キャッシュバック賃貸 いくら。 賃貸サイトのお祝い金(キャッシュバック)をランキングで徹底比較

【LIFULL 引越し】最大10万円キャッシュバック!?お得な引越しキャンペーン実施中

キャッシュバック賃貸 いくら

賃貸契約をすると、キャッシュバック(祝い金)がもらえるっていうけど、本当にもらえるの? と思う人もいるでしょう。 この疑問に答えるにはキャッシュバック賃貸の仕組みを知る必要があります。 従来の賃貸サイトでは、不動産会社が賃貸サイトに物件を掲載してもらう際に、2週間でいくらという風にお金を払っていました。 不動産会社は物件の契約が決まるか決まらないかにかかわらず、掲載してもらうだけでお金がかかってしまいます。 これを『 掲載課金モデル』と言います。 一方、キャッシュバック賃貸の場合、不動産会社は物件の契約が決まったら、賃貸サイトにお金を払うという『 成果課金モデル』です。 不動産会社にとって、掲載するだけで、お金がかかる掲載金モデルではなく、契約が決まったときだけお金がかかるモデルなので、費用を抑えることができます。 その抑えた分を利用者に還元することができるので、キャッシュバック賃貸は、キャッシュバック(祝い金)というシステムを運営していけるのです。 賃貸サイト経由で気に入った物件を扱っている不動産店舗に問い合わせる。 不動産店舗を訪問する。 問い合わせした物件と契約する。 すると、キャッシュバック(祝い金)がもらえます ポイントは、 問い合わせた物件と契約したときのみ、キャッシュバック(祝い金)がもらえるという点です。 例えば、問い合わせた物件Aを、実際に、不動産店舗に訪問して、内覧してみると、「思ってなのと違う。 」「やっぱりここはナシだな。 」とか思うことがあると思います。 そして、不動産店舗の人がすすめてくれた他の物件Bを気に入ってしまい、その物件と契約してしまうことがあります。 このケースは、 キャッシュバック(祝い金)がもらえません。 間違いなく、キャッシュバック賃貸 最大のメリットです。 キャッシュバックの申請が簡単 やのような賃貸サイトでは、 キャッシュバックの申請が鬼です。 大量のアンケート(記述2,500文字)に答えたり、部屋周辺の写真の提出など、 かなり大変です。 しかし、キャッシュバック賃貸は、賃貸契約書の写真添付程度で、 簡単に申請できます。 スモッカや賃貸EXは、キャッシュバック(祝い金)5万円と高額ですが、申請が大変です。 しかも、もらえる条件が厳しいです。 絶対におすすめしません。 関連記事: キャッシュバック賃貸のデメリット デメリットを強いて挙げると、 キャッシュバックの金額が少ない点です。 ほとんどの物件は、 キャッシュバック額が5,000円か1万円です。 たまに、数万とか10万円とかもありますが、珍しいケースです。 キャッシュバック(祝い金)の条件がゆるいことや、申請が簡単なので、その分金額が少ないのは仕方ないかなと思います。 ちむ子 キャッシュバック(祝い金)の条件がちょっと厳しくて、申請が簡単な、『DOOR賃貸』というサイトがあります。 キャッシュバック(祝い金)は1万5,000円です。 私は、このDOOR賃貸でキャッシュバック(祝い金)をもらおうとしましたが、もらえませんでした。 というか、途中であきらめました。。。 キャッシュバック(祝い金)をもらえる条件が厳しいです。 詳細は以下。 関連記事: キャッシュバック(祝い金)がもらえないパターンに注意しよう キャッシュバック賃貸をで、キャッシュバック(祝い金)を確実にもらうために、キャッシュバック(祝い金)がもらえないバターンを把握しておきましょう。 問い合わせ時にWEBフォームを利用していない場合 必ず、キャッシュバック賃貸のページから、問い合わせしましょう!• キャッシュバック賃貸からお問い合わせする前に、不動産会社と連絡をとった場合、もしくは既に店舗に訪問している場合.

