吉 高 寧々。 吉高寧寧

2019年吉高宁宁(吉高寧々)最新作品番号以及个人资料GIF

吉 高 寧々

简历 [ ] 2017年4月26日,以写真DVD《 初めての…》 Aircontrol 在演艺界出道,作为苗条美少女写真模特备受瞩目。 同年5月8日在《少年画报社》、5月20日在《数码摄影技巧》 玄光社 上刊登写真。 5月22日在《周刊大众》 双叶社 上装饰封面。 另外6月15日、22日在《周刊纪实》 日本杂志出版 上也刊登了写真。 12月20日发行1st写真集《呐呐。 》 吉奥提 发售。 2017年9月1日,吉高宁宁以专属AV初次亮相,处女作为《 新人NO. 1STYLE グラビアアイドル吉高寧々AV解禁》。 2019年3月1日,获得FANZA成人大奖2019最佳女演员提名。 5月12日获得《花花公子》周刊奖。 性格 [ ] 出生于兵库县神户市,幼年时搬到熊出没的山中,自称在乡下长大。 老家的周围是稻田,后面是河流。 据说是由于鹿的冲撞电车停止的地区。 在咖啡店工作时被星探发掘,为了改变过着平凡日子的自己,决心转行成为写真偶像。 艺名是由吉高由里子和大冢宁宁相似而命名的。 喜欢的电影是《穿普拉达的恶魔》. 吉高寧々 OFFICIAL SITE. [ 2018-06-02]. 喜欢的音乐是globe的《FACE》。 目标是桥本美奈美、杉原杏璃。 作品 [ ] AV [ ] 2017年 [ ] 總序 番號 標題 片商 收錄時間 發售日期 來源 1 AVOP—303 新人NO. 吉高寧々 120分鐘 2018-10-18 待公佈 15 SSNI—351 新米女教師の顧問先は鬼畜生徒ばかりの凌辱テニス部でした。 吉高寧々 121分鐘 2019-08-16 待公佈 25 SSNI—570 僕が不在の5日間、彼女が他の男と朝から晩までヤリまくっていた胸糞映像 吉高寧々 152分鐘 2019-09-14 待公佈 26 SSNI—594 学内の図書室、その文学少女はクスクスと笑いながら、拘束され身動きできない私を… 吉高寧々 118分鐘 2019-10-12 待公佈 27 SSNI—622 身動き取れない拘束男を笑みを浮かべ強制射精管理でひたすら犯す健康美BODY痴女 吉高寧々 118分鐘 2019-11-14 待公佈 28 SSNI—648 美人上司と絶倫の部下が出張先の相部屋ホテルで…いたずら誘惑を真に受けた部下が10発射精の絶倫性交 吉高寧々 120分鐘 2019-12-14 待公佈 2020年 [ ] 總序 番號 標題 片商 收錄時間 發售日期 來源 29 SSNI—678 ノンストップ!10発射精!ヨダレとツバだくだく!トロけるほどのディープキス絶倫痴女性交への誘い 吉高寧々 120分鐘 2020-01-16 待公佈 30 SSNI—688 トリプルキャスト S1専属3大美人 共演3時間スペシャル 180分鐘 2020-01-16 待公佈 31 待公佈 分鐘 2020- 待公佈 写真DVD [ ]• 初めての…(2017年4月26日) Air control 写真集 [ ]• ねぇねぇ。 (2017年6月24日) 参考资料 [ ]• www. yoshitakanene. com. [ 2017-08-25] (日语). メンズサイゾー. 2017. 04 [ 2018-06-02]. 東スポWEB. 東京スポーツ. 2017-11-16 [ 2018-06-02]. FANZAニュース(旧DMM. R18). 2019-03-01 [ 2019-03-01] (日语). メンズサイゾー. 2017. 29 [ 2018-06-02]. メンズサイゾー. 2017-05-13 [ 2018-06-02]. [ ]• ASCII. ASCII. [ 2018-06-02] (日语). www. s1s1s1. com. [ 2020-02-20]. 外部链接 [ ]•

次の

壓倒的透明感──吉高寧寧(吉高寧々) @ 喵魔的亂想魔境 :: 痞客邦 ::

