何かございましたらご連絡ください 敬語。 「お申し付け下さい/お申し付け頂ければ」とは?意味と使い方

”何が食べたいですか”を敬語にする場合の言い方

何かございましたらご連絡ください 敬語

ありましたらの敬語の表現方法は「ございましたら」です。 「ございましたら」という表現方法は、「あれば」という言葉を謙譲語を用いて言い表したフレーズです。 謙譲語は丁寧語よりも、一層相手を敬う気持ちを表現できる言葉であると言われています。 そのため、丁寧語表現である「ありましたら」よりも、謙譲語表現の「ございましたら」という表現で伝える方が相手に対して、より深い敬意を表すことができると言われています。 その反面、「ございましたら」という表現を多用し過ぎると、相手に対して不快感を与えるおそれがあると言われています。 なぜなら「ございましたら」という表現は硬い表現ですので、人によっては何度も言われることで耳障りだと感じるケースがあるからです。 また、「ありましたら」という表現よりも「ございましたら」という表現の方が丁寧だからと多用すると、その場の状況や相手にそぐわない表現になることがあるので注意が必要です。 ありましたらは身近な上司に使える敬語表現 ありましたらは身近な上司に使える敬語表現であると言われています。 それは「ありましたら」という言葉が適度に丁寧で、比較的親しい間柄で使われる表現だからです。 そのため、相手との距離感が比較的近い身近な上司に対しては「ありましたら」という表現を使う方が適していると言われています。 日常的に接する上司に対して「ございましたら」という表現を使っていると、「上司と距離をとりたい」、「仲良くなりたくない」と思われる可能性もあることから、相手との距離感や雰囲気をふまえた適切な表現が大切であると言われています。 職場に限らず、プライベートにおいても、周囲の人に対して心を開かない人は少なくないと言われています。 そういう人にはいくつかの特徴や共通した心理があると言われています。 以下の記事では、そんな心を開かない人の特徴や、心を開いてもらうためのコツなどをお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 ありましたらの使い方例の1番目は、「何かご質問等がありましたら伺います」という表現です。 「何かご質問等がありましたら伺います」という表現は会議や研修などにおいて、進行がひと段落した時などに、頻繁に使われるフレーズです。 「何かご質問等がありましたら伺います」と伝えることによって、「質問をしたい」、「相談をしたい」と思っている人が質問等をしやすい雰囲気を作り出すことが狙いです。 特に会議や研修は、静かな雰囲気の中で淡々と進められるケースが多く見受けら、休憩時間などにも、静まり返っていることが多いと言われています。 「何かご質問等がありましたら伺います」という表現は、そういった静まり返った雰囲気を少しでも和まそうといった意味合いで使われることもあります。 そういった一言をきっかけに質問が出始めると、周囲の人たちとの情報交換やコミュニケーションがスムーズに進み始めることが多いと言われています。 「また何かありましたらよろしくお願いします」という表現は、社内の人や社外の人に対して、広い意味合いで使われるフレーズです。 相手との別れ際に使われることが多い「また何かありましたらよろしくお願いします」という表現は、一種の挨拶のように使われる傾向があります。 仕事で打ち合わせをした時や、出張などで同行した相手に対して別れ際に「また何かありましたらよろしくお願いします」ということで、相手に別れを窺わせる言葉です。 「また何かありましたらよろしくお願いします」という表現には、あまり深い意味合いはないと言われていますが、「何か不明点や質問などの、連絡が必要な時にはご連絡させていただきますので、その際はよろしくお願いします」という意味合いがあると言われています。 「不足している資料がありましたらお伝えください」という表現は、会議や研修などで使われることが多いフレーズです。 大勢の人に資料を配布するほど、入れ忘れる資料が増える傾向があると言われています。 