水ロトム 調整。 スピンロトム

【ポケモンXY】メモ用HBベースオボン水ロトムの調整:@かぼちゃのブロマガ

水ロトム 調整

「トリック」によって耐久ポケモンに対しても役割を持てます。 「ボルトチェンジ」によって交代戦も有利に進められるため、パーティの潤滑油のようなポケモンになっています。 通りが良いのも魅力。 こだわりアイテムと相性が悪いが、相手の物理アタッカーを機能停止にできる。 10まんボルトとの選択肢。 威力重視なら10まんボルト、麻痺狙いならほうでん。 オボンのみによって低めなHPを補填しているため、何度も相手ポケモンに対して後出しが可能になります。 ウォッシュロトムの役割と立ち回り パーティの補完要員 ウォッシュロトムは種族値とタイプが優秀な上に、豊富な変化技を覚えます。 アタッカーとしても相手の攻撃を受ける役目としても優秀なため、採用率が非常に高いポケモンです。 ボルトチェンジで対面操作 ウォッシュロトムは攻撃しながら後続と交代できる「ボルトチェンジ」を覚えます。 ですので、対面操作 相手の行動に対して複数の回答を用意すること がしやすくパーティの潤滑油として重要なポケモンです。 ウォッシュロトムと相性の良いポケモン 相性補完がよくサイクルを回せるポケモン サイクル(相手に有利なポケモンに交代して回していくこと)を回せる「とんぼがえり」を覚えるポケモンと相性がいいです。 とんぼがえりは「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」と同様に、攻撃しながら後続と交代できるので、さらに有利対面を作りやすくなります。 ポケモン 説明 ・素早さが高いので先制で「とんぼがえり」を打って交代できる ・攻撃が高いためウォッシュロトムの後攻「ボルトチェンジ」で有利対面に出すと非常に強力 ・耐久力があるのでウォッシュロトムの先行「ボルトチェンジ」の交代先になれる ・「はねやすめ」によりHPを回復できる 表のポケモンは「とんぼがえり」を覚えます 能力を上げて戦うエースポケモン 自分の能力を上げて戦うポケモンと相性がいいです。 「ウォッシュロトム」の「おにび」や「トリック」によって相手ポケモンの機能を停止させたところに、エースポケモンに交代して戦います。 「ボルトチェンジ」や、交代際に「おにび」を撒くことで「きあいのタスキ」の発動を無効化し、よりエース級のポケモンで相手を倒しやすくなります。 ポケモン 説明 ・「わるだくみ」の特攻上昇と技範囲の広さでアタッカーとして優秀 ・タイプ一致の「ダイジェット」で素早さを上げられる ・特性「ばけのかわ」により「つるぎのまい」で攻撃を上げやすい ・「ウッドハンマー」がウォッシュロトムの苦手な「水・地面」複合タイプのポケモンに有効 ウォッシュロトムの対策 ボルトチェンジを無効化する 「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」を無効化することにより、ウォッシュロトムの役割をなくしてしまう方法が対策として最も有効です。 しかし、じめんタイプだと「ハイドロポンプ」で押されてしまいますので、水技を半減以下で受けられるポケモンがおすすめです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ソードシールド】ロトムの育成論!ダイマックスとの相性抜群の特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

