パソコン cd ドライブ 開か ない。 CDドライブが開かない原因や修理方法を分かりやすく解説

取り出しボタンを押してもドライブのトレイが開かない

パソコン cd ドライブ 開か ない

なぜドライブが開かなくなるの? ドライブが開かなくなる主な理由は、以下の3つ。 アプリケーションソフトウェアがロックしている ドライブが開かなくなる一番の原因はこれ。 ドライブのハード的な故障ではなく、ディスクへの書き込み、DVD・blu-rayの動画再生のためのソフトウェアが、 作業中のドライブの開閉を防ぐために、ロックをしているケース。 アプリケーションソフトウェアにドライブがロックされている場合は、ドライブにある物理的なディスク取り出しボタン Ejectボタン を押しても、何も反応しなくなり、ディスクの取り出しができなくなります。 これは ソフトウェアの作業が失敗しないための、安全対策の一環として行われています。 ですがドライブがロックされた状態で、ソフトウェアが予期せぬエラーにより、強制終了した場合やフリーズした場合、またはタスクマネージャーで強制終了した場合などは、ドライブのロックが解除されません。 そのため ドライブがロックされたままになり、開かなくなる、というわけ。 ディスクに貼ったラベルシールが剥がれて、ドライブ内部にくっついてしまった これはなんとなく想像できると思うんですが、ディスクに貼っておいた識別用のラベルが、ドライブ内で回転中に剥がれて、内部の部品にくっついてしまい、ドライブの開閉を妨げているケース。 これも結構発生頻度が高いトラブル、という印象です。 ドライブの開閉用プーリーベルトが伸びて、滑ってしまう ドライブの開閉は、モーターの動力をプーリーベルトとよばれる、チェーンと同じ働きをする輪ゴムのようなもので伝えることにより、行われています。 プーリーベルトは、下記画像の中心に見える部品。 拡大すると、ベルトが使われていることがよく分かるはず。 使い込んだドライブ 開閉回数が極端に多い では、この ドライブ開閉用のプーリーベルトが伸びてしまい、滑ってしまうことが。 こうなると、ボタンを押して開閉動作をしている音は聞こえても、内部でベルトが滑ってしまい、ドライブは絶対に開きません。 開かなくなったドライブからディスクを取り出す方法 ドライブが開かなくなったら、まずは試して欲しいのがこちら! 取りあえずPCを再起動する ドライブが開かなくなったら、取りあえずまずは PCを再起動してみてください。 これは、ドライブをロックしていた ソフトウェアのロックが、PCの再起動により解除されるため。 これだけですんなり開いてくれることも多いです。 強制イジェクトを行う 一般的なCDドライブやDVDドライブ、blu-ray ブルーレイ ドライブでは、ドライブが何らかのトラブルで開閉できなくなった際に、強制的に開閉できる機構、いわゆる強制イジェクト機構がついている機種が多いはず。 というか、一般向けのPCに搭載されているドライブで、強制イジェクトができないドライブを見たことがないです…。 そのため世間一般に流通しているPCに搭載されているたいていのドライブでは、この強制イジェクトが使用可能なはず。 