特に100人を超える会議などが開催される場合は、その準備がとても大変です。 資料を印刷するだけでも時間がかかります。 さらに、その資料をまとめたり同じ順番に封入したりという作業があると、かなりの時間が必要です。 そういったことから会議などの人数が増えるほど不足する資料が増える可能性が高いと言われています。 このような大規模な会議等を開催する場合には、資料が不足しているおそれがあり、そのように資料が不足したままでは会議の内容などを詳しく理解してもらえないことが考えられます。 そのため、あらかじめ「不足している資料がありましたらお伝えください」という表現で確認をとるという意味合いで使われます。 「社員証がありましたら首にかけてください」という表現は、比較的親密な関係にある取引先との打ち合わせや形式的な会合などで使われるケースが多い例文です。 実際のところは社員証があってもなくてもいいケースもありますが、打ち合わせや会合といった場面でラフすぎる服装や態度は慎まなければならず、あればつけてもらう方がベターです。 あまりにもなあなあな雰囲気になってしまうと、ダラけてしまってしまりがない状態になってしまうからです。 こういった際に、「社員証がありましたら首にかけてください」という表現をすることで、「仕事上のフォーマルな場」という認識を周囲の人たちに伝えようという意識で使われるケースが多いと言われています。 「ご指摘等がありましたらよろしくお願いします」という表現は、上司やクライアントなどに、「自分が作成した資料などに意見などがあれば教えていただきたい」という時に使われることが多いフレーズです。 自分が作成した資料の中に間違った内容や誤字脱字などがあれば気付くのが早い方がいいので、上司やクライアントの目で見てチェックしていただくことはよくあります。 このように第三者の目で確認をしてもらい、自分では気付かなかった不備があれば教えていただくことはビジネスでは重要です。 このように上司やクライアントにお目通しいただくことで、大きなミスや事故などを防ぐと言った目的があります。 ちなみに「お目通し」という言葉は、このようにビジネスシーンで使われることが多いので意味や使い方などを把握しておくと役立ちます。 以下の記事では、お目通しについてお伝えしているので、ぜひご覧ください。 ありましたら・ございましたらの使い分け方は、状況や相手によると言われています。 ありましたらという表現は、丁寧語の表現であり、ございましたらという表現は謙譲語の表現です。 そのため、ありましたらという表現は、日常的に接する人や、親しい間柄の人に使うことが適していると考えられています。 ありましたらという表現は比較的柔らかい言い回しなので、会議などで場の雰囲気を和ませたい時などには有効であると言われています。 その一方で、ございましたらという表現は、比較的硬い表現になるので、文章での表現や、会議などのフォーマルな場で、しっかりとした態度を示したい場合に有効です。 ありましたら・ございましたらの使い分け方に明確な基準はない ありましたら・ございましたらの使い分け方に明確な基準はありません。 そのため、個々人でその場に適した表現を使うことが良いと言われています。 フォーマルな場であっても、場の雰囲気を和ませたいという意図があるなら、ありましたらという言葉遣いが適しているでしょうし、気を引き締めた様子を演出したい場合には、ございましたらを使うことが良いでしょう。 このように明確な基準がないことから、ありましたらも、ございましたらも、個々の判断で使い分ける必要があると言われています。 ありましたらとございましたらの違いを把握して適切に使いましょう ありましたらという表現は丁寧語の表現であり、ございましたらという表現は謙譲語の表現です。 そのため、意味合いは同じですが、相手に伝える時のニュアンスに異なる部分があります。 上司だからと言ってございましたらを連発すると、相手に違和感を覚えさせることもあり、場合によっては不快感を与えてしまうことにもつながりますので注意が必要です。 ありましたらとございましたらの使い分けに明確な基準はないので、それぞれの言葉の違いを把握して適切に使いましょう。

