天才 思い込み。 創造力は才能じゃない。研究で判明した5つの思い込み

思い込みの例|隠れた思い込みの恐ろしい効果とは?!|GLOBO

天才 思い込み

本当に、本当にこれでいいのか? 原作は赤塚不二夫氏による漫画作品。 過去にも何度もアニメ化されているが、 この作品は2018年の深夜アニメとして制作された作品。 おそ松さんのヒットを受けて制作された感じが強く、 本作の監督を務める 細川徹 さんがツイッターで 「おそ松さんのアイデアは自分」とツイートしたことで、 放送中よりも放送前のほうが悪い意味で話題になっていた。 j-cast. html? これが別に面白くはない。 YOSHIKIさん自体のプレミア感は散々バラエティ番組で出ているため 薄れてしまっており、出ても意外性があまりない。 他にもバカボンのパパ自体の声優オーディションに野沢雅子さんや、 福山潤さんを出したり、バカボンのパパを今どき風に整形するために ブラックジャックが出てきたりと、いわゆるカオスな状況だ。 ただこれは視聴者にツイッターで「カオス」とつぶやかせるための 内容であり、そうつぶやかせたい制作側の意図が見え隠れしすぎている。 正直「都知事のバッグに五千万を入れる」ネタなど、 2018年のアニメなのに2014年の事件のネタを取り入れるのも、やや古く、 時事ネタを扱う上で後に問題になる時間が経つと笑えないという要素を、 放送中に起こしてしまっている。 「おそ松さん」の1話は色々な問題から配信停止にまでなったが、 この作品は似たようなカオス感を出してはいるが、誰にも怒られていない。 悪い意味で「おそ松さん」の2番煎じというイメージは拭えない。 見づらい画面 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 1話こそ4:3のレトロ調の作画で通していたのだが、 2話からは16:9でやたらビビットな色合いになる。 基本の色が紫であり、正直目に優しくない色だ。 おそ松さんが青をベースとした色合いだった為意識してるのかもしれないが、 意識しすぎた結果、紫を採用するのは意味がわからない。 この辺は好みの部分もあるかもしれないが、 このビビットすぎる色彩設計は人によっては見づらさを 強く感じてしまうだろう。 当たり外れと間延び 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 本作品はギャグアニメであるがゆえに「ネタの当たり外れ」がある。 ギャグに関しては笑える笑えないが個人個人によって異なるものの、 その個人個人のセンス以前の問題の話も多い。 それだけならいいが、その笑えないネタを「だらー」っと描く。 ギャグアニメは基本的にテンポが命だ。 たとえネタがつまらなくても勢いでごまかすこともできるのだが、 この作品はたとえネタがつまらなくてもだらーっと尺を掛けて描いてしまい、 ただでさえ笑えないネタを永遠と聞かされているような感覚になる。 30分のアニメなのに1時間のアニメを見てるような気分だ。 ツッコミキャラがあまりいないせいか、つっこみも弱く、 1つ1つの話もダラーッと始まり、ダラーッとぼけて、 ダラーっと終わってしまう感じが強い。 ギャグにおけるメリハリが甘く、笑えそうで笑えない感じだ。 芸能人出しすぎ 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 この作品はしらけるほど芸能人が出てくる。 1話はYOSIHIKIだったが、その後も高橋克典や遠藤憲一、片平なぎさと なぜか俳優陣が多く出ている。 ただ、基本的にはそれが面白さにつながっていない。 漫画家もあだち充先生ややくみつる先生が出たりするのだが、 そういう「有名人」に頼ってるだけで、 「あの有名人がアニメに出てるwwカオスww」みたいに、 SNSでつぶやいてほしかったのかもしれないが、 見てる側としては芸能人が出るたびに白ける感じだ。 内輪ネタ 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 コンプライアンスやテレビ東京、BPOなど 制作陣に関わるのあるネタを頻繁に出す。 作画崩壊ネタなどいわゆる「内輪ネタ」をバンバンに出してくる、 それが面白いか?と聴かれると判断に困るところだ。 ネタも使い方次第だとは思うのだが、 この作品は脚本家の頭の中で脚本家が面白いことをやってるだけであり、 脚本家は笑えるのかもしれないが、 見てる側はひたすら無表情になってしまう。 テレビ業界の規制に関する風刺ネタという意味合いもあるのだろうが、 それをやるのは構わないが、最低限笑いにつなげてほしい。 