吉 高 寧々

概要 [ ] 一般には 北政所(きたのまんどころ)という通称で知られる。 「」と呼ばれた人物は歴史上数多く存在したが、彼女以降はこの通称は彼女と不可分のものとして知られるようになった。 戦国時代まで、主婦権を持つ正妻が武家の家政をとり行い、高台院も羽柴家の家政をとりしきっていた。 には諸説ある。 一般的には「 ねね」とされるが、夫・秀吉や高台院の署名などに「おね」「祢(ね)」「寧(ねい)」という表記があるため、「 おね」と呼ばれることも多い(参照)。 また甥にあたるのの文書『木下家譜』やその他の文書では、「寧」「寧子」「子為(ねい)」などと記されている事から「 ねい」説もある。 しかし、近年、秀吉自身の手紙に「 ねね」と記したものが確認され、再び「 ねね」説が浮上している。 天正16年()、を授かった際の位記には 豊臣吉子の名があるが、これは夫・秀吉の名を受けたもの(を参照)。 法名は 高台院湖月心公。 生涯 [ ] 幼少時 [ ] ・の次女として朝日村(現在の)に生まれる。 兄弟は、、。 のちに叔母・の嫁ぎ先・尾張国津島(現在の愛知県)のの養女となる。 秀吉との結婚 [ ] 4年()8月、の家臣・木下藤吉郎()に嫁ぐ際、実母・朝日に身分の差で反対されるも、兄の家定が自らも秀吉に養子縁組すると諭したため無事に嫁いだ(通説では14歳)。 当時としては珍しいであった。 結婚式は周囲に反対された事と夫の身分の低さから藁と薄縁を敷いて行われた質素なものであった。 ふたりの間には子供が無かったので、やなどの秀吉や自身の親類縁者を養子や家臣として養育していった。 永禄11年()頃から数年間は、に在住。 この間、信長に従って上洛していた秀吉は京で妾を取り、をなしている。 2年()、12万石の主となった秀吉に呼び寄せられ、秀吉の生母・と共に転居した。 この後は遠征で長浜を空けることの多い夫に代わり、城主代行のような立場にあった。 天正10年()のの際にはにいたようで、明智方のが攻めてきたので、に避難をしている。 北政所 [ ] 北政所黒印状(孝蔵主奉書) 藩主・に北政所が融資していた黄金五枚が無事返済されたことを記した天正十八年十一月二十四日付の証書。 差出人は豊臣家筆頭奥女中・。 北政所所用のを据えた仮名消息の体裁をとっている。 紙本墨書。 名古屋市博物館収蔵。 その後、秀吉と共にに移り、天正13年()、秀吉がに任官したことに伴いに叙せられ、 北政所の称号を許される。 天下人の妻として北政所はとの交渉を一手に引き受けたほか、人質として集められた諸大名の妻子を監督する役割も担った。 この頃、何らかの症状によるに苦しんでおり、10月24日付のおね宛ての秀吉の書状の中で、「」の文字が三度、「下くだし」()の語が二度でてくる。 天正16年()、はに行幸し、5日後無事に還御すると、諸事万端を整えた功により北政所は破格のに叙せられている。 天正20年()、秀吉から所領を与えられており、平野荘に約2,370石、天王寺に3,980石、喜連村約1,405石、中川村約491石など、合計1万1石7斗であった。 2年()から始まったで秀吉は前線への補給物資輸送の円滑化を目的に交通の整備を行い、名護屋から大坂・京への交通には秀吉のが、京から名護屋への交通にはの朱印状が、そして大坂から名護屋への交通には北政所のを必要とする体制が築かれた。 秀吉の没後 [ ] 3年()に秀吉が没すると、と連携しての後見にあたった。 武断派のがを襲撃した時には最も中立的と見られている北政所の仲裁を受けたことにより、結論の客観性(正統性)が得られ、家康の評価も相対的に高まったと評価されている。 慶長4年()9月、大坂城を退去し、古くから仕えてきた奥女中兼祐筆のらとともにへ移住した(「義演准后日記」「言経卿記」)。 前に京都新城は櫓や塀を破却するなど縮小されたが、これには城としての体裁を消し去るという意味があったものと思われる。 このころの北政所の立場は微妙で、合戦直後の9月17日には大坂から駆け付けた兄の木下家定の護衛により・の屋敷に駆け込むという事件もあった。 関ヶ原合戦後は、引き続き京都新城跡の屋敷に住み、豊国神社にたびたび参詣するなど秀吉の供養に専心した(「三本木」(現京都御苑内南西付近)に隠棲したとの説もあるが根拠不明)。 