ストリンダー 徹底。 【デッキ解説】ストリンダーVMAXの行方|Ryo|note

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】

ストリンダー 徹底

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポケモン剣盾から登場したパンクなポケモンストリンダーについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 今作のモチーフとなったイギリスといえばパンクの神様セックス・ピストルズがロンドンで誕生してパンクムーブメントが起こった国なので、まさに今作を象徴するポケモンの一体といえるでしょう。 ストリンダーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ストリンダーの特徴1】2種類のフォルム(ハイなすがた&ローなすがた) ストリンダーはエレズンから進化しますが、性格によって「ハイなすがた」と「ローなすがた」に分かれる珍しいポケモンです。 ハイなすがたに進化する性格:「いじっぱり」「やんちゃ」「ゆうかん」「わんぱく」「のうてんき」「うっかりや」「なまいき」「せっかち」「ようき」「むじゃき」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」• ローなすがたに進化する性格:「さみしがり」「ずぶとい」「のんき」「ひかえめ」「おっとり」「れいせい」「おだやか」「おとなしい」「しんちょう」「おくびょう」「てれや」「まじめ」 ストリンダーのハイなすがたとローなすがたの違いは、見た目が違うだけで種族値・特性など基本すべて同じです。 ハイなすがたはベノムショックとギアチェンジ、ローなすがたはベノムトラップとじばそうさを覚えます。 ただし特攻の上がるがひかえめ・おっとり・うっかりや・れいせいの4種類あるんですが、このうちうっかりや以外はすべてローなすがたに進化します。 特殊アタッカーのストリンダーに最適な性格は「ひかえめ」なので、普通に育てるとローなすがたになります。 ハイなすがたの見た目が好きでひかえめの性格補正が欲しい場合は、エレズンからレベル30で進化するときにはハイなすがたに進化する性格にしておいて、バトルで使うときにはひかえめミントをキメてひかえめの性格補正(特攻UP攻撃DOWN)を得ましょう。 珍しいハイ&ローストリンダー対面の動画があったのではっておきますね。 【ストリンダーの特徴2】音技のエキスパート(みがわり貫通) ストリンダーはパンクポケモンというだけあって音技のエキスパートです。 ばくおんぱ• オーバードライブ という強力な音わざを覚えます。 音技は相手のみがわりを貫通するので、ストリンダー対面では実質的にみがわりをうつことはできなくなりますね。 【ストリンダーの特徴3】超火力の音無双 ストリンダーの特性は• パンクロック:音技の威力が1. 3倍になる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 プラス・マイナス:ダブルバトル用• テクニシャン(夢特性):威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 の3種類あります。 ばくおんぱはただでさえ威力140のぶっ壊れわざですが、さらに1. 3倍されているので威力182の技ですし、オーバードライブもタイプ一致の1. 5倍補正ものるため威力156の技になりますね。 さらに相手の音技を半減することから、みがわりを貼った味方に相手がニンフィアやラプラスなど音技をうってくる相手を出してきたときに、受けとして出すことができます。 ニンフィアもラプラスもすばやさ60族で、ストリンダーは75族なので切り返して高火力の音技をぶっ放すことができます。 また、ほっぺすりすりというダメージを与えつつ確定で相手を麻痺にするわざも覚えるので、ミミッキュ・ドラパルトといった 【ストリンダーの特徴4】毒・電気の複合タイプ ストリンダーは毒・電気の複合タイプなので、非常に多くのメジャーな技を半減で受けることができます。 ただし致命的なのは、採用率の高いじめんタイプが4倍弱点となっており非常にじめんタイプに弱い点です。 