ステラ シマノ。 ステラ[STELLA]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

シマノ ステラ歴代モデル一覧(年代シリーズ別)

ステラ シマノ

閉じる• Xプロテクト(スピニング) 【中小型の汎用リール】 より軽い回転が求められる中小型汎用スピニングには、回転軽さを損なわないよう非接触式構造にこだわりました。 従来の撥水処理に加え、水の侵入を抑えるラビリンス構造を複合することで、非接触でありながら高い防水性能を実現しました。 ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用されています。 【ソルトウォーター用の大型リール】 より高い防水性能が求められる大型スピニングリールには接触式の防水構造を採用しています。 低摺動タイプのシール部材で海水の侵入経路を物理的に断つことで、回転抵抗を押さえつつ高い防水性能を実現しました。 ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用され、特にストッパーベアリング部は防水規格IPX8相当を実現しています。 品番 ギア 比• 実用ドラグ力• ナイロン糸巻量 lb-m• フロロ糸巻量 lb-m• 2-100、3-60• 2-80、3-55• 3-120、0. 2-100、3-60• 2-80、3-55• 3-120、0. 3-125、4-100、5-75• 3-110、4-85、5-65• 6-150、0. 3-125、4-100、5-75• 3-110、4-85、5-65• 6-150、0. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. ナイロン(号-m)2. 5- 180 、3-150、4-100• フロロ(号-m)2. 5- 160、3-130、4-100• 1-400、1. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. 5-110、6-95、8-70• 4-130、5-100、6-80• 6-200、0. ナイロン(号-m)2. 5- 180 、3-150、4-100• フロロ(号-m)2. 5- 160、3-130、4-100• 1-400、1. 8-130、10-110、12-85• 8-110、10-90、12-80• 1-190、1. 2-150、1. 8-130、10-110、12-85• 8-110、10-90、12-80• 1-190、1. 2-150、1. ナイロン(号-m)3. 5-170、4-150、5-125• フロロ(号-m)3-190、4-145、5-115• 1-490、1. ナイロン(号-m)3. 5-170、4-150、5-125• フロロ(号-m)3-190、4-145、5-115• 1-490、1. ナイロン(号-m)2. 5-160、3-120、4-90• フロロ(号-m)3-110、4-90、5-65• 2-250、1. ナイロン(号-m)4-190、5-150、6-125• フロロ(号-m)4-170、5-135、6-115• ナイロン(号-m)4-190、5-150、6-125• フロロ(号-m)4-170、5-135、6-115•

次の

Amazon

ステラ シマノ

外観を比べてみた 外観は両機種共にシルバーを基調に無駄なデザインを省いたシックな印象。 イグジストの方が若干光沢感の強いメッキ調のシルバーといった印象です。 対してステラの方は色の深さがあるというか、より金属色が強い印象を受けます。 見た目的な面で言えばステラの方が高級感の感じられるデザイン、色調となっています。 リールというものに対して知識がなく、先入観のない人の目線で見比べると、イグジストは重量の軽さや素材感のせいで若干おもちゃ感があるかなと受け止められそうですね。 例えるならば高級セダンとスポーツカーを比べているような感じでしょうか? ドラグ ドラグ性能ははっきりとステラの方に部があるように感じます。 好みの問題もあるでしょうが、細号数でラインブレイクすれすれの釣りをするのであればステラ一択といった印象です。 イグジストもドラグ性能が悪いといった訳ではなく、魚を掛けてから素早くランディングする際には非常に効果的なドラグの利き方といえるかもしれません。 ドラグクリッカーと連動しているかのようにカチカチカチと段階的に負荷を掛けているような使用感で、ステラのような引っかかりがなくスムーズに一定の負荷を与えるといった感じとは別物といった印象です。 何を重要視するかによって良し悪しが変わってきそうですね。 筆者的にはステラのドラグが好みでした。 筆者の個人的な好みでいえば18ステラの方が総合的にみて断然良いといった感想。 道具としての完成度が高く、重量面を考慮しても安心感や安定感といった点で抜きん出ている印象です。 しかし、道具の機能面や構造の目新しさなどは特に感じないため、新機能を試してみたいなどの新しい発見や刺激を求める方には物足りないと感じるでしょう。 対して18イグジストはモノコックボディーといった最新機構を搭載した機種です。 次代のスタンダードとなり得るかもしれない新しい機構を体験するには18イグジストがオススメです。 最近のリールはミドルクラスでも必要十分な機能を備えています。 一際開発費のかけられた両機。 使い込んでいくうちに筆者の感想も変わってくるかも。