元和初期の様子を描いたとされる地図「中むかし公家町之図」ではほぼ現在の京都御苑・エリアを「高台院殿(屋敷)」とし、その南方には使用人の住居と思われる「高台院殿町屋」が建ち並んでおり、隠棲後の暮らしぶりの一端を伺わせる。 秀吉から河内国内に与えられていた大名並みの1万5,672石余の広大な領地は、合戦後の慶長9年に養老料として徳川家康から安堵されている。 この時石高は1万6,346石余に微増。 慶長8年()、養母の死と、秀吉の遺言でもあった秀頼との婚儀を見届けたことを契機に落飾。 朝廷からを賜り、はじめ高台院快陽心尼、のちに改め 高台院湖月心尼と称した。 慶長10年()、実母と秀吉の冥福を祈るために家康の後援のもと、京都東山にを建立し、その門前にも屋敷を構えた。 では、「高台院をして大坂にいたらしむべからず」というの意向で、甥・が護衛兼監視役として付けられた。 そして、身動きを封じられたまま元年()、大坂の陣により夫・秀吉とともに築いた豊臣家は滅びてしまう(一方、利房は高台院を足止めした功績で主に取り立てられた)。 だが徳川家との関係は極めて良好で、の高台院屋敷訪問や、高台院主催による内での能興行が行われた記録が残っている。 またなお公家の一員としての活動も活発でこのころ高台院(「政所」)からたびたび贈り物が御所に届けられたことが、『』から知れる。 元年()、高台院屋敷にて死去。 については76、77、83などの諸説がある。 なお最晩年に木下家から利房の一子・(一説に利三とも)を、豊臣家(羽柴家)の養子として迎えており、遺領約1万7,000石のうち近江国内3,000石分は利次によって相続された。 墓所は京都市東山区の高台寺。 遺骨は高台寺霊屋の高台院木像の下に安置されている。 人物 [ ]• 実母の朝日は秀吉との婚姻を、周囲の反対にもかかわらず密かに結ばれた野合であるとして、生涯認めることはなかった(『平姓藤原氏御系図附言』)。 夫の主君・の四男のを養子に迎えたのは、おねが信長に懇願して主筋の子を我が子として家中の安泰を図ったものではないかとされている。 信長もおねの真意を察したからこそ、夫の浮気に悩む彼女に激励の書状を送っている。 この書状は信長が部下の妻にあてたものにしては非常に丁寧な文章であり、消息にもかかわらず、あえて公式文書を意味する「天下布武」の朱印が押されている。 信長にそこまで気遣いをさせる彼女の人間性や魅力を感じさせる数少ない史料であり、おねに戦国武将夫人としての自信を回復させ、秀吉との夫婦関係を永続させることが目的であった。 大意は以下の通り。 なお、この古文書は昭和初期までは信長の直筆と思われてきたが、右筆のの筆によるものである。 「…この前久しぶりに会ったがあなたはいっそう美しさが増している。 藤吉郎(=秀吉)があなたに対し色々と不満を言っているようだが、言語道断である。 あの『ハゲネズミ(=秀吉)』があなたほど良き女を他に得られるはずはないのだから、あなたも奥方らしく堂々として、嫉妬などしないように。 この書状は秀吉にも見せてやりなさい…」• においては大きな発言力と高い政治力を持っていた。 自身は改宗することはなかったが、イエズス会の宣教師たちには色々と便宜を図っており、は「関白殿下の妻は異教徒であるが、大変な人格者で、彼女に頼めば解決できないことはない」とまで記している(『』)。 なお、フロイスは『日本史』の中で高台院を「王妃」もしくは 「女王」と表現している。 秀吉が伴天連追放令を出した時、五畿内から出ようとしている司祭たちに人を遣わして食料品を贈り、関白が五畿内に帰ったら自分のできることなら何でも伴天連たちのために執り成すと約束をしている。 また、おねの侍女の中にはマグダレナというキリシタンもいた。 豪気な性格だったと見え、初めての聚楽第訪問を終え大坂城に滞在していた一行のもとに、聚楽第の北政所から夥しい量の酒肴が届けられている(「輝元公上洛日記」)。 関白就任後の秀吉に対し、諸大名の面々の前で尾張訛りの口喧嘩をしたとの逸話もある。 秀吉と2人きりのときは、お互いに尾張弁丸出しで会話したという。 秀吉は関東に出兵した際に、おねとその女房に5通、淀殿に1通、鶴松に1通、大政所に1通、に1通の手紙を出しており、この手紙の量から秀吉はおねを留守部隊の統括者と見ていたことがうかがえる。 実子がいなかったせいもあってか一族の子女を可愛がり、特に兄・家定の子供らには溺愛と言っていいほどの愛情を注いでいる。 