ウィンドウ 枠 の 固定 ずれる。 Excelがスクロールしない!できない2つの原因と、一瞬で解除する裏技

ウィンド枠の固定(FreezePanes)|VBA入門

ウィンドウ 枠 の 固定 ずれる

JavaScriptを有効にしてご覧下さい。 Excelは、Wordと異なりシートが広大なため、 で解説のように、ユーザー自身が印刷範囲を指定したり、改ページを設定しなければなりません。 複数ページにわたる範囲の表なりを作成する場合とそれを印刷する場合に、ページ設定は必須作業になりますが、必須条件ではないにしろ便利で役立つ機能があります。 それが「ウィンドウ枠の固定」と「タイトル行(列)」の設定です。 これらの機能は、画面に表示しきれないほどの大きな表を作成する場合に用いる機能で、ある範囲の列や行を固定したまま画面から移動させないようにする機能です。 両者の違いは、実際に操作しながら解説したいと思いますが、この2つの機能を使うだけで、表の作成がかなり楽になると思います。 それでは、本項でも例題をもとに学習をすすめていきましょう。 例題 ウィンドウ枠の固定とタイトル行の設定の学習用 例題6は、よくある名簿形式の縦長の表で、一画面では表示することができませんし、印刷プレビューを表示すると、下図のように2枚にまたがる表になります。 このような表を作成する場合、どんどん長くなるにつれて、その列の「項目」が何であったかわからなくなることがあります。 下図のように、一画面では表示できない場合、下に下にいくにつれて、途中から何の項目なのかわからなくなります。 つまり、その列に何の値を入力すればよいのかわからなくなるということですが、こういった恐れがあるときには、項目行(タイトル行)を画面に固定してしまえば、いくら行を増やしても迷うことはありません。 このように、ウィンドウに任意の行や列を固定する機能が「ウィンドウ枠の固定」です。 ウィンドウ枠を固定するには、「表示」タブの「ウィンドウ枠の固定」ボタンより設定します。 ですが、その前に、まずどの部分を固定するのかを決めなければなりません。 例題では、どの部分を固定すれよいでしょうか? 基本的には、表のタイトルから項目行までを固定しますので、下図の部分をウィンドウに固定すれば都合がよさそうです。 ウィンドウ枠を固定すると、下図のように、いくら行をスクロール(画面を下に移動させる)しても、上図の行がウィンドウに固定されたままなので、非常に作業がやりやすくなります。 赤丸部分は「行3」から「行40」になっています。 つまり、「行40」まで画面を下にスクロールしても、「行3」までは固定されたまま画面に表示され続けているわけです。 さて、ではどのようにウィンドウ枠を固定するのかというと、これまでのようにマウスで範囲指定するのではありません。 行や列の「すべて」が固定されるためです。 つまり、固定したいのは一部であっても、その行や列全体が固定されてしまうのです。 上図では、「行3」まではどの列であっても固定されています。 ウィンドウ枠の固定は、任意のセルを選択した状態で、同ボタンをクリックするだけです。 下図のように、選択した「セル」を基準として、セルの「上辺」と「左辺」に直線が引かれるイメージがわかりやすいでしょう。 このまま「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリックすると、その直線の「上側部分」と「左側部分」が画面に固定されます。 つまり、下図の場合は、「行1」と「列A」の両方が固定されるわけです。 いくらか例をあげてみますと、「C2」セルで固定した場合は、下図のように、着色した部分の「行1」と「列A」と「列B」が固定されます。 また、行のみを固定したい場合は、下図のように「列A」のセルで固定します。 「A2」セルで固定した場合は、「行1」のみが固定されます。 列のみを固定したい場合は、下図のように「行1」のセルで固定します。 「B1」セルで固定した場合は、「列A」のみが固定されます。 それでは例題にもどって、「行3」までを固定してみましょう。 もうおわかりのとおり、「A4」セルを選択した状態でウィンドウを固定すると、行のみを固定することができます。 それでは続いて、本項のもう一つの機能である「タイトル行」および「タイトル列」の設定を行ってみましょう。 この「タイトル行(列)」の設定は、ウィンドウ枠の固定と同じようなイメージで同じような機能といえますが、大きな違いがあります。 ウィンドウ枠の固定は、作業画面のみが固定されて、印刷した場合に影響はありません(設定しようがしまいが関係ない)が、 タイトル行(列)を設定すると印刷に反映される ということです。 つまり、固定した行や列がどのページでも印刷されるということです。 さらに、ウィンドウ枠の固定では、例えば「行3」を固定したい場合は、「行1」も「行2」も固定されてしまいますが、タイトル行やタイトル列は、任意の行や列のみを設定することができます。 では、例題を使ってそれを確かめてみましょう。 まず、ウィンドウ枠の固定と同様に「行1・2・3」を「タイトル枠」に設定した場合は、下図のように、2ページ目にも同様に表示されています。 次に、「行3」のみをタイトル行に設定した場合は、下図のように、最初のページ以外は「行3」のみが表示されていきます。 タイトル行(列)の設定は、 で解説した「ページ設定」画面より行います。 「ページ設定」ウィンドウを開き、「シート」タブの「タイトル行」または「タイトル列」に記述します。 記述といっても、「タイトル行」または「タイトル列」にカーソルをあてた状態で、該当の行または列の任意の場所をクリックすると、自動的に記述してくれます。 ただし、複数行を選択する場合はドラッグする必要があります。 上図のように、黒矢印のアイコンが表示されるので、タイトル行にしたい行の任意の位置をクリックすると、その列全体が範囲指定されます。 複数行を選択する場合はこのままドラッグします。 以上で、「ウィンドウ枠の固定」と「タイトル行(列)」についての基本的事項は学習できたことと思います。 例題では、行の固定しかしていませんが、列についても同様ですので、「課題5」で練習してみてください。 慣れによって身についてきますので、何度も試してみるのが習得の近道です。 では、下記の練習課題で復習してみましょう。

