マイジャグ 3。 【ジャグラーブログ】養分ピエロの飯ウマ実戦日記vol.32(ゴージャグ2→マイジャグ3)

マイジャグラー4

マイジャグ 3

どんだけマイジャグが好きやねん? と自分でも突っ込みたくなるくらいマイジャグばっかり打っています。 でも思うのですが、こういう人は意外と多いのかなと思います。 僕がよく行くホールには、マイジャグラー3しか打たないのに、それだけで生活しているっぽい人がいます。 年中無休、寝ても覚めてもマイジャグラー・・・高設定をツモれなかった日は途中でいなくなるのですが、ツモれた日は遅い時間まで打っています。 ごくたまーにマイジャグラー以外のジャグラーを打っていますが、ジャグラー以外の機種を打っているのを一度も見たことがありません。 おそらく年間稼働時間は2000時間を優に超えていると思います。 そこまで一つのことを継続できるのってある意味においては才能かなと・・・ 違う分野でこの継続力を発揮することがあれば、その分野でひとかどの人物になっていたことは間違いないでしょう。 理由1:メイン機種で高設定が入りやすいから まず第一の理由は、僕が行くホールではマイジャグラーシリーズがメイン機種だからです。 設置台数も多く人気もある機種だからこそ、お店も大事に使ってくると思います。 これについては地域やホールによって多少異なってくるかもしれませんが、僕が行く地域ではマイジャグとアイムジャグラーの二本柱です。 最近ではゴージャグの稼働がかなり上がっていますが、これはまあホール次第だと思いますし、お店がよほど偏った力の入れ方をしない限り、ゴージャグがマイジャグと同じような立ち位置になれるとは思いません。 僕は自分自身に対してアイムジャグラー禁止令を出しているので、アイム系には一切手を触れていません。 僕がアイムを打たない理由についてはこちらをご覧ください: マイジャグラーは設置台数が多く人気(稼働)もある機種だからこそ打つ。 これはよく言われることですが、設置台数が多ければお店が設定を使う可能性は上がります。 お店側からすれば、設置が3台しかないようなマイナーな機種よりも、多台数設置している主力機種に設定を使いたいと思うはずです。 言い方はアレですが、スロットの営業はエサ(高設定)をまいて多くの鳥を集め、多く集まったところで低設定で回収するというパターンが多いと思います。 どうせエサを撒くならば、設置台数が多い機種でやったほうがいいでしょう。 メイン機種ならば増えた稼働を収容する余力がありますが、少数台数機種はすぐに満席になってしまい、それ以上は稼働が伸びないからです。 以上の理由から、僕は少数設置のジャグラーには基本的に目を向けないようにしています。 もちろんマイナーなジャグラーにも設定が入ることもありますが、特定日のたびに必ず設定が入っているわけでもなさそうなので、高設定がいつ入るのか予想が立てづらいので、あまり楽観的に「今日は設定が入る!」とか思わないようにしています。 それならば、普段から設定を使っていて、特定日にはさらに強くなりやすいマイジャグラーを攻めようという考え方です。 理由2:夕方からでも狙えるから スロットの専業と呼ばれる人の中には、ジャグラーには一切手を触れない人もいます。 そういう人たちの話を聞いていると、 「ジャグラーは訳がわからないから触らない」 そうです。 そういう人たちは、グループで朝から特定日や取材のあるホールへ行き、AT機・ART機の高設定や全台高設定シマを探すのが得意のようです。 彼らを見るときは、高設定っぽい台をぶん回しているか何も打たずにホールを徘徊しているかのいずれかで、ジャグラーを打って右往左往している姿を見たことがありません。 朝からグループで打つ人たちなら、そういうスタイルの方が効率がいいのでしょう。 生活費をパチスロを打つことで得ている訳ですから、中間設定かもしれないジャグラーに翻弄されてタダ働きみたいなことをしている場合ではないのでしょう。 しかし僕は違います。 僕は遊びでお小遣いくらいもらえればいいと思ってパチスロを打っています。 打つ以上は勝つことを目指していますが、毎月何十万稼がないと部屋を追い出されるとかのリスクを背負っているわけではありません。 それに打ちに行くのは夕方以降がほとんどです。 夕方からAT機などの設定狙いをするのは現実的ではありません。 例えばバジリスク絆ですが、高設定を使っているとなれば、朝からそれを狙う人たちが打ちます。 場合によってはほぼ顔見知りの専業が打っていて、どの台で高設定確定演出が出たとかの情報を全部交換していて、高設定確定した台だけを残して、それ以外の台は捨てられます。 ハイエナならいいですが、そんな状況で空いている台を夕方から設定狙いで攻めるのはリスクが大きすぎます。 となると、ジャグラー、ハナハナかアクロスのAタイプしか残らなかったりします・・・ 僕はもともとハナビとかのアクロス系が好きだったのですが、アクロスの機種はボーナスが重いのが多い上に普段は設定が入っている感じがしないので、「設定1でフル攻略上等!」