ストーリー メンション 押せない。 Instagram(インスタグラム)をアカウントなしで、またはログインせずに見る方法!

自分好みにカスタマイズできる!タスク管理ツール「JIRA」の基本的な使い方

ストーリー メンション 押せない

メンションを活用すれば、ビジネスもプライベートも作業が効率的に ここ数年、ビジネスチャットやチャットが急速に普及している理由の1つは、このメンション機能が大きく影響しています。 なぜなら、メンションを使ってビジネスチャットでメッセージを送ると、相手が今すぐ確認する確率が高まるからです。 「え? それだけ? それって、そんなにスゴイこと?」 そう思われる方も多いかもしれませんね。 では、例としてメールでのやりとりと比較してみましょう。 メール利用とは圧倒的に時間的コストが違う 例えば、あなたが外出中の営業担当に、急ぎの案件をメールしたとしましょう。 その時、営業担当は取引先で商談中のため、電話に出ることができません。 あなたにできることは、メールを早めに見るように再びメールするか、何度か、ひたすら電話をかけるくらいです。 しかし、営業担当が商談後にスマートフォンを見ると、着信が数件入っており、メールも複数届いていて、何から手を付ければいいか、混乱してしまっています。 このような状況では、あなたが営業担当から返信メールを受け取るまでに、大きく3つの時間がかかります。 1. 相手がメールに気づくまでの時間 2.相手がメールを見て案件を把握し、返信するまでにかかる時間 3.相手からの メールが返ってきていることに自分が気づくまでの時間 当たり前のように見えるこの3つの時間ですが、ビジネスチャットのメンション機能を使うと、相手と自分が メッセージの到着に気づくまでの時間(1と3)を圧倒的に短縮することができるのです。 その結果、1つの案件にかかる時間的コストが圧倒的に短縮され、ビジネスが自然と加速するのです。 一番役立つ瞬間はグループチャット グループLINE の時! 複数人でグループを作ると、会話が1対グループ全員になってしまいます。 グループでLINE・チャットをしている時でも、特定の誰かに対してだけ質問をしたい時がありますよね? グループの人数が多ければ多いほど、相手が確認を見逃す可能性が出てきますので、絶対に届けたい内容であれば、個人メッセージをしてしまうかもしれません。 しかし、それはとても面倒ですよね。 そういう時に、メンション機能を使えば、グループチャットの時でも特定の1人にだけ通知することができますし、二人のチャットを他の人も見ることができますので、情報共有ができてとても便利なのです。 メンションが活躍するプライベートケース3選 タイムラインで一緒に遊んだ人を紹介する プライベートで旅行に行った時に、一緒に行った友人をメンションすることで、一緒にいた人を自分のフォロアー LINE友達 に紹介することができます。 グループ グループLINE の中で一人だけを指定する LINEなどでグループを作ると、大勢の人が一斉に話始めるので、誰に対して話をしているのかわかりません。 しかし、メンションをつけることでグループ野中にいる個人に対して通知ができます。 予約情報・スケジュールの共有 旅行に行く時に全員が覚えておく必要がある集合時間やスケジュールなどのまとめ情報は全体にメンションをつけることで、自分に対して言われていると認識できますので、効果的です。 メンションが活躍するビジネスケース5選 最後に、ビジネスチャットのメンションが活躍するビジネスケース5選をお届けします。 まだ導入されていない企業の方は、必見です。 1.相手と直接話せない環境にいる場合 5.相手に直接言いづらい催促対応の場合 締め切りを守らない人、どこの組織にも必ずいますよね? そして、直接言いに行くには、何度も言いに行っているせいで抵抗があったり、物理的に距離が遠いのが手間だったり。 さまざまな理由が考えられます。 このような場合、メールよりも すぐに、相手に直接通知が届くメンション機能は効果的です。 相手にすぐ読んでほしいときはメンションを活用 メンションは、自分の書いたメッセージを送る際に、読んでほしい相手を指定するという非常にシンプルな機能です。 しかし、その機能をビジネスにおいて、チャットやプッシュ通知機能と組み合わせて活用することで、その利便性やビジネスへの貢献性は非常に高くなります。 まだビジネスチャットを導入されていない企業様は、この機会にぜひ、自社にあったビジネスチャットの検討・導入を進められてはいかがでしょうか? 補足:メンションとリプライの違いとは何? よくLINEやSNSなどで聞くリプライって何なの?という部分を解説します。 簡単です。 メンションは、相手を指定してメッセージを送ることに対して、 リプライは、これまでの過去のやりとり メッセージ を引用し、メッセージを送ることになります。 メンションとリプライでスムーズな会話を! グループでメッセージをしていると、気付いた時にはこれまでしていた質問などが埋もれてしまう可能性があります。 そういう場合にリプライをして、さらにメンションをすることで「誰の質問に対して返信している」ということがわかりやすくなり、コミュニケーションをスムーズに進めることができます。 LINEの場合、リプライはこうする リプライしたいメッセージを長押しすると、上記画像のように洗濯画面が現れますので、赤枠にあるリプライボタンを押せば、そのままリプライすることが可能となります。