次の

キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸 いくら

キャッシュバック特典は、開通月を含む12カ月目に、ご登録いただいたお受取口座へ現金振込いたします。 お受取方法や特典の詳細については、振込予定月前月に nifty入会時に発行されたメールアドレス宛にご連絡いたしますので、必ずご確認ください。 決済方法に口座振替を選択された場合、決済確定時の口座振替決済口座情報をキャッシュバックお受け取り口座として自動反映いたします(口座振替決済口座がゆうちょ銀行の場合を除く)。 特典の詳細は振込予定月に nifty入会時に発行されたメールアドレス宛にご連絡いたします。 何らかの事情で口座情報が自動反映されなかった場合は、振込予定月前月に nifty入会時に発行されたメールアドレス宛にお受取方法などご連絡いたします。 お客様のご登録状況・ご利用状況によって振り込みの時期が遅れる場合があります。 以下の場合、キャッシュバック特典対象外となります。 開通月を含む10カ月目までに本サービスを解除(初期契約解除を含む)またはコース変更申請された場合• キャッシュバックの振り込みが完了する前に niftyを解約された場合• お客様情報・決済方法のご登録、料金のお支払いに不備がある場合• 法人のお客様 以下の場合、キャッシュバック特典対象外となります。 お受取口座情報に不備がある場合、キャッシュバック特典を振り込みできませんのでご注意ください。 なお、振り込みができなかった場合、翌月に再度振り込みをいたします。 2回とも振り込みができなかった場合、キャッシュバック特典は無効となります。

次の

部屋探しで「キャッシュバック賃貸」を使うとお祝い金がもらえる!

キャッシュバック賃貸 いくら

この記事の目次• キャッシュバックキャンペーンって、法律的にどうなの? ウェブサービスで、ユーザーの獲得に用いられる「キャッシュバック」キャンペーン。 キャッシュバックを受けられる消費者に対して、お得だと思い、会員になるといった効果があります。 このようなキャッシュバックは、消費者にお金等を戻す行為です。 ここで、気を付けるべきは、 景品表示法です。 キャッシュバックは、景品表示法の「景品」に当たるか キャッシュバックが、景品表示法「景品類」にあたれば、景品表示法の適用を受けることになります。 景品表示法における「景品類」とは、• 顧客を誘引するための手段として• 事業者が自己の供給する商品・役務の取引に付随して• 相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、内閣総理大臣が指定するもの と定義されています(景品表示法2条3項)。 この定義によれば、キャッシュバックは、「景品類」にあたるとも思えます。 しかし、「景品類」に当たるためには、 「内閣総理大臣が指定するもの」に限られます。 そして「」では、 「正常な商慣習に照らして値引…と認められる経済上の利益」は、「景品類」に含まれないこととされています。 そして、「」によれば、 「値引」に当たる具体例が記載されています。 購入商品と同一商品の付加・増量(例:DVD3枚購入すればもう1枚) そうすると、キャッシュバックは、消費者に支払ったもらった代金の割戻しなので、「値引」と認められ、原則として「景品類」にはあたらず、景品表示法には該当しないことになります。 キャッシュバックでも、法適用がある場合 ただし、以下のような場合には、キャッシュバックでも「景品類」に当たり、景品表示法の適用があるとされています。 懸賞(くじや抽選)によりキャッシュバックを行う場合• キャッシュバックした金銭の使途を制限する場合(例:事業者指定の商品・役務の代金に充当させる場合)• 同一の企画において景品類の提供を併せて行う場合(例:キャッシュバックと招待旅行のいずれかを選択させる場合) 上記態様のキャッシュバックを行う場合は、十分注意しましょう。 キャッシュバックを行う場合の表示にも注意 キャッシュバックをする場合には、多くの人を引き付けたいと思い、魅力的なキャッチコピーをつける必要がありますが、この点でも注意が必要です。 例えば、「全商品についてキャッシュバック」と無条件にキャッシュバックをする表示しているにも関わらず、実は対象となる商品・役務が限定されていたり、一定額の購入が条件とされていたりする場合には、景品表示法上の 有利誤認表示に該当する可能性があります。 キャッシュバックキャンペーンをする場合には、表示にも十分注意しましょう!.

次の