これが全12話のうちの中の1話ならば内輪ネタだらけの エピソードとして笑えたかもしれないが、 全12話の中でまんべんなく内輪ネタを入れられると笑えるものも笑えない。 下品なネタ 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 話が進んでくると下ネタが増えてくる。 「おそ松さん」でも自家発電などの下ネタはあったものの、 こちらはそういう感じでなく、単純に下品な下ネタが多い。 素っ裸で街を歩いたり、有名なミラーの車だったり、排泄物だったり、 「面白い」というよりも「下品さ」が際立つネタが多く、 かなり好みが分かれるだろう。 ただ下ネタに関しては原作のバカボンも 小学生レベルの下ネタが多い作品であるため、 このレベルの下ネタはアリなのかもしれないが、 下ネタギャグというよりは「悪ふざけ」に近いノリであり、 ずーっと空回りしてる下ネタを見せられて痛さみたいなものも感じてしまう。 笑い始める3秒前 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 制作側のやりたいことも伝わり、面白くなりそうな要素もある。 だが、1つ1つのネタが笑える一歩手前でとどまってしまってる感じであり、 笑えそうで笑えない感じが1クール続いてしまう。 メタネタをやるのはいいが多すぎであり、 芸能人を出すのは良いが出し過ぎであり、 風刺ネタをやるのは良いが内輪ネタすぎでありと、 下ネタをやるのは良いが下品すぎだったりと、 制作側が「カオスさ」を求めるあまり加減を間違えてる感じも強い。 もっとカオスになれば「ポプテピピック」のような カオス&シュールな作品になったかもしれないが、 制作側としては「やりすぎw怒られるぞw」というようなネタのつもりでも、 見てる側としてはやりすぎ一歩手前でしかない。 おそ松さんは1話が怒られて配信停止になってしまったが、 バカボンは似たようなことをしていても怒られてはない。 この差が作品全体の面白さを決定づけてしまった感じもある。 結局の所、最後まで見ても「おそ松さん」の二番煎じ感が 拭えない作品だった。 総評:カオスに見えてカオスじゃない 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 全体的に見て笑えそうで笑えない作品だった。 話によって当たり外れが大きく、当たりの話でも爆笑には至らず、 全話に渡って似たようなことをしているような感じも強まってしまい、 ハズレの話は無表情で見てしまう。 特にメタネタや風刺ネタに関しては多すぎだ。 基本となる話やエピソードがあって、 その中でメタネタや風刺ネタがあるならばいいが、 「メタネタありき」になってしまってる部分も強く、正直飽きる。 制作側も冒険してるつもりなのかもしれないが、 作画崩壊ネタやソシャゲネタなど見たことのあるものが多く、 「リアルなバカボン」もおそ松さんでみたことのあるようなネタであり、 この作品だからこそのネタがほとんどなく、 カオスに見えてカオスじゃない。 1話30分の尺もうまく使いこなせておらず、 1話30分のアニメなのに1話1時間位に感じてしまうほど、 話にメリハリがなくツッコミも弱い。 「おそ松さん」はいい意味でキャラクターのバランスが取れていたが、 バカボンはツッコミ役が少なく、ツッコミ役だったはずのキャラまで ボケに回ってしまうことも多く、ボケが飽和状態だ。 話によっては笑える話もあり、ギャグに関しては好みはあるものの、 少なくとも1クールのうち半分は外れな作品だった。 個人的な感想:なぜおそ松さんが受けたのかわかってるのか? 引用元:赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会 制作側は二匹目のドジョウを狙ったのかもしれないが、 見事にダダ滑りだった。 おそ松さんが女性にアレだけ受けたのは丁寧なキャラクター描写と、 六つ子のキャラの立ち位置を活かしたギャグが面白かったからだ。 しかし、この作品は制作側が「おそ松さん」がなぜ受けたのか? と考えて作ったのではなく、 「俺のほうが赤塚不二夫作品を面白くできる」という思い込みから、 制作を行っており、結局は自己満足で自己完結な作品になっている。 売上的には300枚以下と大爆死。 上下巻のBOX売りでイベント優先販売申込券をつけて、 この売上はかなり厳しいだろう。 個人的に最大の謎だったのはエンディングテーマが ケツメイシだったことだ(苦笑) なぜ、ケツメイシだったのだろうか….