次の

【インプレ】シマノ 18ステラ C3000XG購入時レビューや感想【評価】

ステラ シマノ

2018年3月NEWモデルの『ステラ』が発売されました。 過去4年間隔で発売されて、アングラーの創造上回る リールであり、巻く道具として回転を感じさせない 異次元を作り出すステラ。 ステラSWもそうだが、凪の日に 海でリールを巻いていてもリールからは音一つ聞こえない。 無音に近い。 その18ステラをスペック、14ステラからの変更された点など 詳しく見ていきましょう。 18ステラのコンセプトは 「成熟は結実する」• サイレントドライブ• Xプロテクト この3つのテクノロジーを搭載。 詳細はまたシマノ公式で発表されてからにしましょう! 見た目はこんな感じです。 15ツインパワーそっくりだと話題になってますね。 しかし、村田基氏も話してましたが・・・・ 18ステラは「大人のステラ」 この意味が分かるようになるには過去のステラシリーズも つかっていなけっれば分からないと思う。 18ステラだそうです。 トラブルレスで当然になっている。 当然対象魚によって、使うリールの番手は違うわけですが 特に求められるものは 『巻き心地』です。 実際に魚をかけてリールを巻く時間なんて 釣れないリールを巻いてる時間に比べれば 数百分の1秒程度かも知れない。 だからこそ、巻き心地が求めらる。 シマノリールの中でも、「マイクロモジュールギア」を 搭載しているリールは ステラ・ヴァンキッシュ・17エクスセンスで ハイエンドモデルにしか搭載されていません。 マイクロモジュールギアとは、 歯を可能な限り小型化した機構です。 細かい歯を密に、かつ数多くかみ合わせることにより、 強度を低下させることなく滑らかな動力伝達を実現。 巻き上げ時のギアノイズが低減し、 感度も飛躍的に向上しました。 ベイトリールでは段階的に導入してきた マイクロモジュールギアですが、 構造的な制約の多いスピニングに組み込むには 高度な技術を要します。 精密なギアを寸分の狂いもなく支持できるのは、 高剛性&高精度のメタルボディがあるからこそです。 ヴァンキッシュは実際にサーフで何度か 使わせていただきましたが、 普段ツインパワーメインの自分にとって あの滑らかさは・・・・・・・ 「なに!このヌルヌル感・・・・。 !!」 衝撃を受けたのを今でも覚えています。 このノイズを抑える設計だそうです。 そしてツインパワーXDに搭載された Xプロテクトを搭載。 ボディ部の防水性能はIPX8相当。 Xプロテクトに関しては 14ステラのラインローラー内部のベアリングが 腐食し、ラインローラーが回らなくなる不具合も 出ていたので、Xプロテクトに期待したい。 13ステラSW、14ステラ、15ツインパワーなど この2013年~2016年に発売されたフラッグシップモデルは 「メンテナンスフリー」で本格的に分解をしなければ メンテナンスできませんでしたが、 「 18ステラ」はラインローラーもメンテナンス出来る仕様に! これは素直に嬉しいです!! 18 STELLA 1000 SSSDH ギア比:5. 1 実用ドラグ力:2kg 最大ドラグ力:3kg 重量:175g Nライン:2lb-100m,3lb-60m Fライン:2lb-80m,3lb-55m PEライン:0. 3号-120m,0. ダブルハンドルモデル登場• SSSスペシャルシャロースプール標準装備 アジング・メバリングなどの ライトゲームに重宝する1000番手に ダブルハンドルモデル「1000SSSDH」が登場! 18ステラの1000番手は14ステラと比べて スプールサイズの口径が3㎜小さくなり キャスト時に、 ロッドガイドに余計な負荷が掛かり 飛距離を出せない原因となるスプール径を 極限まで小さくし、飛距離アップを図っています!• 4000MHGが新たなラインアップへ加わる 1000番手では18ステラのスプールは 口径が3㎜小さくなっていますが 実は4000番手では光景が3㎜大きくなっています! 「4000HG」が無くなり、「4000MHG」が登場。 なぜミディアムスプールなのか?? 「4000XG」は登場するので糸巻き量を比較すると PEライン1. 5号 4000MHG=200m 4000XG=320m 年々PEラインは強くなってます。 それに合わせるかのようなフィネス(繊細な)釣りにも 対応出来る4000MHGなのでしょうか? これはステラ4000番手を使うからこその 番手となるかも知れない! シマノリールで4000MHGがあるのは 上位機種では「EXCENS」シリーズと18ステラのみ。 このステラ4000MHGには個人的に大注目。 釣具全体のタックル進化で登場してきた番手と言えそうです! 定価:85,900 18ステラ5000XGはツインパワーXDでも登場した SWモデルではないシリーズでは最大口径となる番手です。 