ストリンダーを使う場合はじめん対策が必ず必要になってきます。 逆にじめん対策が十分にできていれば、非常に強く感じるでしょう。 【ストリンダーの特徴5】紙耐久の上級者向けポケモン ストリンダーは超火力ではあるものの、そのかわりにHPも防御も特防も種族値70台と超紙耐久なうえに素早さも75族ととりわけ速いポケモンではないので、取り扱いがそこそこ難しい上級者向けのポケモンと言えるでしょう。 そのままではせっかくの超火力を活かせる場面が少ないので、• とつげきチョッキをもたせて特防をカバー• ふうせんをもたせて4倍弱点をカバー• こだわりスカーフをもたせたりほっぺすりすりで麻痺させて素早さをカバー• デンチュラのねばねばネットなどで素早さをカバー• 最遅にしてトリックルーム下でのどスプレーと合わせて高速超火力の実現• 壁貼り役と組んで低耐久をカバー• etc… といった一工夫が必要なポケモンです。 ストリンダーの育成論と戦い方 ストリンダーは中速超火力紙耐久のポケモンなので、前述の通り大きく分けると基本形は3種類ほどあります。 各パーティで必要な枠の型で育てるのがいいでしょう。 耐久をカバーする型• 素早さをカバーする型• 火力をさらに伸ばす型 【ストリンダーの育成論1】とつげきチョッキ型ストリンダー• 性格:ひかえめ• 特性:パンクロック• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ばくおんぱ・オーバードライブ・ほっぺすりすり・たたりめ 性格・個体値: 一般的なストリンダーの型です。 特殊アタッカーなので特攻を伸ばしましょう。 努力値: 強力な特殊アタッカーの1体としてトゲキッスが存在します。 トゲキッスを完全にメタるための型といっても過言ではありません。 よくいる臆病最速トゲキッスのダイフェアリーを確定で2耐えするHD振りと、麻痺した素早さ1段階上昇のトゲキッスを抜く調整の素早さ108振りです。 わざ: 対面からトゲキッスを麻痺させて倒す前提なのでほっぺすりすりは確定です。 トゲキッスをダイサンダー確定2発で落とすのでオーバードライブも確定です。 ばくおんぱも強力なわざなので覚えておいたほうがいいでしょう。 たたりめはゴーストに強くなります。 他には下記のような技がいいでしょう。 ・バークアウト:特攻を下げるので特殊対面にさらに強くなる ・ヘドロウェーブ:フェアリー打点として ・ボルトチェンジ:サイクルを回したいときに 戦い方: 特殊ドラパルトやトゲキッスには強めに出ることができるでしょう。 ほっぺすりすりで素早さを下げてから高火力で倒していきましょう。 トゲキッス対面をイメージしてみると下記のようになります。 先手トゲキッスダイジェット:ストリンダーほっぺすりすり(ダイジェットで最大24. トゲキッス弱点保険発動。 先手ストリンダーダイサンダー(トゲキッスを倒す) 2手目のダイバーンがストリンダーへの最大火力になります。 初手でダイバーンをうたれてしまうと、ダイマックスしていないストリンダーは最大50. トゲキッスのダイマックスが切れてからまた出てきて倒しましょう。 とつげきチョッキ型ストリンダーを紹介しているトレーナーの動画があったので参考にどうぞ。 【ストリンダーの育成論2】ドリュウズを倒したいストリンダー• 特性:パンクロック• 個体値:6V(両刀にしない場合はC抜け5V)• もちもの:ふうせん・きあいのタスキ• わざ:ギアチェンジ・ドレインパンチ・オーバードライブ・ダストシュート ストリンダーが好きすぎてどうしても超苦手対面のドリュウズに勝ちたい人向けの型です。 対面で勝つ場合は運が絡みます。 全抜き体制に入っていれば勝てます。 性格・個体値・努力値: まず、大前提として攻撃補正ありの性格でA252振りのドレインパンチ+攻撃1段階上昇状態でやっと一般的なH4振りドリュウズを62. (ダイナックルなら確定1発) また、素早さを下げるわけにもいかずストリンダーはとつげきチョッキ型が多いことから特防はブラフで賄うとしてやんちゃです。 努力値のSは性格補正なしのときギアチェンジによる素早さ2段階上昇状態で最速スカーフドリュウズをギリギリ抜けるラインのS164で、Cはあまりです。 特殊技を採用しない場合はHに振りましょう。 もちもの: ドリュウズ対面ではじしんを避けたいのでふうせん、もしくはもっと汎用的に戦いたい場合はきあいのタスキがいいでしょう。 (ただし砂嵐で潰れるので風船がおすすめです。 ) わざ: 初手ギアチェンジをしない限り、ドリュウズに勝ち筋を見出すことは不可能なのでギアチェンジは確定です。 ふうせんを割るときにアイアンヘッドやいわなだれなどでダメージを受けているのでドリュウズを叩く枠にはドレインパンチで回復(+ダイナックルで攻撃UP)できるようにするか、ほのおのパンチでナットレイなどもみれるようにするかは選択です。 ちなみにドレインパンチなら非ダイマックスバンギラスはギアチェンジしたあと確定1発です。 あとの2枠はなんでもいいんですが、みがわりを使うポケモンはたびたび見かけるのでオーバードライブはあってもいいでしょう。 (ギアチェンジ後なのでみがわりを打たれることはないとすれば物理技でいいでしょう。 最速ドラパルトも抜いています。 ) 特殊技を採用しない場合はCに努力値を振って両刀にする必要がないのでHにふって耐久を上げるのがいいでしょう。 ダストシュートは強力なタイプ一致技なので採用していますが、命中不安なのでダイマックス前提でうつこと推奨です。 他には下記の選択肢があります。 ・どくづき:命中安定タイプ一致ですが毒は環境に刺さりません。 ・じごくづき:ドラパルトなどvsゴーストに。 ・じたばた・がむしゃら(タマゴ遺伝):きあいのタスキと合わせて。 ・ワイルドボルト:物理電気タイプ一致。 ・かみなりパンチ:ワイルドボルトの自傷ダメージを受けたくないときに。 ・ちょうはつ:vs受けポケモンに。 ・ほっぺすりすり:安定の麻痺技。 ミミッキュやドラパルトに。 ・たたりめ:ほっぺすりすりと合わせて両刀にするときに。 ・ボルトチェンジ:コンセプトとは合わないが削りつつギアチェンジのタイミングを見計らうときに。 戦い方: ドリュウズと戦いたい人向けなので絶対にドリュウズと戦える死に出しからのドリュウズ対面で出します。 ストリンダーがパーティにいるとほぼ確実に相手はドリュウズを選出してきます。 むしろミミッキュなどドリュウズが得意とするポケモンも一緒に組み込んで、相手のドリュウズ選出誘導をしましょう。 ダイナックルではなくドレインパンチで回復してもいいですが、中乱数で負けます。 注意点: 襷ドリュウズは無理です。 先発でステルスロックをまけるカバルドンやバンギラス、ナットレイ、ステルスロックドリュウズなどを採用しましょう。 ギアチェンジ後にドリュウズが察知してダイマックスを切ってきても無理です。 ドレインパンチダイナックルでもほのおのパンチダイバーンでも確定2発なので、じしんダイアースで返り討ちにあいます。 先にダイマックスを切らせる立ち回りをする(難しすぎる)か、ドリュウズ対面の前に全抜き体制に移行しておくか(ギアチェンジダイナックルをうって攻撃2段階上昇状態なら倒せる。 ドリュウズ対面前にギアチェンジをうってる前提なら風船じゃなくていいです。 )しかありません。 試合としてはドリュウズがダイマックスを切ってきても負けないように、勝てるポケモン(ドリュウズが苦手とするローブシンやボディプレスアーマーガアなど)と一緒に選出しましょう。 詳細な調整は不明ですが、両刀ストリンダーを紹介している動画があったのではっておきますね。 ストリンダーの対策 基本的にドリュウズには絶対勝てませんからドリュウズを選出すればOKです。 他にはじめんタイプの• ヌオー• マンムー• カバルドン といったポケモンや、じしんを覚えたバンギラスがおすすめです。 といってもここにあげたポケモンはどのパーティにも1体はいると思うので、相手にストリンダーがいたらとりあえず選出しておくと恐れることがなくなりますね。 まとめ:【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【みがわり貫通!電撃爆殺トゲキッス】 いかがでしたでしょうか。 そのまま使うと微妙に活躍できないポケモンなので、ストリンダーを使いこなすにはそれなりのトレーナースキルが必要だと思いますが、うまく使えば強いポケモンなので育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ストリンダー (ハイなすがた)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ストリンダー 徹底