次の

エクセルでウィンドウの枠固定が解除される

ウィンドウ 枠 の 固定 ずれる

セルと列がずれた表示になり スクロールもできません。 環境:WindowsXPプロ Office2003 (クライアント) Windows2000 (ファイルサーバ) Excelファイルを共有フォルダにて 共有しています。 二人で使用中にオートフィルタを 操作したところ画面がずれて 変な画面になりました。 別の人が閉じたので 再度開くとセルと列がずれたようになり 更にロールアップダウンが 効きません。 そこでCDよりOFFICEの修復を行ったけど同様です。 そのファイル以外は正常です。 また他の人は 全く異常なく使用できます。 そして、そのファイル以外の共有ファイルは特に問題ありません。 なんかのキャッシュではないかと疑っていました。 それが良く分からなかったのです。 「ブックの共有」設定時に「個人ビューに含める:印刷&フィルタ」の部分があるなあと 気づき、フィルタでおかしくなるようなので ここのチェックを外してみようかなとは 考えてました。 しかし昨日と本日は確認できる環境にいないので 未確認でした。 良いヒントを頂きましたので 明日早速確認して 必ず報告します。 本日確認してみました。 <不具合状況の詳細> 1.セルと列がずれるという表現が分かり難かったようですが 実際困るのは ロールアップダウンでもスクロールバーでも 画面が動かなくて入力ができない。 2.フィルタを別の人が操作中に編集保存を行った時に発生する 3.行の削除や列幅の変更はしていない <本日試したこと> 1.不具合になった時「個人用ビュー」を削除して再度開いた 2.ブックの共有設定で「印刷やフィルタ」を個人ビューに含めないようにした 以上では 回復しなかった。 3.自動保存するアドインをセットし 5分毎に保存する設定をした 不具合が発生すると 問題が無かったはずの自動保存ファイルもおかしくなる。 ありがとうございました。 また 検証試験を行って 共有作業に入ろうと思います 的のずれた確認をしてしまってすみません。 ブック共有ということでしたら、読み取り専用云々は関係ありませんね。 しかも、 ・問題のファイルは他のPCからは正常に開ける ・他のファイルはnaga60さんのPCから正常に開ける とのこと。 端末のOFFICEなのかファイルなのか特定はできませんが、EXCELのブック共有機能まわりで何か壊れているのは間違いなさそうです。 もうご覧になったかもしれませんが、以下の情報を見つけました。 こんな現象もあるのかと勉強になりました。 お役に立てずすみません。 ご参考まで。 この回答への補足 いえいえ 丁寧な回答ほんとうに ありがとうございます そんなに詳しくはないのですが 私のPCだけがおかしいのは 何かのために準備 された一時ファイル(アクセスをスピードアップOr定型作業のパターン化)などが 邪魔をしているのでは と考えてました。 しかし それがどんなファイルかが 分かりませんでした。 確かに Excelファイルのブック共有では ファイルの破損が多いとの記述が 沢山あり 対策のために「時間セットによる自動保存」を設定していた気がします 早速 明日確認してみます。 以前に自分のPCでトラブルになったのは「突然VBAのヘルプ」が出なくなったと いうのがあります。 いろいろやってみたが 回復しないので Officeを再インストールすれば良い のではと思い 実行したが ダメでした。 これも 何かの設定ファイルが邪魔しているかと思ったけど 私の知識では 対応できなくて 結局PC全体を 再インストールしました 今回は それは出来ない部分があるので なんとかならないかなと 質問させていただき ました。 ファイルサーバ上の共有フォルダにあるExcelファイルは ブック共有を掛けています。 ファイル破損などが起これば 停止しようとテスト的に使用していた時です。 表示の不調は説明が難しいのですが 上部のAからの列と直ぐしたからのセルがずれているのです。 矢印キーでは セルを下げれますが スクロールはできません。 ウィンドウ枠の固定の部分ではないと思います。 1.変なのは 他の人は問題なく操作できる。 2.自分も他の「共有ファイル」は 問題なく操作できる 特に2番が納得できません。 Excelシステムの何かがおかしくなれば 前部ダメだと思うのですが・・ そこで キャッシュか何かかな?とも 思ったりするのです。 原因を探っていましたら、複数で作業中にフィルタを 使用して 絞りこんだりしているときに発生するようです。 昨日スクロールもフィルタも使用できない状態になり 復元する方法がみつかりませんでした。 