次の

メンションとは何?超便利な機能と使い方も合わせて紹介

ストーリー メンション 押せない

目次でさがす• Instagramのストーリーとは? ストーリーの特徴としては、24時間で投稿が消えることです。 せっかくの投稿がたったの24時間で消えるの?と思われる方もいるかもしれませんが、24時間で消えるからこそ、気軽に投稿ができるということに人気の秘密があるのです。 通常のフィード投稿と呼ばれる投稿は、削除するまでずっと残っていますよね。 後で見返すと、昔の恋人との写真など見られたくない投稿も。 そんな心配がいらないストーリーズは画像や動画を簡単に、そして気軽に投稿できるとウケたのでしょう。 ストーリーに投稿してみよう! まずは、基本的な投稿方法や加工方法など、ご紹介したいと思います。 2-1. まずは基本的な使い方をマスター ストーリーへの投稿はとても簡単です。 ストーリーズの投稿画面を開く。 写真や動画を撮影する。 (もしくは保存してある写真や動画を選ぶ) 3. 文字などを入れて、加工する。 「ストーリーズ」ボタンを押して投稿完了! たったのこれだけです。 加工方法は色々あるので、シンプルに加工なしの投稿をまずは試してみたいと思います。 ストーリーズの投稿画面を開く。 写真や動画を撮影する。 「ストーリーズ」ボタンを押して投稿完了! 2-2. 簡単に写真や動画を可愛く加工 基本的な投稿方法がわかったら、ステップアップして加工に挑戦してみましょう。 加工でできることは、 ・文字を入れる ・スタンプを入れる ・ハッシュタグをつける ・位置情報を追加する ・自分や友人のアカウント情報を追加する(メンション機能) といったことです。 2-2-1.文字を入れる 文字入力から文字を入れる方法です。 編集画面の右上にある「Aa」を選択し、文字を入力します。 入力した文字は画面下にある色から選択して文字色を変更したり、画面上の字体から選択して字体の変更をすることが可能です。 手書きの場合は、ペン書きのマークを選択すると、ペンの種類が選べて手書きで文字や絵を書くことができます。 ペンの色も選択できます。 2-2-2.スタンプを入れる スタンプも画面から選択したり、検索することもできます。 2-2-3.ハッシュタグをつける スタンプの選択画面からハッシュタグを選択すると、文字入力をするだけで、ハッシュタグをつけることができます。 2-2-4.位置情報を追加する こちらも同じくスタンプの選択画面を開くと、「場所」と書かれたスタンプがあるので、こちらを選択すると位置情報を設定したり、入力した場所を追加することができます。 2-2-5.自分や友人のアカウント情報を追加する(メンション機能) の後ろにアカウントIDをつけると、そのアカウントのプロフィール情報が表示されるメンション機能をつけることができます。 スタンプ画面からメンションを選択してアカウントIDを入力するだけで完了です。 ストーリーのシェアとリポスト機能 シェア機能を使えば、自分のがストーリーに投稿した内容をフィードに投稿したり、他の人のストーリーをDM経由でシェアすることができます。 またリポスト機能を使うと、他の人のストーリーにタグ付けされた内容を自分のストーリーへシェアすることができます。 3-1. 自分のストーリーをフィードにシェアする 自分がストーリーに投稿した内容をシェアする方法は、シェアするストーリー画面を開いて、メニューボタンから「投稿としてシェア」を選択します。 編集画面が表示されるので、あとは加工して「シェア」を選択すると完了です。 3-2. 他の人のストーリーをDM経由でシェアする 他の人のストーリーをシェアする場合には、お互いにフォローしていることが前提になります。 シェアしたい投稿を選択して、飛行機マークを選択します。 宛先画面が開くので、送信相手を選択して「送信」を選択するとシェアすることができます。 3-3. 