納骨 は いつ。 納骨・永代供養・塔婆

粉骨や納骨はいつがいいの?時期やタイミングとは|ご遺骨サポートこころ

納骨 は いつ

納骨は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行うことが多いようです 葬儀の後にやらなければならないことは、故人の法要。 それに合わせて納骨もしますが、時期は特に決まりはありません。 納骨は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。 (地方によっては葬儀後すぐに納骨する場合も) 仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。 またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的。 先祖代々の墓や位牌のある菩提寺の僧侶に相談される事をおすすめしますが、お墓が遠方にあったり、すぐに納骨できるお墓がないなどの理由があれば、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かってもらうということもできます。 だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行います。 <目次>• 納骨式とは? 「埋葬」との違い 遺体をお墓に葬る事を「埋葬」と言いますが、現在では、遺体を火葬して遺骨を墓石の下の納骨室に骨壷ごと収めています。 したがって遺骨を納骨室におさめたところで、「埋葬」は完了するということになります。 納骨をする時は、納骨式を行います。 故人の近親者、親しい友人、知人などごく内輪で行います。 仏式では一般的に忌明けの四十九日に納骨することが多いようです。 本堂で法要をして、その後お墓に出向き、お経をあげてもらいます。 一周忌や三周忌の場合もあります。 <納骨の流れ> 1、お墓に銘旗(めいき・故人の姓名や官位を記した旗)を飾り、神饌(神に供える食べ物)、榊(さかき)や花を供える。 プロテスタント:だいたいひと月後の昇天記念日。 <納骨の流れ> いずれも祈祷の後に遺族・近親者が聖歌 賛美歌)を歌い、献香や献花が行われる。 納骨式でも香典は必要? 必要なら幾らくらい? 仏式では一般的に忌明けの四十九日に納骨します。 住む地域によっては変わりますが、「お斎(料理)代」+「引き物(みやげ)代」で1万円くらいなので、それを見込んで10,000円から20,000円程度を包むのが一般的。 身内は供物と現金の両方を供える場合もあります。 四十九日に合わせず納骨式のみの場合は、ごく身内だけで行われる事が多いので、会食がなければ5,000円。 会食を伴う場合は10,000円~20,000円が相場です。 いずれも故人との関係性で金額は決まってきますので、ご参考までにしてください。 納骨後の流れ 参列者全員で故人の供養のために会食をします。 場所は自宅や料亭、レストラン、ホテルなど。 会食の席では、施主が納骨後の挨拶をしますが、内輪の集まりなので、形式を気にすることはありません。 このとき簡単な引き物を配る場合の 表書きは以下の通り。 宗教上や住む地域によって考え方はいろいろありますが、一般的に新盆は通常どおりに迎えます。 納骨はまだしたくない、ずっとご遺骨と寄り添いたい方も世の中たくさんおられますが、ご自宅にご遺骨があるなしと、どこにあろうが故人が仏になって初めて里帰りするということでお迎えされたらよいかと思います。 菩提寺のご住職にご相談すればよいでしょう。 墓地を持っていない場合は「永代供養墓」 最近は、墓地を購入する意思のない人が多くなっているのでしょうか。 お墓を作らずに寺院や霊園などの納骨堂に遺骨をおさめるケースも増えてきており、寺院の方が永代にわたって供養と管理を行ってくれる墓を「永代供養墓」といいます。 しかし、将来お墓を用意しても遺骨は返してもらえないことが多いので、前もってよく検討する必要があります。 慎重に。 いかがでしたでしょうか? 葬儀の後にやらなければならないことは、故人の法要そして納骨。 しかし世間にはお墓や葬儀にお金をかけたくない、お墓の継承をする人がいない方がいます。 また一方では、自然への回帰願望である散骨という選択肢もありますね。 お墓を持つ意思のない人も世の中増えつつあるようです。 室町時代に人の死を供養するという行いが始まり、この頃には、今と同じようにお墓も建てられたそうですよ。 でも庶民一般に広まったのは、幕府が檀家制度を敷いた江戸時代。 なぜ人は墓を建てるのでしょうか? お墓の「墓」は「莫」と「土」からなり、土で覆い隠すという意味があります。 だから遺骨の「骨」を「土」に還してあげるためなのです。 【関連記事】•