そしてこの機能を用いることで、 ドライブを強制的に開けることが可能です。 強制イジェクトが可能なドライブ 強制イジェクトが可能なドライブであれば、下図のようなイジェクト・ホールと呼ばれる小さい穴が、ドライブ前面パネルのどこかにあるはずです。 これがあれば、強制イジェクトが可能なドライブとなります。 強制イジェクトを行う前に 強制イジェクトは、 ドライブを無理やり開けて、ディスクを取り出す方法となります。 そのためドライブを開ける際やディスクの取り出しの際に、ディスクに傷が付いてしまったり、最悪の場合、 読み出しができなくなる可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。 もしドライブに閉じ込められたディスクが重要度が高い、ということであれば、強制イジェクトは行わずに、PCの購入先などに修理を依頼することをおすすめします。 それでは、強制イジェクトを行う方法の説明に入ります。 手順1:PCを終了する PCが起動中の場合は、以下の強制イジェクトの手順を行う前に、PCを終了してください。 手順2:細長い針金かクリップを用意する 次に細長い針金かクリップを用意します。 針金の場合は5cmほどの長さで切り、手で持ちやすいように折り曲げます。 クリップの場合は、こんな感じに折り曲げてください。 手順3:イジェクト・ホールにクリップを差し込む! 用意した針金やクリップをしっかりと持ち、イジェクト・ホールに差し込みます。 通常、1~2cmほど差し込むと、 クリップの先端が、奥にある板のようなものにぶつかるはず。 手順4:イジェクト・ホールの奥にある、板のような部品を押し込む この板を 少し強い力で押し込むと、ドライブのトレイが5mmほど自動で開きます。 さほど力を入れなくても、開くドライブがほとんどですが、稀に結構な力を入れないと開かないドライブも。 クリップをイジェクト・ホールになるべく垂直になるように差し込み、ゆっくりと奥の板を押し込むように動かすのが、うまくいくコツ。 一度慣れてしまえば、わりと簡単に開けることが可能です。 手順5:手でトレイを引っ張って開ける トレイが開いたら、手でつかんで無理やり引っ張り出します。 この際は、ほとんど力はいりません。 力を入れすぎて、トレイを壊さないように注意! これで無事、閉じ込められていたディスクが取り出せるようになりましたので、ディスクを取り出します。 手順6:手動で閉めるか、自動格納を待つ このままではトレイが開いたままなので、手で静かに押し込んで、格納します。 またはPCを起動すれば、ほとんどの場合、自動で格納されます。 自動で格納されない場合は、PC起動後にディスク取り出しボタン Ejectボタン を押して、トレイを格納してください。 ディスクが取り出せなくなっても、慌てず騒がず、まずは再起動! 大切なディスクが取り出せなくなると、ついつい慌ててしまいがち。 ですが、まずは落ち着いてPCを再起動してみましょう。 それでもダメなら、強制イジェクト! ディスクが取り出せなくて困った! という時は、ぜひ試してみてください。