他の人のストーリーを自分のストーリーへリポストする 他の人のストーリーに自分のアカウントがタグ付けされると、ストーリー画面を開いた時に、画面下に「これをストーリーズに追加」ボタンが表示されます。 それを選択すると自分のストーリーへリポストすることができ、簡単にストーリー投稿をすることができます。 ストーリーの保存方法 24時間で投稿が消えるのがウリのストーリーですが、この投稿は保存しておきたい、という場合もありますよね。 自分のストーリーは保存しておくことができます。 まずは自分のストーリー画面を開いて、メニューボタンから「保存」を選択します。 これで自分のスマホに写真や動画を保存することができます。 複数写真を投稿する場合は、「保存」を選択すると「写真を保存」「ストーリーズを保存」という選択ができるようになります。 「写真を保存」の場合は、写真や動画をそれぞれ保存するのですが、「ストーリーズを保存」を選択すると、一つの動画のような形で保存できるので、おすすめです。 その他のストーリーの色々な機能 その他にもストーリーには色々な機能があります。 ・ストーリーを見てくれた人が分かる「足あと機能」 ・特定の人のストーリを表示しない「非表示機能」 ・特定の人にストーリーを表示させない「ブロック機能」 ・公開範囲の限定ができる「親しい友達」の設定 ・プロフィール画面で過去のストーリーを表示できる「ハイライト」機能 といった機能です。 一つずつ見ていきましょう。 5-1. ストーリーを見てくれた人が分かる「足あと機能」 自分のストーリー画面には、画面左下に何人が既読したか表示されます。 それをタップすると、誰が閲覧したのか一覧で確認することができます。 5-2. 特定の人のストーリーを表示しない「非表示機能」 趣味のアカウントだとたまにあるのが、投稿内容は見たいけど、ストーリーまでは表示しなくてもいいかも、といった状況です。 そんな時には特定の相手のストーリーを表示しないようにする「非表示機能」の設定ができます。 非表示にしたい相手のプロフィール画面を開き、右上にあるメニュー画面から「ストーリーズを非表示にする」を選択すると完了です。 5-3. 特定の人にストーリーを表示させない「ブロック機能」 自分のストーリーを表示したくない相手にはストーリーのブロック設定をすることも可能です。 自分のプロフィール画面から設定画面を開き、「プライバシー設定」を選択します。 プライバシー設定画面から「ストーリーズ」を開くと「ストーリーを表示しない人」という項目が画面に表示されます。 表示したくない相手にチェックを入れて「完了」を押せば、表示されなくなります。 5-4. 公開範囲の限定ができる「親しい友達」の設定 いつも一緒に行動している特に仲の良い友人だけにストーリーを表示したい、といった場合に活躍するのが「親しい友達」の機能です。 自分のストーリー画面から「ストーリーズ設定」を開きます。 ストーリーズ設定画面を開くと「親しい友達」という項目が画面に表示されます。 そこに追加したい友人を追加すれば、追加されたメンバーにだけストーリーを表示することが可能となります。 ストーリーの削除方法 自分の投稿したストーリーを削除したい時にの手順もご紹介します。 自分のストーリー画面を開いて、メニューボタンから「削除」を選択します。 確認画面でもう一度「削除」を選択すると削除が完了します。 まとめ ストーリーの作成方法お分かりただけたでしょうか? 簡単に作成できてその場で投稿でき、すぐ投稿できるストーリーを使えば、沢山のフォロワーに自分をアピールすることができ、コニュニケーションの幅も広がりますね。 公開、非公開の範囲を設定できますし、投稿を後から簡単に削除することもできますので、気楽なコミュニケーションツールとして使っていただけます。 フォロワーが1万人を超えると投稿にURLを入れることもできますので、ビジネスにも活用することができます。 手軽に自分の日常を発信できるストーリーを活用して、自己ブランディングに役立ててみてはいかがでしょうか?.