とかで打つ気にはなれません。 理由3:設定推測がしやすいから マイジャグラーの設定推測がしやすいというとかなり語弊がありますが、僕は体感的にそう感じています。 設定推測ツールを使っていると、マイジャグラーって割と早い段階で 「設定4以上は大丈夫そう」 という結果になりやすいのです。 これは、単独REGの設定差が設定3と設定4の間に大きめの差がついているためです。 そのため、ある程度単独REGを引ける台を打っていると、こんな感じの結果になりやすいのです。 このよう単独REGが引けると割と早い段階で設定3以下の可能性をかなりのところまで否定してくれるのです。 この台は、ブドウがよくなかったため、終日打ち切ったら設定4が最有力となってしまったわけですが、特定日でホールの状況が相当よかったので納得して打ち切れました。 設定5以上濃厚、設定6濃厚となるには、この後もずっと全ての要素がぶっちぎって強くないといけないのですが、上の推測結果でもかなり安心感があります。 後述しますが、僕の場合マイジャグラーなら設定4でも打ちます。 ここまで強い推測結果が出れば喜んで続行できますね。 実は「みんなのジャグラー」も単独REGに大きな設定差がついています。 しかしみんなのジャグラー自体がマイナージャグラーなので普段から設定に期待できる状況でもありません。 っていうか、まったく設置がないホールも多いですよね? 理由4:設定4でも打てるから ジャグラーの設定4は打つ価値なし! という意見もあります。 終日打ち切れば1000枚弱プラスになる計算です。 人によっては「設定4なんかいらない!」という人もいますが、僕はマイジャグラーの設定4以上が濃厚なら打ちます。 もしかすると設定5とか6かもしれない」 という台ならば打つ価値があると思っています。 パチスロで生活している人ならばこんな台をウダウダと打っているわけにはいかないでしょう。 しかし遊びながらお小遣い稼ぎを目指すレベルの人間にとっては十分打てる台というのが僕の考えです。 理由5:設定6をツモりたいから マイジャグラーは設定6のスペックが魅力的だというのもあります。 甘デジのような勢いでボーナスが連打するのですから想像しただけでも楽しそうですよね。 マイジャグラーの設定6は安定感が別格で、上にブレてしまうと8000枚とか出てしまうこともたまにあるので、ホールも特別な日以外には気軽には使えないという現実もあります。 しかし、特定日だけ設定6を使うホールとかだと、朝から座ってみようかなという気にさせてくれます。 こんな台を朝から晩まで打てたら楽しいだろうなあと思いつつ、日々良さげな台を探しています。 理由6:マイジャグラーが好きだから こんなことを言っては身もふたもないのですが、僕はマイジャグラーが純粋に好きになってしまったのかもしれません。 最初見たときは 「こんなのジャグラーじゃねえ!」と思いましたし、初打ちの時1万円使って一度も光らなかったので悪い印象を持ちました。 「やっぱりアナログな告知ランプじゃないと光る気がしない!」と、オカルト全開な第一印象でした。 しかし、高設定k台に座る機会などがあるうちにマイジャグラーが好きになってしまいました。 変幻自在な告知ランプが好き マイジャグで好きなのは、デジタルな告知ランプですね。 変幻自在な告知が楽しいマイジャグラー (しかしランプには根性焼きされた痕跡が・・・) 液晶がついているAタイプはあまり好きではないのですが、マイジャグ(特にマイ3)のあの穴の中は大好きです。 色変化、GOGOのみ点灯、ステップアップ、分裂と多彩な点灯パターンがあるのが最高です。 あと、点灯のタイミングも多彩ですよね。 まあ先ペカと後ペカなんですが、細かく分けると4種類のタイミングがあります。 レバーオン• リール始動時• STOPボタンが有効になった時• 第3停止を離したとき 僕の中では「1」が先ペカ、「2」と「3」については 中ペカ、「4」を後ペカと分類させてもらっています。 僕はガコガコなるのがあまり好きじゃないんですね。 わかっていてもビクッと震え上がってしまうんです。 ゴージャグもガコ音がないのでいいんですが、あれは告知タイミングが第3停止後の一点に絞られているのが個人的にはマイナスですね。 僕はレバーオン告知が好きなので・・・ まとめ 以上、僕がマイジャグラーばかりを打っている理由をご紹介しました。 まとめると• ホールのメイン機種だから設定が入りやすい!• 設定4の機械割でも打てる!(通常営業日でも探せる気がする)• 単純に好き! というわけです。 僕以外のマイジャグラーしか打たない人の中にもこのような考えを持っている人はいるのではないでしょうか?? マイジャグラーの設置や設定状況は地域や通っているホールによっても変わってくるかと思いますが、やはりジャグラーがメインの地域ではマイジャグが一番やりやすいのではないかと思っています。

