ひま 部 代わり。 ひま部

【ひま部】実際にひま部が危険というのはどうなのか?

ひま 部 代わり

Yay! イェイ のコンセプトと評価 Yay! イェイ は「全ての人に居場所を作りたい」という思いから作られたアプリで、匿名で登録利用可能なSNSアプリです。 基本的な機能はTwitterと変わらず、自分で投稿する、見る、絡むといった使い方になると思いますが、Yay! イェイ には趣味コミュニティである「サークル」を作る事が可能で、また年齢確認を行えばフォロワーとオンライン電話することも出来るようになっています。 Twitterよりもよりディープなコミュニティといって良いかもしれないですね。 Yay! イェイ の機能 Yay! イェイ のメインはタイムラインで、登録時に設定した年齢を基に同世代の投稿が見れるようになっています。 ただし、他の利用者のプロフィールを見ても年齢を確認することは出来ないので、本当に同世代の投稿だけが表示されているのかは不明です。 基本的には自分で投稿するか、他人の投稿にいいねしたりリプライを送ったり、SNSらしい楽しみ方になると思います。 個人的に意味が分からなかったのが通話機能。 Yay! イェイ は出会い系アプリではない事をアピールして、出会い系アプリにならないよう連絡先やIDの交換が出来ないよう対策をしているようですが、 結局オンライン電話出来るのであればそういった表面上のルールは全て無意味になります。 誰かの居場所を作るために電話機能が果たして本当に必要なのか? 結局、この電話機能は出会いのツールとしてしか使われないと思うんですけどね・・・。 年齢確認について Yay! イェイ はSNSなのですが、18歳以上である事の確認をする必要があります。 とは言っても、年齢確認をせずとも投稿や他のユーザーと絡むことは出来るのですが、個別のチャットや電話などは年齢確認をしないと利用できないというルールになっています。 一般的にSNSといえば、13歳以上という年齢制限が設けられている事がほとんどで、Yay! イェイ のように18歳未満の利用を制限しているSNSはほとんどありません。 なぜ出会い系アプリでもないのに年齢制限をしたのか? 実際にYay! イェイ を使ってみてわかた事は、18歳未満の青少年たちが犯罪に巻き込まれないようにするための配慮なんだと思います。 過去の教訓を活かした年齢制限 Yay! イェイ の運営である「株式会社ナナメウエ」さんのメインサービスである「ひま部」というアプリは学生専用のアプリでしたが、学生さんに対して証明書を提出させるのは困難ですし、登録の際は自己申告での登録となっていました。 そのため、学生(主に女子中高生)を狙ったおっさんたちの流入により、ひま部を介して犯罪に巻き込まれる青少年たちが増え、不名誉なことにSNSの中で2番目に犯罪に巻き込まれる人が多いアプリとなってしまいました。 その教訓を活かし、 今回のYay! イェイ では同世代の利用者としかやり取りができないようになっており、更に年齢確認をしないと直結しやすい電話を利用できないといったルールになっています。 個人的には電話機能をなくせば良いのに…. と思っていますが、ナナメウエさんなりに配慮した結果なんだと思います。 年齢確認、年齢制限があるからといって使い勝手が悪くなっているという事はありませんし、ちょうど良いバランスで作られたアプリになっていると思います。 Yay! イェイ の口コミと評判 Yay! イェイ に登録しているユーザーのプロフィールを見ると、ひま部から来たという人が多く、やはりひま部は学生専用ではなかったんだなという事がよく分かりますよねw まぁネット上のルールなんてあってないようなものですからね。 Yay! イェイ の口コミを見てみても、ひま部から引き続き使っているという方が多く、ひま部を比較対象とした評価が多いようです。 ひま部とほとんど変わりはないですが、ひま部よりも断然使いやすくなりました。 これからもアルパカを愛していきたいです。 使いやすいです!安全性も前よりかなり改善されたと思います。 Yay! イェイ はまだリリースからさほど時間が経っていないという事もあり、利用者の多くはひま部からの移籍組といった印象が濃くなっています。 タイムラインを見ても独自の文化が既に形成されているという印象を受けるので、ひま部のノリがそのままYay! イェイ にも受け継がれているんでしょう。 現時点ではひま部との比較から評価が高くなっていますが、今後SNSとして他の人気SNSアプリと戦っていけるのか、そこが気になるポイントですよね。 Yay! イェイ の感想と評価まとめ Yay! イェイ に登録して思った事は、登録直後から初期投稿にいいねがたくさんついたり、皆さん気軽にフォローしてくれるなど、かなりフランクな利用者が多いという事。 アプリの配信開始からそこまで時間が経っていないにも関わらず、利用者も続々と増えていっているようですし、やっぱりひま部って人気だっただなぁと改めて実感させられました。 アプリ自体は非常に良く出来ていて、初見でも操作や機能面で困る事はほとんどありませんでした。 唯一、年齢確認をしないと出来ない事というのが明確に記されておらず、そこは実際にやってみないと分からないという謎の仕様になっているのが気持ちが悪いというくらいですね。 そういった制限に関する事項をあまり文字に書き起こしたくないという事なのかな? 今後もYay! イェイ の利用者は増えていき、どんどん人気も出てくると思うので、TwitterやインスタのようにメジャーなSNSではなく、もっとピンポイントでコアに楽しめるSNSを探しているという方におすすめです!.