次の

ご遠慮なく /文例・敬語の使い方・意味

何かございましたらご連絡ください 敬語

新社会人も会話の中に取り入れやすい「何かございましたらご連絡ください」は、果たして正しい敬語なのでしょうか。 新人だけではなく中堅社会人の方々も自信を持って使っているのでしょうか。 ここでは「何かございましたらご連絡ください」の言葉の成り立ち、また普段の生活シーンや、ビジネスシーンによって使い方があるのかを見ていきましょう。 「何かございましたらご連絡ください」も敬語の種類 「何かございましたらご連絡ください」は、「何かございましたら」と「ご連絡ください」の二つの文章で成り立っています。 では、さらにこの二つを分解してみましょう。 「何かございましたら」とは、「何か」「ございます(「ある」の丁寧語)」がドッキングした文章、そして「ご連絡ください」は、「ご(敬語表現)」「連絡」「ください(「くださる」の命令形) 」によって構成されています。 よって丁寧語と命令形から成り立っている、れっきとした敬語と言えます。 何かございましたらと何かありましたらの違い 「何かございましたらご連絡ください」と「何かありましたらご連絡ください」という二つの文章の使い方の違いを説明できますか。 実は双方とも意味は全く一緒です。 しかしどちらかが、より丁寧な言い方だとされています。 「(何か)ございましたら」とは、「ござる(あるの丁寧語)」「ます(丁寧語の助動詞)」がくっついた文章です。 一方、「(何か)ありましたら」とは、「ある(通常語)」と「ます(丁寧語の助動詞)」がくっついた文章です。 このように、「何かございましたらご連絡ください」のほうが、より丁寧な敬語であることがわかります。 普段の生活での使い方について 上下関係は皆無ですが、知り合ったばかりの人には敬語で話す必要性が考えられます。 「何かございましたらご連絡ください」と去り際などに伝えることは有効です。 例えば、日常生活の地域活動にて、町内会の班長や学校のPTAの方は集会の際に、班や関係者の方に「何かございましたらご連絡ください」と言っても支障はありません。 ビジネスシーンでも同じ使い方はできるのか 「何かございましたらご連絡ください」は正しい敬語ですが、「ください」は命令形に当たるため、相手を敬うというよりも、自分が主体の表現です。 受け手によっては、上からものを言われている気分になる人もいるでしょう。 特にメールでの送受信の場合、声のトーンや動作が分からないので感情が伝わりにくい欠点があるので細心の注意を払って使いましょう。 相手が上司や取引先といった、立場が自分より上の人々場合もあり得ます。 そのようなケースには「ご連絡をお待ちしております」または「ご連絡をお願いいたします」と使えば不快感なく受け入れてもらえます。 メールと口語の使い分けについて 日本語には昔から本来の意味とは別に、裏の意味やニュアンスが隠されていることがあります。 「何かございましたらご連絡ください」にもそのような意味があるのでしょうか。 相手への確認として使われることが多い 「何かございましたらご連絡ください」を使用した例文を挙げてみましょう。 次の3つの例をご覧ください。 「先ほど資料をお送りいたしました。 何かございましたらご連絡ください」「こちらに説明が記載されておりますが、何かございましたらご連絡ください」 「ご案内は以上になります。 何かございましたらご連絡ください」 これらには「何かございましたらご連絡ください」という節が、相手へ何かを確認するような「大丈夫ですか」「問題はありませんか」といったダブルチェックに近い含みで使用されていることが理解できます。 「何かございましたらご連絡ください」は挨拶的扱い 「何かございましたらご連絡ください」は「何卒よろしくお願いいたします」と同じ感覚で使っていませんか。 