xar の隠しファイルの自動保存ファイル」を探しましたが見つかりませんでした。 しかし今日は不調だったExcelファイルが 正常に動作します。 そこで昨日のような操作をすると、同様にスクロールできない状態になりました。 その時もxlaファイルを探しましたが、ありませんでした。 ところが、セルに色を付け、コメントの挿入をしたところ、 そのセルから右のセルすべてが一行ずつ下にずれてしまいました。 心当たりとしては… ・あらかじめ上司が関数を入力していた表です。 関数の種類は分かりませんが、他のファイルから引用しているようです。 ・ウィンドウ枠の固定をしています。 ・コメントを挿入したセルとずれてしまったセルとの間の列は非表示にしています。 原因がよく分かりません。 すでに入力の大半を終えていますが、他にもいくつか色を付けたり、コメントを挿入したセルがあります。 同じようにずれているかも、と不安ですがまだ確かめていません。 お分かりになる方、教えてください。 A ベストアンサー 書式の設定(コメントの挿入、色付け等)だけではセルがずれることはないと思います。 もしかしたら誤ってツールバーを触ってしまって、どこかにセルが挿入(あるいは削除)されてしまったのかもしれませんね。 同じようにずれているかどうかは印刷プレビューをみてみてはいかがでしょか。 また「非表示」を「再表示する」という操作が可能であれば、一度再表示してみてください。 もしずれているところがいくつかあるようでしたら、どこかにセルを挿入(または削除)してしまった可能性がありますね。 挿入してしまっただけなら、逆に削除をしてしまえばいいとおもいますが、削除をしてしまった部分に計算式があると厄介です。 上司に相談しててはいかがですか。 気がひけます? A ベストアンサー 1. 水平方向のウィンドウ枠の上部を固定するには、ウィンドウ枠を表示する行の下の行全体を選択します。 垂直方向のウィンドウ枠の左部を固定するには、ウィンドウ枠を表示する列の右の列全体を選択します。 上部と左部のウィンドウ枠を両方とも固定するには、ウィンドウ枠を表示する行の下で列の右のセルをクリックします。 [ウィンドウ] メニューの [ウィンドウ枠の固定] をクリックします。 ヘルプにある分割ポイント云々というのは、ウインドウの分割のことでしょうか? それであれば、 1. 垂直スクロール バーの上端、または水平スクロール バーの右端の分割ボックスをポイントします。 ポインタが二重線に上下または左右に矢印が付いた形に変わったら、分割ボックスを下方向または左方向の目的の位置までドラッグします。 解除されないようにする方法はちょっと判りませんでしたが、マクロを使って、ブックを開くたびに自動的にウィンドウ枠を固定する、という方法ではいかがでしょうか。 設定したいブックを開きます。 左側のエクスプローラのツリーのような画面 表示されていなければ「表示」-「プロジェクト エクスプローラ」 で、設定したいブックにある「ThisWorkbook」をダブルクリックします。 右側のフィールドに、このコードを貼りつけます。 シート名とセル番地は設定したいブックに合わせたものに変更してください。 '設定したいシートを選択します ' "Sheet1"の部分に該当するシート名を入れます Sheets "Sheet1". Select 'とりあえず現在のウィンドウ枠固定を解除します ActiveWindow. Select 'ウィンドウ枠の固定をします ActiveWindow. ファイルを保存してから閉じ、再び開くと自動的にウィンドウ枠が設定されます。 解除されないようにする方法はちょっと判りませんでしたが、マクロを使って、ブックを開... A ベストアンサー ずれたら気付けばいいのか。 それなら1行おきにセルの色を変えておけばいい。 セルの条件付き書式ではなく、普通に塗りつぶしの色やパターンを決めておくの。 1行目に塗りつぶしをして、2行目には塗りつぶしをしない。 1行目と2行目を選択してコピー。 貼り付けたい範囲を選択して、「形式を選択して貼り付け」から「書式」を選んで貼り付け。 これでセルが「ひとつだけ」ずれたら見た目で判断できます。 コレを応用して、10行毎に色やパターンを変えておけば偶数行ずれてしまっても 見た目でずれを判断できますよ。 1行目から10行目までは「薄い黄色」と「白」、11行目から20行目までは「薄い水色」と「白」が交互に並ぶ…なら見やすいと思いますけど? これで気付かないとかだったら、シートの保護とかマクロとかでガチガチに固めてしまわないとダメでしょ。