水ロトム 調整

はじめに ランクマッチシングル、シーズン2お疲れさまでした。 私はTNきせきらき で潜っていました。 マッチングした方は対戦ありがとうございました! 今シーズンは最終日まで2000〜4000位を彷徨っていましたが、水とネギガナイトを入れてから一気に順位が上がって最終201位まで来ることが出来ました。 以下、解説していきます。 使用構築 レンタルパーティを用意しておきました。 使っていただけたら大変嬉しく思います! 構築概要 今シーズンはが可能だったため、不用意に頭数を減らすと容易に負けすると思い起点要員を切ってを出すことは難しいと感じていました。 そのため、当初は初手に出したり呪いで嵌めてる最中に後投げするなどしていましたが 、安定せずに順位が上がりませんでした。 を運要していく上で、同じくがあった6世代に立ち帰ってみたところ、 水の後攻による無償降臨が選択肢に上がってきました。 水はパーティ全体で苦手としていたやにも強い枠となり、状態異常技も覚えることから採用し幾分安定するようになりました。 その後、初手の +クッションの 水からックス枠である や ドラパルトへ繋ぐムーブが基本となりました。 あとはフェアリーのいない構築に を通しに行ったりに対して対面から強く出られる襷枠として ネギガナイトを採用して本構築が完成しました。 以下、順次個体紹介していきます。 また特記がない限りは、は31としてします。 また、全にックス飴を与えているためックス時のHPは2倍となります。 こちらの記事を参考にさせていただきました。 参考記事でも言及されていますが、この型のは受けに来た・自身より遅いに対して強い削り性能を持ちます。 今シーズンは15分の時間制限が設けられたため、こので1体倒してしたり、頭数が同じでも時間をかけて技選択して大幅に削るなど前期以上に扱いやすいのではないかと思いました。 本構築には、欠伸がよく先発で出てきます。 化けの皮を盾に一度身代わりして、欠伸を透かす or ハイボを躱したら呪ってそのまま突破して後続を削ったりするなど先発要員としての役割を果たしてくれました。 ミラーは勝てないので、後続の水に引いて鬼火を入れてドラパルトの起点にすることが多かったです。 A187のを確定耐え。 122〜146ダメージ(77. 7〜92. A161珠(特性:張り切り)のダイワーム(威力130)を最低乱数以外耐える。 133〜157ダメージ(84. A 211のダイロック(威力130)が 90〜106ダメージ(57. 3〜67. A142珠のじゃれつくが 55〜66ダメージ(35. 0〜42. 3〜117. 8パーセント) 電磁波・鬼火を両搭載した過労死枠。 HBに厚いクッション、電磁波・鬼火による状態異常付与、による対面操作・ムラっけの補助、パーティ唯一の水打点など大車輪の活躍をしてくれました。 数値は足りないことが多いですが、技さえ外さなければかなり器用な立ち回りができました。 が苦手とする砂かきやに対して強く出る事ができ、また先発に来やすいドラパルトに電磁波を入れる事が出来る点でパーティに欠かせない便利用員です。 シーズン終了後に気付きましたが、 Sが29以下であれば無振り同速ミラーやS補正252振りドラパルト(実数値213、麻痺時106)に対して確実に後攻出来るのでを粘ることをオススメします。 身代わり自体の耐久を少しでも高めたいため、177で採用しBDに振り分け。 が H185B81に対して84~100ダメージ(45. 4~54. 0%)。 Sライン:最速 シーズン1に引き続き採用。 守る・身代わりでックスターンを稼ぎつつ、相手のックスに応じてこちらもックスして撃ち合うことが多いです。 今シーズンは15分間の制限時間があるため、残個体数で劣っている場合はされやすく、また眠るや願い事持ちなど突破にターン数を要する相手にも苦戦することが多かったです。 逆に相手よりも頭数でリードしていれば逆にこちらからを仕掛けることも出来ますし、残個体数が同じであっても最後まで勝ち筋を追うことができます。 当初は、時間のかかるフリドラの構成からフリドラ零度への変更も視野に入りましたが、を狙われている状況で不安定な手段に頼ることはできないと判断したので前期同様フリドラのままにしました。 炎タイプや鋼タイプへの打点になり、A上昇も活かせるので結果的にはこの構成でよかったです。 命懸けで H157が確定一発• が H215B187に対して75〜88ダメージ(34. 8〜40. が H235B128に対して216〜254ダメージ(91. 毒突きが H181B99 に対して124〜146ダメージ(68. 5〜80. 配分や技構成は、こちらの記事を参考にさせて頂きました。 襷枠兼格闘枠。 当初はこの枠にを採用していましたが、サザンガルドやに対して不利だったので変更。 に持たせていたックスのストッパーを起点にする役割は、ックス自体を後から切ることで放棄しました。 ネギガナイトには、やサザンガルドに一貫する格闘打点ならびにやを命懸けで沈める役割を持たせました。 毒突きの枠はフェアリー打点を意識していますが、など物理アタッカー相手にカウンターをしたい場面もあったので個体数やパーティ単位でのキツさを考慮して使い分けていました。 この個体は、最終日にフォロワーのゆきのやどさんに急遽孵化余りを交換いただいて準備しました。 この場を借りてお礼申し上げます。 DM時にA211中の氷柱落とし耐え。 302〜356ダメージ(78. 2〜92. DM時にC177の流星群耐え。 270〜320ダメージ(69. 9〜82. 最速100属抜き 本構築における2枠目のックス要員のドラパルト。 当初は初手に出してックスすることが多かったのですが、後続の起点になりやすくその後は選出自体が控え目になりました。 途中で水を入れた事で、状態異常によるサポート(特に相手のドラパルト)やによる皮剥ぎ・対面操作によってックス後の抜き態勢を整えることが出来てからは再びエース枠に返り咲きました。 一時期しかックスしない時期が続いて安定しなかったのですが、ドラパルトが再度ックスの選択肢になってから立ちまわりの選択肢が広がりました。 フェアリーや、などこの型では出しにくい事が多かったので悪巧み搭載した型にした方がよかったかもしれません。 スカーフミラーや嵌めが対面から潰されるに対して強く出られる点では役に立ちましたが、この枠は要検討です。 先発要員ので1体倒すないしは相討ちになり、水で状態異常を撒いたり対面操作してックス枠のやドラパルトを繰り出します。 ほぼ7割くらいはこの選出パターンでした。 ++ネギガナイト ++ が入っている受けまわし系統の構築に対する選出。 で先に1体倒したら、後続をと併せてします。 と同居している場合はネギガナイトの代わりにドラパルトを先にックさせて1体倒し、後続をすることもあります。 ドラパルト++ ++ サザンガルドに対して、ネギガナイトが選出し辛い時の選出。 初手のに対してから入り、出てきたサザンをックスしながら倒しつつ後続に削りを入れつつ退場します。 後続はの一貫を作るか、ネギガナイトの襷を温存して対応します。 選出率 1位: 2位: 3位: 4位:ドラパルト 5位:ネギガナイト 6位: キツい・並び• 頭数でこちらがリードしている場合は逆にできます。 可能な限りドラパルトを選出したいところ。 終わりに 昨シーズンに続き、今シーズンも最終日まで苦戦する日々が続きました。 それでも、対戦を重ねていく中でパーティに足りない枠を考えつつ立ち回りを見直して持ち直す事ができました。 最終日は、横向きに生えている親知らずを抜いて痛みで安静にしている状態で構築を完成させました。 何があっても最後まで諦めなければ結果がついてくるということを実感できましたので、次シーズンも諦めずに対戦・考察を重ねていきたいと思います。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