相手も言い慣れた敬語ですから社交辞令として受け取る方も多いはずです。 しかし最初に述べたように「何かございましたらご連絡ください」は、ただの凡庸な挨拶表現ではありません。 「何かございましたらご連絡ください」と日頃から伝えているにもかかわらず、いざ相手から問い合わせや連絡が届いた際に、対応ができないようでは信用問題にも関わりかねません。 言った以上は自分が言葉に責任を持って、敏速な対応をする意識を忘れないことが重要です。 敬語「何かございましたらご連絡ください」の例文 「何かございましたらご連絡ください」を、より親切なニュアンスで相手に伝えたい時、もう一言添えるなら、あなたはどのような言い方をしますか。 例文を見ながら探っていきましょう。 例文1 お手数おかけいたしますが 「お手数をおかけいたしますが、何かございましたらご連絡ください」というフレーズをよく耳にします。 ビジネス文書での一場面で活用されています。 「お手数をおかけいたしますが」とは、こちらの依頼や要求に応える手間をかけさせてしまうことへの謝罪や感謝の意味があります。 「お手数をおかけいたしますが、何かございましたらご連絡ください」とは、忙しい相手への感謝の言葉が含まれます。 類似例としては「お忙しいと存じますが、何かございましたらご連絡ください」と言う表現でも可能です。 つい使ってしまいがちな表現です。 このままでは、「お気軽に」と「ご連絡」の二つが連なった敬語表記なので二重敬語になってしまいます。 しかし近年では、時代の変化とともに、上記のようなややミスマッチな敬語表現でも、多くのビジネスシーンで受け入れられ普通に使われてはいます。 例文3 何かございましたらいつでもご連絡ください 「何かございましたら、いつでもご連絡ください」という表現もよく耳にします。 一見、頼もしい言葉ですが乱用は禁物とされています。 「いつでも」とは「どんな時でも、常時」という意味です。 万が一24時間、相手の連絡に応じる体制になってしまうと、かなり苦しい立場に追い込まれてしまいます。 この表現については、臨機応変に対応ができる時のみに使用しましょう。 「何かございましたらご連絡ください」の何かとは いろいろなものをまとめて指し示しているものが「何か」にあたります。 「何かございましたらご連絡ください」のなかにある何かとは、「ご不明点、ご質問、問題点」がございましたら、ご連絡くださいという部分が隠れています。 ビジネスシーンで頻繁に扱うわりには、「何かございましたら」の「何か」の意味が分からない方も少なくありません。 できれば「ご不明点がございましたら、ご連絡ください」「問題がございましたら、ご連絡ください」と、具体的に伝えるほうが、親切な敬語であることを覚えておくとよいでしょう。 便利な言葉こそバリエーションを増やしていく メールで使う敬語を強化したいなら、おススメしたい本がこの一冊です。 メールでのやりとりは、相手の顔を見る必要がないため、対面よりも気が楽に感じます。 しかし、今回、こちらの記事に書いたとおり、メールは顔が見えない分、相手に誤解を与えやすいツールです。 ひとつ間違えると、大きなトラブルにも繋がりかねません。 それを回避するには、メールのルールはもちろん、あなたが使う言葉のひとつひとつに気をつけなければいけません。 そのような、メールでの敬語についての情報が盛りだくさんな読み応えある一冊です。 今まで知らなかったメールの書き方、送り方について、実例を交えながら紹介され大変分かりやすかったです。 新しい気付きも多くあり、貴重な教科書として、職場のパソコンの前の本立ての前に置いて使っております。 言葉の意味を常に考える癖を.

