雅子 様 帯状 疱疹。 帯状疱疹の症状が出る場所は?

雅子様の病気(帯状疱疹): マーブル歯科医院(海老名市)

雅子 様 帯状 疱疹

また、「適応障害」は「胃がん」「膵臓炎」のようなはっきりした病気というよりは、「ストレスによってうまく生活できない」という事態を医学的に言うと「適応障害」となるといったイメージです。 ちなみに「適応障害」は精神科の中でも使われにくいやや特殊な病名のようです。 ストレス要因がはっきりと限定される場合のみに「適応障害」とするそうで、治療の手順は結局「うつ病」と同じになるので「適応障害」という病名を一切用いないで「うつ病」(または「急性ストレス反応」)とする精神科医もいるくらいとか。 それならばなぜ雅子さまにはあえての「適応障害」という診断名が付いたのかというと、ストレス因子が「皇室」という特殊性に基づくことがはっきりしていることに加え、「うつ病」の持つインパクトを緩和させるためだったのではないか、とみられています。 2004年5月10日 皇太子殿下が欧州歴訪前の記者会見で「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言。 雅子様が人格を否定されて病気になったことを皇太子殿下自らが記者会見で打ち明けるというこの事件は、後に「人格否定発言」とも、「浩宮の乱(ひろのみやのらん)」とも呼ばれるようになります。 雅子様と宮内庁の間に軋轢があることを示唆する苦言を、殿下自らが口にされたことで、世間に大変な衝撃を与えました。 しかし、人格否定のストレスとはいったいどういうことだったのでしょう? 実は上にも書いた通り、雅子さまは元々非常に優秀なキャリアウーマン。 そんな彼女にとって最大のストレスとは「思う存分、仕事をやらせてもらえないこと」だったのです。 精神科医として多数のメディアにも出演する香山リカさんの著書『雅子さまと「新型うつ」』ではこうあります。 雅子様は2018年6月9日に銀婚式を迎えられました。 この日もご夫婦で参加されています。 ただこの日も記者会見はひらかれなかったそうで、やはりまだ調子が戻らないのか……と心配の声も上がりました。 雅子さまは、2002年12月に記者会見を行ってからというもの、15年以上も記者会見を行っていません。 《銀婚式「会見」を断固拒否で宮内庁&記者クラブと冷戦再び!》という見出しで、雅子さまの不調や記者会見でのトラウマを推察する週刊誌もありました。 しかしこれには別の事情があったそうです。 実は雅子さまご夫妻の結婚記念日と、天皇・皇后両陛下の『最後の被災地訪問』の日程が重なっていたためなんだとか。 ですのでもし雅子さまが会見をひらいた場合、大々的に報道されますし、そうすると天皇陛下への関心はどうしても薄まってしまいます。 それを避けるための配慮だったのではないかということでした。 もしかしたら雅子さまは記者会見にも充分耐えうるだけの回復をしているのかもしれません。