【ポケモン育成論まとめ】ウォッシュロトムの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

水ロトム 調整

こんにちは、ワジです。 剣盾からちょいちょいポケモン復帰して触っています。 ランクマッチで使っているクッション型のウォッシュロトム(以下ミトムと略します)の使い勝手が良かったので、型の一つとして紹介したいと思います。 また今作剣盾(第8世代)からポケモンを始めたという新規勢の方も多いと聞いているので、なるべく理解しやすいように説明を交えながら説明していきたいと思います。 何かわからないこと等ありましたら、コメントにて聞いていただければ答えられる質問には答えたいと思っています。 それでは、本題に入っていきましょう。 対特殊方面のアタッカーに関しては、 ・タイプや数値的にそもそも勝てないポケモン(サザンドラ、ジュラトドン、ニンフィア…etc)に関しては、そもそも撃ち合うべきではないので調整する理由がない ・タイプ的に有利を取れる相手(トゲキッス、ヒートロトム、水タイプ系統…)に関してはタイプ相性的に戦える ということから、D(特防)方面よりもB方面の耐久を重視しています。 ~B方面~ ・A252ドラパルトドラゴンアロー:35. 6~43. 3% ・A252ミミッキュ珠じゃれつく:35. 0~42. 0% ・A特化ガラルヒヒダルマとんぼかえり:30. 5~36. 3% ・A252ドリュウズ地震:77. 7~92. 8~104. 4% 抜群技はさすがに厳しめですが、切り返すことは可能です。 ドラパルトは型次第ではイカサマで対面処理も可能です。 ~D方面~ ・C252珠サザンドラりゅせいぐん:84. 7~100. 0%(最高乱数以外耐え) ・C特化フォルムチェンジロトムこだわり眼鏡ボルトチェンジ:51. 5~61. 1% サザンドラの珠流星群程度までならギリギリ仕事が出来ます。 眼鏡は無理です。 ロトムミラーになった際、ボルチェンで半分以上削られたらこだわり眼鏡だと断定しましょう。 技構成について ~確定技~ ・ ボルトチェンジ このポケモンを採用するメリットのひとつ。 相手の交代や技を読んでサイクルを有利に回せる最強技の1つです。 ダイサンダー追加効果のエレキフィールドですが、自身の特性が「浮遊」のため恩恵を受けることが出来ません。 H4ギャラドス:98. 2~119. 2%の高乱数1発 H252アーマーガア:46. 8~55. ダメージ量の目安になります。 ・ でんじは 相手のダイマックスポケモンや交換先に積極的に打ち込みます。 ダイジェットなどの強引な抜き戦術をストップできるだけでなく、ドラパルトなどをはじめとする高速アタッカーの機能停止、麻痺ワンチャン狙いなど様々な点で役に立ちます。 個人的には現段階のダイマックスへの回答の1つになり得ると思っていますが、命中率が90%なのが非常に残念。 ボルトロスいないし95%くらい欲しいところ。 ~選択技~ ・ ハイドロポンプ 電気技を無効にしてくる地面タイプへの遂行技。 今作はガブリアスがいないので、ボルチェン無効の地面に対して水技を抜群で通しやすいです。 ただ、C 特攻 無振りなため火力は期待できない上に命中も80%なので基本的には撃ちたくない技です。 そのため正直採用しなくてもいいかなとは思いますが、ドリュウズへの遂行と、ミトムにダイマックスを切る展開になった時に力を発揮します。 無振りドリュウズ:100. 5%~の確定1発 H252振りヒートロトム:77. 7~92. 9% D4振りサザンドラ:20. 9~25. 1%で身代わりが最高乱数以外耐えてくる 低耐久ポケモンなら弱点を突ければ一撃で落とせます。 サザンドラは身代わり持ちが一定数いるので電磁波やドロポンで突っ込むのはやめましょう。 ・ イカサマ 相手の攻撃力の高さを逆手にとれる技です。 