次の

思い込み勉強法で成績アップ!〜おすすめの楽しい勉強法〜

天才 思い込み

天才とは 天才肌の人のことを語る前に 『天才』と呼ばれた方々について、少し紐解いてみたいと思います。 アインシュタインやレオナルド・ダビンチなど天才と呼ばれた過去の偉人たちは、図書館などにおいてある偉人伝などを垣間見ると、普通の凡人から比べると、生活スタイルが風変りだと呼ばれた人が多かったように思います。 また、何事に対しても事実を理解し、人の意見を取り入れて、改善策を常に積み重ねて完成形をうみ出すことができる人のことで、 努力の積み重ねと発想の転換力が素晴らしいのです。 『生まれながらにして天才』と呼ばれる方もおられますが、 陰の努力は相当なものなのだということを表に出していないだけなのです。 様々なことをひっくるめて、天才とは、 『天才』というカテゴリーの枠にとらわれない、自分のモットーで道を開いていく生き方をされているのが、本当の天才といえるのではないでしょうか? 脳科学者である茂木健一さんが 天才とは?というテーマでお話されているのですが、 「文脈から外れて考える」ということが天才の要素なのだそうです いろんな発想が次々と浮かんでくる 天才肌の人というのは、実に 様々な発想が次々にうまれてくるような特徴をもっています! アイディアの宝庫であるかのような天才の人というのはモノを考えるときの 脳の使い方が違うので凡人からすると何でこんなにもいろんな発想が出てくるんだろう?と不思議に思ってしまいます。 これは右脳の使い方と左脳使い方の関係なのですが、 天才型の人は右脳を極端によく使うというふうに言われていて、 左脳は論理を使う脳で計画などは左脳が司るのですが、これに対して 右脳は感性を司る脳で創造力を膨らますようなときには右脳を使うわけなのです。 天才肌の人がいろいろな発想が次々にうまれてくるのは、 左脳よりも右脳を良く使う思考回路になっているからなのですね。 左脳よりも右脳を使うという特徴から、実は発想がいろいろとうまれてくる人ほど 計画性がないといわれているのです! 計画性は左脳が処理して行うことなので天才型の脳の使い方をする人は 苦手というわけなのです。 発想が次々と浮かんできても 天才肌の人にしかわからないこともあったり、周りの方々にちゃんと説明がうまくできなかったりすることもあるので、周りが困惑することもあったりするのです。 頭の回転が速い 天才肌の人に驚かされるのが 異常に頭の回転が速いということではないでしょうか? とても複雑な問題でも簡単に答えをだしてしまうわけなのですが、この頭の回転の速さの 秘密も右脳にあるのです。 右脳は左脳に比べて高速でモノごとを大量に処理する能力があって スーパーコンピューターのようなものなのです! 対して左脳というのは、いうなれば家庭用で使うような 通常のコンピューターくらいなので何か問題を解くときに左脳を使うようなタイプは 右脳を使って問題を解く天才肌の人にはかなわないわけなのです。 モノごとを判断するスピードが早い 天才肌の人というのは、頭の回転が速いことと合わせて モノゴトを判断するスピードも早いという特徴があります。 という風にもみえるのですが記憶する能力が非常に高いことが要因となっていて、多くのコトを一度に覚えられるので 瞬時に判断できる脳のメカニズムになっているわけなのです。 仕事なんかでいいますと、初めて教わるようなことでも一度、方法を認識すると同じような内容の仕事などは 応用して効率よく瞬時にこなしてしまいます。 会社の先輩から 「君は物覚えがいいねぇ」なんて言われるような方は記憶力が良いのもさることながら、 過去に教わったことを頭の中で応用して対応いているからなのです。 