次の

マイジャグラー3 プレミア告知演出&音楽(BGM)まとめ

マイジャグ 3

演出などが違うだけで、中身は同じ台になっています。 マイジャグラーが極悪ジャグラーな理由 まずは、マイジャグが極悪ジャグラーだと言える理由を挙げていきます。 あなたのマイジャグ好き好きイメージを変えてしますかもしれないことなので、 これからもマイジャグを楽しく打ちたい方は、以下のまとめは読まないことをおすすめします。 現在ホールで稼働しているジャグラーシリーズの中でも、 最低クラスの機械割です。 マイジャグラーのスペックが高いのは設定2以上です。 設定2以上ならば、マイジャグラーは他のジャグラーと比べて非常に高い機械割になっています。 特にマイジャグの設定4以上の高設定域では、「他のジャグラーの設定+1」と言っていいくらい高い機械割になっています。 設定1のスペックが高いジャグラーは、マイジャグではなく、ゴーゴージャグラーやジャグラーガールズです。 05% パチスロ攻略マガジン・チェリー狙い時のシミュレーション値から なんと、 アイムジャグラーの設定1の機械割ですら96. 91%となっていて、マイジャグの設定1の数値より高くなっています。 ただし、この数値はシミュレーション結果なので、近似値となり、厳密な機械割ではないです。 ですが、膨大な試行回数の結果なので、大きく異なる可能性はないと思われます。 いかにマイジャグの設定1の機械割が低いか分かるかと思います。 ほとんどのホールのジャグラーでは、設定1が一番多く使われる設定です。 よって、 適当に台選びをして打ち出した場合は、マイジャグラーは最も負けやすいレベルのジャグラーだと言えます。 そのくせ、以下に説明するように、設定6の誘惑だけは一番強いジャグラーと言えるのです。 6%と現役のジャグラー最強の設定だと言えます。 数値はスロマガのシミュレーションより。 設置が非常に少なく、設定の入りにくいみんなのジャグラーの設定6を除いた場合。 ですが・・ ご存知の通り、マイジャグの設定6は、最近見かけることがとても少なくなりました。 しかし、過去に1度でもマイジャグの設定6を打って最強スペックを体感したことのある人は、足が勝手に動いてマイジャグのシマに向かってしまうかもしれません。 もはや、これは罠以外の何物でもないはずです。 今ではめったに入ることのない優秀なマイジャグの高設定を求めて、極悪スペックの設定1がほとんどのマイジャグのシマで打ってしまうのですから。。 マイジャグは「フェイク設定」が一番よく使われるジャグラー マイジャグは、ジャグラーシリーズの中で、設定2や設定3の「フェイク設定」が一番よく使われるジャグラーです。 マイジャグにフェイク設定がよく使われる理由はいくつかあります。 まず、マイジャグの高設定は機械割がとても高いので、あまり高設定を多く入れられないことが、その理由の一つです。 アイムやゴージャグなどの機種で「設定5を3台入れる」ところでも、マイジャグならば「設定5を2台と設定3を1台」、もしくは「設定5を1台と設定3を2台」のような入れ方にして、割数 出玉 を調整するのです。 また、 マイジャグのBIG&REG確率は、設定1と設定2のREG確率の差だけをのぞいて、大まかには 段階的になだらかな差がついている、と言えます。。 よって、 マイジャグはフェイク設定を投入しても、それがフェイク設定だとは気づかれにくいのです。 例えば、アイムジャグラーの看板台が設定5だとして、そのフェイクで設定3を入れても、アイムの設定5と設定3のREG確率の差はかなり大きいので、すぐに気づかれる可能性が高いです。 なので、アイムはフェイク設定を入れる価値が低いです。 なので、やはり設定2や設定3のフェイク設定を入れる価値が低いジャグラーです。 このようにマイジャグは、他のジャグラーに比べると、設定2や設定3のフェイク設定が投入されることが多いジャグラーだと言えます。 これはマイジャグが極悪ジャグラーである理由の一つです。 マイジャグは筐体やGOGOランプ、音楽が素晴らしい 僕がわざわざ強調することではないかもしれませんが、マイジャグはとても打ち心地が良い筐体ですし、液晶のGOGOランプは美しく、数多いBIGの音楽は秀逸です。 マイジャグは中身 高設定の機械割・スペック が素晴らしいですが、見た目 筐体・演出 も素晴らしいジャグラーです。 まあ、中身 使われる設定 は、最近凶悪化しているわけですが・・・ ジャグラーは打っていて心地よく、面白く感じる台なほど、設定1でカモられやすいジャグラーだと言えるのではないでしょうか。 「面白いから設定1でも打ってしまう」は、極悪きわまりないことです。 極悪なマイジャグラーに立ち向かう防御力をつける方法 以下に、マイジャグで カモられ ないための防御力を付ける方法をまとめます。 マイジャグでは「勝ち方」や「高設定の取り方」を学ぶ前に、大負けしない「防御力」を身に着けるべきです。 