火力に努力値を割いていないこのミトムの型とはかなり相性がいいと思います。 主にドラパルトやミミッキュに終盤撃ち込んでいきます。 命中安定で相手の攻撃力依存の技なので、相手の物理アタッカーへの削りとしても優秀です。 注意点として、 ダイマックス時に「ダイアーク」として撃っても、物理技扱いの技となるので全くダメージが出ません。 効果抜群だからといって安易に撃たないようにしましょう。 A特化H無振りドラパルト:88. 3~104. 2%(低乱数1発) A252H4振りミミッキュ:38. 9~46. ・ 10まんボルト 居座り電気技として優秀です。 ボルチェンを撃ちたくないけど、ボルチェン以外に有効打点がないケースが構成上発生してしまう(トゲキッスと撃ち合いたいのにボルチェンしかない…など)ので、それを防げます。 枠的にはイカサマと選択になりますね。 パーティと相談して決めるといいかと思います。 H4振りトゲキッス:59. 6~70. 8%(ダイマックスしてくると乱数3発) ・ おにび 物理ポケモンの機能停止を狙います。 定数ダメージを稼げる点もGOOD。 バンギラスやカビゴンなどの低~中速物理アタッカーポケモンに撃ち込めると強いです。 相手の交代に合わせて動けると強いですが、命中率が85%なので外しが怖いですね。 運用方法 主に先発投げして相手次第で動きます。 技選択に困ったら電磁波を撒いておくと後々活きてきます。 相手のパーティ次第でロトムの役割対象(後出しから勝ちに行けるポケモン)がいれば後発に待機させます。 電磁波をばら撒きながらサイクルを回して退場し、最後に剣舞ミミッキュで全抜きを狙う動きがシンプルに強いのでオススメです。 HP回復手段が持ち物しかないのでHP管理が難しいですが、雑に扱っても十分に仕事をしてくれるので使い勝手自体はかなりいいと思います。 ダイマックスを切るケース クッション型のポケモンになるので、基本的にはダイマックスを切りたいポケモンではないです。 しかし、 ・ダイジェットを使用してくるポケモンへの切り返し(トゲキッスやアーマーガアなど) ・電気技で居座りたい(主に水タイプに対して) ・どうしても厳しい相手に対して無理矢理処理を遂行したい(ドリュウズなど) といった場面ではダイマックスを切ることも多いです。 ダイマックスポケモンへの切り返しでダイマックスを切る分には構わないのですが、こちらが 処理のためにダイマックスを切ってしまうと、後の展開が厳しくなってしまうので(相手のダイマックスに押し切られる)のでその点は注意しましょう。 もし突破されても電磁波の補助で後続のポケモンで削り切れるケースが多いです。 オボンのみだと、ダイマックスを切った時の恩恵が少ない点が少し気になってしまうんですよね…。 ~素早さ調整~ ロトムミラーで後攻ボルチェンを仕掛けたいために素早さを無振りにしているのですが、無振りロトムのミラーを考えると、「 素早さの個体値自体を落とす」ことによって素早さをさらに調整することも視野に入ります。 ただ、厳選が難しい(めんどくさい)ということもある上に、最後のロトムミラーで負ける可能性等もあるので一概にS個体値を落とすことが正解であるとは言い切れません。 逆に、「でんじは」を採用している分、Sに少し振る調整も候補に入ります。 もうお分かりですよね?今回紹介しているミトムが素早さ実数値「106」ですから、素早さに努力値を「4」だけ振れば麻痺したドラパルトの上からイカサマが確実に打ち込めることになります。 相手の持ち物判定(スカーフ)が出来るケースもあるので、調整する理由としては一理ありますね。 この型の多さを利用して、今回はクッション型のミトムを紹介してみました。 超火力ポケモンの少ない現環境であればかなり動きやすい型になっていると思うので、気になった方は是非参考にしてみてください。

次の