5000番手になると求められるのは軽さや巻き心地よりも 大型青物や大型魚がヒットした時にスムーズにライン放出する ドラグシステムだったりパワーに負けないギアの強さ。 サーフで大型青物、 サーフも行くけど磯丸、ヒラスズキゲームもやりたい方には 求められていた番手ですね! 5000番手と言ってもシマノプロスタッフの言葉を借りれば 「もう一つ上の番手・・・つまり6000番手並みの剛性!」 SW6000番台になると自重も大きく重くなります。 その辺りの事を考えても悩ましい番手ではありますが 4000番手ではギリギリのファイトだった魚のサイズでも 5000番手を使う事で少しは余裕あるファイトが出来るでしょう! そしてライン巻取り量が違うために、 サーフでオオニベを狙うような方や、 サーフも行くけど磯で磯マルやヒラスズキも狙いたい方などに PEライン2号を巻いても十分な量を使うことが出来るので 5000番のステラをお勧めします! 18ステラは我々の期待を上回る製品 3月に発売され番手により発売がずれたりしましたが 初期ロットは多くの方に既に使用されている。 特別大きな不具合が多発しているとも聞かないですし 売り上げも順調だそうです! 今回ご紹介した3つの機能が 18ステラの持つ新しいテクノロジーという事になりますが リールにこれ以上の機能を 持たせることは出来ないのではないか? そう思う事もありますが、期待を裏切ってくれる商品こそ 今後残っていくリールなんでしょうね! ジャパンフィッシングショーで最大のメイン商品が 登場することになった訳ですが、 4年周期で発売しているから、進化はしていないが 発売しておくか・・・・・。 そんな程度のリールでは無いことは確かです! 釣り初心者でもステラを使うと釣りが上手くなる 釣りを始めて1年目などの方はいきなりステラを購入するのも 考えものかもしれませんが、実はミドルシップのリールを使うよりも いきなりフラッグシップのステラを使う方が釣りが上手くなります。 リールから伝わる潮の速さや、海の中の目に見えない違和感を より早く覚えることはとても釣りには重要で ぜひまだまだ釣りを始めたばかりでも 臆せずステラを使って欲しいと思います! 未だ10ステラを愛用してる方も多く、 性能面では2代前のステラでも釣りには全く問題ないわけである。 しかし、フラッグシップモデルを持つ喜びや 道具を愛することも釣りの一部であり ステラで釣りをする・・・・・ これは釣りを何倍も楽しくさせるし、所有欲も満たす。 釣り場でも当然願望のまなざしを向けられるリールだし 釣りは思い出として心に残るシーンも多いですが その時に「シマノ・ステラ」と 釣り上げた魚はあなたの記憶の中で一生の宝物へと変わる。 [追記] ジャパンフィッシングショーで18ステラ体感してきました。 見た目は、ゴールド感が無い分派手さを感じないが、 高級感あふれる輝き、自分が写り込むかと思うくらいに 磨き上げられたボディ。 これは個人の感性の部分で 色が無い金属の塊をどう思うか? 個人的にはシンプルなので好きな色ですが・・・ そして限りなく「無」に近い巻いている感じ。 4000番や5000番よりも1000番、2000番手を使うような ライトゲームで この巻き心地を手に入れたら・・・・・・ もう他のリールは巻けないのでは?と思う程 圧倒的な「無」に近い感じ。 当然ラインは巻いて無いが、ラインを通して リールフットを支える右手、ハンドルを持つ左手から 水の動きや魚のバイトなど全ての感覚が研ぎ澄まされてしまう 釣りが出来ると思いました。 シマノ『ステラ』は使わなくともツインパワーやサスティンなど 他にも優れたリールは多い為に、 飛び抜けて価格が高いステラを持たない人も居るでしょう。 しかし、ステラを一度握ってしまったら最後。 なぜ多くの方がステラを使う理由が分かると思う。 巻いていることを忘れてしまう 「無の境地」に辿りついてみようではありませんか!! シマノリールを長く愛用されてる方はご存知だと思いますが、 シマノリールは購入直ぐよりも、1か月ほど使い込んでからの方が 巻きのスムーズさがより洗練されてきます! 巻きのヌルヌル感と表現される方もいるが、 感覚が研ぎ澄まされる。 シマノが搭載するテクノロジーは シマノリールの全てのテクノロジーの底上げになる。 特に釣行回数の多い方では毎釣行水洗いしているにもかかわらず ラインローラーが固着し異音が出たりローラーの周りが悪くなる症状が! まだ新しい間に異音が出た方はすぐにメーカーへ出しましょう。 異音は でラインローラーの回転は良くなり改良されますが 恒久的な対策では無い為に シマノラインローラーは改善が待たれますね・・・・。 歴代ステラが見れるこちらもご覧ください.

次の