次の

【納骨式】納骨の時期・準備・お布施・香典・費用・納骨袋・お供え物・お花

納骨 は いつ

宗教による違い 結論から言えば、納骨の時期は「いつでもいい」というのが解答です。 納骨の時期には明確な決まりはありませんが、四十九日法要を目安に行うのが一般的です。 お墓を新規に購入する場合は、四十九日までにお墓の準備が整わないことが多いです。 そのため、お墓を新しく建立される方は、一周忌のタイミングで納骨を行う方が多いです。 経済的、精神的理由で納骨が難しい方もいらっしゃるでしょうが、区切りをつける意味でも、納骨は早めに済ませてしまいましょう。 また、遺骨をいつまでも自宅に置いておくと、急用、急病で自分が管理できない状態になったときに不便です。 また宗教によって納骨の時期の考え方が違う場合があります。 ここでは宗教別で納骨の時期について解説します。 浄土真宗 西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派では、納骨の時期の決まりはありません。 一般的には四十九日、あるいは一周忌に納骨される方が多いですが、遺骨を手元に置いておいて、納得のいく供養方法をじっくり考えることもできます。 また、火葬後、そのまま納骨してしまう地方もあります。 お墓の準備ができていない場合は、一時的にお寺で預かってくれるところもあります。 真言宗 真言宗は弘法大師によって高野山金剛峯寺に開かれた仏教の宗派です。 納骨の時期は特に決まりがなく、納骨してあげたいと思い立った日で大丈夫です。 納骨する場所はお墓が望ましいのですが、無い場合などは納骨堂のあるお寺に収めることも可能です。 納骨料はお寺によって違うので、納骨したいと思ったらまずお寺に相談してみましょう。 浄土真宗大谷派 浄土真宗の宗派の一つ、真宗大谷派は東本願寺を本山とする宗教法人です。 浄土真宗大谷派での納骨の時期は、特に決まりはありませんが四十九日法要後(三十五日の場合もあり)に納骨する方が多いですが、法要の日でなくとも家族が集まれる日に行うこともできます。 また分骨して御本山に納骨する場合は、一周忌や三回忌法要が過ぎていても問題ありません。 総本山への納骨の方法は各お寺に問い合わせてください。 浄土宗 浄土宗は法然を宗祖とし、ご本尊は阿弥陀如来の日本の仏教宗旨の一つです。 浄土宗での納骨の時期ははっきり決まっているわけではありませんが、一般的には四十九日法要と併せて行うことが多いです。 地域によっては火葬後、すぐ納める場合もありますし初七日から四十九日の間に納めることもあります。 納骨式には卒塔婆や埋葬許可証なども必要ですので、菩提寺の和尚さんによく相談をされてから納骨の時期を決めた方が良いでしょう。 神式 神道(神式)は、日本の固有の神々を信仰する多神教です。 神式の納骨の時期は、火葬後にすぐ納めるのが一般的です。 遺骨を自宅に持ち帰った場合は、十日祭から忌明けの五十日祭までの間の都合の良い例祭の日を選んで行います。 神式では納骨の際には埋葬祭という儀式が行われます。 その時は、埋葬許可証のほか玉串や榊、銘旗、塩、米などが必要ですので、よくわからない時は神職に尋ねてみましょう。 永代供養の場合 先祖のお墓に納骨しない 納骨といっても、必ずしも家のお墓に入る必要はありません。 永代供養という供養方法があります。 永代供養とは、家のお墓に入らず、お寺や神社に供養をお願いする供養方法です。 一定期間の供養ののち、お願いしたお寺や神社が共同墓地や合祀墓に埋葬してくれるので、後継者にお墓管理の負担がかからないのが特徴です。 また、家のお墓が遠い、そもそもお墓の後継者がいないなどの理由から、永代供養を選ぶ方も少なくありません。 費用や、供養してくれる期間、埋葬方法はお寺や神社によって異なりますので、問い合わせてみてください。 節目の時期に行う お盆に 納骨の時期に決まりはないので、お盆など節目の時期に行うのもいいでしょう。 お盆は親戚が集まり、みんなで故人を見送ることができるいい機会ですが、お盆はお寺や神社の繁忙期です。 宗教者の方が来られない場合があるので、注意しましょう。 納得のタイミングで 本人の意向 生前の本人が、死後、自分の骨をどのようにして欲しいか希望を述べていたのならなるべく本人の意向を尊重しましょう。 家族で話し合う 故人が亡くなって悲しいのは一人だけではありません。 自分の一存で決めてしまうのではなく、家族全員の意見が一致するまで話し合って納骨のタイミングを決めましょう。 納骨の時期のまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

