けんちん汁 由来。 「けんちん汁」 の由来と語源

「けんちん汁」 の由来と語源

けんちん汁 由来

新潟県だけではない郷土料理 「のっぺい汁」は新潟県の郷土料理として知られていますが、実は全国各地に昔から伝わる郷土料理です。 新潟県だけでなく奈良県、島根県、熊本県などでも作られており、各地により「のっぺい」、「のっぺい汁」、「のっぺい鍋」、「のっぺい煮」、「のっぺ」、「のっぺ汁」など様々な呼び方をします。 里芋、ごぼう、れんこん、にんじんなど季節の野菜をふんだんに用いて、鶏肉や鮭などを入れる事もあります。 新潟県の場合は新潟特産の鮭だけでなくいくらを最後に添える事もあります。 汁と呼んでいますが、全国各地の「のっぺい汁」が汁物であるのに対して、新潟の場合は具材を中心にした煮込み料理でとろみがあるのが特徴です。 新潟の「のっぺい汁(のっぺ)」の場合は里芋で自然なとろみをつけますが、他地域では片栗粉や葛を使ってとろみをつけています。 また、新潟県の「のっぺい汁(のっぺ)」は醤油やみりんで薄味に仕立て、冬は温かく夏は冷やして食べる事もあって一年中楽しめます。 豚汁やけんちん汁と違って豚肉を使わないので、冷やしても脂が浮かずに美味しく食べられます。 大鍋でたくさん作るのが普通で、沢山の人数が集まる集会や正月、盆、冠婚葬祭などには欠かせない料理です。 奈良県のものが最も古く、寺院の宿坊で残り物の野菜に葛粉でとろみをつけて出した汁物から生まれたともいわれていますが、各地へどのように伝わったのか、それとも別々に生まれたのかはわかりません。 しかし、昔の「のっぺい汁」は現在の様に具沢山でも豪華でもなく、残り物の野菜の皮やへたを炒めて味付けして煮込んだ質素な汁物だったようです。 「のっぺい」の語源は汁が粘って餅の様であるから「濃餅」と表記され、粘っている事の意味の「ぬっぺい」が「のっぺい」に訛り、「能平」や「野平」と表記されたとも考えられています。 また、行事の際に人が集まる席が「平」らに「納」まる様に「納平(のっぺい)」と呼ばれたともいわれています。 新潟県の「のっぺ」と全国各地の「のっぺい汁」の違い 「のっぺい汁」は全国各地に点在していますが、新潟県の「のっぺい汁」と全国各地の「のっぺい汁」は違います。 新潟県の「のっぺい汁」はそもそも汁物というより煮物で、新潟では一般的に「のっぺ」と呼ばれています。 「のっぺ」の場合は里芋でとろみをつけますが、他地域の「のっぺい汁」は片栗粉でとろみをつけるものが多いです。 また、新潟の「のっぺ」の場合は新潟特産の鮭を加えたり、いくらを盛り付けたりする事もあります。 しかしながら、新潟県内でも地域によって具材や調理法が異なり、同じ地域でも時期によって違いがあります。 例えば、結婚式などのお祝い事では鮭や鶏などの肉を加えますが、葬式や法事などの弔事では精進料理として肉を使わず油揚げなどを加えたりします。 「のっぺい汁」はそもそも汁物というより煮物ですし、「けんちん汁」は崩した豆腐と野菜を油で炒めて醤油で味を調えたすまし汁です。 また、「けんちん汁」は油で炒めた野菜を入れている汁物なので温めて食べるのが普通です。 なぜなら、冷めてしまうと油が浮いて味が悪くなるからです。 一方、「のっぺい汁」は油を使わずじっくりと野菜を煮込んで里芋や片栗粉でとろみをつけているので、冷ましても澄んでいます。 地域や季節によってはむしろ冷ましてから食べる事を想定して作るので、冷ましても美味しいのが「のっぺい汁」なのです。 のっぺい汁の作り方・レシピ• 材料…鶏もも肉、里芋、にんじん、れんこん、ごぼう、大根、こんにゃく、片栗粉、ダシ、みりん、酒、しょうゆ、水• 以下に様々な「のっぺい汁」の作り方・レシピのサイトを紹介します。 のっぺい汁の通信販売【楽天市場】• のっぺい汁のレシピ・作り方関連動画.

