事もあります。 過剰なサービスは必要ありませんがお客様の要望に応える姿勢と向上心、そして常に交通情報を把握する研究心はタクシードライバーに必要なものと言えます。 向上心なくタクシーの中で時間を潰すだけでは給与もあがりませんし、売上をあげるために深夜帯中心のシフトに移り生活リズムを乱し健康を損なう可能性もあります。 タクシードライバーは会社員時代と違いチームとして頑張るのではなく個人として頑張る面が強くないと自分の生活向上につながらない職種です。 その点が理解出来ない人はすぐに辞めてしまう。 その結果として慢性的な人手不足な業種となっているのでしょう。 もちろん、やる気に満ちて営業成績がよい人でも辞めるケースはあります。 辞める理由の中で最も多いのが健康上の問題です。 運転席に長時間座り続けるので筋肉がこわばり腰痛になるリスクが高い、食事時間が不規則となり食事バランスが崩れて体調不良に陥りやすい、ストレスが原因で仕事自体がイヤになったという理由で自ら辞める人もいます。

次の