防御力を上げて、長時間マイジャグを打ってもさほど負けない状態から、ちょいプラスになるくらいのマイジャグ力をつければ、その先にマイジャグでの勝ちが見えてくるはずです。 マイジャグは設定2以上らしき台をしぶとく打つ マイジャグで客がカモられる設定は、設定1のみです。 なので、なんとしても設定1だけは避けるマイジャグの立ち回りを身に付けましょう。 マイジャグの設定2の機械割は99. 0%で、ジャグラーシリーズの設定2にしては、かなり高い方です。 6% スロマガのシミュレーションより。 低設定が破格のゴージャグでさえ、設定2の機械割は99. 2% マイジャグでは「取りあえず設定2以上はあるだろう」という台を打っていれば、簡単にカモられることはないです。 マイジャグは、設定1と設定2のREG確率が大きく違います。 これにより、設定1と設定2の機械割の差が大きくなります。 BIG確率は大きくは違いません。 打っている最中も、回転数に対してREGを多く引いている台が空いたら、即移動することをおすすめします。 短期的な収支は、BIGの引き次第で大きく勝ったり負けたりします。 ですが、数時間の勝ち負けから、1日単位の勝ち負け、1週間・1ヶ月単位の勝ち負けになれば、 設定1を打ち続けた場合と設定2以上を打ち続けた場合のトータル収支は大きく違ってきます。 その日その時の勝ち負けを気にせずに、しぶとくREGを多く引いている台=設定2以上の可能性の高い台を打ち続けるべきです。 店の意図を読んでマイジャグを打つ 最近のホールでマイジャグラーが極悪化しているのは、ある意味では、店側の設定の入れ方のせいです。 店がマイジャグの高設定の魅力を餌に、フェイク設定を入れて客を煽り、設定1で客をカモっているのです。 5年くらい前までは、マイジャグにもあまりフェイク設定は入れられませんでした。 設定1の中に看板台として高設定がポツポツと入れられていました。 そういう設定配分ならば、客は少し打って「高設定でないから止める」という冷静な判断ができました。 高設定っぽい場合も、フェイク設定が少ない場合は、その台が本当に高設定の可能性がとても高くなります。 フェイク設定がないシマでは、低設定に座った場合にはやめ時が早まり、高設定に座った場合は捨てる可能性が減ります。 その結果、客は大負けが減り、大勝ちは増えます。 客にやさしい設定配分なわけです。 今のマイジャグでは店側の巧妙な設定の入れ方で、客がカモられていると言えます。 つまり、店側の意図をしっかりと読み取ることができれば、マイジャグでカモられることはなくなります。 ジャグラーで店側の意図を読むとは、「店側が本当にジャグラーを出そうとしている時」と「店側がジャグラーを出しているように見せようとしている時」を区別することです。 店の営業方針や地域によって若干ことなりますが、 リニューアルオープンや新装開店の時、給料日前後、盆正月・ゴールデンウィーク直前などには、多くの店が本気で出します。 その他にも、その店独特の「本気で出す期間」や「本気で出す条件」などがあるかもしれません。 店側が本気で出そうとしている場合と、店側がフェイク設定で出しているように見せようとしているだけの場合の区別が付くようになれば、マイジャグの防御力は飛躍的に上がるはずです。 無理にマイジャグを打たない マイジャグのシマが墓場のように死んでいたり、良さげなマイジャグは何台かあるものの空きそうにない場合は、無理にマイジャグを打つことは止めましょう。 勝てそうな場合だけマイジャグを打つことが、マイジャグの防御力を上げる最大の秘訣です。 「マイジャグラーが打ちたくてパチ屋にやってきたのに、アイムジャグラーやゴーゴージャグラーなんて打ってらんないよ!」 と、思われる気持ちは、僕もよく分かります。 そんな時は、こう考えてみて下さい。 「ハマりまくるマイジャグラーとペカりまくるアイムジャグラーは、どっちが楽しいかな?」 もちろん、マイジャグをやめてアイムを打っても、必ずペカりまくるわけではないです。 ですが、マイジャグのシマではREG出現率が絶望的な台しか空いていないのに、アイムのシマでは設定5クラスのREG出現率の台がチラホラ空いているような状態ならば、上記のように考えても、問題ないはずです。 マイジャグのシマは絶望的な空き台しかないのに高稼働。 アイムのシマは設定5クラスのREG出現率の台が空いている。 こんな状態は、はっきり言って日常茶飯事です。 「ハマりまくるマイジャグラーとペカりまくるアイムジャグラーは、どっちが楽しいかな?」 この呪文を上手く使いこなせるようになれば、マイジャグの防御力を飛躍的に上げることができるようになるでしょう。 アイムを打っている内に、良さげなマイジャグが空くかもしれませんしね。 このページでは「マイジャグの防御力を上げる」方法を中心に記事を書きました。 最近のホールのマイジャグの扱い方があまりにも酷いので、この記事を書こうと思った次第です。 興味のある方は読んでみて下さい。 このページを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