モノごとを判断するスピードが早くみえるのは、 過去に覚えている情報をいくつも素早く呼び出して応用して処理する思考回路になっているからなのですね。 興味のあることに関しての集中力がスゴイ! 興味をもったことに対しての 集中力はハンパなく凄いというのも天才肌の人の特徴として挙げられます。 集中しているときには 他のことを全く考えることをせず食べることや寝ることすら忘れるくらいの集中力を発揮するのです。 集中力というのは 潜在意識の中に既にプログラム化されているものなのでここが天才と凡人の違いともいえるわけなのです。 側からみていても 少しやりすぎなのではというくらい集中してしまうので、心配されることもシバシバあるわけなのです。 いくら興味があるといっても 没頭して何時間も費やして行える集中力には凡人では太刀打ちできないのですね。 左利きが多い!? 天才は 左利きが多いというのを聞いたことはありませんか? 実際に天才と呼ばれた偉人の中では、 左利きが多いのです! アインシュタイン、レオナルド・ダビンチ、ベートーベン、モーツァルト、バッハなどは左利きで最近ですと ビルゲイツなんかも左利きなんですね。 残念なが医学的な根拠は、ないわけですが 世界の人口の約10%~12%しか左利きの人はいないという調査結果もあることから、なんとなくわかるような気がしますね。 アナタの近くにいる 天才肌の人も左利きだったりしませんか? 人と同じ考えをするのがキライ 人と同じであることがキライというのも天才肌の人の特徴でもあります。 既成概念の枠組みの中で物事を考えるのではなく、人と同じものをみていたとしても違う角度からみて創造する思考が強いからだと思うのです。 例えば、 コップというものがあたったとします。 コップには水やジュースを注いで飲む器と考えるのが普通の人なわけですが、これが天才ならコップに入れるのは必ず液体なければいけないという 既成概念を打ち破ってくるわけなのです。 トイレットペーパーをきれいに置けるようようなBOXにしてしまったりするのです! 人からみたら エッ!と思うような発想をしますから引かれてしまうことが多いのですがそこが 天才的な思考であり、人と同じことがキライな性格だからこその技なのですね。 とってもマイペース 時間軸が人とは違うところがあり、とてもであることが天才肌の人にはあるようです。 周囲の人たちの影響に流されることがなく、 我が道を行くという感じのところがとてもあるわけなのです。 他人に敷かれるレールを歩くことが嫌いなので常に 自分のペースで自分の考えをどのように具現化するのかというところに思考の力点をおいているからなのです。 よく言えば 意思が固いということなのかも知れませんが、相手のことを考えていないような行動が非常に目立つことが多いのですね。 自分の感覚を言葉にする 自分の考えをしっかりと持ち、自分の感じた方向が間違っていないと確信しながら行動する人が多く、自分の信念のもとに行動をしているのです。 ですから 自分の感覚の感性のまま人に伝えるような言葉を使ってしまうのです! 体の感覚で覚えていくタイプの方が多いので、この行動を説明してくださいというと、天才肌の人は、 擬音で説明することが多いと思います。 例えば天才肌と言われるようなサッカープレイヤーにサッカーの上達する方法を聞いたりすると『ここにどーんととボールを当てて、ゴールにシュートするんだよ』とか、『ディフェンスはパパパッと移動してバシッとカット』するとか言われるので凡人からするとサッパリわからないのですが、天才型の思考の方は、 脳のイメージをそのまま伝えているのでそうなってしまうようです。 