家定没後、その所領をと(長嘯子) に分割相続させようとした家康の意向に反し、勝俊が単独相続できるようにを通じてに願い出る画策をしたため、家康の逆鱗に触れ結局所領没収の事態を引き起こしている。 これは、高台院と家康が俗説で考えられているような親密な関係ではなかったことを証明する事件である。 他にも家康は大坂の陣後に豊国廟を破却するなどの行為も行っている。 先述の通り家康とは親密な関係とは言えなかったが、その息子である徳川秀忠とは親密な関係であった。 「平姓杉原氏御系図附言纂」によると、秀忠が12歳の時に家康から秀吉に人質として送られた際、身柄を預かった高台院と孝蔵主が秀忠を手厚くもてなし(原文では「誠にご実子の如く慈しみ給う」)髪の結いよう、装束の着方を秀忠に教えるなどしていた。 そのため秀忠は恩義から高台院を手厚く保護しており、終生上洛するたびに高台院を訪ねていたといい、親しい間柄であったことが伺える。 高台院が秀吉から与えられ家康に安堵された領地は、家康死後の元和3年(1622年)には1万6,923石余にまで増えている。 ちなみに寛永6年(1629年)に譲位した後水尾上皇のために幕府が用意した御料地は3,000石(のちに加増されて1万石)であった。 の正室のとは親密な関係であったという。 また、の正室・とも長浜時代以降親しく交わったといい、見性院は晩年を高台院屋敷の近くの屋敷(現付近)で送っている。 慶長18年6月20日、甥のが病んだ時には、薬を三種と酒・を贈りその回復を促している。 延俊の病は暑さ負けであったので、補血強心作用があるとされた鴈を届けたのである。 服薬と食養生を兼ねた薬餌療法といえる。 淀殿との関係 [ ] 高台院は秀吉の正室であったが、子どもを儲けることがなかったため一時秀吉に辛く当たられていたことがあり、また秀吉の側室であるとは対立関係にあったという説がある。 ただし、近年の や らの研究では、両者はむしろ協調・連携した関係にあったのではないかと指摘されている。 秀吉の死後、高台院と淀殿の双方から積極的に連携関係が結ばれていき 、高台院は亡き夫の仏事に専念し、淀殿は秀頼の後見人になり、後家の役割が分割されていた。 でも淀殿との対立関係から徳川家康率いる東軍のために動いたとするのが通説であったが、近年の研究では淀殿と連携してでの講和交渉や戦後処理に動いたことが確認されている。 また、逆にらと親しく、関ヶ原の合戦時にも西軍寄りの姿勢を取っていた可能性を指摘するらの研究もある。 その説の論拠として白川が挙げるのが次の事柄である。 北政所周辺に西軍関係者が多い• 三成の娘()が養女になっている• 側近の東殿はの母である• の母ワクサ(洗礼名:マグダレーナ)は(が出されるまで)北政所の侍女であった• 西軍寄りと見られる行動を取っている• 側近のが開城の交渉にあたっている• 甥である木下家の兄弟(小早川秀秋の兄弟)の多くが西軍として参加し領地を没収されている• 関ヶ原の戦い後、急遽宮中に逃げ込んでいる(『』)。 (この時、裸足だったと『日記』(『舜旧記』)に記されており、非常に狼狽していたことが確認できる)• 東軍諸将との関係が薄い• 側近に東軍関係者が全くいない• 『梵舜日記』に高台院の大坂退去から関ヶ原の戦いの数年後まで高台院と正則らが面会したという記録が無い。 以上により諸説があり今のところ東軍側・西軍側いずれとも確定していない。 諱についての論議 [ ] については従前から「ねね」と呼ばれてきたが、期に入って日本史学者のが北政所の自筆消息(手紙)の自署が「ね」一文字であることを理由に彼女の名は本来は「 ね」(通称では接頭辞「於(お)」をつけて「 おね」)であり、「 ねね」は『』などによる誤記であるという説を唱えた。 これに対して女性名の研究者としても名高いは以下のように反論した。 当時の女性が自筆の消息に名の頭文字を1字だけ署名するのは普通に行われたことである。 いわゆる夫人(明智 たま)の消息の上書の署名には「 た」1字が書かれており、の正室・(名は ごう)が姉のに宛てた消息でも「 五」と自署している。 ゆえに自署が「ね」1字であることをもってそれが本名であると言い切ることはできない。 から江戸時代にかけて調べうる限りでの女性名を集めたが、「 ね」なる一字名はただの1人も存在していない。 一方、「 ねね」は鎌倉時代あたりから現れ、非常に頻繁に用いられる女性名である(同時代にも(継室)・(室)・(室)・室など複数見られる)。 