次の

【Windows 10】DVD・CD・BDドライブが認識されない場合は?

パソコン cd ドライブ 開か ない

なぜドライブが開かなくなるの? ドライブが開かなくなる主な理由は、以下の3つ。 アプリケーションソフトウェアがロックしている ドライブが開かなくなる一番の原因はこれ。 ドライブのハード的な故障ではなく、ディスクへの書き込み、DVD・blu-rayの動画再生のためのソフトウェアが、 作業中のドライブの開閉を防ぐために、ロックをしているケース。 アプリケーションソフトウェアにドライブがロックされている場合は、ドライブにある物理的なディスク取り出しボタン Ejectボタン を押しても、何も反応しなくなり、ディスクの取り出しができなくなります。 これは ソフトウェアの作業が失敗しないための、安全対策の一環として行われています。 ですがドライブがロックされた状態で、ソフトウェアが予期せぬエラーにより、強制終了した場合やフリーズした場合、またはタスクマネージャーで強制終了した場合などは、ドライブのロックが解除されません。 そのため ドライブがロックされたままになり、開かなくなる、というわけ。 ディスクに貼ったラベルシールが剥がれて、ドライブ内部にくっついてしまった これはなんとなく想像できると思うんですが、ディスクに貼っておいた識別用のラベルが、ドライブ内で回転中に剥がれて、内部の部品にくっついてしまい、ドライブの開閉を妨げているケース。 これも結構発生頻度が高いトラブル、という印象です。 ドライブの開閉用プーリーベルトが伸びて、滑ってしまう ドライブの開閉は、モーターの動力をプーリーベルトとよばれる、チェーンと同じ働きをする輪ゴムのようなもので伝えることにより、行われています。 プーリーベルトは、下記画像の中心に見える部品。 拡大すると、ベルトが使われていることがよく分かるはず。 使い込んだドライブ 開閉回数が極端に多い では、この ドライブ開閉用のプーリーベルトが伸びてしまい、滑ってしまうことが。 こうなると、ボタンを押して開閉動作をしている音は聞こえても、内部でベルトが滑ってしまい、ドライブは絶対に開きません。 開かなくなったドライブからディスクを取り出す方法 ドライブが開かなくなったら、まずは試して欲しいのがこちら! 取りあえずPCを再起動する ドライブが開かなくなったら、取りあえずまずは PCを再起動してみてください。 これは、ドライブをロックしていた ソフトウェアのロックが、PCの再起動により解除されるため。 これだけですんなり開いてくれることも多いです。 強制イジェクトを行う 一般的なCDドライブやDVDドライブ、blu-ray ブルーレイ ドライブでは、ドライブが何らかのトラブルで開閉できなくなった際に、強制的に開閉できる機構、いわゆる強制イジェクト機構がついている機種が多いはず。 というか、一般向けのPCに搭載されているドライブで、強制イジェクトができないドライブを見たことがないです…。 そのため世間一般に流通しているPCに搭載されているたいていのドライブでは、この強制イジェクトが使用可能なはず。 そしてこの機能を用いることで、 ドライブを強制的に開けることが可能です。 強制イジェクトが可能なドライブ 強制イジェクトが可能なドライブであれば、下図のようなイジェクト・ホールと呼ばれる小さい穴が、ドライブ前面パネルのどこかにあるはずです。 これがあれば、強制イジェクトが可能なドライブとなります。 強制イジェクトを行う前に 強制イジェクトは、 ドライブを無理やり開けて、ディスクを取り出す方法となります。 そのためドライブを開ける際やディスクの取り出しの際に、ディスクに傷が付いてしまったり、最悪の場合、 読み出しができなくなる可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。 もしドライブに閉じ込められたディスクが重要度が高い、ということであれば、強制イジェクトは行わずに、PCの購入先などに修理を依頼することをおすすめします。 それでは、強制イジェクトを行う方法の説明に入ります。 手順1:PCを終了する PCが起動中の場合は、以下の強制イジェクトの手順を行う前に、PCを終了してください。 手順2:細長い針金かクリップを用意する 次に細長い針金かクリップを用意します。 針金の場合は5cmほどの長さで切り、手で持ちやすいように折り曲げます。 クリップの場合は、こんな感じに折り曲げてください。 手順3:イジェクト・ホールにクリップを差し込む! 用意した針金やクリップをしっかりと持ち、イジェクト・ホールに差し込みます。 通常、1~2cmほど差し込むと、 クリップの先端が、奥にある板のようなものにぶつかるはず。 手順4:イジェクト・ホールの奥にある、板のような部品を押し込む この板を 少し強い力で押し込むと、ドライブのトレイが5mmほど自動で開きます。 さほど力を入れなくても、開くドライブがほとんどですが、稀に結構な力を入れないと開かないドライブも。 クリップをイジェクト・ホールになるべく垂直になるように差し込み、ゆっくりと奥の板を押し込むように動かすのが、うまくいくコツ。 一度慣れてしまえば、わりと簡単に開けることが可能です。 手順5:手でトレイを引っ張って開ける トレイが開いたら、手でつかんで無理やり引っ張り出します。 この際は、ほとんど力はいりません。 力を入れすぎて、トレイを壊さないように注意! これで無事、閉じ込められていたディスクが取り出せるようになりましたので、ディスクを取り出します。 手順6:手動で閉めるか、自動格納を待つ このままではトレイが開いたままなので、手で静かに押し込んで、格納します。 またはPCを起動すれば、ほとんどの場合、自動で格納されます。 自動で格納されない場合は、PC起動後にディスク取り出しボタン Ejectボタン を押して、トレイを格納してください。 ディスクが取り出せなくなっても、慌てず騒がず、まずは再起動! 大切なディスクが取り出せなくなると、ついつい慌ててしまいがち。 ですが、まずは落ち着いてPCを再起動してみましょう。 それでもダメなら、強制イジェクト! ディスクが取り出せなくて困った! という時は、ぜひ試してみてください。