マイジャグラーIV 掲示板

マイジャグ 3

【目次】• マイジャグラー3設定6の特徴とは?大量実践結果を公開! マイジャグラーの設定6ってどんな 挙動をするんだろう?と思われる方もたくさんおられると思います。 ここでは、 マイジャグラーの 設定6の 実践データを シュミレーションし大量の実践結果を紹介をしたいと思います。 これから、打つかもしれない マイジャャグラーの設定6を逃さない為にも、設定6の 挙動と 特徴をしっかりと頭に焼き付けておいて下さいね。 その前に、マイジャグラーのスペックのおさらいです。 マイジャグラーはアイム同様ビッグとレギュラー確率が同率なので、ビッグに偏るかレギュラーに偏るかによって出玉にかなりの差が生まれそうです。 とはいっても機械割最高クラスのマイジャグラーです、レギュラーに偏っても十分なプラス収支!流石です。 これだけ、ボーナス確率が高いと捨てられる可能は低そうです。 座れたらあなたは幸運? スポンサーリンク マイジャグラー3設定6のスランプグラフ 続いて、 マイジャグラー3 設定6の スランプグラフを大量公開したいと思います。 台選びの際の参考にして下さい。 ほぼ、全部が綺麗な右肩上がりのスランプグラフですね。 大きな凹みがほとんどありません。 まさに、負ける方が難しいという印象ですね。 あと、ボーナス確率が高いせいか、急激な右肩上がりが随所に見られますね。 瞬発力も特徴の1つかもしれませんね。 マイジャグラー3の設定6の詳細データとスランプグラフ(バージョン2) 別のシミュレーションアプリを使った設定6のボーナスとスランプデータも紹介したいと思います。 こちらのシミュレーションは 設定6を 【1万G】回した際の結果となっております。 さすがは、ハイスペックジャグラーであるマイジャグの設定6だけあって、ほぼ右肩上がりの美しいグラフですね。 マイナスになること事体が稀なようです。 今回のシミュでは、わずか20回の間に8000枚オーバーが2回も出ました。 打てる機会は、少ないですが、こんな台を1日打ちたいですね。 スポンサーリンク マイジャグラー3の設定6の「BBとRBの出現履歴と大当たりゲーム数」 マイジャグラー3の設定6のビッグとレギュラーってどれくらいの割合で出現するんだろう? という疑問にお答えするためにボーナス履歴を掲載します。 また、ボーナス当選ゲーム数も合わせて参考にしてください。 これを見れば、だいたいどのくらいのゲーム数で当たるのか?そして、どくらいのハマリに遭遇するのかがわかると思います。 ほぼ、400G以内には当たっている印象ですね。 100G以内の連チャンも多いいですね。 レギュラー確率も高いだけあって、レギュラーボーナスの出現頻度も高いのも特徴です。 マイジャグラー3の設定6の実践時の小役確率 マイジャグラー3設定6の1万G試行時の小役確率を公開します。 これをみれば、1万Gでも収束しない小役確率がよくわかると思います。 ただし、設定6の小役の振れ幅は多少わかると思いますので、立ち回りの参考にしてください。 23 (全設定共通) 設定6では、ぶどう確率は 「5.88~6.38」くらいのふり幅になりました。 