はじめに• 初投稿です 至らぬ点があると思いますがコメントなどを参考にしてより良いものにしていきたいと思っています• ここではポケモンの値のことを体力h、攻撃a 防御 b、特殊攻撃c、特殊防御d、素早さsとして表します、あらかじめご了承下さい• ここでのポケモンの個体値はa以外全てvであるとします。 また、ダメージ計算に使うポケモンも基本的に個体は全て理想であるものとします• ダメージ計算はスマートフォンのアプリ、ダメージ計算ssをつかっています• 今回あえて すなお個体を採用することによって、ハイの姿で物理型と錯乱させるということもこの型の趣旨です。 ですので、実際にはミントを使って控えめ個体にしてあります。 見出しにはすなおと書いていますが、本当は 控えめですので、予めご了承ください ストリンダーというポケモンについて• ストリンダーを使うメリットについて ストリンダーは剣盾で出てきたポケモンの中で 中途半端な耐久、中途半端な素早さを持ち合わせていますが、火力は凄まじく、特性パンクロックから放たれるばくおんぱの威力を目を見張るものがあり、それにこだわり眼鏡を持たせることによって、剣盾一番の高火力特殊アタッカーになると思い、 今回採用しようと考えました また環境ではドヒドナットヒトムと言った受け回しが流行っているというのもあり、それに強く出れる型だと思い、今回育成論を投稿しようと考えました。 さらに環境で流行っているギャラドスとの相性保管も良く、詰み構築に一つの受け破壊として採用していただければ幸いです。 ストリンダーの努力値調整について• 確定 オーバードライブ タイプ一致120の技 アーマーガアや、ドヒドイデ、アシレーヌ、トゲキッスや、その他ばくおんぱが効かない相手に対して打つ ばくおんぱ このポケモンの最高火力 言わずもがな採用• 選択肢 バークアウト 一応音技である 上二つを半減に抑えてしまうポケモン、例えばドラパルトなどに打つ また、cを下げる補助も可能 ヘドロウェーブ 音技ではないが、こだわり眼鏡を採用することでより火力が出るので採用可 タイプ一致である トゲキッス、アシレーヌ以外のフェアリータイプに打つことができる ボルトチェンジ サイクルを有利に進めるための技 交代を読まれる場合や気合のタスキ潰しなどにも使える さわぐ 音技である ばくおんぱがあるので優先度は低いが、カビゴンや欠伸ループを仕掛けてくる敵に打てる ほっぺすりすり どうしても裏にひけないときなど、中間択で採用可能だが、優先度は低い 祟り目 他のポケモンで状態異常を振りまいて 高火力祟り目を打ち込めるのが魅力的 優先度は低い 選択肢に関しては上三つのどれかを採用することをお勧めします。 今回は自分の思っている仮想敵に対してのダメージ計算をします• また高火力を出すことができるので、受け回しの地雷枠として、といったポケモンと一緒に入れても強く立ち回れると思います。 心内5とさせてもらいます。 ですが、一つ気になった点を。 本当に細かくて申し訳ないですが、控えめだとローの姿に進化するので、その点を記載してほしいです。 ストリンダーの性格を意地っ張りにすると、 ウイの実をトリックされると混乱するので まあそんな事ないでしょうけど 書いてください。 先日ローの姿にてメガネ型の育成論を投稿させて頂いた者です。 私の育成論のものはほぼHC特化でしたが、少しS振ると違った動きが出来そうで面白いですね。 ただ本当にハイの姿で意表がつけるかは疑問です。 最近ギアチェンジ型が出だしているのでなんとも言えませんが、相手が物理型を想定した立ち回りなどされた経験はございますか? また、の混乱実トリックの件ですが私は不要と考えます 私の育成論にも姿について書いていますが混乱実の件はあえて書いていません。 火炎玉のようになどから自発的にトリックするポケモンであればそこまで記載はいると思いますが、ストリンダーは自発的にトリックできないですし、回復手段である混乱実をトリックしてくるような型は奇形中の奇形であると考えます。 書いても蛇足になるだけだと思います。 内容自体は要点を踏まえた上で簡潔に書かれており、非常にわかり易かったです。 評価5入れておきます。 高火力であることは分かりましたが、sラインは中途半端、耐久も多くの技で確2を取られるようであり、その火力を複数回押し付けるのが難しそうに感じました。 ダメ計もキッスのDM珠大文字耐えとは書かれているもののキッスに与えられるダメージが書かれていなかったりして、今のところそこまでこのポケモンの強さが伝わってきません。 耐久とsラインの調整先としてを挙げられていますが、ジェットから入られた場合や、弱点保険の場合など逆に起点にされてしまう可能性があるように感じました。 s無振りの中では耐久振り弱保は一定の割合で見られるはずです。 ラス1対面以外で有用ではないsライン調整に思えますが、その辺りに対してはどのようにお考えなのか気になります。 ドヒドナットを破壊するなら使えば良いので、差別化を記載するなど特有の役割対象をもっとわかりやすく明記すべきだと思います。 一見にできない役割対象としてがいるようにも見えますが、相手が耐久振り弱点保険だった場合逆に起点にされてしまいます。 ダメージ計算もとりあえず羅列しただけ(役割対象のやのDM被ダメ計すら無い、の被ダメ計が中途半端、など)で、全体的に考察不足のようにお見受けしました。

次の

ストリンダー(ハイ)育成論 : 【補完】チョッキストリンダー【キョダイマックス考察追記】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ストリンダー 徹底

ストリンダー パンクポケモン ガラルNo. 311 ぜんこくNo. 849 高さ 1. 6m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Toxtricity タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で、「いじっぱり」「やんちゃ」「ゆうかん」「わんぱく」「のうてんき」「うっかりや」「なまいき」「せっかち」「ようき」「むじゃき」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」のいずれかの性格の『エレズン』から進化• 3倍になる。 また、自分が受ける音系の技のダメージが半減する。 特性『プラス』か『マイナス』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1. 5倍になる。 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 変化技を使えなくする Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は命中率:90 Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 3倍の効果もさらに加わる。 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の