次の

開かなくなったDVDドライブを直してみた

パソコン cd ドライブ 開か ない

不具合の原因 ディスクが読み込めなくなる原因は大きく分けてCDやDVDと言ったメディアそのものが故障している場合と、パソコンの機械が故障している場合の2つに分ける事が出来ます。 メディア本体に原因があって読み込めない場合、他のDVDは正常に読み込む事が出来ます。 他のDVDなどをパソコンに挿入して読み込めるかチェックしましょう。 機器に異常がある場合、他のメディアを挿入しても同じように読み込みエラーが発生します。 復旧作業 メディアに原因がある場合 読み込みエラーの発生するディスクがドライブ側の規格にあっているものなのか確認しましょう。 また、DVD-Rなどのメーカーによっても相性による不具合が発生する場合があります。 この場合、他のパソコンでデータを取り出し、正常にアクセスできるメディアで書き込み作業を行いましょう。 一方で、ディスクの経年劣化によるデータ消失も考えられます。 例えば、ディスクそのものに 大きな損傷がある場合読み取りエラーで認識しないことがあります。 このようなディスクの傷なら市販の傷取り機を使えば修復は可能です。 ディスクの寿命で記録面が劣化してしまったり、直射日光による変質でデータが消えてしまった場合は深刻です。 このようなデータ障害の場合、データ自体が欠落しているので復旧できるか分からないのです。 ですが、データ補修機能を備えたソフトを使えば、復旧できることもあるのでデータ復旧方法を紹介します。 復旧ソフトは無料で利用できるフリーソフトと、より復旧確立が高い有料ソフトを使った復旧方法を紹介します。 まずはフリーソフトから試してみましょう。 スポンサーリンク• ソフト配布先:kvipu. com• ライセンス:個人かつ非商用利用のみ無料(30日以上の利用には無料ユーザー登録が必要) このソフトは個人で利用する場合に限り、無料で利用できるフリーソフトです。 まず、ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールします。 ダウンロードファイルは「CDCheckSetup. exe」という実行ファイルになりますので、ダブルクリックでインストールを開始しましょう。 インストールすると、「CDCheck」と言うアイコンがデスクトップ上に作成されます。 こちらをダブルクリックで起動してください。 CDCheckを起動したら、CDやDVDをドライブにセットし「 Recover」を選択します。 Output directory」に復旧データを保存するフォルダを選択します。 なお、このフォルダは空でないとうまく機能しないようなので注意してください。 結果は7枚のディスクのうち5枚のデータ復旧に成功。 完璧に復旧できたメディアはCD2枚。 部分復旧できたのは写真を保存していたDVDメディア3枚 残りのDVD2枚は「パラメータが間違っています」と言うエラー表示が出て全く受け付けず。 しかし全く読み込めなくなったCD・DVDからこれだけのデータが復旧が出来たという事で、残りはデータが破壊されてしまったのでは? ところが下の商用ソフトを使ってみるとあっさり全てのデータを復元できてしまいました。 商用ソフトを利用してみる 商用ソフトと言っても、ダウンロードとスキャンは無料で行え、復元できるファイルの一覧が表示されます。 また、破損した状態でよければISOファイルとしてHDDに保存できるところまで無料で行うことができるのもポイント! ちなみに、ファイルの復元が確認できてからソフトを購入すればよいので無駄がありません。 スポンサーリンク• ソフト配布先:isobuster. com• 95 (ダウンロードは無料) まず、ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールします。 exe」というファイルが現れます。 ダブルクリックでインストールを実行しましょう。 インストールが始まると言語の選択画面になります。 迷わず「日本語」ですね セットアップウィザードが始まります。 「次へ」をクリックしましょう ライセンスの同意書になります。 「同意する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします 続いても同意書になります。 「次へ」をクリックしましょう インストール先を選択します。 特に理由がなければ変更する必要はありません。 「次へ」をクリックします。 ファイルの関連付けです。 これは関連付けしない方が良いでしょう。 「すべてをクリア」をクリックしてチェックを外し、「次へ」をクリックします。 追加オプションです。 これは全てチェックを入れてよいでしょう。 (もちろん必要なければチェックを外してかまいません。 ) 「インストール」をクリックするとインストールが実行されます。 IsoBusterセットアップウィザードの完了が表示されれば終了です。 「完了」ボタンをクリックするとソフトが起動します。 ソフトの使い方 ソフトが起動すると自動的にCD・DVDが取り込まれます。 ファイルシステムが壊れたメディアの場合、メッセージが現れます、とりあえずキャンセルしてください。 最初に日本語に切り替えます。 日本語にしたら、ウィンドウの左上のタブから、スキャンしたいCD・DVDドライブを選択します。 すると、自動的にスキャンされ、今まで認識しなかったメディアの中身が見えるではありませんか!! このメディアはテレビの録画データが入ったメディアなのでISOファイルとして認識しています。 実は、このソフト、ここまで無料の体験版の状態なのですが、ファイルをドラッグすればデータをHDDにコピーすることができてしまいます。 勿論、この状態ではデータが傷ついているので破損した状態なのですが、読み取れないメディアからデータが取り出せるという点がすごい。 しかもファイルサイズもしっかり4GB近くあるのでからのデータではないことは確かです。 あとは、壊れたデータを修復できるフリーソフトが手に入れば無料で復旧できるのですが、残念ながら修復ソフトを見つけることができませんでした。 (もし、復元できるフリーソフトが分かる方がいたらご連絡お待ちしています。 ) フリーソフトの件は置いておいて、IsoBuster出復旧する続きになります。 データが破壊され、表示されないファイルを救出するにはスキャンを実行します。 画面の左上にあるDVD(又はCD・BR)を右クリックするとメニュータブが表示されます。 このタブから「消失したディレクトリ・ファイルの検索」をクリックしましょう。 ファイルの処理をする前に、イメージファイルを作るか聞いてきます。 イメージファイルの製作には時間がかかりますが、一度作ってしまえば後の作業は高速に操作することができます。 「はい」をクリックし、イメージファイルを作ってしまうとよいでしょう。 参考情報の保存を問われるので「OK」をクリックしましょう。 イメージファイルの保存先を決めます。 復旧するデータサイズとほぼ同じだけの空き容量が必要です。 自分で分かりやすいよう、Dドライブ等に「DVD復旧データ」等の名前のフォルダを作って保存しましょう。 保存先を指定したらスキャンが始まります。 スキャンが終了すると、復元可能なファイルの一覧が表示されます。 ここでは、ISOが完全に復元され中身が表示されました。 VOBという動画ファイルの拡張子やデータサイズから全てのファイルが復元可能であると判断できます。 ここで修復されたデータの保存にはライセンス版を購入する必要がありますが、復旧ソフトとしての性能は申し分ありません。 もし、フリーソフトでうまく復元できない場合の切り札と言えそうです。 とはいうものの、光学メディアには寿命があると言う事をしっかりと頭に入れておき、早めに他のメディアにコピーし、バックアップする事ををおすすめします。 一度ディスクが読み込めなくなってしまうと、フリーの復旧ソフトはもちろん、市販のソフトですら復旧不可能になってしまう事があります。 大切なデータが入っているメディアなら、専門のデータ復旧サービスなどに問い合わせてエラーの原因と復旧の可否を診断してもらう事をおすすめします。 ドライブやパソコンに異常がある場合 まず、DVDドライブが正常に機能しているかチェックします。 マイコンピュータのCドライブを右クリックして、プロパティを選択します。 プロパティのタブに「ハードウェア」と言う項目があるのでそれを選択しましょう。 そもそも、この画面に使用しているDVDドライブが無い場合、配線の断線や、接点不良、機器の故障が考えられます。 (BIOSの設定で、デバイスが無効になっているケースもあります。 ) 自分で接続配線を見直すか、購入先の保障サポートに問い合わせ、修理依頼いましょう。 デバイスが正常に機能していれば、デバイスの状態に「このデバイスは正常に動作しています」と表示されます。 もし、デバイスが無効になっていたり、ドライバーがインストールされていない場合は「プロパディ」をクリックしてデバイスのプロパティを表示させます。 この画面から、ドライバーの更新や、無効になっているデバイスを有効にさせる事が出来ます。 DVDドライブのドライバーは、本来自動でインストールされますが、何らかの不具合によって、正常に機能しなくなってしまった場合、ドライバーの再インストールを行います。 その場合はメーカーのサイトから、専用のドライバーをダウンロードしてきましょう。 ドライバを右クリックして「削除」を選択します。 「デバイスを削除しようとしています」と言うメッセージが出ますが、「OK」をクリックしましょう。 寄付・開発支援について コンテンツのデータ復旧を実証する機材は基本的に個人で調達して記事を書いております。 記事がお役に立ちましたら、ブログ運営をサポートしていただけると大変助かります。 是非ともご協力いただけたら幸いでございます。 サポートしてくださった皆様、こちらからメッセージが送信できませんので、この場をお借りしてお礼いたします。 ご購入下さった製品はコンテンツ運営の為、大切に使わせていただきます。 ご支援、本当にありがとうございます。 関連記事 バックアップのススメ パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。 私は、を使い、データは2か所に保管するようにしています。 さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。 データ復元できない時は? データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。 必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。 「」参照 悪徳データ復旧業者に注意 現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。 こうした業者は積極的にメディアに露出する 広告費をかけている 為、一見して信頼できる業者に見えますが、 単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。 業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。 「データ復旧成功の鍵」参照 データ復旧メニュー• 11 パソコンのファイルが消失してしますと、頭が真っ白になり、どんな事をすればよいのか分からなくなってしまいます。 しかも、正しくデータを復元したり、パソコンを復旧させたりする為には、パソコンの情報保存の仕組みや、データが消えてしまう仕組みをよく理解しなければなりません。 やみくもにパソコンを操作しても、データが元に戻る事はありませんし、下手な事をすると復元可能なはずのファイルでさえ、復元不可能になってしまうのです。 逆に、なぜ消えてしまうのかという事や、データ復元の原理を理解していれば、簡単に復元させる事は可能! 万一、大切なデータやファイルを消去してしまったら、このサイトを参考にデータ復元にトライしてみませんか?.

次の