次の

「HTML の TABLE で ウィンドウ枠の固定(?)」(1) @ITクラブ Cafe − @IT

ウィンドウ 枠 の 固定 ずれる

対象:Excel 2010/2013/2016 Excelで行や列が大きな表を見る際、右側や下側にスクロールすると、見出しになっている行や列が画面から消えてしまい、見ているセルが何を示しているものなのか分からなくなることがある。 このような場合は、「 ウィンドウ枠の固定」という操作を行えば、スクロールさせても見出しの行や列が動かなくなる。 その方法を紹介する。 なおここでは、Excel 2016の画面で紹介するが、Excel 2010/2013/2016のいずれも手順は一緒だ。 先頭行や先頭列を固定する 見出しがある行や列を、表の先頭にして、[表示]タブの[ウィンドウ]項目にある[ウィンドウ枠の固定]をクリックすると、プルダウンリストが表示されるので、[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すればよい。 注意が必要なのは、ワークシートの先頭行(表の1行目)や先頭列(A列)が固定されるわけでなく、 画面上に表示されているセル範囲の先頭行や先頭列が固定されることだ。 表をスクロールして、途中のセルを選択した状態で[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すると、その表示された状態で、見えている部分の先頭行や列が固定される。 そのため、シートの途中に表がある場合は、見出し行や見出し列が先頭になるようにスクロールしてから、[先頭行の固定]または[先頭列の固定]を選択すればよい。 そのため、行と列の両方の見出しを固定したい場合や、複数の行や列を見出しとして固定したいような場合には使えない。 例えば、上の画面で示したような住所が複数列に分かれて入力されているようなケースでは、都道府県名、市区用村名、大字・町名の3つを固定しておかないと、どこのデータなのか判別しにくい。 このような場合、固定したい行や列(または両方)の1つ内側のセルを選択してから、[表示]タブの[ウィンドウ]項目にある[ウィンドウ枠の固定]プルダウンリストから[ウィンドウ枠の固定]を選択すればよい。 そのセルの左上を起点に上側の行と左側の列が固定され、選択したセル側のみがスクロール可能になる。

次の