ぶどう確率は1万Gでもかなり荒れますね。 63% 勝ち(0円以上) 92回 負け(0円未満) 8回 最高収支 151740円 最低収支 -54560円 平均収支 51007. 18 マイジャグラー3設定6の勝率は安定感抜群の 「92%」 でした。 勝率は92%ジャグラーシリーズの中ではかなり高い数値となりました。 85になることもあるようです。 ビッグがあまりに引けないとマイナス収支になることもあるようですが、このようなケースは稀だと思います。 マイジャグラー3の設定6を奪取するコツ マイジャグラー3の 設定6は、破壊力抜群で、誰もが憧れるエクストラ設定ではありますが、日常的に設定6が投入されているホールは少ないと思います。 やはり、新台入れ替えや、リニューアル開店などのイベント時に狙っていく方法が柱になっていくと思われます。 しっかりとした下調べが必要になるでしょう。 看破をする際は、単独レギュラーとぶどう確率に注目すると良いでしょう。 マイジャグラーの設定6一度は打ってみたいですね。 某ホールの現役設定師が明かす!【マイジャグラー3設定6】の扱い ここまでは、シュミレーションを元に マイジャグラー3設定6の挙動や勝率などについての情報提供を行ってきましたが、 ここでは、知人の現役設定師にリアルホールでの マイジャグラー3設定6の扱いについて聞いた情報を公開したいと思います。 皆が気になる、リアルホールでのマイジャグラー3設定6の扱いについて知って頂ければと思います。 A店:現役設定師にマイジャグラー3 設定6について色々聞いてみた Q:マイジャグラー3 設定6をホールで使っていますか? 設定6は使っています。 ただし、強いイベントの時にしか使いません。 また、設定6は素直に出過ぎるので全6イベントはしません。 やったとしても、半分は設定4・5を入れたりして、調整しています。 ただし、設定6は出玉アピールにはもってこいな設定なので、出してほしい時には、積極的に使っています。 また、マイジャグラーの設定6は、お客さんにとっても夢がある設定ですし、期待して打って下さっていると思いますので、その期待を裏切らずに、しっかりと使っていきたいですね。 Q:マイジャグラー3 設定6を使わない日はありますか? ほぼ、使わないですね。 Q:マイジャグラー3 設定6の稼働状況はどうですか? とてもいいですね。 だいたい半日打てば、高設定だとわかりますし、 「この台壊れてる?」と思われるくらい当たるので、捨てる人が少ないです。 Q:マイジャグラー3 設定6の最高出玉を教えてください。 当ホールでは11841枚です。 引きがビッグに偏ると、5000枚くらいは、あっという間です。 Q:マイジャグラー3 設定6をこれからも使いますか? 設定6はこれからも使いますね。 設定6を使うと、データロボに良い履歴が残り、ホールの印象がとてもよくなりますし、設定6は終日、粘ってくれるので、出玉アピールにもなります。 設定6は、ボーナス回数が付きやすいので、過去の最高履歴を見れば、通っているホールが設定6を使っているかいないかを、ある程度推測することができると思いますよ。 以上が、インタビューの内容です。

次の