天才と呼ばれたミスタージャイアンンツである 長嶋茂雄さんなんかは、まさにこのタイプですよね。 ほかの人の意見よりも自分の意見を優先 自分の意見を優先させて行動する傾向が強いのが天才肌の人で、それはわがままということではなく、 信念を貫き通したいという気持ちの表れなのです。 絶対的に自分の考えた方法が正しいという思いが強いので、他人の考えが自分と異なるようなことだと 聞く耳もたずという感じになってしまうのです。 自分の意見を聞いてほしい、そして、みんなにこんなに素晴らしい意見があるんだ!ということを知ってほしいというものなので、 悪気は全然ないのです。 協調性が極端にない ほとんど人の話を聞き入れることがないですから、 協調性が著しく低いのは天才肌の人に顕著にみられる特徴だと思います。 協調性が極端にないという性格が人からの評価が低くなる最大の原因となっているのですが、天才肌の人というのは協調性がないと指摘されても ピンとこないのです。 正しい論理で答えを導き出したほうが良い結果に繋がると思っていますから、力を合わせてチームで成し遂げることよりも優先されるのが自分の考えたアイディアだったり方法だったりするからなのです。 もちろんチームで行うほうが良い結果になるという答えを論理的に導き出したのならそちらを選択しますから、自分一人で何でもやったほうがいいという 考えではないのですね。 挫折をチャンスに変える! 人は誰しも 失敗すると挫折してしまい人によっては立ち上がれないこともあったりすると思います。 天才肌の人であったとしてもやることが全て成功するということもなく 失敗してしまうことも勿論あるのです。 凡人と違うのが失敗して挫折感を味わったとしても 諦めずに挫折したことを肥やしにしてチャンスに変えるところなんです。 なぜ上手くいかなかったのか?どうすれば上手くいくのか?そういう視点で失敗して挫折したことを客観的にみる思考になっているからなのです。 側からみると全く挫折しないように見えているのかもしれませんが、実は失敗して挫折感を味わっていてもそれ以上の前向きな プラス思考による行動でそれを感じさせていないのですね。 運も味方につけている なんでこんなに運がいいの?と不思議に思ってしまうほど、運を見方につけている人が天才肌には多く、とてつもなく大変なことが起きた時に、パパッとひらめき、運よく即行動したり、難を逃れたりすることがあるのです。 普段の何事に対しても、研究熱心な所が、点となりそれを結びつける線となり運も味方についたと思わせ、やり遂げることができるというのが 天才肌の方の不思議な特徴だと思います。 まとめ 天才肌と呼ばれるような方には次のような特徴があることがわかって頂けたと思います!• いろんな発想が次々と浮かんでくる• 頭の回転が速い• 聞き上手• モノごとを判断するスピードが早い• 興味のあることに関しての集中力がスゴイ!• 聞き上手• 左利きが多い!?• 人と同じ考えをするのがキライ• とってもマイペース• 自分の感覚を言葉にする• ほかの人の意見よりも自分の意見を優先• 協調性が極端にない• 挫折をチャンスに変える!• 運も味方につけている 人とは一風違った言動や思考の持ち主が天才肌の人には多いわけですが凡人とはこのような違いがあるからこその天才なのですね! もって生まれた天性のものではありますが、実は 右脳を使う訓練をすることで天才肌のような人に近づけることだってあるわけなのです! 天才肌の人の特徴を理解して真似れるところを実践すればアナタも天才肌と呼ばれる人物になれるかも?です・・・.