次の

けんちん汁

けんちん汁 由来

けんちん汁の始まりや由来は? けんちん汁の始まりは、中国の普茶料理(ふちゃりょうり)の巻繊(けんちん)が起源とされています。 巻繊(けんちん)とは、根菜類(大根、人参、ごぼう)や豆腐などを油で炒めて、湯葉などで巻いてあげた料理です。 この巻繊(けんちん)が中国から長崎に伝わって、全国的に広まったようです。 そして、けんちん汁ができたのが、鎌倉の建長寺(けんちょうじ)の僧侶が料理中に豆腐を崩してしまい その豆腐を、根菜類が入った汁の中に入れたのが始まりのようです。 その豆腐を入れた汁が評判となり、広まっていきます。 そして、最初は建長寺の汁だったのが、建長汁になり、「けんちん汁」に変化していったと言われています。 精進料理なので、動物性食品は一切使いませんので、肉などは入りません。 出汁も、鰹節は使わずに昆布と椎茸でとっていたようです。 常陸屋のそばつゆは鰹節を使っています。 しかし、このお坊さんはよく崩した豆腐を汁の中に入れましたね。 確かに、料理は失敗からいいものが出来ることもありますね。 失敗したと思ったらそこから新しい発見があったりすることがあります。 たまに、テレビ番組で料理をあまりやったことのない女性に、料理を作らせて突拍子も無いものを 作ることがありますが、常識で考えられないことをやるので、新しい発見があったりして勉強になります。 たまには、常識から外れてみると新しいものが見つかることがありますね。 茨城県のけんちんそばはいつ頃からあったのか? 江戸時代の頃の旧暦の新年は節分の2月3日で、その前日に晦日そばを食べる風習が、水戸藩から茨城県に広まったようです。 晦日そばや節分そばと呼ばれていて、今でいう「年越しそば」と同じです。 このころの節分そばの由来も、今の年越しそばと同じで• 細く長く一年を無事に過ごせるように• そばがキレやすことから、災難などが切れるように• 金箔職人が金を集める時に、そば粉をこねて丸めたものを使うことから、金を集めると言われたから そして、水戸藩がこの節分そばをけんちん汁につけて食べるのが風習となり広まっていきます。 もともと、茨城県の県北の地域(常陸太田市)などでは、そばがよく採れていましたのでそばはよく食べられていました。 そして、根菜類もよく採れていたので、けんちん汁はよく食べられていました。 水戸藩が最初にけんちん汁とそばを一緒に食べたのが先か、茨城県の県北の人たちが普段食べていたのが先かは 定かではありませんが、いずれにしても茨城県全体に広まっていったようですね。 まとめ いずれにしても、江戸時代の終わりの頃には茨城県ではけんちんそばが食べられていたようですね。 その後も、茨城県では普通にけんちんそばを食べていましたが、常陸秋そばが1978年にできてから 茨城県の奨励品種に採用され、全国にPRするようになりました。 そこで常陸秋そばとけんちんそばを茨城県が名物料理としてどんどん広めていったので、 今のようにたくさんの蕎麦屋さんで けんちんそばが食べられるようになったのでしょうね。 常陸屋でも根菜類が美味しい冬の間はけんちんそばをやっていますので、是非一度召し上がってください。 3月いっぱいまでやっていますので、よろしくお願いします。

次の

「けんちん汁」 の由来と語源

けんちん汁 由来

Contents• 節分の時にけんちん汁を食べるようになった由来とは? けんちん汁は、大根、人参、ゴボウ、里芋、こんにゃく、お豆腐などを、 一旦炒めてから煮込む汁物です。 ごま油で炒めたものを汁にするので、 油分が入り、寒いこの季節にはピッタリの料理です。 調べてみると、関東におけるけんちん汁というのは、節分以外にも、 恵比寿講の時など、寒い時期の行事に食べられる習慣が多く、 節分だからけんちん汁、というよりは、冬の行事のお供として、 暖かい汁物を…と、けんちん汁が選ばれている、というのが由来です。 ・けんちん汁の発祥の由来 けんちん汁の発祥の由来は、2説あります。 1つ目は、中国より伝わったケンチュンと呼ばれる料理です。 肉も魚も使わない料理だったとされ、けんちん汁と同じです。 もう1つの由来としては、建長寺(けんちょうじ)というお寺の精進料理です。 けんちん汁は、このお寺の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が、 崩れたお豆腐や、あまりの野菜を使って美味しい汁物を作ったもの、 建長寺の建長汁から、けんちん汁ができたと言われています。 ・豚汁とけんちん汁の違いは? どちらも見た目や、使用する野菜はとても良く似ていますが、 一番の大きな差は、 豚肉を使用しているかどうかです。 けんちん汁は、肉も魚も使っていない料理になります。 また、けんちん汁は先述の通り、 一度食材を油で炒めてから汁にします。 ここも大きな差の一つだと言えるでしょう。 Sponsored Links 節分の日のメニューは?その他の料理も紹介 ここ近年は、「ブーム」とも言えるほど、恵方巻きが広く知られています。 節分の日のご飯メニューの一つには、恵方巻きが欠かせません。 ちなみに、2016年の恵方巻きの方角は、南南東です。 鰯は、塩焼きにするのが一般的です。 塩焼きにした時の煙が、害虫駆除や、厄除け、鬼を追い出すとして、 古くから節分の定番料理となっています。 ここからは、私も今回調べてみて初めて知ったのですが… 「そば」や「くじら」を食べる習慣もあります。 くじらを食べる習慣は、西日本、とくに山口県で広まっているようです。 大きいくじらを食べることによって、「志を大きく持ち、広い心で接する」など、 幸福を得られるとされています。 なかなか関東では、節分の時に大々的にくじらを販売していませんが、 山口県のスーパーへ行くと、たくさん売られているのかも知れませんね。 最後に 「そば」です。 これもまた、初耳学です。 そばを食べる由来は、大晦日に年越しそばを食べるのと同意でした。 と言うのも、古くは節分が大晦日とされていたからなんです。 昔の日本は、立春=一年のスタートでした。 立春というのは、節分の前日を指しますので、元旦の前の日、 つまり、大晦日です。 年越しそばを食べると、長寿祈願や、健康祈願だけではなく、厄除けや、 金運がアップすると言われていますから、節分料理としてもぜひ、 取り入れたいものですよね。

次の