以上より、高台院の名は「ね」ではなく「ねね」の方が自然であろうと思われる。 ちなみにのにおいては高台院が初めて登場した昭和40年()の『』以降、長年「ねね」が用いられてきたが、平成8年()の『』以降は、『』を除いて 劇中では「おね」の呼称が使われている。 さらに、平成28年()の『』では「ねい」(表記は「寧」)が使われた。 一族 [ ]• 養父:• 養母:• 姑: 系譜 [ ]• 利次は高台院没後、羽柴氏を称することを江戸幕府から禁じられたため木下氏に復姓する。 子孫は江戸時代も旗本として続いた。 実家である杉原家は、秀吉により「木下」に改姓させられたが、小領主ながら幕末まで残った。 木下家は、江戸時代を通じて・の小大名として存続した。 明治に入ってから共に子爵を叙爵され、足守木下家からは明治に入って歌人・が出ている。 豊臣姓羽柴家の嫡流は断絶したものの、養家であるには傍流で女系ではあるが、豊臣姓羽柴家の傍系の血が入り、主家として江戸時代も繁栄した。 なお、この傍流の血は九条家を通して現在の皇室まで存続している。 その他 [ ]• 近年、京都東山の周辺の人気観光スポットを徒歩で繋ぐ参道が整備され「ねねの道」の愛称で親しまれている。 名古屋では信長・秀吉・家康を「」と呼び、毎年10月上旬に行われる「」では彼らに扮した人物が登場するパレード(郷土英傑行列)があり、ここでの秀吉の相手役の女性は長らく「淀殿」とされてきた(信長には「」、家康には「」)が、これも近年「おね」に変更された。 脚註 [ ] 注釈 [ ]• 生年はの天文11年()説、・の天文17年()説、の天文18年()説など諸説あり。 は浅野長勝も秀吉も足軽組頭であり、同じ長屋で暮らしていたので、秀吉は浅野家の入り婿の形でおねと婚姻したのではないかとしている。 松田毅一・川崎桃太らは違和感をやわらげるため、「女王」を「羽柴夫人」「関白夫人」と翻訳している。 利房は関ヶ原合戦で西軍に属したため、勝俊は伏見城守護の任にありながら開戦直後に退去して家康の怒りを買ったため、いずれも改易され浪人中。 『』には、家康はこの時、怒りのあまり「近年、政所老気違」と言ったと記されており、『』では「政所老耄か気違」と言ったと記されている。 なお、この所領は仲介をした長政の息子に与えられた。 当初は「おね」が使われる予定だったが、原作(著)に忠実にするという理由で再び「ねね(実際は表記の 寧々)」に戻された。 出典 [ ]• 「高台寺文書」『日本近世武家政権論』日本図書刊行会、2000年、43頁。 , p. 桑田忠親『女性の名書簡』東京堂出版、1993年。 , p. , p. 52-53. 「北政所・高台院の所領について」、山陽新聞社編 『ねねと木下家文書』、1982年。 『』第十八 江戸幕府編、 p138• , pp. 7-8. 宮本義己「戦国「名将夫婦」を語る10通の手紙」『歴史読本』42巻10号、1997年。 「豊臣秀吉の右筆と公文書に関する諸問題」『史学雑誌』52巻3・4号、1941年。 『完訳フロイス日本史4』の凡例より。 田端泰子「北政所寧子論」『日本中世女性史論』塙書房、1994年、234頁。 , p. 130. 『石田三成とその子孫』新人物往来社、2007年。 , pp. 161-162. , p. , p. 188. 白川亨『石田三成とその一族』新人物往来社、1997年12月。 幸田成友 『和蘭雑話』 第一書房、1934年、177-185頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 参考文献 [ ]• 山陽新聞社編『ねねと木下家文書』、1982年• 田端泰子『女人政治の中世』、1996年。 田端泰子「豊臣政権の人質・人質政策と北政所」『女性歴史文化研究所紀要』15号、2006年。 田端泰子『北政所おね -大坂の事は、ことの葉もなし-』〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2007年。 宮本義己「北政所の基礎知識」『歴史研究』456号、1999年。 宮本義己「戦国時代の夫婦とは」『歴史研究』488号、2002年。 藤田恒春「豊臣・徳川に仕えた一女性 -北政所侍女孝蔵主について-」『江戸おんな考』12号、2001年。 「高台院と豊臣家」『大阪城天守閣紀要』第34号、2006年。 『淀殿』ミネルヴァ書房、2006年。 ; 井上泰至編 『秀吉の虚像と実像』 笠間書院、2017年6月。 『石田三成とその子孫』新人物往来社、2007年。 高台院を主題とした作品 [ ] 映画• 俺は藤吉郎(・ 演:)• 太閤記(・ 演:嵯峨三智子)• お吟さま(・松竹 演:)• (・大映 演:)• (・ 演:)• (・大映 演:)• (・松竹 演:)• (・東宝 演:)• (・ 演:)• (・東映 演:)• (2013年・東宝 演:)• (・東宝 演:) テレビドラマ• 徳川家康(1964年・NET 演:市川和子) 役名は八重• (・ 演:)• 功名が辻(・ 演:)• 真田幸村(1966年・ 演:)• お吟さま(・テレビ朝日 演:)• (1969年・TBS 演:)• (・NTV 演:)• (1970年・ 演:)• 亭主の好きな柿8年(1970年・テレビ朝日 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:奈良岡朋子)• (1971年・関西テレビ 演:小柳久子)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (1973年・テレビ朝日 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (1981年・TBS 演:)• (・ 演:)• (1983年・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK 演:)• 女は遊べ物語(・ 演:)• (1987年・TBS 演:)• (1987年・NHK大河ドラマ 演:)• (・ 演:)• 徳川家康(1988年・TBS 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (1989年・TBS 演:)• (・毎日放送 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・TBS 演:)• (1993年・NHK大河ドラマ 演:柾木良子)• (・ 演:)• (・テレビ東京 演:)• 影武者織田信長(・テレビ朝日 演:)• (1996年・NHK大河ドラマ 演:)• の功名が辻(・テレビ朝日 演:)• (・テレビ朝日 演:)• (1998年・テレビ東京 演:)• (・NHK 演:藤村志保)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・ 演:)• (2003年・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (2006年・日本テレビ 演:)• (2006年・テレビ朝日 演:)• (・フジテレビ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (2009年、テレビ東京、演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (2011年・テレビ東京 演:)• 濃姫 II 戦国の女たち(2013年・テレビ朝日 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (2016年・NHK大河ドラマ 演:) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 高台院の甥・木下延俊の一族.

次の

2019年吉高宁宁(吉高寧々)最新作品番号以及个人资料GIF

吉 高 寧々

〈 電子版情報 〉 吉高寧々 Love Hotel Jp-e : 09D074420000d0000000 スレンダーなボディと美しい顔貌で人気のAV女優・吉高寧々。 これまでの美少女イメージとは一味違う、生々しい吉高寧々を捉えた本作は107ページとボリューム満点のデジタル写真集です! よしたか・ねね 1995年12月1日生まれ、兵庫県出身。 身長155cm、B84W56H85。 スレンダー美少女グラドルとして活躍後、17年に衝撃のAV転身。 同年に開催された「AV OPEN2017」では総合部門や女優部門など3冠に輝いた。 あなたにオススメ!• 同じ著者の書籍からさがす• ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の