次の

「深夜! 天才バカボン」レビュー

天才 思い込み

こんにちは 今日は私がオススメする楽しい勉強方法をお教えしたいと思います。 勉強で成果を出したい、勉強を継続していい結果を出したい、と考えている人は多いと思います。 どう勉強すれば成績を上げることができるのかとか、勉強がつまらないからやり気が出なくて挫折気味の人も多いと思います。 私も以前は楽しく勉強する方法がないかずっと考えていました。 その結果ある方法で今までめんどくさいと思っていた勉強が少し楽になったのです。 勉強がめんどくさいという人や勉強が嫌いだけどやらないといけないと思っている人には是非試して欲しいです。 また、勉強方法で困っていたり、勉強に対するモチベーションが下がってやる気がなくなっている人にもおすすめできます。 簡単にできる勉強法なので、一度やってみてください。 Contents• 思い込みを利用すると勉強が楽になる さて、早速ですが、今回のオススメの勉強法は 思い込みを利用するという方法です。 どういうことかというと、 自分で勝手にシチュエーションや設定を妄想で作り出して、その設定に従って勉強するのです。 例えば、自分に彼氏がいて一緒に勉強しているとか、自分が天才になったという設定でその通りに振舞って勉強するのです。 思い込みによる効果は意外に大きいです。 好きな設定で勉強すればいいので、辛いとかつまらないと思っていた勉強も、思い込みによってかなり楽にすることができます。 また、設定は自分で自由自在に変化させられるので、飽きてしまえば他の設定を作り出してそれに従って勉強すればいいのです。 また、 設定は架空のものでよくて、決して現実に実現可能なことでなくていいのです。 例えば、アイドルとか俳優と恋人関係にあって互いに励まし合いながら勉強しているとか、アニメや漫画のキャラクターを思い浮かべてそれになりきって勉強してもいいですし、勉強して目標達成したら好きな人から告白されるとか思い込んでもいいのです。 設定はなんでも良いので勝手に思い込んで作り出してしまいましょう。 これが思い込みを利用した楽しい勉強法です。 まぁ、周りから見たらかなり変な人に見えますけど…… なので、注意点は外ではやらないほうがいい、やっても自分の頭の中だけで行って決して行動に出さないことです。 思い込むことの効果 というわけで、私は思い込むことを利用して勉強することをおすすめするわけですが、ここからは思い込むということでどのような利点があるのかということを書いていきます。 まず、1つ目に言えることは、 勉強を楽しむことができるということです。 自分で好きな設定を作り出すことで、自分が勉強を楽しめるような環境を用意することができるのです。 普通に勉強しているだけだと、監獄の中で強制的に勉強させられているような気分になって精神的にも悪いですし、楽しいと思えないので継続することも困難になってしまいます。 しかし、自分の思う通りの設定で勉強すると、自分から積極的に勉強に取り組む意欲が湧いてきて、継続させることも比較的容易になります。 このように、妄想によって自分が楽しめるような状況を作り出せるというメリットがあります。 2つ目に、 簡単ですぐにできる方法、という点です。 自分で思い込むということをすればいいだけなので、準備しないといけないことはありませんし、やろうと思えばすぐにでもできてしまうのです。 お金もかからないし、知識やコツが必要というわけでもありません。 誰でもすぐに実行できるというメリットがあります。 3つ目は、 勉強に集中することができるということです。 妄想するという行為は頭を使って行うため、一見勉強への集中力が欠けてしまいそうですが、実は逆に集中力を上げることができるのです。 なぜかというと、その思い込みはあくまで環境を頭で作り出すだけで、そこに意識を向けるわけではなく、勉強という目的のための行為だからです。 つまり、勉強のために行なっているという意識のもとで思い込みをしているのだから、勉強が意識からなくなっているわけではないということです。 おそらく言葉で説明してもなかなか腑に落ちないと思いますので、ぜひ実践していただきたいです。 意外にも、勉強のことが頭からなくなるわけではなく、従って、勉強に集中できるということがよく分かると思います。 