次の

「ございましたら」の意味と使い方・敬語・謙譲語・丁寧語

何かございましたらご連絡ください 敬語

「教えてください」の意味 「教えてください」の意味は「教えてほしい」 「教えてください」は、「 教えてほしい」という意味で使用される言葉です。 相手に何かを教えて欲しいという場面で使用する敬語表現です。 「教えてください」は、「教える」+ 尊敬語「ください」で、すでに敬語 「教えてください」は、 「欲しい」の敬語表現である「くれ」の尊敬語である「ください」という表現を使用したもので、すでに敬語表現となっていいます。 つまり、依頼をするとき「教えてください」という意味で使する丁寧な表現であるということがわかります。 「教えてください」の「ください」は補助動詞なのでひらがな表記 「教えてください」の「ください」は、平仮名で「ください」と表記する場合と、「下さい」と漢字で表記する場合があります。 簡単に説明すると、 「ください」・・・ お願いごとをする場合に相手に敬意を示す補助動詞 「下さい」・・・ 「くれ」という請求の意を敬意を示して表現する動詞 となります。 「教えてください」の場合、相手に依頼をするときに相手に対して敬意をしめる意味合いで使用されているため、「補助動詞」で使用しているということになります。 したがって、 「教えてください」の「ください」は平仮名が正しい表記です。 「教えてください」は丁寧さに欠けるので社外宛メールはもちろん社内でも使用を避けるべし 「教えてください」は、 ・日程を教えてください ・住所を教えてください ・パスワードを教えてください ・連絡先を教えてください ・分かりましたら教えてください などビジネスシーンでは様々な言い回しで「教えてください」と使う場面があるかと思いますが、実は「教えてください」は丁寧さに欠ける敬語表現で、社内であっても使用は避けるべきです。 理由としては、「ください」がという表現が、「くれ」という命令形の尊敬語であるということがあげられます。 元々「くれ」という命令をするニュアンスがある言葉であるということから、お願いをする表現としては少々きつい印象になってしまうのです。 特に目上の人や社外の人に「教えてほしい」と依頼をする場合は、より丁寧な表現でお願いをすることを心がけましょう。 「教えてください」のより丁寧な敬語表現 「お教えください」と、尊敬を表す接頭語「お」を付ける 相手にお願いをするときに使用する丁寧な表現としては、尊敬語を使用するという方法があげられます。 「教えてください」を、尊敬を表す表現にすると「お教えください」となります。 「教える」に、 尊敬を表す接頭語の「お」をつけて、「ください」という丁寧語をつけて使用すると、相手に対して尊敬を表すことができるので、より丁寧な表現になります。 例文 ・ご希望のプランがございましたらお教えください。 ・会議までに何かすべきことがあればお教えください。 ・何か他に利用できる交通手段があればお教えください。 「お教えくださいませ」と、「ませ」を付けると柔らかい印象に 「お教えください」を「 お教えくださいませ」に言い換えるとさらに柔らかい印象の言い回しになります。 「〜ませ」には 深い意味はなく、表現を柔らかくするためにつけている言葉です。 「お(ご)〜くださいませ」という表現は、「お気をつけくださいませ」「ご覧くださいませ」など、様々な場面で表現を丁寧にし、さらに柔らかくするために使用されます。 「〜ませ」は、女性的な印象があるとも言われていますが、男性が使ってはいけないということではありません。 例文 ・ランプが点灯したら終了になりますのでお近くのスタッフにお教えくださいませ。 ・何かアレルギーがございましたら、お教えくださいませ。 ・現時点で、到着時間が不明な場合は前日までにお教えくださいませ。 「教えていただけますか」だと謙譲語になる 相手に依頼やお願いをする場面では、謙譲語を使用しても相手に敬意をしめす丁寧な表現になります。 「教えてください」を謙譲語で表現すると「 教えていただけますか」となります。 「〜していただく」は、「〜してもらう」の謙譲語で、自分の行動をへりくだって表現することにより、相手に対して敬意を示す表現です。 その他にも、謙譲語を使用した表現には ・教えていただくようお願いたします ・教えていただくことは可能でしょうか といった言い回しがあります。 「願います」は、「 〜してほしいです」と教えてくれることを願う表現で、「お教え願えませんか」は「 〜をお願いできませんか?」と謙虚にお願いをしている表現です。 例文 ・請求書の作成方法をお教え願います。 ・不具合がござましたらお教え願います。 「教えていただけませんでしょうか」は社内の人に 「教えていただけませんでしょうか」は、「〜いただけません」という否定のニュアンスのある表現を使用することにより、 「〜してもらえますか?」と相手に答えを委ねるお願いの仕方になります。 例えば、「電話番号を教えていただけますか」というような使い方をした場合、丁寧語の「ます」を使用した肯定的なニュアンスのある表現で、「教えてください」とお願いをしているのと同じになります。 一方の「電話番号を教えていただけませんでしょうか」は、相手に教えるかどうかの判断を委ねている表現になります。 