次の

【無料アプリ】ひま部徹底解説!【体験談】

ひま 部 代わり

友達作りTalkの特徴 タイムラインが追いきれない圧倒的なユーザー数 友達作りTalkは、無料の出会いアプリとしては 圧倒的にアクティブユーザー数が多いです。 別に昔からあるアプリでもないのに、他の出会いアプリを遥かに超えたDL数が表示されているのがその証拠。 全国・全年齢・男女一緒で検索すると全く追いつけないレベルでタイムラインが流れ、今見ていた人が一瞬で流れて見失います。 しかも全盛期よりだいぶ女の子が減ってしまっている2016年時点でそれです。 全盛期は都道府県と性別と年齢を絞ってもそのくらいが勢いがありましたなあ。 男性は日に日にユーザー数が増えてるんですけどねw JS・JC・JKよりどりみどり!圧倒的な低年齢層 ある程度慣れている人はご存知だと思いますが、 冗談抜きでJC・JKの数が尋常じゃありません。 年齢認証も課金も必要のない完全無料のアプリだからある程度はわかるんですが、この尋常じゃない子供率は正直謎です。 ちなみに管理人OGAは実際に会った本人たちにいつも直接聞いてるんですが、ほとんどの子が友達からの口コミ(紹介)で知ったとのこと。 タイムライン式という新しいシステム これまでの出会いサイトや出会いアプリというのは、主に自分が投稿して女の子からのコンタクトを待つか、女の子へコンタクトを送る仕組みがほとんどでした。 しかし友達作りTalkは違い、アプリを立ち上げた段階でタイムラインに自分のプロフィールが流れます。 初めての人はこの仕組みに最初戸惑います。 このシステムは放っておいても女の子からアプローチが来るというメリットもあれば、意図せずタイムライン上に晒されてしまうというデメリットもあります。 友達作りTalkの歴史 ひまトーク一強時代。 友作はまだマイナーアプリ(2013年くらい) 今でこそ圧倒的No. 1無料出会いアプリの友達作りTalkですが、当然最初からトップだったわけではありません。 元々は『斉藤さん』『ぎゃるる』『ひまトーク』等、スマホの出会いアプリ黎明期に有名だったアプリたちがいて、 2013年あたりはひまトーク(今ある「ひまトークDX」などとは全く別のアプリ)がダントツの時代でした。 (ぎゃるるもすごい強かった気がするけどほとんど使ってなかったからあんまりわからない。 ) ひまトークがヤリたい放題だった時期、友達作りTalkも地味ながら運営されていましたが(リリース自体は2012年)、友達作りTalkは癖のあるシステム(後述)なため、ユーザーたちは手軽すぎるシステムのひまトークを使用していました。 ひまトーク没落、友作が注目を浴びる(2014年くらい) しかし、ひまトークを経由してやり取りする際に必須だったメッセージアプリ 『カカオトーク』にて、実質ID検索ができなくなるという我々出会い厨にとって極悪すぎる仕様変更があり、当時ひまトークは大混乱に陥りました。 それまで女の子のID欄を1クリックするだけで、カカオトークへ移行しヤリたい放題だったのに、 ある日突然ほとんどのユーザーが誰とも連絡交換をできなくなったのです。 アプリ内にチャット機能を持たないひまトークは、この事件で「絶対に出会えるアプリ」から「絶対に出会えないアプリ」に一晩で変わり、当然ユーザーはあっという間に離れ、終了しました。 俺はこれを勝手に 「カカオ事件」と呼んでいます。 そこでいっきにNo. 1出会いアプリへと躍り出たのが、友達作りTalkです。 なぜなら友達作りTalkはひまトークと違い、アプリ内で個人個人とメッセージのやり取りをするチャットがメイン機能だったから。 今なお語られる友達作りTalkの全盛期!(2014年~2015年前半くらい) そこからの友達作りTalkの勢いは尋常ではありませんでした。 