次の

帯状疱疹

雅子 様 帯状 疱疹

適応障害前 雅子様は適応障害と診断が出る前から、 皇室に馴染めないことについてご自身や秋篠宮様などが発言していらっしゃいます。 まず、ご自身が会見の中で、ご自分は海外で暮らすことが多かったので、 日本にずっといる状況に適応することになかなか大きな努力が要りましたと発言されました。 また、秋篠宮両殿下の会見では、雅子様が仰有ったとされる 「自由に買い物にも出られない」「海外に行けない」と言った話が出ましたが、 海外について秋篠宮様が仰有った 「海外の公務と言われますが、公務は選んでするものでしょうか?」 という言葉は印象的でした。 公務への影響 香淳皇后の御葬儀に欠席された辺りから、 雅子様の体調不良は徐々に深刻になり、 帯状疱疹、そして適応障害の診断となりました。 皇室に適応出来ないとなれば、 公務に出られるのもお辛いことでしょう。 適応障害と診断された時期に、 雅子様がカメラを気にされるので、 時には雅子様の公務時に カメラマンを排除するといったこともありました。 小さい頃からカメラに撮られ慣れている皇室の方々と違い、 妃殿下方は皆経験されることでしょう。 また、写真に撮られた一つ一つの仕草まで取り沙汰されたこともあり、 カメラに敏感になられたお気持ちもわかりますね。 長引く療養 適応障害と診断されてから10年以上経っても、 病状が良くなった兆候が見られず、 公務も殆どお出来にならない雅子様のことを、 「ディスチミア症候群」ではないかという人も現れました。 ディスチミア症候群とは鬱病の一種で、 他罰感情が強いのが特徴です。 つまり、自分に責任があるのではなく、 総て環境や他人の所為だと思ってしまう症状です。 その為、他から見ると我儘であるとか、 自己中心的に見えてしまいます。 ただ、一般にこのディスチミア症候群は比較的青年層に多く、 中年以降は逆にメランコリー親和型鬱病(自責の念が強い)が多くなると言われています。 雅子様もご体調次第で公務に行かれたり急に取りやめられたりすることが多く、 それが気分次第で公務を行われているような印象を与えてしまうことが、 ディスチミア症候群ではないかといわれてしまう原因ではないでしょうか。

次の

帯状疱疹

雅子 様 帯状 疱疹

帯状疱疹とはどんな病気?|症状・発症しやすい場所・原因 「帯状疱疹」という病名を耳にしたことはありますが、実際どういった病気なのか帯状疱疹の代表的な症状など基本的なことを教えていただけますか。 「ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが現れます。 それが数日で増えて、身体の左右どちらか一方の神経に沿って、帯状に広がるという特徴があります」(渡邊先生) ピリピリと刺すような痛み、赤い斑点や水ぶくれが着物の帯のように広がっていくのが特徴なのですね。 このような症状は、体のどういった場所に発症しやすいのですか? 「半数以上が上半身に発症します。 顔面、特に眼の周囲も発症しやすい部位です」(渡邊先生) そのような帯状疱疹を発症してしまう原因について、詳しく教えていただけますか? 「帯状疱疹の原因は、多くの人が子供の頃にかかる『水ぼうそうウイルス』です。 『えっ、子供の時にちゃんと治したよ』と思われるかもしれませんが、子供の時に体内に入ったウイルスは実は消滅していません。 体内に居座り、神経節(顔面の三叉神経、脊髄神経、坐骨神経など)に数十年間も潜伏するのです。 しかし、健康で免疫力が強い間はウイルスの活動は抑えられています。 ところが、加齢やストレス、過労、病気などによって『免疫力が低下』すると再び活動を始め『帯状疱疹』として発症します。 つまり、『水ぼうそう』にかかったことがあれば、誰でも『帯状疱疹』になる可能性があるのです」(渡邊先生) 「帯状疱疹はうつる」という噂を聞いたことがあります。 帯状疱疹のこういった面に関して、正しい知識を教えていただけますか。 「では、帯状疱疹がうつるのかといった側面から、正しく解説していきましょう。 「帯状疱疹の症状が出ているときは、『赤ちゃんにウイルスをうつす可能性があります』。 赤ちゃんが『水痘・帯状疱疹ウイルス』に感染すると『水ぼうそう』になってしまいます。 ・うつさないように予防策をとること ・1歳になったら『水ぼうそうの予防接種を2回打つ』こと などが予防には有効です。 特に、まだワクチンを打つことができない0歳の乳児には、帯状疱疹が出た人は『近づかない』ようにしてください。 また、授乳中の女性に帯状疱疹が出たら『授乳はストップ』して、早めに医療機関を受診しましょう。 その際、授乳しながらだと使えない薬があるので、必ず医師に相談してくださいね」(渡邊先生) 子供の頃の水ぼうそうのウイルスが何十年も生きていて復活するとはとても怖いですよね。 渡邊先生によると、帯状疱疹は早期発見することで、重症化を防ぐことができるそう。 いつもと違う発疹や水ぶくれに気がついたら、早めに医療機関に相談することが大切なようです。

次の