次の

メンションする

ストーリー メンション 押せない

みなさんこんにちは。 JIRA adminこと、フロントエンドのはっちゃんです。 みなさん、タスク管理ツールは使っていますか? ツールを導入すると、タスクを小分けにしてチケット化したり、ガントチャートなどで進捗の管理がしやすかったりするので、とっても便利ですよね! 自分も、今よりもっとタスクを管理しやすくする方法はないかなーと思い、いろいろなツールを試しています。 今回は、その中でも特に使い込んだタスク管理ツール「JIRA」の簡単な使い方を説明しようと思います。 JIRAを選んだ理由は、前職で使用していたのと、いろいろなカスタマイズ対応がエンジニアっぽくてかっこいいと思ったからです。 当時は権限がなく最低限の機能しか触れなかったので、思い切って個人でアカウントを作り、管理者権限で使い込んでみました! タスク管理ツール「JIRA」とは? 正式名称はJIRA Softwareで、Atlassian社が開発した課題管理ツール(プロジェクト管理ツール)です。 カスタマイズ性に優れており、アジャイル開発にとても適しています。 BTS(Bug Tracking System)の枠を超えたITS(Issue Tracking System)として、タスク管理や工数管理、進捗管理、スケジュール管理など、プロジェクト全般を広く管理できます。 JIRAの使い方 ではさっそく、使い方の説明をしていきます。 まずプロジェクトを作ってみましょう 上のバーの「プロジェクト」から、「プロジェクトの作成」をクリックします。 後ほどプロジェクトの種類は変えられるので、一旦機能が少なくシンプルな「ビジネスプロジェクト」として作成します。 プロジェクト名とプロジェクトキーを入力します。 プロジェクトキーは、プロジェクトを識別するための記号で、課題番号のプレフィックスになります。 英語のみでプロジェクトタイトルをつけると自動で算出してくれます。 今回は自分で入力して、「JIRATEST」としました。 作成が終わると、プロジェクトのトップ画面が表示されます。 課題を登録してみましょう 次に課題(issue)をいくつか作って、実際にプロジェクトっぽくしてみましょう。 プロジェクトのトップ画面から上のバーの「作成」かTo Doの「+」をクリックします。 課題の作成ウインドウが開くので、このように最低限の情報を入力してみましょう。 要約:課題のタイトルを入力します(必須)• 期限:課題の期限を設定できます• 説明:課題の詳細を記載できます(textile記法使用可)• 担当者:課題の担当者を選択します 「作成」のボタンを押せば、課題登録完了です。 実績が入力できるフィールドを追加してみましょう デフォルトでは実績入力のフィールドがでていないので、追加してみましょう。 課題を開いている状態で「編集」をクリックします。 画面構成設定を開いて…… 「作業ログ」を選択し、追加します。 また、この画面ではフィールドの並べ替えができます。 課題の画面に戻って再度「編集」を押すと、実績入力フィールドが追加されているのがわかります。 消費時間:実際に作業した時間を記録します。 入力するたびに加算されていきます• 開始日:課題の作業開始日を設定します• 残余見積:課題の残り時間を記録します サブタスク(小課題)を作ってみましょう 課題を作ったものの、ざっくりしすぎているので、小課題となるサブタスクを作り、もっと具体的な内容を記載しましょう。 再び課題の画面に戻り、「その他」から「サブタスクの作成」をクリックします。 すると、親課題と同じような入力フォームがでてきますので、適宜入力していきましょう。 サブタスクにも実績入力フィールドが必要な場合は、フィールドヘルパーから同じように追加できます。 終わったら「作成」を押しましょう。 サブタスクが追加されているのがわかると思います。 サブタスクはいくつでも作成できるので、粒度を決めて適宜追加しましょう。 ステータスをカスタマイズしてみましょう ステータスとは、課題の進行具合を示すもので、デフォルトでは「To Do」「進行中」「完了」の3つしか表示されません。 これではプロジェクトによってはちょっと少ないので、追加してみましょう。 ステータスのカスタマイズができるのは、JIRAの強みの1つです。 右上の歯車から「課題」をクリックします。 管理画面に進むので、サイドバーの「ステータス」をクリックします。 すると、ステータス画面が開かれます。 右上の「ステータスを追加」をクリックすると、詳細設定ダイアログが開くので、ステータス名とカテゴリを選択します。 今回は 見積もりというステータスを追加することにします。 カテゴリは「To Do」「進行中」「完了」から選べるので、「進行中」を選択します。 その後、右上のプロジェクトに戻るボタンをクリックしてProject setting画面に戻ります。 ここでは、プロジェクトのワークフローをダイアグラム形式で編集することができます。 「ステータスを追加」から、先ほど作成した「見積もり」を選択すると、ステータスが追加されます。 しかし、見積もりはまだどのステータスとも繋がっていないので、繋げてあげる必要があります。 その際、トランジションの追加というダイアログが表示されますが、これは課題の画面でステータスを変更する際のボタンの名称になります。 ステータスの変化がわかるような名称をつけましょう。 今回はステータス名と同じにします。 今度は「見積もり」から「進行中」に同様に線を引きます。 この際もトランジションを追加します。 見積もりから進行中に変わる際の名前なので、こちらもステータス名と同じ「進行中」にしておきましょう。 最後に画面上部の「ドラフトの公開」を押して完了です。 タスクボードを見てみましょう。 新たに「見積もり」というステータスが追加されたのがわかります。 また、タスクボードはドラッグ&ドロップで課題を移動させられます。 まとめ JIRAは、とにかくカスタマイズできることが多く、エンジニアにとても好かれるツールだと思います。 その反面、どこから触っていいかわからないと言う声も少なくないので、今回基本的な操作の一部をご紹介させていただきました。 他にもいっぱい機能があるので、ぜひ使い倒してみてください! もっとも、課題管理ツールを使う目的は タスクの見える化、進捗管理、ナレッジの蓄積であり、それらをうまく機能させ、案件をスムーズに進行させることだと思います。 そのため、用法・用量を守って正しく使わないと、逆にタスクが増えてしまったり、宝の持ち腐れ状態になってしまいかねないので注意が必要です。 この記事が、JIRAを使った運用の手助けになれば幸いです。

次の