反応の時間を考えると、社外の人には肯定的な表現でお願いをしたほうがスムーズに進みますので、「教えていただけませんでしょうか」は上司など、社内の人に使用するのに向いています。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というようなアドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 ・何かお気づきの点があればご教示ください。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示ください。 ・お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示ください。 ・今後の売上向上に向けて改善点があればご教示ください。 ご教授ください 「ご教授」は、「 ごきょうじゅ」と読みます。 「教授」の意味は、「 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用」です。 「教授」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけ、「ご教授」とすることで目上の人に「教えてほしい」とお願いをする場面で使用することができます。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例文 ・是非ともこの分野での専門的な知識を学びたいと思っておりますので、ご教授ください。 ・データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授ください。 ・先週はお休みをいただき申しわけございませんでした。 来週からまた引き続きご教授ください。 ご指導ご鞭撻 ご指導ご鞭撻は「 ごしどうごべんたつ」と読みます。 「ご指導ご鞭撻」の意味は、 目上の相手からの自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現になります。 「ご指導」も「ご鞭撻」のどちらも、「ご指導お願い申し上げます」や「ご鞭撻の程、よろしくお願いします」のように、単独でも用いられていますが「ご指導ご鞭撻」と合わせて用いられることが多くなっています。 ちなみに名詞の「指導」「鞭撻」にそれぞれ尊敬語の接頭辞である「ご」がついたものです。 また、それぞれの意味は以下の通りです。 「指導」 ある目的に向かって教え導くこと 「鞭撻」 1.鞭(ムチ)で打つこと 2.怠らないよう強く励ますこと になります。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・何かと至らぬ二人ではございますが、今後とも今までと変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 ・本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 「教えてください」のその他の言い換え表現 「お知らせください」 「お知らせください」は、 「知らせ」という言葉に接頭語の「お」と「ください」という丁寧語をつけた表現です。 「知らせ」は、「知らせること」で、 何かを伝えるときや、報告をする・連絡をするといった場面で使用される言葉です。 「お知らせください」で、「連絡をください」「教えてください」というニュアンスで使用されます。 例文 ・何かお気づきの点がございましたらお知らせください。 ・詳細が決まり次第、お知らせくださいますよう、お願い申し上げます。 ・不具合がございましたらお知らせいただきますと幸いに存じます。 「お聞かせください」 「お聞かせください」は、 「聞く」に接頭語の「お」と、丁寧語の「ます」をつけた丁寧な敬語表現です。 「お聞かせください」は、「教えてほしい」というようなニュアンスで、何かを訪ねる場面で使用する表現です。 上述しているように、「ください」には命令のニュアンスがあるため、きつく感じられやすい表現です。 目上の人や社外の人に尋ねたい場合は、より丁寧な表現を使用するほうが無難です。 ・よろしければ使用してみた感想をお聞かせください。 ・解約に至った理由をお聞かせくださいませんか。 「教えてください」の英語表現 「知らせる」の英語は「inform 人 of」「let 人 know」「tell 人」など 「教えてください」で使う英語には、 ・inform 人 of 事 ・let 人 know ・tell 人 about 事 などがあります。 「 keep 人 updated」と表現すると「常に知らせる、常時報告する」というニュアンスになります。 「 report to 人」で「人に報告する」という意味になります。 「A reports to B」で「AはBの直属の部下だ」という意味になります。 「teach」は「(学問など)を教える」、「advise」は「助言する、忠告する」 「教える」の英語だと、まず最初に思いつくのが「teach」だと思うのですが、「teach」は「(学科・クラスなど)を教える」という意味なので、少しニュアンスが違います。 「advise」も「助言する、忠告する」という意味で、「tell」などとは違います。

次の