ええ、俺もそのウェーブに乗って散々美味しい思いをしてきました。 ひまトーク難民がメイン客層なはずなのに、なぜか圧倒的に低年齢の女の子が多かったのです。 JS・JC・JK・JDなんでも揃ってました。 とにかく簡単に、素早く、大量に出会えました。 これが今なお語られる友達作りTalkの全盛期、いや、無料出会いアプリの全盛期です。 友作、世間に存在がバレる(2015年~2016年前半くらい) JCやJKと会いたい放題の無法地帯で問題が起きないはずがなく、案の定淫行で逮捕される男性ユーザーが続出。 そしてあろうことかニュース記事にて「友達作りTalk」の名が記載され、このあたりでこの激ヤバアプリの存在が世間に認知され始めてしまいました。 それまでは極々一部の掲示板(pinkbbsの某板の某スレだけ)ぐらいでしかネットで語られることが一切なかったほど、男性ユーザーは友作の存在を必死に隠していたのですw このニュースで話題になったあとはネット上でいろんなサイトが友作をヤバいアプリだと取り上げるようになりましたが、その頃にはもうヤバい時期は終わってました。 2015年に入ったあたりから女の子ユーザーが徐々に減ってきていて、それに加えてニュースで拡散されて世間バレし、 18歳未満の検索不可や アカウント凍結、 QRコード掲載の禁止などなどアプリ内の規制も少しづつ強化されていき、全盛期ほどの勢いは失われてしまったわけです。 それでも、依然としてJKと普通に出会えてしまう貴重な無料アプリであることには変わりありませんでした。 世代交代、オワコンへ(2016年前半くらい~現在) 友達作りTalkが問題となり世間に存在が知られてしまってからはどんどん勢いが落ちていき、規制強化も手伝い、完全にオワコンと化しました。 伝説の出会い系サイト『スタービーチ』しかり、最強に出会えたSNS『mixi』しかり、どんなに出会えるサイトやアプリもピークの時期があり、その時期を過ぎれば、過疎化かサービスが終了します。 現在の友達作りトークは頑張れば出会えないこともないかもしれませんが、JCやJKとはもうまず出会えません。 代わりに台頭してきたのが『』です。 ここは友作の移行先として、現在もJCやJK、それを狙う男たちで賑わっています。 友達作りTalkはJKと出会えるのか 前述の通り、間違いなく出会えます。 このアプリで淫行で逮捕される人が後を絶たないのが何よりの証拠です。 もちろん俺もこの友達作りTalkでは、散々美味しい思いをさせてもらいました。 ここが旨すぎでハマりすぎて、友作専門で会いまくっていた時期が長らくありました。 ここで出会えた女の子は軽く50人を超えています。 数え切れません。 そのほとんどがJKで、たまにJCや18歳以上でした。 (JSも会おうと思えば会えたけど、さすがに歩いているだけで捕まりそうなので自重しましたw) ただし解説してきた通り、かなり癖があるので、誰でも簡単に出会えるものではありません。 相性が合わない人はただただ精神を消耗するだけです。 有料アプリと違い、表向きは出会いアプリではないのです。 そのため、暇つぶしに利用している女の子が大半で、出会いを前提とした有料サイト(アプリ)で出会ってきた方々からすると効率はかなり悪いでしょう。 しかしそこは相性です。 JCやJK相手なので、もしあなたがJK受けの良い今風な感じだったら、大手有料サイト(アプリ)よりも手っ取り早く金もかからず簡単に出会いたい放題ヤリたい放題できます。 俺の場合はその相性が当時は良かったのでヤリたい放題できましたが、俺と容姿も戦法も違うネットナンパプレイヤーの友人は全く合わなかったみたいで、一人も会えていません。 やってみて合いそうだったらそのまま楽しんじゃえばいいですし、合わなそうだったら当サイトでも紹介している有料のサイト(アプリ)を利用するのが正解でしょう。