このほかにも、 客観的自己注視状態(人は、他人から見られていると、真面目で誠実であろうと思ってしまうという状態)を自分で作り出すことができるとか、勉強に疲れている気がしない、疲れてもすぐに回復できるといったたくさんのメリットがあります。 オススメの思い込み勉強法の具体例 さて、ここからは多い込みで作り出すシチュエーションや設定のオススメ方法の具体例を挙げていきます。 別にここに出てくるもの以外でもいいので、自分でこれだと楽しく勉強できそうだとか思ったものでやってみてください。 今からあげていくのはあくまで具体例なので、参考程度に考えてください。 ・架空の恋人を作り出す これは、架空の恋人と一緒に勉強しているという思い込みです。 例えば、恋人がいて、その人の志望校に自分も行きたいから、一緒に勉強して頑張っているというふうに思い込むのです。 一人で勉強しているのが辛いという人も、妄想で理想の恋人を作り出すことで、さもその人と一緒に頑張って勉強している気になれます。 逆に、架空の恋人よりも自分の方が成績がいいと仮定して、その人に教えながら勉強するという妄想をするのもいいです。 人に教えることが自分の勉強にもなって、アウトプットを楽しくできるようになります。 また、架空ではありますが、人と勉強してい るという状態を頭の中で作り出すことは、客観的自己注視状態を作り出すということに繋がるため、勉強に真面目に取り組みやすくなります。 ・自分が天才であると思い込む 自分が天才だと思い込むことで、頭がいい人が行うような勉強方法を自然に考えて実行することができるため、勉強の効率が上がります。 また、自分を天才だと思い込むと、自分に自信がついてポジティブな感情を持って勉強に臨むことができます。 勉強の効果には自分の精神状況が非常に強く関わってきます。 ネガティヴな状態で勉強するか、ポジティヴに勉強できるかという点が効率よく勉強できるかどうかに影響するのです。 なので、天才になって自分に自信が持っているという設定で勉強することが効果的なのです。 関連記事: ・アニメや漫画のキャラクターを作り出す or そのキャラになりきる これは上記2つの方法の応用みたいなものです。 アニメキャラと恋人関係、ライバル関係になって勉強したり、天才キャラクターになりきって勉強したりする方法です。 特に、後者の天才キャラになりきるのは非常に有効で、例えば、本を常に読んでいるようなキャラだとすると、そのキャラを演じて教科書や参考書を読めばいいのです。 勉強で一番大変な教科書を開くということを簡単にできるので非常にオススメです。 はじめはちゃんと読んでなくても、開いていればいつか読む気になるので、まずは教科書を開くということが大事なのです。 なので、アニメキャラになりきって、勉強を始めることが非常に効果的なのです。 ・目標を達成したら願いが叶うと思い込む これは、常に目標を意識できるという点でもオススメの方法になります。 例えば、志望校合格という目標で勉強しているなら、志望校に合格したら好きな人と付き合えるとか、憧れの人に認めてもらえるというふうに思い込むのです。 逆に、一日の目標勉強量を設定して、それ以下だと好きな人に軽蔑されるというふうに危機感を煽ることでも、勉強に対するやる気を上げることができます。 注意しないといけないのは、ネガティブな思い込みをすると勉強が楽しいという気持ちになれなくなる可能性があるので、どちらかというと、前者のような、目標達成で何らかのいいことが起きるという思い込みの方がより良いと思います。 まとめ 以上の通り、勉強を楽しくやりたい、辛い勉強を楽にしたいと思っているのなら、まずは自分の意識から変えていくことをオススメします。 特に、妄想で何かを作り出す方法は、効率よく勉強できるし、集中できるし、勉強が楽しくなるといういいことだらけの方法です。 勉強方法に困っている人や、勉強が続かなくて困っている人はぜひ参考にしてみてください。 また、面白い思い込みのシチュエーションや設定があれば、ぜひコメントで教えてください。 今日はこの辺りで失礼します。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 それではまた.

次の