Q.納骨はいつまでに済ませるべきでしょうか

納骨 は いつ

納骨とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに納めることですが、ご遺骨をどのタイミングでお墓に納めればよいのかご存じですか? 法律として納骨しなければいけないとは決められていませんが、 遺骨をお墓に納めるのは、故人が亡くなってから四十九日を過ぎてからが一般的であると言われています。 しかし、納骨は骨を納めるお墓を用意しておく必要があるだけに、納骨の時期を定めるのは難しく、個人の状況や心境によって最適な時期は変わってきます。 特にお墓がまだない方は、これからお墓の場所を探す必要があるので時間がかかりますし、遠方にお墓がある方は手続きや手配のために休暇をとる必要があるかもしれません。 また、納骨の時期を定めたら納骨式の準備もしなければなりません。 このように納骨するまでにいくつもの手続きが必要になります。 ここでは納骨の時期の定め方と、最初の法要でもある納骨式についてご紹介したいと思います。 納骨できるのは四十九日を過ぎてから 納骨の時期というのは、実は決まりはありません。 遺骨はいつまでも手元に置いておいても問題はありませんが、 納骨する場合は四十九日を過ぎてから行うのが一般的と言われています。 これは仏教において、亡くなった方があの世とこの世の間をさまよっている期間が四十九日間と言われているからであり、この期間のことを「忌み日」といいます。 また、忌み日が過ぎ、故人が成仏したあとのことを「忌明け」と言います。 ですから納骨は、なくなった方が成仏した忌明け以降に行うことが多いようです。 忌明けには、四十九日法要が執り行われますので、納骨式もその日に一緒に済ませるのが一般的です。 お寺と日程を相談しよう 四十九日法要の日程は、故人が亡くなってから、四十九日目でおこなう必要はなく、お寺と相談して決めることができます。 当然納骨式も四十九日法要に合わせた日程にすることが多いです。 例えば四十九日後が平日ならば、直前の土日、祝日に執り行うのが普通です。 また宗派によっても、三カ月またぐのはよくないとか、五十七日法要を忌明けとするとか、決まりがいろいろありますので、そのあたりはお寺とよく相談しましょう。 四十九日で避けるべき日程は特にありません。 この法要では、仏滅や友引など、六曜を気にする必要はありません。 法事は基本的に休日に行われることが多いため、混雑が予想されますので、できるだけ早めに日取りは決めてしまいましょう。 お墓の準備ができていないときの納骨 四十九日法要にて、納骨式も無事に済ませられればよいのですが、それまでにお墓の用意が間に合わない場合もあります。 墓地の手配から墓石の購入、戒名彫りなど、突然のことでとてもそこまで手が回らなかった時には、どうすればよいでしょうか? こういう場合にも焦る必要はありません。 遺骨は自宅に安置しておいても問題はありませんし、納骨堂にて一時預かりをお願いすることも可能です。 納骨式が忌明けに行われるのは、四十九日法要と日程を合わせているだけであり、決まりがあるわけではありません。 お墓の用意が間に合わないのであれば、百カ日、あるいは一周忌を目安に納骨式を執り行うとよいでしょう。 ただし、この時注意しなければならないのは、三回忌を過ぎてしまうと次の法事まで期間がだいぶあいてしまうということです。 納骨堂で預かってもらえる日数にも限度があります。 お墓はできるだけ、早めに用意するのが一番です。 日本最大級のお墓ポータルサイト「 」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。 お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。 霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。 また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

次の