次の

メッセージバード(メセバ)の代わりの出会い

ひま 部 代わり

本間ひまわり 基本 年齢 不詳 2年生 1. 配信歴• 最近が欲しくて配信をはじめた。 普段は明るくて少しだが、をすると…なぜかいつも頭にを付けていて、嫌な事があるとでを始める。 本人く、のとと担当。 またか (後に統合により「」所属となった) 頭につけた本物のと、開きっぱなしの口が特徴。 との相性が抜群で、表情がとても豊かに動く。 ・ヮ・ 🌻 の紹介に 少しと記載されているがこれは誤表記で、実際は とてつもないである。 例をあげれば、で要素に気づかず鼻歌を歌いながらするほど。 また でを歌うというとんでもない暴挙にも出る。 在住はでを隠す気があまりない。 が、はやたら不詳にしたがる。 性別すら不詳の底ぶり(本人く言うがかった)。 独特の感覚で言葉をするうえに彙があまりなく、基本的に喋り方がであり、の会話で登場する独特な言い回しや発音は「」とされ、日々研究が行われている。 本人弁では様々なで暮らしていたため、様々なが混ざったせいとのこと。 ほまーに:「ホンマに」が変形した言葉。 感が良く色々なライに伝染している。 おう:のこと。 流石に不味いと怒られたので。 「お」いる?• じょうずい:「上手い」のこと。 頻繁に登場する。 ラッツ:()のこと。 複数形だが、単体でもラッツである。 笑いが高音になることがあり、の代わりにのが使用されることがある。 すっすー:「好き」のこと。 恥ずかしくて好きと素直に言えないお年頃。 2万人記念でののの際、を出して「 すっ・・・好き」と言った時の破壊は 級。 おはござ:の。 が速すぎてついてこうなった。 おはござおはござー!• お:おやすみなさいの。 一方で元所属ということもあり、やでは非常に高いを持っている。 幼い頃からもやり込んでいるためそちらの知識も豊富である。 には優しく丁寧に接し上手い人を素直に褒めるといった、見ていて心地の良いを行う。 同時にもあり、をしたすり替えなどの等を有している。 や等で頭を使うような場面は・・・みんなであげよう。 を摯に受け止めたり、皆に支えられていることを自覚しを認めるなど芯の強さも伺える。 が好き。 「だーい好きなのはー」との曲を振られた際に「と!」と言うほど。 をくれた人の名前はきちんと覚えているらしい。 ( ただし間違えが多い) 前述したすっすーの項にもあるように も恥じらうであるため、 気付く のは苦手な模様。 ただし、本人が意図せずにギリギリを攻めている時がある。 摘するかは良識ある方次第。 今後、参加のなどに付きやすい場面に参加することになったらこの事は留意してう。 の呼称は「 ひまぐま」 かんれんどうが かんれんりったい かんれんゲーム かんれんリンク• かんれんこうもく•

次の